スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Viva! Marcus! スウェディッシュラリー終了 

murcus.jpg camera.jpg←スウェディッシュラリーの写真はこちら

11日WRC第2戦 スウェーデンラリー が終了した。 
優勝は、フィンランド出身のマーカス・グロンホルム!
実は、この私マーカスの隠れファンなのです。


mixiからこのサイトに来られた方は、気が付いた方もおられるかもしれませんが、私の紹介写真に上の写真を使っています。
これは、ラリージャパン2006の公式ガイドブックなのですが、ここに書かれているサインはマーカス直筆のサインなのです。


マーカスのファンになったのは、2003年のラリーNZ 私が初めてのWRC観戦した時でした。 彼はこのラリーにプジョー206WRCで出場していましたが、その当時WRCで最長の60kmのSSで激しく攻め過ぎ転倒したのです。ところが、たまたまその場にいたギャラリーに助けられてSSに復帰し、そればかりかそのSSでベストタイムを取り、見事に優勝したのです。
このとき、密かに凄いガッツのある奴だなと思っていました。
現地では、ラジオでWRCの実況放送をやっていたのですが、アナウンサーが”Marcus!”と連呼していたと記憶しています。

彼は、ガッツがあるだけではなく、すごく冷静なのです。WRCの番組などで、インタビューされたとき、いつもジョークで返す余裕を持っています。しかも、なかなか面白い事を言う。


昨年、私はラリージャパンで帯広スーパーSSのスタートのポストチーフを任されました。
スタート長は、ある程度スタート時間を決める権限が与えられているのですが、スーパーSSは、2台同時にスタートするSSでエンターテイメントとしての面もありそのスタートさせる組み合わせが非常に重要なのです。


そして、昨年の最終SSです。最終日(Leg3)はWRカーについてはリバーススタートとなります。
リバーススタートとは、2日までの成績で順位の下から順番にスタートさせることで、大相撲のように最高の取組みを最後に持って来て観客に楽しんでもらおうという趣向です。


最終SSの前まで、トップのローブとグロンホルムの差は数秒(とは言っても、2kmのスーパーSSで逆転できるような差ではありませんが・・・)これは、ファンにとっては面白い展開になっていました。


ところが、最終SSに帰って来たWRカーは奇数台、つまり誰かが単独スタートしなければいけないのです。
しかし、そのような重要な決定は、上部の役員から指示されることになっているのですが、なかなか単独スタートの指示が出されませんでした。
その時、既にスタート前のTCには、同じカラーリングのフォードの2台、ミッコとマーカスが到着していました。


その時、ようやく上からミッコを単独スタートさせてと指示があり、その時点で3位であったミッコには可哀想ですが、「申し訳ないが、あんた1人で走って、理由は分かっているやろ?」と伝えて1人で走ってもらいました。ミッコはその屈辱?をバネに帯広SSSのレコードタイムとなるベストタイムを叩きだしました。(実際は埃が無かったから?)


その直後、マーカスはスタート位置に付きましたが、その時点でローブはまだTCの遥か前でプレスに取り囲まれています、これは当然のことでローブはこのときWRC優勝回数でトップに立つ記念すべき勝利だったから、取材にも熱が入っていました。
その時点で、マーカスは4分以上待っておりかなりイライラしていました。
その間、TCからの連絡を受けてマーカスには仮のスタート時間を口頭で伝えていたのですがその時間になってもローブは位置に付かれず、結局マーカスには10分以上待たせてしまいました。
それでも、マーカスは自分の役割を理解して、紳士的に対応してくれました。
本当に、嬉しかったです、本音を言うとマーカスに勝って欲しかったです。


そんなことがあった翌日、私は名古屋に帰る為、ラリー関係者で賑わう帯広空港にいました。
すると、フォードのユニフォームを着た一団が・・・・もしかして、と周りを見渡すと2mの長身のマーカスがひっそりと座っていました。
私は、どうしてもオフィシャルとして昨日長い間待ってもらったお詫びをしなければ、と思い勇気を出して、あいさつに行き感謝の気持を表したところ、私がその時持っていた公式ガイドブックに自分の写真が写っているページを自らめくり、写真の横にサインをしてくれたのです。


それが、この写真です。実は、このときマーカスは2006年限りで引退を噂されていましたので、また「日本に来てね!」と言いましたら「よっしゃわかった!」と力強く言ってくれましたが、2007年再びWRCにマーカスが帰って来てくれ、また宿敵ローブを2戦目に堂々と破ったことを本当に嬉しく思います。
”Good Job Marcus! Viva Marcus!”


なお、今回PWRCの開幕戦であり、日本からも奴田原選手(ランサーEVO IX)と新井選手(インプレッサWRX STI spec-C)が参加しましたが、残念ながら優勝は果たせませんでしたが、奴田原選手5位、新井選手6位と確実にポイントを獲得しました。6戦しか参加できない、PC-WRCではこのポイントが重要になってきます。
また、今回2位に入ったのは、元世界チャンピオン マルク・アレンの息子 アントン・アレン選手(インプレッサWRX STI spec-C)。今後、日本勢にとって手強いライバルなるかもしれない。
そして、注目されていたプジョー207 S2000は、ミッショントラブルによるリタイヤに終りました。


その他、三菱ランサーWRC05でスポット参戦のガルデマイスターは、モンテに続いて連続入賞です。これも、今後の動向が注目されますね。


ウッデホルム・スウェディッシュラリー2007 最終成績
総合順 クラス順 車番 ドライバー クラス トータルタイム(含ペナルティ) 前車との差
1          M-1        3            M. GRÖNHOLM                              A8                    3:08:41              0


2          M-2        1            S. LOEB                                        A8                    3:09:35              53.8

3          M-3        4            M. HIRVONEN                                A8                    3:10:22              47.7

4          M-4        10           H. SOLBERG                                  A8                    3:10:51              28.3

5          M-5        6            D. CARLSSON                               A8                    3:12:19              01:28.0

6                       18           T. GARDEMEISTER                        A8                    3:12:35              16.4

7          M-6        5            M. STOHL                                      A8                    3:13:53              01:18.3

8          M-7        8            C. ATKINSON                                A8                    3:14:55              01:02.2

9                       21           M. ÖSTBERG                                 A8                    3:16:28              01:32.3

10                      19           J. KOPECKÝ                                  A8                    3:16:33              5.5

11                      23           P. FLODIN                                     A8                    3:17:12              39.2

12         M-8        2            D. SORDO                                     A8                    3:19:30              02:17.5

13                      25           G. GALLI                                        A8                    3:19:43              13.5

14                      20           T. SCHIE                                       A8                    3:19:49              5.9

15         M-9        11           L. PEREZ COMPANC                     A8                    3:20:45              56

16         P-1        59           O. SVEDLUND                                N4                    3:25:29              04:43.9

17         P-2        53           A. ALÉN                                        N4                    3:26:08              38.6

18         P-3        38           K. SOHLBERG                                N4                    3:27:12              01:04.1

19                      72           E. BRYNILDSEN                             N4                    3:29:50              02:38.3

20         P-4        46           A. ARAUJO                                    N4                    3:30:08              17.5

21                      66           M. SOLOWOW                                N4                    3:30:26              18.4

22         P-5        35           F. NUTAHARA                               N4                    3:30:35              8.8

23         P-6        31           T. ARAI                                         N4                    3:33:30              02:54.8

24                      22           M. JONSSON                                 A8                    3:38:46              05:15.9

25                      78           A. JEREB                                      N4                    3:43:46              05:00.0

26                      77           L. HOELBLING                                N4                    3:45:00              01:14.6

27         P-7        39           N. AL-ATTIYAH                               N4                    3:45:19              18.8

28                      82           A. ERIKSSON                                 N3                    3:47:02              01:43.5

29         P-8        44           F. FRISIERO                                  N4                    3:50:03              03:00.4

30         P-9        47           A. AIGNER                                     N4                    3:50:54              51.3

31         P-10       45           M. BALDACCI                                 N4                    3:50:56              1.5

32                      83           P. JOHANSSON                             N3                    3:51:00              4.3

33                      63           H. WENG                                       N4                    3:55:26              04:26.1

34                      81           J. NYMAN                                     N3                    3:56:45              01:19.2

35         P-11       33           L. BALDACCI                                  N4                    3:59:43              02:57.4

36                      67           A. GULLSTRAND                            N4                    4:04:18              04:35.7

37                      84           L. STORM                                     N3                    4:07:39              03:20.7

38                      80           P. STRAND                                    A6                    4:08:58              01:18.8

39                      70           M. GUSTAFSSON                          N4                    4:21:07              12:08.7

40                      85           M. PIEPERS                                   N3                    4:23:31              02:24.5

41                      86           K. HYTÖNEN                                 N2                    4:38:12              14:41.3

42         P-12       40           R. ERRANI                                    N4                    4:38:40              27.9

43                      74           P. GÖRANSSON                            N4                    4:43:39              04:58.2

 



 


 


 


 



スポンサーサイト

[2007/02/12 11:49] WRC | TB(0) | CM(2)

いいお話でぐっときました。

マーカスのシブいお写真とサインに惹かれて、こちらまで
おじゃましてしまいました。
京都のラリーの件は、残念ですが、また、いつもどおりに
なりますように。。と思ってます。

私も大のマーカスファンです。
ちょうど調子の悪い2004に、注目したんですが、いつだって
がしがし、コメントだってがしがし。。気合いが入ってて
でも、紳士的な振る舞いのマーカスが、すっかり大好きになりました。
年鑑を買い集めて、彼の今までの道を読んで、なんてガッツのあるひとなんだ。。と勇気をもらえます
去年、私もいただけるはずのないサインをいただきました。
私にとって、雲の上の人。大感激でした。

すてきなエピソードがたくさんのマーカスですね。
このお話、何度も読んで、感動しました。

また、今年、行って会えるといいなあと思います。

コメントありがとうございました

マーカスファンからコメント頂きとても嬉しいです。
今年のWRCの盛り上がりは、マーカス次第になっちゃいましたね(笑)
今週はサルジニアですが、そろそろマーカスもまた勝ってもらわないとラリージャパン前にチャンピオン決まりかねません。がんばれマーカス!
[2007/05/17 08:29] 競技長 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kometani.blog85.fc2.com/tb.php/34-374996c1




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。