スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラリージャパン残れるか 

 WRCは、6月3日に閉幕したアクロポリスラリーから、8月3日に開幕する、かつて1000湖ラリーといわれていたフィンランドラリーまで2ヶ月のインターバルが開きます。


 ヨーロッパは、この時期とても日が長く北欧では白夜が続き1日中明るく、ロンドン、パリといった人口の多い地域でも22時ぐらいまで太陽が出ていますので、生活していると1日が2日分ぐらいに感じてしまいます。
 ですから、この時期多くの人たちは、バカンスと称して1ヶ月以上の長期休暇を取るのが普通で、フィンランドラリーも多くの避暑を目的としたバカンス客で賑わうことでしょう。


 一般の方はバカンス休暇でも、WRCに参加するチームは、この時期シーズン中の絶好のテストの機会ですからある意味重要な時期でもあります。
 また、WRCを統括する組織であるFIAも例年この時期に、ルール改正の検討をすることが通例になっています。


 そして、6月27日に2009年以降のWRCのルール改正の内容が発表されました。主なポイントは2点、WRCの開催数の削減と車両規則の改正です。


 2009年から、現在16戦あるWRCが12戦に削減されるのです。つまり4つのラリーはカレンダーから消えてしまいます。そればかりか新たに開催を希望している国もたくさんあり、概ね20カ国の中から12戦が選ばれるそうです。この場合、歴史的なイベントとマーケティング的に重要な国は、エリートイベントとして毎年開催が認められますが、それ以外は隔年開催になる可能性が高いそうです。
 そこで、ラリージャパンです。まず、歴史的なイベントでないことは確実なので、マーケティング的に重要かという点とオーガナイズ面でしっかりしているかが、評価の対象となると思われます。


 つまり、今年のラリージャパンの成否が、将来日本にWRCが定着できるかどうかが試される重要なターニングポイントになるのです。毎回WRCには、オブザーバーといわれる人たちが採点に来ています。ここで、高得点を得られるかどうかが、ラリージャパンの運命を左右するといっても過言ではありません。
 私も、そのラリージャパンにスタッフで参加しますが、このことを肝に銘じて仕事に取り組みたいと思います。


 一方、車両規則は2012年からWRカーのベースが、現在のメーカーしか製作できないワンオフの車両から、グループNまたはヨーロッパで人気の高まりつつあるS2000をベースに、コストを現在の半分程度に削減されることになりそうです。


 このルール改正は、多くのマニファクチャラーが歓迎しており、近い将来かつてのように多くのメーカーが参加するWRCが復活する可能性もありそうなので、期待したいと思います。


詳しい内容は、AUTOSPORT WEBをご覧ください。(無料の会員登録が必要です)
http://news2.as-web.jp/contents/news_page3.php?news_no=11665&cno=51&b6Ec=1


[2007/06/30 07:51] WRC | TB(0) | CM(0)

2007年ラリージャパン大会概要記者発表会  

 6月8日、東京・有楽町の東京国際フォーラムにて行われました「2007年ラリージャパン大会概要記者発表会」の様子がビデオで見れるサイトがありました。

田畑組織委員長の挨拶


出井伸之(ソニー株式会社最高顧問)大会会長の挨拶


WRCのイメージ1


WRCのイメージ2


2007ラリージャパンの見所


奴田原選手と新井選手のラリージャパンに賭ける抱負

[2007/06/14 23:46] WRC | TB(0) | CM(2)

WRC第8戦 Acropolis Rally of Greece 2007 

 日本で、超サバイバルラリーとなったMSCC東京ラリーが開催されていた同日、地中海の神話の国ギリシアにおいて、アクロポリスラリーが開催されていた。このラリー、WRCで最も過酷といわれていて、かつては悪路ポリスラリーとも揶揄されていたぐらいです。
 しかし蓋を開けてみると、比較的完走率の高いイベントになっており、大きな波乱は無かった。きっと、WRCも16戦とライバルが多くなっている昨今カーブレイカーラリーでは、評価を落としかねないと主催者が努力したものと思います。


 さて、ラリーの展開は、前回タナボタとは言え勝利し波に乗っているフォードのマーカス・グロンホルムは、このアクロポリスを得意としており、速さでは頭ひとつ抜きん出ているシトロエンC4のセバスチャン・ローブとどこまでいい勝負が出来るのか?そして、不運続きのスバルのペター・ソルベルグがどこまで絡めるかという、前半戦最後のヤマ場となるラリーとなった。


 最終的には、やはりこのラリーを得意とするマーカスに、さしものセブも敵わなかったようだ。これで、年間チャンピオンの行方は混沌としてきたので、後半戦の楽しみが残されたと言えるだろう。一方、ペターも完全復活とは言えないまでも確実にトップ争いに食い込めるところまで回復してきた。


 次戦は、1ヶ月半の長いインターバルを置きマーカス&ミッコのフォードコンビの母国フィンランドラリーとなり、ようやくフォード&シトロエン&スバルの三つ巴の戦いが見れそうな予感がする。


 また、今回PWRCも併催され、奴田原選手はMSCCラリーの為スキップしたが、日本から新井選手とアライモータースポーツに移籍した鎌田卓麻が出場した。
 日本では、留守を預かった新井選手の奥さんが応援するなか、アライモータースポーツの勝田範彦が勝利したこともあり、アライモータースポーツの世界同時優勝に注目が集まったが、さすが、磐石の勝利とも言えるぶっちぎりのグループN優勝を勝ち取り、2007年PWRCポイントランキングでのトップを守った。鎌田選手も、今年初出場ながら6位入賞を果たした。


WRC Rd.8 Acropolis Rally of Greece 2007 Result
Pos Driver Co-Driver Car Total time Class
1 Gronholm Rautiainen Ford Focus RS WRC06 3h49'22"6 A8
2 Loeb Elena Citroen C4 WRC 3h50'01"2 A8
3 P.Solberg Mills Subaru Impreza WRC 3h50'56"7 A8
4 Hirvonen Lehtinen Ford Focus RS WRC06 3h52'03"9 A8
5 H.Solberg Menkerud Ford Focus RS WRC06 3h54'15"3 A8
6 Atkinson Prevot Subaru Impreza WRC 3h55'54"3 A8
7 Kopecky Schovanek Skoda Fabia WRC 3h57'38"4 A8
8 Stohl Minor Citroen Xsara WRC 3h58'18"8 A8
9 Wilks Pugh Ford Focus RS WRC05 3h59'15"8 A8
10 Wilson Orr Ford Focus RS WRC06 4h00'02"2 A8
11 Perez Compa. Diaz Ford Focus RS WRC06 4h04'18"1 A8
12 Latvala Anttila Ford Focus RS WRC06 4h04'25"3 A8
13 Vovos El Em Subaru Impreza WRC 4h04'35"7 A8
14 Aava Sikk Mitsubishi LANCER WRC 4h09'43"1 A8
15 Arai Sircombe Subaru Impreza 4h10'08"9 N4-PWRC(1)
16 Aigner Wicha Mitsubishi LANCER EVO 4h13'07"3 N4-PWRC(2)
17 M.Baldacci Agnese Subaru Impreza 4h13'21"8 N4-PWRC(3)
18 Higgins Scott Mitsubishi LANCER EVO 4h14'50"8 N4-PWRC(4)
19 Al Attiyah Patterson Subaru Impreza 4h14'59"2 N4-PWRC(5)
20 Prokop Tomanek Mitsubishi LANCER EVO 4h16'06"7 N4
21 Kamada Kase Subaru Impreza 4h16'31"5 N4-PWRC(6)
22 Hatzitsopan. Petropoulos Subaru Impreza 4h18'38"5 N4
23 Pozzo Stillo Mitsubishi LANCER EVO 4h19'44"2 N4-PWRC(7)
24 Sordo Marti Citroen C4 WRC 4h20'40"8 A8
25 Campedelli Fappani Mitsubishi LANCER EVO 4h20'51"3 N4-PWRC(8)
26 Vertunov Troshkin Subaru Impreza 4h24'28"8 N4-PWRC(9)
27 L.Baldacci Stefanelli Subaru Impreza 4h26'24"3 N4-PWRC(10)
28 Jereb Kacin Mitsubishi LANCER EVO 4h28'38"3 N4-PWRC(11)
29 Farrah Arena Mitsubishi LANCER EVO 4h30'52"2 N4-PWRC(12)
30 Frisiero Scattolin Mitsubishi LANCER EVO 4h31'00"2 N4-PWRC(13)
31 Nioras Goussetis Subaru Impreza 4h32'24"7 N4
32 Villagra Perez Compa. Ford Focus RS WRC06 4h36'02"4 A8
33 Athanassoul. Zakheos Subaru Impreza 4h37'58"6 N4
34 Rauam Kraag Mitsubishi LANCER EVO 4h38'01"2 N4-PWRC(14)
35 Sourlis Konstantis Mitsubishi LANCER EVO 4h44'09"6 N4
36 Platis Melissourgos Subaru Impreza 4h44'56"4 A8
37 Kantzavelos Stavropoulou Mitsubishi LANCER EVO 4h53'55"4 A8
38 Kaltsounis Papageorgiou Opel Corsa S1600 4h58'54"6 A6
39 Makaronis Vassiliadis Toyota Yaris 5h05'16"0 A5
40 Gallo Deligiannis Peugeot 206  5h06'31"1 A6
41 Zissis Vas Mitsubishi LANCER EVO 5h10'00"9 N4
42 Leonidas Kotsalis Renault Clio 5h10'21"7 A7
43 Moshoutis Kairis Mitsubishi LANCER EVO 5h18'02"3 N4
44 Plagos Frangoulis Mitsubishi LANCER EVO 5h27'50"7 N4
45 Vassilis Varsos Subaru Impreza 5h29'05"3 N4
46 Ladogiannis Ladogiannis Fiat Seicent 5h36'53"0 A5
47 Zounis Demertzis Mg Zr-105 5h42'50"8 A5
48 Kapnias Sevastopoul. Toyota Yaris 5h52'10"8 A5
49 Stathaki Sabanikou Peugeot 206 Kit Car 5h58'32"3 A6


[2007/06/05 23:49] WRC | TB(0) | CM(0)

WRC第7戦 ラリー・イタリア・サルディニア 

先週、私が全日本ラリーのオフィシャルをしている頃、WRCもいよいよ本格的なヨーロッパラウンドが始まった。
まずは、その緒戦ラリー・イタリアが地中海の観光地サルディニア島で開催された。


注目は、今年デビューし、早くもターマックでもグラベルでも全く隙の無いシトロエンC4のローブに誰がストップを掛けるかだ。その対抗馬はやはり、個人的にお気に入りのフォードのグロンホルムしかいないのであるが、2007年モデルが投入されて速さが戻ってきた、スバルのペター・ソルベルグも見逃せない。


ラリーの展開はというと、そのローブまさかのリタイヤで自滅しあっけない幕切れとなり、そうなれば当然の結果とも言えるフォードの1-2フィニッシュとなったが、今後のWRCのタイトル争いの上では、少し面白くなってきた。
ペター・ソルベルグは、残念ながら今回も結果を出せず、今後の奮起に期待しよう。


ところで、何故サルディニア島でWRCが開催されるかということであるが、実はこの時期バカンスの前で、ヨーロッパの観光地はシーズン・オフの時期であるということである。
観光地ということで、宿泊のキャパシティは十分であるため、商業的にもメリットが出るのでおそらく地元自治体・観光産業が期待を寄せているのでしょう。


このことは、日本の国内ラリーにも当てはまると思う。つまり、観光地のシーズン・オフというのは狙い目だと思います。
是非とも、日本でも有名な観光地で、観光地活性化のためのイベントとしてラリーを開催して頂きたいものです。


最後に、「マーカス、おめでとう!」


2007 Rally Italia Sardegna Result

1        M. GRÖNHOLM (FIN)   T. RAUTIAINEN (FIN)   FORD Focus RS WRC          48:42.0

2        M. HIRVONEN (FIN)   J. LEHTINEN (FIN)   FORD Focus RS WRC          49:11.2

3        D. SORDO (E)          M. MARTI (E)          CITROEN C4 WRC             50:03.8

4        H. SOLBERG (N)          C. MENKERUD (N)      FORD Focus RS WRC          50:18.6

5        P. SOLBERG (N)          P. MILLS (GB)          SUBARU Impreza WRC             51:16.2

6        T. GARDEMEISTER (FIN) J. HONKANEN (FIN)   MITSUBISHI Lancer WRC                       53:44.1

7        M. STOHL (A)          I. MINOR (A)          CITROEN Xsara WRC             54:10.6

8        J. HANNINEN (FIN)   M. MARKKULA (FIN)          MITSUBISHI Lancer WRC             58:13.7

9        J. LATVALA (FIN)          M. ANTTILA (FIN)          FORD Focus RS WRC          00:09.7

10      C. ATKINSON (AUS) S. PREVOT (B)          SUBARU Impreza WRC             05:01.4

11      F. Villagra (RA)          J. PEREZ COMPANC (RA)    FORD Focus RS WRC          05:47.1

12      M. WILSON (GB)          M. ORR (GB)    FORD Focus RS WRC          12:07.1

13      U. AAVA (EE)          K. SIKK (EE)          SUZUKI Swift Super 1600          15:03.9

14      P. ANDERSSON (S)      J. ANDERSSON (S)          SUZUKI Swift Super 1600          16:13.3

15      G. MANFRINATO (I)       C. PISANO (I)          SUBARU Impreza                           20:23.1

16      M. PROKOP (CZ)          J. TOMANEK (CZ)          CITRÖEN C2 Super 1600          21:26.7

17      S. CAMPEDELLI (I)       D. FAPPANI (I)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          21:27.5

18      A. Nicolai BURKART (D)          M. KOELBACH (D)          CITRÖEN C2 Super 1600          24:13.8

19      J. MOLDER (EE)          K. BECKER (D)          SUZUKI Swift Super 1600          24:44.2

20      B. BENTIVOGLI (I)       A. CECCHI (I)          SUBARU Impreza                           25:42.4

21      P. ZANCHI (I)          D. D'ESPOSITO (I)          SUBARU Impreza                           26:10.7

22      L. RICCI (I)          A. BARUFFA (I)          SUBARU Impreza                           27:00.6

23      M. CENEDESE (I)          M. ROSSETTO (I)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          27:42.8

24      F. FANARI (I)          M. BOSI (I)          SUBARU Impreza                           28:19.5

25      J. BERES (SK)          P. STARY (CZ)          RENAULT Clio Super 1600          30:15.0

26      G. DETTORI (I)          M. CORDA (I)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          34:39.7

27      H. WEIJS (NL)          H. VAN GOOR (NL)          MITSUBISHI Lancer EVO IX           34:44.2

28      W. EUGENI (I)          M. BUSINARO (I)          SUBARU Impreza                           34:59.8

29      B. BOUFFIER (F)          M. BAUMEL (F)          CITRÖEN C2                35:02.8

30      U. LUNARDI (I)          A. RANNO (I)          SUBARU Impreza                           36:19.8

31      P. SANDELL (SWE) E. AXELSSON (SWE)          RENAULT Clio Super  1600          37:43.1

32      B. CLARK (GB)          A. Scott MARTIN (GB)    FORD Fiesta ST                38:34.3

33      G. LINARI (I)          C. SORIANI (I)          SUBARU Impreza                           38:41.3

34      V. ROZUKAS (LT)          A. SHOSHAS (LT)          SUZUKI Swift Super 1600          39:09.3

35      S. GALLAGHER (IRL)   C. JENKINS (GB)          CITRÖEN C2                39:42.9

36      F. MARRONE (I)          M. PIGA (I)          MITSUBISHI Lancer EVO VI          41:39.7

37      E. VERTUNOV (RUS) G. TROSHKIN (RUS)          FORD Fiesta ST          43:04.1

38      R. SCANDOLA (I)          C. BIONDI (I)          SUBARU Impreza                           43:56.9

39      P. BIOLGHINI (I)          S. GIRELLI (I)          SUBARU Impreza                           44:41.3

40      M. KAHLFUSS (D)          R. BAUER (D)          MITSUBISHI Lancer EVO VIII          44:54.8

41      G. BACCO (I)          S. CUNEO (I)          SUBARU Impreza                           47:15.1

42      T. PILERI (I)          M. PILI (I)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          48:43.2

43      G. SCHAMMEL (LUX) R. JAMOUL (B)          CITRÖEN C2        48:44.0

44      M. KOSCIUSZKO (PL)    M. SZCZEPANIAK (PL)          RENAULT Clio Super  1600          51:17.7

45      M. KOMLJENOVIC (SER)          A. JEREMIC (SER)          RENAULT Clio R3                54:00.2

46      G. MOGAVERO (I)          M. ARCIDIACONO (I)          SUBARU Impreza                           56:32.2

47      A. CORTINOVIS (I)       F. ZANELLA (I)          RENAULT Clio Super 1600          56:39.5

48      F. TREVISIN (I)          F. COZZULA (I)          SUBARU Impreza                           56:58.1

49      E. AKSAKOV (RUS) A. AKSAKOV (RUS)          SUBARU Impreza                           57:26.6

50      E. DIONISIO (I)          D. MICHI (I)          SUBARU Impreza                           57:34.3

51      F. CASTEGNARO (I)       R. FRASCHIA (I)          SUBARU Impreza                           59:58.1

52      S. HUGHES (GB)          C. MOLE (GB)          FORD Fiesta ST                01:10.8

53      R. AUQUIER (B)          C. PIROTTE (B)          CITRÖEN C2 Super 1600          03:41.6

54      E. PITALIS (I)          M. CRABUZZA (I)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          VI          04:34.4

55      G. BARBATI (ITA)          F. CADORE (ITA)          FORD Fiesta ST                05:04.4

56      L. PETROCCO (I)          A. SAVINI (I)          SUBARU Impreza                           09:10.4

57      S. BENONI (I)          E. CANTONI (I)          CITRÖEN C2 Super 1600          12:00.9

58      M. KOLMAN (NL)          J. VON DEN HENWEL (NL)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          12:19.6

59      F. MONTANARI (I)       C. CORSO (I)          SUBARU Impreza                           12:31.6

60      E. WEISS (D)          M. MORRISSEY (IRL)          RENAULT Clio                         16:26.0

61      ". DEDO " (I)          M. DADDOVERI (I)          SUBARU Impreza                           18:35.2

62      G. VALENTE (I)          A. PALANO (I)          SUBARU Impreza                           19:07.0

63      F. PISTIS (I)          S. MURTAS (I)          SUBARU Impreza                           23:01.6

64      V. BARANAUSKAS (LT) G. CELIESIUS (LT)    FORD  Fiesta  ST                24:37.2

65      R. ERRANI (I)          S. CASADIO (I)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          41:10.3

66      G. PRANZONI (I)          P. PRANZONI (I)          OPEL  Astra  OPC             47:25.0

67      G. MELA (I)          G. MELA (I)          CITROEN  Saxo                       08:15.7

 

[2007/05/23 00:13] WRC | TB(0) | CM(0)

ラリーアルゼンチン結果 

 ラリーアルゼンチンが5月6日閉幕した。


 4月30日、愛媛県で開催された全日本ラリー第2戦久万高原ラリーで総合優勝を飾った勝田範彦君がラリーの表彰式もそこそこに、アルゼンチン北部の中心都市コルドバに向かった。


 彼が、アルゼンチンに向かったのはWRCに出場する訳ではなく、彼の会社の重要な提携先がアルゼンチンにあり、その会社での技術研修が目的で、社長であり父であり、またモンテカルロオートスポーツクラブの会長の勝田照夫氏と共に、たまたまWRCが開催されているコルドバに出張したのです。


 ところが、範彦君が30日に日本を立つ際、もう一つ重要な役目を背負っていました。
実は、PWRCに出場する新井選手が、一足早くアルゼンチン入りしたのですが、なんと到着空港でバゲッジが出てこなかったのです。そこには、重要なレーシングスーツが入っていたとのこと。
しかし、レーシングスーツは直ぐに調達できないので、新井選手のチームメイトで、たまたまアルゼンチンに出張する範彦君に連絡が入り、急遽範彦君が届けることになりました。彼はこの大事なレーシングスーツを30時間ひざに抱えて(トランクに入れると無くなるかもしれないので)地球の裏側の新井選手のもとへ無事届けたとのことです。メデタシ・メデタシ。


 しかし、今度はレーシングスーツを受け取った新井選手自身が乗った飛行機がSS1のおこなわれたアルゼンチンの首都ブエノスアイレスから、SS2のあるコルドバに向かう(何とこのラリーSS1からSS2に向かうのに、選手は飛行機で、車はトラックで運ばれるそうです。)飛行機が、濃霧の為ブエノスアイレスに引き返し、長時間足止めを喰い、金曜日のSSが、夜のスーパーSS以外全てキャンセルされるという、前代未聞の事件に巻き込まれたのです。


 競技は、土曜日、日曜日の2日間に短縮されましたが、1位 ローブ、2位 グロンホルムで、スバルのペター・ソルベルグは、前半調子良かったけどリタイヤというお決まりのパターンに落ち着きました。


 PWRCは、範彦君が届けたレーシングスーツを身に着けた新井選手が総合10位、PWRC・2位に入る健闘をみせ、とうとう2007年のシリーズリーダーに躍り出た。
 一方、久万高原ラリーをパスしてPWRCに全力を傾けた奴田原選手は、2レグ(土曜日)で転倒し、3レグにスーパーラリーで再出走するも、燃料系のトラブルで結局リタイヤしてしまった。


 今回、初めてアルゼンチンラリーを見学した範彦君は、きっと選手として何かを掴んだに違いありません。今後の彼の走りが楽しみです。


2007年WRC第6戦、アルゼンチン・ラリーで、シトロエン、セバスチャン・ローブが優勝!(シトロエン・ジャポン)
http://www.citroen.co.jp/motorsports/2007/06.html


FORD WRC 2007 RESULTS(フォード公式サイト)
http://www.ford.co.jp/servlet/ContentServer?cid=1163397727518&pagename=Page&c=DFYPage


ラリー・アルゼンチン レグ3:クリス・アトキンソン、ポイント圏内の総合7位でフィニッシュ!(スバル・モータースポーツ)
http://www.subaru-msm.com/wrc2007/06/3.asp


波乱に富んだアルゼンチン、新井敏弘がP-WRC2位獲得でシリーズリーダーに(スバル・モータースポーツ)
http://www.subaru-msm.com/pwrc2007/03/3.html


三菱ランサーエボリューションのF・ヴィラグラがPWRC、グループN優勝(三菱自動車・モータースポーツ)
http://www.mitsubishi-motors.com/motorsports/j/07wrc/r06/index.html


波乱のアルゼンチン、新井敏弘選手は2位 ポイントランクで首位に浮上(新井敏弘オフィシャルサイト)
http://www.toshiarai.com/rally_report/2007/07_3_argentina/report_l3.html 
新井選手ブログ
http://ameblo.jp/toshiarai/


奴田原が行く(奴田原選手ブログ)
http://nutahara.cocolog-nifty.com/blog/


Rally Argentina 2007 Final Result 


Pos. Dr/Co-Dr CAR CLS Total time
1 LOEB / ELENA Citroën C4 A 8 2:52:03.8

2 GRÖNHOLM / RAUTIAINEN Ford Focus RS WRC 06 A 8 2:52:40.5

3 HIRVONEN / LEHTINEN Ford Focus RS WRC 06 A 8 2:54:19.0

4 LATVALA / ANTTILA Ford Focus RS WRC 06 A 8 2:55:46.8

5 SOLBERG / MENKERUD Ford Focus RS WRC 06 A 8 2:56:13.9

6 SORDO / MARTI Citroën C4 A 8 2:56:27.4

7 ATKINSON / PREVOT Subaru Impreza WRC 2007 A 8 2:56:47.2

8 STOHL / MINOR Citroën Xsara WRC A 8 2:57:24.0

9 VILLAGRA / CURLETTO Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:08:53.7

10 ARAI / SIRCOMBE Subaru Impresa N 4 3:09:03.0

11 HÄNNINEN / MAKKULA Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:09:21.9

12 RAIES / PEREZ COMPANC Ford Focus RS WRC 06 A 8 3:10:04.4

13 POZZO / STILLO Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:12:15.7

14 LIGATO / GARCÍA Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:13:32.9

15 BELTRÁN / ROJAS Mitsubishi Evo IX N 4 3:14:07.8

16 MCSHEA / NOBLE Subaru Impreza N 4 3:14:23.6

17 AIGNER / WICHA Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:15:02.6

18 MADERO / PIAZZANO Mitsubishi Evo IX N 4 3:16:05.5

19 RAUAM / KRAAG Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:16:59.5

20 MARTÍNEZ / MUSSANO Subaru Impreza STI N 4 3:18:50.9

21 JONES / PARRY Mitsubishi Lancer Evo IX N4 3:19:48.2

22 PASTRANA / EDSTROM Subaru Impreza WRX STI N 4 3:23:30.0

23 BERNARDI / CRETU Mitsubishi Evo IX N 4 3:25:08.7

24 DOROSINSKIY / EREMEEV Subaru Impreza WRX STI N 4 3:25:17.9

25 VOJTECH / ERNST Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:32:03.8

26 HAWKESWOOD / JUDD Mitsubishi Lancer Evo VII  A 8 3:35:36.9

27 ALONSO / ALLENDE Subaru Impreza WRX N 4 3:36:18.4

28 PEREZ COMPANC / VOLTA Ford Focus RS WRC 06 A 8 3:39:01.7

29 FLODIN / ANDERSSON Subaru Impreza N 4 3:39:38.3

30 WILSON / ORR Ford Focus RS WRC 06 A 8 3:40:41.8

31 DASSO / DELL OSO Subaru Impreza N 4 3:46:21.2

32 DAVID / BELDIE Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:51:02.6

33 PEREDO / BUSTOS Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:53:11.9

34 DE LEÓN / DE LEÓN Subaru Impreza Spec C N 4 3:53:58.8

35 YAÑEZ / TULIAN Mitsubishi Evo VI  N 4 3:54:49.5

36 SHAW / ALLEN Mitsubishi Lancer Evo VII A 8 4:05:53.0

37 MACHINEA / MARONGIU Peugeot 206 RC N 3 4:06:22.9

38 BOTTAZZINI / DE LUCA Honda Civic VTI N 2 4:18:36.6

39 JÁUREGUI / FILIPPI Peugeot 206 A 6 4:28:18.0

40 PRACHT / CARRETTO Renault Clio Sport 2.0 16 V N 3 4:57:39.1

41 MORALES / QUEVEDO Fialt Palio N 2 5:09:33.6

[2007/05/08 00:55] WRC | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。