スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FMSC久留米~吉野ヶ里マウンテンラリー07 

 9月4日、最新情報を追加しました。


 全国ニュースで放送されたこともあり、ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、8月25日に開催された全日本ラリー選手権第7戦で、残念なことに3名の報道関係者の方が負傷するという事故が発生してしまいました。負傷された方には、一日も早い回復をお祈り申しあげます。なお、1名の方は、一時意識不明の重体になっていましたが、昨日時点の主催者の情報では、やや快方に向かっているということでした。


 私は、たまたま3名のクラブ員が同大会に出場するため、サービス隊として参加しました。またその後、現地で臨時ラリー部会が開催され、それに出席し、少しは正確な情報を得ておりますので、確認している状況を説明したいと思います。一部の報道には、ラリーという競技の内容を理解していない為に、誤った情報も伝えられておりますので、冷静にご判断いただけると幸いです。


credential.jpg
 上の写真は、全てのラリー関係者が所持しているクレデンシャルカード(名札のようなもの)の裏面に書かれている文章です。「モータースポーツは危険です。安全確保につきましては必要な対策をしておりますが、予想できない事故が発生する場合があります。これらの発生しうるリスクについては各々の責任とします。」と書かれています。この文言は、このラリーに限らず、世界選手権ラリーから、初心者向ラリーまで、同様の警告が必ず書かれていますので、関係者は、常にモータースポーツの危険性について意識しています。


 今回も、主催者は、事前から綿密な安全対策を講じていたはずですが、残念なことに、予想し得ない天候という要因が重なり事故が発生してしまいました。それは、現場と20km程しか離れていないサービスパークでは1滴の雨も降っていないのに、現場では前が見えないくらいの大雨だったということです。


 私は、当事者のドライバーを中部地方選手権で活躍していた頃から知っている関係ですし、事故に遭われた芸文社の伊藤さんという方も、新城ラリーの取材等でお世話になった方ですので、大変ショックを受けました。伊藤さんは、先月休刊になった「PD」という雑誌の編集長をされていた方で、モータースポーツ取材歴20年以上のベテランです。前日も、伊藤さんと長い時間話していたので、事故に遭われたことがにわかに信じられませんでした。現場にいた関係者によると、伊藤さんは、雨が酷くなってきたので危険と感じ、取材を中断し引き上げる際に、現場でビデオ撮影していた、福岡ビデオバンクの2人の方に、危険だから移動するように注意していたときに、たまたま競技車が来たので、ガードレールの外側に避難したところ、大雨でハイドロプレーニングによりコントロールを失った競技車が、すぐ近くのガードレールを突き破りコースアウトしたのですが、その際ガードレールが大きく変形し、それによって3人が弾き飛ばされ数m落下したということで、決して被害者をはねた訳ではありません。


 事故の発生状況は、上記のとおりですが、一方数年前から、国内のラリーで非常に変ったことがあります。それは、事故が起こった場合の対応です。日本では、2001年からインターナショナルラリーを開催することになり、それ以降国内ラリーでも緊急時の対応を、国際標準に倣う事にしたのです。
 今回、不幸にして事故が発生してしまいましたが、この緊急対応のシステムが完成していたので、速やかに現場での応急手当と病院への搬送ができ、その結果今の状況で済んだとも言えると思います。


ok-sos.jpg
 その対応とは、まず選手は、添付のSOSカードを携帯しています。片面に赤色で「SOS」と書かれていて、裏面に緑色で「OK」と書かれています。もし、事故が発生し救急車が必要な怪我人がいる場合、1分後に走ってくる後続車に「SOS」を掲示しなければいけません。そして、「SOS」を見た後続車は必ず停止し、まず、救助行動をする人と主催者に状況を知らせる人に別れて、速やかに連絡しなければいけません。携帯電話が通じれば良いのですが、通じなければ近くの無線中継ポイント又はスタートもしくはゴールの役員に知らせます。今回の場合、無線中継ポイントから近い場所だったので、無線中継ポイントに知らせたものと思われます。一方、コースの役員は、常に全ての競技車の現在位置を把握するために、無線システムを利用してトラッキングという作業をしています。
 また、救助作業において現場で対応を即断するために、医師または救急救助の資格を持った役員が、競技区間のスタート場所に待機していなければいけません。 


 その結果、今回は、事故が発生して約3分程でスタートから医師を乗せた車がスタートしています。その後数分で現場に到着し、医師の指示の下、救急車が到着するまで、現場にいた選手が、大雨の中、必死で救助作業を行ったと、多くの関係者が口を揃えて言っていました。
 さらに、医師と消防の打ち合わせの結果、緊急を要するということで、最終的には救助ヘリを出動するという判断も速やかに行えたと言えます。これも、現場に医師がいなければ出来なかった判断であると言えます。


 このように、今回大変残念な事態になりましたが、その中にも、関係者全員の必死の救助作業と、長い時間かけて築き上げてきたシステムにより、結果的に最悪の事態を回避できたのではないかと思います。そして、現場で頑張った全ての関係者に、感謝の意を表したいと思います。


 11月には、私自身、今度は全日本ラリーの主催者という立場になりますが、今回の事件を肝に銘じて、取り組んで参りたいと思います。

 


《続き》


 ご心配されている方も多いと思いますが、今朝(9月4日)確かな情報として、下記の連絡を頂きました。


 一番重症であった方も先週、肺の損傷と腕・骨盤の骨折に対する手術がなされ、昨日人工呼吸器から離脱でき、自分で目を開け、手を握るところまで回復されているようです。
 伊藤さんは、救命センターの中で一番の軽症部屋に移動し、あとは胸に入れている管が抜ければ退院も可能な状態です。
 もうひとかたは、左股関節の脱臼骨折、骨盤骨折のみです。
 これで、最悪の事態は避けられたと思います。

スポンサーサイト

[2007/09/04 08:46] 全日本ラリー | TB(0) | CM(28)

ショックでした

今回の事件は非常に驚きましたが、ラリーカーが崖から落ちる事は決して珍しいことではありませんね。

運悪く3名の方が居合わせてしまった為に起きた事故でしたが、分かりやすく説明していただけたおかげでテレビや新聞では分からなかった事が理解出来ました。

競技の性格上事故を完全に防ぐのは困難ですが、いかに被害を小さくすませる事が大切かを考えさせられました。

[2007/08/26 22:14] たく [ 編集 ]

コメントありがとうございました

なかなか日本では事故は常に起こりうる可能性があるという考えを理解していただけないのが残念です。
事故が起こることを前提とするからこそ、有効な救助の対策ができるのではないかと思います。

表彰式では、ラリー部会長が救助に当たられた方に対し、深々とお辞儀をし感謝の言葉を述べられていたのが印象的でした。
また、予想もしなかったTVカメラも入るという記者会見の状況の中、冷静に対応された星野競技長も立派だと思いました。

既に、自治体が来年の開催に難色を示しているという記事もありましたが、自治体関係者も先入観を持たず主催者と良く話し合いをしていただけると良いのですが。
[2007/08/26 22:28] 競技長 [ 編集 ]

驚きました

わかりやすい説明ありがとうございます。

今回の件で自治体、警察のラリーに対しての印象が悪くならないことを願ってます。

[2007/08/26 23:31] 山親爺 [ 編集 ]

山親爺さん

コメントありがとうございました。
[2007/08/26 23:54] 競技長 [ 編集 ]

吉野ヶ里ラリー

初めまして。
はじめてコメントさせていただきます。

記事を読みまして、大変わかりやすく尚且つ詳細に書かれておりましたので
ラリーへの影響を心配する一人としてコメさせて頂きました。

私自身MSには10年来関わっておりこの事故の影響など危惧しておりましたが
記事にはオフィシャル・選手さんの対応などがきちんと書かれており
誤解や憶測などを受けない内容だと感じました。

あとは、地元の方々や自治体・警察など先入観なく対応して頂ければと私も願うばかりです。。
[2007/08/27 00:56] CLD@じん [ 編集 ]

はじめまして。

大変詳しく、また私も間違った報道になっていることによる一般の方へのラリーへの湾曲した印象になりうる現状が気になっております。もしよろしければ、こちらのブログを私のブログにて紹介させていただいても構いませんでしょうか? お怪我をされた方には回復されることを願うばかりです。
[2007/08/27 01:26] ウッキー [ 編集 ]

コメントありがとうございました

>CLD@じんさん、ウッキーさん
はじめまして、ありがたいお言葉感謝いたします。
より多くに方に理解していただきたいので、ブログへの転載大歓迎です。
[2007/08/27 08:31] 競技長 [ 編集 ]

お疲れ様でした

お疲れまでした。

上記の件は全国放送になってしまい
今後のラリー競技に影響がでないか危惧しています
昨年の事故を思い出し、心が痛くなりました
私達オフィシャルも考えさせられる事案だと思います。

ケガをされたプレスの方の一日も早い回復を
お祈りいたします
[2007/08/27 11:09] marimoko [ 編集 ]

コメントありがとうございました

>marimokoさん
私も同感です。お互い、しっかりと頑張りましょう。
[2007/08/27 22:52] 競技長 [ 編集 ]

事後報告になりましたが!

マウンテンラリーは、暑い中お疲れ様でした。
今回マスコミのいい加減な報道で、主催者や怪我をされた方にも、非難の声が上がっている事が非常に残念です。
それに地元の報道によると、みやき町長が、以降の開催許可に難色を示しているとの記事もでているようです。
私も今回の報道を見て偏見を持たれた多くの方に、少しでも理解してもらおうと、私なりの記事を書き、米谷様の記事も紹介させていただきましたので、よろしくお願いします。

[2007/08/29 17:38] GC8C [ 編集 ]

本当に

>GC8Cさん
コメントありがとうございました。

本当に、報道や事実を知らない人による、誹謗中傷残念ですね。
ブログをリンクしていただきありがとうございました。

[2007/08/29 17:45] 競技長 [ 編集 ]

はじめまして

今回のラリー、私もギャラリーに行っていたのですが、こんな結果となってしまい、非常に残念です。

いい加減な報道により、モータースポーツに対する理解が浅い現状を、身をもって実感しました。

このことにより、モータースポーツ人口減少に拍車がかからなければいいのですが…。

私のブログにも、こちらのブログを紹介させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。
[2007/08/30 10:25] はと [ 編集 ]

どうぞよろしくお願いします

>はとさん
はじめまして、今回かなりの数のギャラリーの方が、九州以外から来られていて、チケットも買われた方もいらっしゃったと思いますが、この件でギャラリーステージが中止になったにもかかわらず、混乱が起きなかったと承知しています。ギャラリーの皆様も立派だったと思います。やはり、ファンあってのラリーであると思います。

もし、私のブログがお役に立てるのであれば、どうぞお使いください。
[2007/08/30 12:20] 競技長 [ 編集 ]

ギャラリーステージ SS8

このたびはギャラリーの皆さんにおかれましては
ラリー中止にもかかわらず、あたたかい御理解いただきありがとうございました。
13時に正式発表があるまではいろんな情報が飛び回っていました。
中止は残念でしたが、「是非来年も見にきますのでやってください!」などの涙が出るような言葉もいただきました。

一部新聞には自治体が難色とありますが、まったくの誤報です。
また、意識不明の重体の林田さんは、順調に回復しているそうです。

今回、 最高のスタッフに恵まれたことに感謝しています。
[2007/08/30 16:43] FMSC  中嶋慎次 [ 編集 ]

ごくろうさまでした

>中嶋さん
コメントありがとうございました。
そうですか、ギャラリーステージを担当されていたのですね。ファンの方と向き合って大変辛かったのではないかとお察しいたします。
 
>一部新聞には自治体が難色とありますが、まったくの誤報です。
>また、意識不明の重体の林田さんは、順調に回復しているそうです。

それは良い情報ありがとうございます。
まだまだ、ご苦労はあろうかと思いますが、頑張ってください。
[2007/08/30 18:34] 競技長 [ 編集 ]

おつかれさまでした。

TBさせていただいていたつもりでしたが、できてなくて。。
お知らせが遅れて申し訳ありません。
とてもくわしいお話で、読んでいて、ホッとしましたし、
ラリーを知っている人、知らない人、より多くの人に
このお話を知って頂きたいと、リンクさせていただいております。
ギャラリーとして2日間おりましたが、
ほんとに、いいラリーになっていたと、確信しています。
来年を楽しみに、ファンとして応援したいと思います。
ほぼ、地元ですから、とても身にしみて、惜しい。。と思っています。
ありがとうございます。

TBありがとうございます

>びおびおさん
TBありがとうございます。
ニシオガレージのふぐは、びおびおさんでしたか(笑)
こんな熱心なファンの方がいらっしゃって、選手は皆感激していることでしょう。
新城もよろしくお願いします。

もしよろしければ、バスツアーをお勧めします。
現在最終段階の打ち合わせ中で、びおびおさんのようなファンの方ならお涙ものの超プレミアムツアーです。
近いうちに、公表できると思いますが、直接私までメールを頂ければ、今すぐ案内を送らせて頂きます。
[2007/08/30 19:12] 競技長 [ 編集 ]

こんにちは

はじめまして。
かのんと申します。

自分のクラブの仲間や友人も出走しており
多少の情報はあったものの、
今回の事故と報道は
格式は違えど長野の山奥でラリーを開催、出場している
わたくしたちにも非常にショックな出来事でした。



今回の報道について
スピード競技に対する偏見や誤解があったこと…
非常に残念に思います。


少しでも多くの方に
わたくしたちが行っているラリーという競技について
知っていただきたいと思い
よろしければこの記事に
リンクを張らせてていただきたいのですが
いかがでしょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

[2007/09/01 08:42] かのん [ 編集 ]

はじめまして

>かのんさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
今回の事故により、多くのことを知る事ができました。

1.メディアは、多少裏付けが無くても速報性を重視する傾向があるが、その後のフォローや経過報道はない。

2.マイナーなラリーと言えども、大きな事故が発生すると全国的に知れ渡ってしまう。

3.伝聞はあてにならない。
先日、ある外国人の方から「米谷さん、こないだラリーの車が崖から落ちて、3人が行方不明になったってテレビで言ってけど、本当?」って、「勿論行方不明」ではなく、「負傷」が正解!
この方日本に来て15年以上で、会話の日本語だったら完璧なのですが、ちょっとしたことから誤解が発生することを知りました。この話は、誰でもすぐおかしいと気付きますが、世の中には気付かない間違った情報が氾濫しているのでしょうね。

4.セーフティプランの重要性
今回の事故において、日本で初めてセーフティプランがあったため人命救助に成功した例と言えると思います。セーフティプランを作成するのは、非常に面倒ですが、今回改めて最重要であると認識しました。

前述のとおり、メディアが事件のフォローをしてくれないので、私たちがメディアに代わって、正しい情報を発信する役割を担わなければいけないので、リンクについては大歓迎です。
[2007/09/01 09:25] 競技長 [ 編集 ]

初めまして

初めて閲覧&コメントさせていただきます。
今回の久留米ー吉野ヶ里ラリー、地元開催のラリーと言う事で観戦に行きました。
今回の事故のおかげで全開走行のラリーカーを見れなかったと言う意味では残念でしたが、
とあるチームの方にいろんな話など聞かせていただき
楽しい時間を過ごさせていただきました。
 やっぱり今回の報道は1ラリーファンとして、
納得できないものがあり、ほとんどの地元局では
単なる事故扱いされてる現実にホント残念でなりませんでした。
 でも幸い競技も成立して、最悪の事態は避けられそうなので良かったです。
 あとは今回のことを教訓にして来年の選手権が
発展してくれること、
そして来年も無事にここでのラリーが開催されることを願って止みません。

もしよろしければ自分もリンクさせていただきたいのですがよろしいでしょうか?


[2007/09/02 09:05] う~ [ 編集 ]

はじめまして

今回の全日本にオフィシャルにて参加していた者です
事故当日の速報ニュースをみて、思ったことはこの記事を書かれた方はモータースポーツを知らない方ではないかと思いました

私自身は別の山にいたためにまったっく情報が入ってきませんでしたが、Drヘリが飛んでいたのですぐに事態は深刻なものだとわかりました
その中でも情報は錯綜し、何が正確な情報なのか、オフィシャル自身も混乱の中にいたと思います

お怪我をされた方の一日も早い回復を願うばかりです
また、ドライバー、コ・ドライバーの方のことも気になります

元気なお姿を拝見できることを願います

私自身もブログをかいており、よろしければご紹介させてください
[2007/09/02 18:31] ゆうゆう [ 編集 ]

コメントありがとうございました

>う~さん、ゆうゆうさん
はじめまして、コメントありがとうございました。
リンクの件了解しました。
よろしければ、こちらにTBしていただくか、コメントで紹介いただけると嬉しく思います。

それでは、宜しくお願いします。
[2007/09/02 22:12] 競技長 [ 編集 ]

ありがとうございます

トラックバックさせていただきました
うまく自分の言葉に出来ないことがもどかしい気もします

[2007/09/03 19:59] ゆうゆう [ 編集 ]

連絡ありがとうございました

ゆうゆうさん
見せていただきましたが、URLがトラックバックのURLになっています。
よろしければ、本文中のアドレスは、このアドレスをお使いください。
[2007/09/03 20:35] 競技長 [ 編集 ]

お手数をおかけしました。。。。
本文中は訂正させていただきました
トラックバックは何度やってもうまくいきません。。。


[2007/09/04 00:21] ゆうゆう [ 編集 ]

TBできています

>ゆうゆうさん
お手数かけました。
TBこちらの一番下に出来ています。
[2007/09/04 00:40] 競技長 [ 編集 ]

よろしくお願いいたします。

こんにちは、競技長様。
唐津ではいろいろありがとうございました。
HPにマウンテンラリーのレポをアップしたのですが、現地にいたとはいえギャラリーの我々には状況は全くわかりません。
しかし、事故のことを避けては書けませんので、競技長さんが書いていらっしゃることと自分の見聞きしたものをあわせて事故当時の説明文を書かせていただきました。

誰かに情報を発信する場合、わかりにくいより始末が悪いのが納得できないです。
競技長さんが書いてくださったものは我々ギャラリーにも納得できるものでした。
事後承諾になりますが、ブログの文章を参考にさせていただきましたのでご報告いたします。
またよろしければごらんになってくださいませ。
http://www.e-judy.com/rally33.html
[2007/09/05 20:28] e-judy ジュディー [ 編集 ]

ジュディーさんありがとうございます

ジュディーさん、HPは意見させていただきました。すばらしい内容ですね。
今後とも宜しくお願い致します。
[2007/09/05 21:40] 競技長 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kometani.blog85.fc2.com/tb.php/127-83e5d9ff




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。