スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今年のゼロカードライバーは 



新城ラリーは、毎回日本のトップレベルの選手の他、超豪華のゲストドライバーが訪れ観客を楽しませることで人気を博していますが、競技車両の走る直前に競技車と同じスピードで安全性のチェックを行なうことを目的としたゼロカーも有名ドライバーが務めています。
何故ならば、競技規則では、ゼロカーのドライバーは選手と同等の実力のあるドライバーと規定されているからです。

過去のゼロカーは、2006年には、地方選手権でありながらキャロッセ全日本チームの炭山裕矢選手が務め、2007年には、日本一速い女性ラリードライバー大井こずゑ選手が務めました。大井選手は、今年はJN-1.5クラスの花柄コルト(通称:ハナコ)で選手として参加しています。

そして、今年のゼロカーのドライバーは国際ラリードライバーの池町佳生選手です。
彼は、国内での知名度こそゲストドライバーの新井選手には及びませんが、パリ・ダカールラリーの世界では国内トップクラスの実力派なのです。
車は、アライモータースポーツ製のインターナショナルラリー仕様の左ハンドル スバル・インプレッサWRX STiです。
また、ゼロカーのコ・ドライバーを務めるのは、2週間前にラリージャパンを完走した、俳優の哀川翔選手のコドラを務めました安東貞敏選手です。絶対にリタイヤの許されないゼロカーを完走させるのにうってつけのコ・ドライバーです。
池町選手と安東選手は、2007年のWRCラリージャパンでコンビを組んだ関係です。

池町佳生公式HP
http://www.ikemachi.net/blog/

池町佳生プロフィール
1971年11月24日生まれ(37歳)
血液型O型  兵庫県神戸市在住

17歳でオフロードバイクの魅力に目覚め、5年後の94年には初の海外レース、オーストラリアンサファリに参戦。その後も精力的に国内外のレースで活躍し、97年パリダカ総合16位、98年生涯に一度しか参加が認められないというキャメルトロフィー日本代表に選抜。そしてミレニアム、2000年開催のパリダカに再出場、未だ更新されていない日本人過去最高位の2輪総合10位を獲得。2003年からは活動の軸を4輪へ転向、ダカールT1クラス優勝 (NISSAN)、05年2月のトゥアレグラリーでは久しぶりの2輪ながらみごと日本人初のヨーロッパ/アフリカ圏でのラリー2輪総合優勝を飾る。
2003年7月に日産(ニスモ)ルーキープログラムに起用され、2003年2004年に日産ファクトリーチームに在籍、2005年TLC(トヨタ車体)へ移籍後、被災地のレスキュー活動を行うNPO「P.D.R(パリダカールレスキュー)」を設立。
最近では、WRC、APRCなどのスピードラリーにも精力的に参戦し、2007年にはチーム・アライからスバル・インプレッサWRX STiでFIAアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)に参加し、シリーズ9位を獲得した。

観客の皆様、ゼロカードライバーの池町選手に参加選手同様声援を送ってください。
宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

[2008/11/18 18:05] 新城ラリー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kometani.blog85.fc2.com/tb.php/207-6180eea0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。