スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【JRCAメディアリリース】 結果速報 全日本ラリー選手権第4戦 MSCC東京ラリー2007 

勝田範彦がシーズン3勝目をゲット
初のシリーズチャンプ獲得に大きな一歩



全日本ラリー選手権第4戦 MSCC東京ラリー2007


6月1~3日/福島県東白川郡棚倉町周辺
天候 晴れ時々曇り
路面 グラベル
ラリー総距離=約340km
スペシャルステージ=15本約103km


 全日本ラリー選手権第4戦MSCC東京ラリー2007が、福島県東白川郡棚倉町周辺で開催された。今回は全日本選手権に加えて地方選手権ラリーである東日本ラリー選手権も併催された。
格式の違うJAF選手権が併催されたのは今回が初めてのこと。
 併催によりラリー参加台数が増えて規模として大きなラリーとなることは、ラリー自体がにぎやかになることであり、観客にとってはより楽しさが増し、地方選手権選手にとってはチャレンジングなラリーとなり、全日本選手にとっては面子をかけた戦いとなる。そして全体として興味のポイントが増すこととなり、今後この形態が全国的に増えていけば、ラリー界全体の興隆に大きく寄与できることだろう。

 今回は全日本戦の第4戦。
 開幕以来ターマックラリー3連戦が終了し、今回はシーズン初のグラベルイベントとなる。
 これまでのシリーズ展開は、ターマックキング勝田範彦が2連勝+2位1回とダントツのシリーズトップとなっている。これに対して昨年のチャンピオン奴田原文雄は、世界プロダクションカーラリー選手権と日程が重なったこともあって1戦欠場しており、他の2戦は不運が重なって現在シリーズ8位。グラベルインする今回で、ぜひチャンピオンの意地を見せ、シリーズを挽回しておきたいところだ。だが前戦でターマックラリー初優勝を遂げた石田正史、昨年のこのラリーでベストタイムを刻んだ炭山裕矢など、ライバルたちも調子を上げてきている。そしてもちろん勝田もグラベルでの速さも確実に上がってきている

 ラリー展開は、金曜日に降った雨がコースを濡らしており、路面状況はスリッパリー。さらにツイスティなコース上には大きな石が転がっており、難易度の高いコース状況となっていた。そんなステージを奴田原は序盤から快走する。勝田も負けじと食らい付いていくが、その差は広がる一方だった。これに対してライバルたちは、石田、炭山ともSS1でバーストし、石田はSS3でリタイア。 炭山はその後もバーストを重ねて下位に低迷してしまう。
 ラリーは完全に奴田原の独走状態となっていった。レグ1を終わった時点で奴田原と2位の勝田との差はすでに47秒。3番手につけた大嶋治夫は奴田原に1分21秒の差となっていた。


 一夜明けてレグ2。奴田原はもう無理はしない。2番手、3番手タイムをマークしながら勝田との差を維持する作戦に出た。
 だが今シーズンの奴田原はツキに見放されているようだ。レグ2が始まって3本目のSS11ギャラリーステージでミッションが音を上げてしまいリタイア。これでタナボタのトップとなった勝田が、残る4本のSSをうまくまとめて優勝。今季3勝目を上げてチャンピオン獲得に大きく前進した。一方の奴田原は今回のリタイアで連続チャンピオン獲得にかなりの暗雲が立ち込めることとなった。2位には大嶋、3位には大庭誠介が入り、ベテランふたりが大活躍を見せた。

 次戦は6月22~24日に宮崎県美里村で開催されるひむかラリー in 美郷。これまでの椎葉村から美郷町に移しての開催となる。百済伝説の町・美郷で、初見のルートにどんなドラマが待ち受けているのか、楽しみだ。

全日本ラリー選手権第4戦結果
総合順位 クラス順位 ドライバー/コドライバー マシン タイム  
 1 JN4-1 勝田 範彦/北田  稔 スバルラリーチームジャパン・インプレッサ 1:28:27.2
 2 JN4-2 大嶋 治夫/井手上達也 加勢eレーシング ランサー          1:29:11.9
 3 JN4-3 大庭 誠介/高橋  巧 REPSOL-ADVAN ランサー          1:29:36.5
 4 JN4-4 岩下 英一/草加 浩平 GUM ADVAN ランサー             1:30:31.8
 5 JN4-5 堀田  信/浦野 昭美 DLBRIGオサムランサー            1:31:18.5
 6 JN4-6 飯泉 忠男/東  英仁 シャフトMOTUL・DL・WP            1:32:19.4
 7 JN2-1 綾部美津雄/中原 祥雅 ダイハツブーンX4               1:33:31.7
 8 JN4-7 久保田政行/渋谷 信人 Hot Staff ランサー               1:35:10.6
 9 JN4-8 桑田 幸典/井川 宏美 DL IDI KYB ランサー              1:35:45.6
10 JN4-9 小舘 優貴/館山 昌靖 スバルラリーチームジャパン・インプレッサ 1:36:04.8

注)クラス区分の説明:JN4クラスは2000ccを超える車両、JN3は1600ccを超え2000cc
以下の車両、JN2は1400ccを超え1600cc以下の車両、JN1クラスは1400cc以下の車両。


東日本ラリー選手権第2戦結果
総合順位 クラス順位 ドライバー/コドライバー マシン タイム
 1 BCC-1 丸山 保幸/山田 一成 エクサスタマキマルヨシランサー 54:16.1
 2 BCC-2 石黒 雄士/竹薮 英樹 安斉自工ADVAN市光ランサー 54:41.2
 3 BCC-3 富沢 浩明/船津 和行 CATZ.PACKR.GDB         56:12.8
 4 BCC-4 藤生 敏夫/馬場 裕之 B.T.M.ランサー         59:10.0
 5 BCC-5 土屋 広晃/黒崎 直樹 パックアールランサー      59:45.5
 6 BCC-6 日比 淳史/盛合とうこ atcave ランサー        1:01:05.1
 7 BCC-7 青木 光広/吉武 康博 安斉自工・市光ランサーNo.2   1:04:44.0
 8 BCA-1 金成 昌幸/藤波 誠一 MOVEL・シビック 1:09:08.0
 9 BCB-1 青柳  勉/山田  昇 安斉自工市光エンゼルインテグラ 1:09:50.7
10 BCA-2 権藤  晃/森田 茂利 AmSグラデュアーレミラジュ 1:10:45.2
注)クラス区分の説明:
BCAクラスは1600cc以下の車両、BCBクラスは1600ccを超え3000cc以下の車両、BCCク
ラスは3000ccオーバーの車両。

スポンサーサイト

[2007/06/04 08:14] 全日本ラリー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kometani.blog85.fc2.com/tb.php/92-33e04217




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。