スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スピード行事競技用へルメットに関する指導要綱 

スピード行事競技用へルメットに関する指導要綱


スピード行事競技では、JAF公認競技用へルメット、国際モーターポーツ競技規則付則J項のテクニカルリストに記載された基準、または、下記2.の規格に適合する競技用へルメットを競技中常に装着すると。


JAF公認競技用へルメット
 a.JAF公認競技用へルメットのリストは、「レース競技に参加するドラィバーの装備品に関する付則」を参照のこと。
 b.JAF公認競技用へルメットには、下記の公認シールが貼付されている。JAF公認品の証明であるので、取り外さないこと。


jafkounin.gif


2 各規格
1) 日本工業規格(JIS)乗車用安全帽の基準に合致したヘルメット(旧規格(JIST8133:1997)のC種適合品を含む)帽体の形状がハーフ形、スリークォーターズ形のもの、および2輪用特殊へルメットは使用できない。


2輪用特殊ヘルメット
 ・トライアル用
 ・オフロード用
 ・モトクロス用


2) SNELL規格 


3) British Standards Institution BS6658-85 types A and A/FN including all amendments (Great Britain) 


4) SFI Foundation Inc., SFI spec 31.1 and SFI spec 31.2 (USA) 


5) SIS 88.24.11(2) (Sweden) 


6) DS 2124.1 (Denmark) 


7) SFS 3653 (Finland) 


8) ONS/OMK (Germany) (black on white, black on blue, blue on white or red on white labels only)


9) NF S 72 305 (France)


10) E22 (Commission of the European Economic Communities) with the 02, 03 or 04 series
上記基準に合致したへルメットには、下記のラべルが貼付されてている。
基準合致の証明であるので取り外さないこと。


3.車両形式、競技形式などによるへルメット種別の適用
1) オープンカー
フルフエイス型へルメットを着用すること。(但し、競技会特別規則で特別の定めがある場合を除く。)
2) クローズドカー
フルフェイス型へルメットの着用を推奨する。(但し、競技会特別規則で特別の定めがある場合を除く。)


4.改造、加工の禁止
1) へルメット製造者が認めた方法および当該へルメット型番に認証を与えた基準機構が認めた方法を除き、へルメットに対し一切の改造、加工をしてはならない。
2) JAFあるいはFIAによって認められない限り、頭部や頚部の保護を意図してへルメットに装着するいかなる装置の着用も禁も止される。FIA基準8858-2002に従い公認されたHANS装置は、国際モータースポーツ競技規則付則J項のテクニカルリス№29に列記されている当該装置に適合するヘルメットと共に着用しなければならない。
3) JAFあるいはFIAによって認められた装置をへルメットに装着する場合には、へルメット製造者および頭部/預部保護装置製造者が指定した工場、代理店などに委ねること。


5.保護能力
1) 塗料はへルメットの帽体の素村と反応し、その保護能力に影響を与える可能性がある。へルメット製造者が定めたへルメットの装飾、塗装に関する制限事項、あるいは指導要綱に従うこと。
2) へルメットに強い衝撃を受けた場合、外観に異常がなくても保護能力が劣化している場合もある。へルメット製造者、あるいはへルメット製造者が指定した工場、代理店などに専門的判断を委ねること。


6.使用限度
製造後「10年」を経過したものを使用してはならない。

スポンサーサイト

[2007/03/21 12:50] 競技規則・車両規則 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kometani.blog85.fc2.com/tb.php/52-5be902a5




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。