スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【JRCAメディアリリース】 結果速報 全日本ラリー選手権第3戦 KYOTO南丹ラリー2007inひよし 

全日本ラリー選手権第3戦
KYOTO南丹ラリー2007inひよし
5月18~20日/京都府南丹市日吉町周辺
天候 曇り時々雨
路面 ターマック
ラリー総距離=約380km
スペシャルステージ=17本約70km


nantan2007.jpg

石田正史/宮城孝仁ランサーが2004年以来の全日本優勝


5月18~20日に京都府南丹市日吉町周辺において、全日本ラリー選手権第3戦・KYOTO南丹ラリー2007inひよしが開催された。
同ラリーは日吉ダム周辺のターマックステージが好評を博しており、府民の森に設置されるギャラリーステージには大勢の観客が訪れている。
今年は天候に恵まれず観客の出足が鈍かったものの、2日間のべ1400人のラリーファンが、全日本選手の走りを楽しんだ。


今回は、これまで開幕2連勝を果たしているターマック・キング勝田範彦(インプレッサ)の連勝記録が伸びるのか? 
はたまた誰が阻止するのかが注目された。
ラリー当日は雨で、5月とは思えないほどの寒さ。
このためラリーコースは非常に滑りやすい状態になっており、ワンミスが明暗を分けることが予想された。
ラリーが始まって最初のステージで勝田がスピンして15秒のタイムロス、13番手と大きく出遅れてしまった。
さらに打倒・勝田の最右翼、06年チャンピオンの奴田原文雄/小田切順之(ランサー)も序盤は好走を見せるもSS7でクラッシュから順位を落としてしまう。
この二人の脱落でラリーリーダーとなったのが石田正史/宮城孝仁(ランサー)。
これを2戦連続2位の北村和浩/山口顕子(インプレッサ)が追う展開となった。
だが、今度は北村のマシンにトラブルが出始め、必死に挽回を図ってきた勝田が北村を捕らえて2位に浮上。
石田が一歩リードする形で初日を終えた。


2日目に入ると、勝田と北村の好バトルが見られたものの、石田との差は一向に縮まらない。
結局石田が逃げ切って、2004年以来の全日本優勝、そして自身初となるターマックでの優勝を果たした。


次戦のMSCC東京ラリーは今シーズン初のグラベルイベント。
後がない奴田原がどんな走りを見せるのか、復調した石田が好調を維持するのか?
安定感を増した勝田がグラベルでどんな戦いぶりを見せるのかが楽しみだ。
第4戦は6月2~3日に、福島県棚倉町周辺で開催される。


総合 クラス ドライバー/コドライバー マシン タイム
順位 順位
 1    JN4-1  石田 正史/宮城 孝仁  DL テイン マルシェ ランサー 49:15.1
 2    JN4-2  勝田 範彦/北田  稔  スバルラリーチームジャパン・インプレッサ 49:20.9
 3    JN4-3  北村 和浩/山口 顕子  アーレスティDL・KYBインプレッサ 49:26.3
 4    JN4-4  福永  修/奥村 久継  オサムCLダンロップCMSCランサー 49:51.2
 5    JN4-5  松岡 孝典/木村 裕介  ニシオガレージDLインプレッサ 50:17.0
 6    JN4-6  松井 孝夫/佐藤 忠宜  アドバンPIAAKYBランサー 50:21.3
 7    JN4-7  堀田  信/浦野 昭美  DLBRIGオサムランサー 50:42.3
 8    JN4-8  奴田原文雄/小田切順之  ADVAN-PIAAランサー 50:51.1
 9    JN4-9  大庭 誠介/晝田 満彦  REPSOL・ADVANランサー 51:01.7
10    JN4-10 高山  仁/河野 洋志  YKRNランサー☆プロDオサム 51:36.5


注)クラス区分の説明:JN4クラスは2000ccを超える車両、JN3は1600ccを超え2000cc
以下の車両、JN2は1400ccを超え1600cc以下の車両、JN1クラスは1400cc以下の車両。


写真および文は、JRCAより提供


【日記】
この、KYOTO南丹ラリーにMASCクラブ員9名および他のクラブとの共同でギャラリーステージのTC~STOPの計時役員を担当しました。
私は、そのステージのステージコマンダーの大役を仰せつかりました。
今回、ギャラリーステージは、SS3,6,8,12,15と2日間で5回 それに TC0、サービスOUT、セレモニアルフィニッシュまで受け持ちました。


当MASCクラブ員は、新城ラリーで大勢のギャラリーの前での作業は慣れたもので、皆さんテキパキと任務を遂行できました。
特に、タイヤが冷えた上に雨で路面がウエットかつ泥付タイヤであったため、1コーナーでブレーキングミスから、コースアウトしたりスピンした競技車が続出しましたが、競技車は1分も止めることなく進行でき、ひとまず一安心です。5月というのに気温10℃、競技中に限って小雨がパラついた中でのオフィシャル活動でした、皆様本当にお疲れ様でした。

スポンサーサイト

[2007/05/22 01:13] 全日本ラリー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kometani.blog85.fc2.com/tb.php/87-5ea3bbd5




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。