スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ついに出た!JX-777 

 今月、株式会社 エフ・アンド・オー・システムズ http://www.fando.co.jp/ という会社から、F-ROM(写真参考)以来約20年ぶりにラリーコンピューターが発売されるそうです。
f-rom.jpgF-ROM


その名も、 JX-777 
という名前が示すとおり、JX-555の後継モデルと思われます。
jx777.jpgJX-777


 大きさは、結構小型で「MAP TWIN」と同程度と思われます。
 まだ、発表されていないので、現時点では価格も含めて詳細については不明ですが、時代の流れに即した国産初のTCラリー専用ラリーコンピューターだと思われます。


 近年アベレージラリーは、絶滅危惧種(実際私の住んでいる中部地区では、残念なことにアベレージラリーでは、20台の参加者も集まらなくなってきています)になっていて、エントラントにとっては、従来の計算ラリーを前提としたラリーコンピューターでは、無駄な機能が増えてきて重いし、場所を取るという欠点が徐々に出てきたと思うのは私だけではないと思います。


 このJX-777は、操作部は本体だけでなく、リモコンになっておりコ・ドラから離れた場所に設置しても、操作しやすくなっています。
 また、何といっても特徴的なことは、燃費計算機能が付いている事です。
 最低重量が、決められた今の規則では、軽量化をするには燃料を満タンにしないことが手っ取り早いのですが、このJX-777は燃費計算機能がついているので、次のリフューエルまでの距離と燃料の残量で何リットル給油するか決めるという、コ・ドラの計算能力が発揮できる場面が増えてくると思います。
 実際WRカー等では、優秀なチームはフィニッシュしたときには、ほんの数リットルしか残量がないと言われています。
 但し、現在の国内規則では、安全タンクへの換装やコレクタータンクの追加が許されていないので、ガス欠寸前まで競技走行するのは困難で、どこまで活用できるか今後の状況を見極めたい。


 なお、個人的には、RC-NONOが結構好きで、ノスタルジーを感じるが、まあ時代の流れというものはそういうものなんでしょう。あと、数年すれば、計算機能つきのラリコンも無くなってしまうのでしょうか?
nono.jpgRC-NONO


 ただ、折角20年ぶりに発売されたラリコンに水を差す訳ではありませんが、どうせならGPSアンテナ、地図データ、ヘッドアップディスプレイなどを組み合わせた、ペースノート支援コンピュータ等があれば、面白いと思います。


 現在では、地図に関しては日本の道路ならラリーコースと言えどもほぼ完璧に網羅していると思いますのでそれをヘッドアップモードで表示し、後でバックの色を赤、黄、緑などで度合いを表し、地図では表現できない、クレストやカットポイントは手動で追加できる機能をつける。
 これで、10万円程度なら、イイなぁ~ と新しいラリコン発売のニュースを聞いて思いを馳せてしまった。

スポンサーサイト

[2007/07/15 21:27] ニュース | TB(0) | CM(5)

もう始まっています

>折角ならGPSアンテナ、地図データ、ヘッドアップディスプレイなどを組み合わせた、ペースノート支援コンピュータ等があれば、面白いと思います。

某最高学府の研究室で試作していますよ。
去年、テストしました。
かなり使えます。

でも、値段は....

[2007/07/15 22:05] たくみ [ 編集 ]

情報ありがとうございます

喰いつき早いですね(笑)

やっぱり、値段がね。

よく、自動化が進めばコ・ドラの仕事が無くなるといわれますが、私は、コ・ドラの仕事は幾らでもあると思います。また、それを捜し、見つけ、実行することが面白さに繋がると思います。

究極は、ドライバーのコントロールかな?
人間は、左脳より右脳の方が反応が早いといわれていますので、例えばペースノートは左耳に入れて、右耳はα波を出す音楽を流すとか、医学的なアプローチも必要ではないかと思います。
[2007/07/15 22:30] 競技長 [ 編集 ]

一応

市販品で組み合わせたら出来ないかと思ったら近いのは出来ましたが、現在地のアップデートに不満があります。

PCが9万、GPS(5Hz)で3万、地図ソフト3万、EXCEL等

[2007/07/16 20:59] かば [ 編集 ]

みなさん

いろいろと、チャレンジやってますね(^o^)
そのチャレンジ精神が技術を進歩させます。

市販のナビは、かなりレスポンスがよくて、カロッツェリアだったか、フロントビューの画面にすると名古屋高速で単独走行だったらモニター見ながらでも走れるのではないかと言うほどの精度だったのには驚いたことがありました。

でも、うまく行けば10万円も夢じゃない世界ですね。頑張れ技術系コ・ドラさん!
[2007/07/16 21:13] 競技長 [ 編集 ]

JX-777 詳細

118*92*35 265g
発売予定価格 未定
テスト完了
来月には入手可能であります。
[2007/07/31 16:36] エフ・アンド・オ- [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kometani.blog85.fc2.com/tb.php/113-563e8728




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。