スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【JRCAメディアリリース】結果速報 全日本ラリー選手権第2戦 

昨年に引き続き開幕2連勝の勝田範彦


全日本ラリー選手権第2戦  久万高原ラリー

4月28~30日/愛媛県上浮穴郡久万高原町
天候 晴れ
路面 ターマック
ラリー総距離=約220km
スペシャルステージ=9本約85km

勝田範彦が開幕2連勝

 4月28~30日に、愛媛県上浮穴郡久万高原町周辺において、全日本ラリー選手権第2戦・久万高原ラリーが開催された。
 同ラリーは長く地元密着型として親しまれてきた舗装路(ターマック)のラリーだ。
 今回も地元の協力でギャラリーステージが設定され、多くのラリーファンを喜ばせていた。


 今回は06年チャンピオン奴田原文雄が世界プロダクションカーラリー選手権アルゼンチンラリー参戦のため不参加。ターマックキングの異名を取る勝田範彦/北田稔が優勝候補筆頭。
 勝田に対して北村和浩/山口顕子、石田正史/宮城孝仁などのライバルがどう食らい付いていくかが注目された。


 ラリーが始まると勝田が順調にステージベストをたたき出してラリーをリード。これに横尾芳則/石丸智之、飯泉忠男/露木明浩らの若手成長株が僅差で迫る。北村、石田はその後方に甘んじている。


 だが中盤に差し掛かる前に横尾、飯泉が相次いでリタイア。石田、北村がそれぞれ2番手、3番手に浮上する。以降勝田は序盤に築いたリードを見ながらラリーをコントロール。これに対して石田、北村は必死の追い上げを見せる。


 だが、終盤は抑える余裕も見せて勝田が開幕2連勝。また最終ステージでトラブルを抱えた石田を北村が逆転。結果、北村が2位、石田が3位と、開幕戦同様の順位でラリーを終えることとなった。

 次戦の(シンフォニーラリー改め)KYOTO南丹ラリーinひよしもターマックラリー。奴田原が勝田の3連勝を阻むのか?昨年の同ラリーで苦渋をなめた勝田がリベンジを果たすのか?楽しみであると同時にシリーズを占う上でも大切な一戦だ。同ラリーは5月18~20日、京都府南丹市にあるひよしダム周辺で開催される。

総合 クラス
順位              Driver/Co-driver TIME
1位      JN4-1   勝田/北田   1:05:20.1
2位      JN4-2   北村/山口   1:05:39.8
3位      JN4-3   石田/宮城   1:06:32.3
4位      JN4-4   大庭/高橋   1:06:51.2
5位      JN4-5   松岡/木村   1:07:19.4
6位      JN3-1   榊/井出上   1:08:06.7
7位      JN3-2   曽根/桝谷   1:08:35.1
8位      JN3-3   長岩/箕作   1:08:52.1
9位      JN3-4   森  /藤綱  1:08:55.5
10位     JN2-1   山口/船木   1:09:18.4

19位     JN1-1   西山/多比羅  1:11:57.9


注)クラス区分の説明:JN4クラスは2000ccを超える車両、JN3は1600ccを超え2000cc
以下の車両、JN2は1400ccを超え1600cc以下の車両、JN1クラスは1400cc以下の車両。


情報提供 JRCA


【主催者発表正式結果】


 ■正式結果 PDFファイル 165KB

 ■SSタイム PDFファイル 494KB

 ■区間タイム PDFファイル 881KB


なお、全日本ラリー選手権第2戦「久万高原ラリー」は地元南海放送でTV放映されるそうです。
視聴可能な方は、是非ご覧ください。

番組名:南海放送「今コレ!」  http://www.rnb.co.jp/
放送日時:5月13日(日)17:00-17:15


私は、見ることは出来ませんが、誰かビデオ送ってくださ~い m(_ _)m

スポンサーサイト

[2007/05/01 19:41] 全日本ラリー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kometani.blog85.fc2.com/tb.php/78-d090044b




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。