スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Vitz Challenge オフィシャル参加 

 9月30日愛知県幡豆郡幡豆町(はずちょう)で開催された、TRDヴィッツチャレンジにオフィシャルで参加してきました。 この中部でのヴィッツチャレンジは、毎年8月に開催されていましたが、今年は何故か、9月最終週のF1日本グランプリと同日に開催されました。同じ、トヨタが協力しているモータースポーツイベントが2箇所あり、当日主催者のゲストで見えたTRDの方も本来は富士スピードウェイに行かなければならないところですが、皆さんの走りが見たくて愛知に来ましたとリップサービスをされていました。

 私は、今回MASCのクラブ員約10名で1つの採石場のグラベルのSSを担当しました。ヴィッツチャレンジは、全日本ラリーと同じTC方式で行なわれているので、ルールが新城ラリーと全く同じなので、クラブ員の練習にはうってつけです。しかし、今回10名と少数精鋭で、しかも雨の中のSSということでとてもつらいものになりました。何故か、MASCのイベントはいつも雨です。しかし、皆自分が雨男だと認識しているためなのか、皆この話題には触れなかったなぁ・・・

 さて、この人数で1つのSSを担当しようと思えば、TCはたった1人でやらなければ、とチーフ自ら担当するハメに(^_^;) ・・・・ そしたら、顔見知りのエントラントが「米谷さん、ウインドtoウインドでやってくれない?」とわがまま言われましたが、雨の中でタイムカードを濡らさず記入しようと思えば、テントの中心に居座るしかないのです。ですから、1人TCでは、コドラに降りてきて頂かないと不可能です・・・
TCin.jpg
 そして、こんな苦しい状況の中、当クラブ員は1つのミスもすることなく、完璧にオフィシャル業務を完了しおまけに、SSでのトラブルも全く発生せず、チーフとして一安心しました。

 実は、今回ヴィッツラリーをお手伝いしたのは、他に2つの目的がありました。1つは、新城ラリーで設定したオープンクラスの1500ccクラスへの参加者を募ることです。
 もうひとつは、来年から始まる全日本スーパー1500へヴィッツチャレンジからステップアップをする人がいないか調査をすることが目的でした。

 その結果、その何れも、少し手ごたえを感じました。そして、なんとすばらしいことに来年のスーパー1500に元全日本2WDのチャンピオン天野智之選手がヴィッツ1500で参加をするらしいということを聞きました。それに先立って天野選手は、新城ラリーにオープンクラスの1500に新型ヴィッツ1500RSで出場することになったのです。 詳しくは こちら これは、新城ラリー1500クラスも注目ですね。

スポンサーサイト

[2007/10/05 00:33] ローカルラリー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kometani.blog85.fc2.com/tb.php/138-b79426f0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。