スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

セーフティドライビングレッスン 

2008 NO1 DRIVING LESSON PM

 ラリーを開催するには、地元のコンセンサスが不可欠です。
 しかし、逆にその努力が認められるとラリー自体とても大きな評価を得る事が出来ます。

 今週、北海道の十勝地方では、アジアパシフィックラリー選手権の国際ラリーが開催されていますが、十勝では地元の住民からラリーが高く評価され、ラリーに参加する選手は尊敬の対象になっています。
 これは、とても素晴らしいことだと思いますが、ここまで来るには一朝一夕で今のような環境になった訳ではなく主催者の皆様の地道な努力があって始めてこのようになったのだと思います。

 新城ラリー2008まで、あと4ヶ月あまりとなりましたが、私たちモンテカルロオートスポーツクラブでも、2004年以来、毎年2~3回新城市民を対象に交通安全を目的とした体験型セーフティドライビングレッスンを続けて来ました。
 今年は、今までの地道な活動が評価を受け、三菱自動車工業株式会社や横浜ゴム株式会社の協力を頂き大変良い環境でドライビングレッスンを開催することが出来ました。
 三菱自動車工業株式会社からは、4台のレッスンに必要な車両をお借りすることができ、横浜ゴム株式会社からは操業中にも拘わらず新城工場の敷地をお借りすることができ、12日午前と午後に分けて約50名の方が受講されました。 
 打合せの様子は>>こちら

 レッスンの内容は、急ブレーキ時の危険回避の方法を受講者全員に実践していただいたり、6月から義務化された後席シートベルトの重要性や最新型ワゴン(デリカD:5)のミラーの視死角の落とし穴やそれを補う最新装備の体験を行いました。
 午後の部では、新城警察署長や交通課の皆様並びに新城市の教育長も見学に来られ、とても充実したレッスンをすることができ参加者の皆様にも大変喜んで頂けました。

 私たちは、モータースポーツの経験者が最も社会貢献できる場として、交通安全講習会を続けて来ましたが、ようやくこの新城の地に根ざしラリーをする環境がどんどん良くなって来ている事を肌で感じるようになりました。

 今回、9名のクラブ員がラリー北海道に選手やサービス員として遠征しているにも拘わらず、20名のクラブ員及び休日にもかかわらず多くの市役所の職員の皆様や横浜ゴムの従業員の皆様がボランティアで、35℃を超える猛暑日の中インストラクターやスタッフとして協力して頂いたことに感謝申し上げます。

 なお、本講習会の様子は、13日の東愛知新聞に掲載されました。
 新城で体験型の運転講習会 (平成20年07月13日 東愛知新聞記事)
 http://www.higashiaichi.co.jp/today_news/080713t/08071308.htm

講習会の一部始終(1869シーンあります)は、フジモトさんのフォトアルバムに公開されています。
  
2008-07-12交通安全(AM) (881)  2008-07-12交通安全(PM) (988)

2008 NO1 DRIVING LESSON AM


2008 NO1 DRIVING LESSON 講義


スポンサーサイト

[2008/07/13 12:46] 新城ラリー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kometani.blog85.fc2.com/tb.php/187-51edeeb6




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。