スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新城ラリー準備状況 

 2008年10戦で争われる全日本ラリーも、シリーズも中盤の九州-東北-北海道-北海道と続いたグラベル4連戦の日程が全て終了し、既に7戦が終了しました。

 参加された選手にとっては、まだ7戦と思われる方もいらっしゃると思いますが、ファンにとっては、もう7戦も終わってしまったのかと感じる人も多いと思います。

 そして、いよいよ今週末から終盤のターマック3連戦に入り、各クラスチャンピオン争いに拍車が掛かってくることでしょう。

 そして、我々最終戦である新城ラリーの主催者の方とすれば、開催2ヶ月前が1つの区切りとなる組織申請があるのです。
 組織申請では、特別規則書(草案)の他、道路使用許可(写)やアイテナリー(草案)等をJAFに提出します。

 つまり、それに先駆け年明け早々から何度と無く地元自治体や道路管理者、施設管理者、関係団体ならびに新城警察署および愛知県警と長い時間をを掛けて交渉を重ねて来たわけで、最近になってようやく、最終段階になってきました。すでに、これまで作成した書類は何十種類にも及びます。

 しかしながら、その甲斐あって嬉しいことにここに来て例年よりラリーとしては、良い形になって来たと思います。

 昨年は、初めての全日本ということで新城市の皆様も分からないことが多く、いろいろな要望をMIXした形であれもこれもといろいろと盛り込んだ結果、特に初めて新城ラリーに参加した選手には理解しにくかった点が多かったと素直に反省しています。今年は、その反省点を生かし、大きく改良されますので楽しみにしていてください。今年のコンセプトは、選手もギャラリーもサービスクルーもオフィシャルも楽しめるラリーです。

 現時点では全体像は公表できませんが、今年の新城ラリーの主な変更点は次のとおりです。

1.ラリー中枢機能の集約
 ラリーHQ、サービスパーク、セレモニアルスタート&フィニッシュ会場、イベント会場、ギャラリーステージを桜渕公園周辺1ヶ所(ギャラリーステージは、徒歩で移動)に集約。もちろん、全ての会場が入場無料です。

2.ギャラリーステージの充実
 ギャラリーステージ(入場無料)は、1ヶ所になりますが市役所および地主の協力により、約600mの間のコースサイドに新たに設定、SS中でも常時入退場できるようアクセス通路(未舗装の山道)を新たに設置。・・・・・未舗装路につき、歩きやすく汚れても良い長靴、スニーカー等でご来場ください。
 観戦ポイントは、コースサイドの安全を考慮した場所に設定します。また、飲食物の販売はありませんし、イス等も設置されていませんので、飲食物、折りたたみイスやマット等を持参されますことをお勧めします。
 飲食物の販売は、イベント会場にはございます。

3.無料駐車場の拡充
 駐車場は、会場の南約2km(昨年と同じ南部工業団地)から無料シャトルバス(22日、23日)を運行。
 さらに、23日は市内中心部のあののんまつり無料駐車場(昨年のサービスパークに使ったユニー駐車場他数箇所)が利用可、あののんまつり会場から桜渕公園には無料シャトルバスを運行。

4.ネット環境
 全ての会場で、イー・モバイル(http://emobile.jp/)の圏内にありますので、モバイル機器を持ち込めば、リザルト等がリアルタイムで確認出来ます。

 今のところ確定情報は、以上の通りですが、他にも現在進行中の計画もありますので後日決定しましたらご報告させて頂きます。

スポンサーサイト

[2008/09/08 21:51] 新城ラリー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kometani.blog85.fc2.com/tb.php/190-c652b101




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。