スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

JRC第6戦ラリー北海道 結果速報 

【JRCAメディアリリース】 全日本ラリー選手権第6戦 RALLY HOKKAIDO


石田正史が今期2勝目をゲット! これでシリーズも白熱化するか!!


rh2007masashi.jpg


7月6~8日/北海道帯広周辺
スペシャルステージ本数:16本
スペシャルステージ総距離:232.42km(SS16 14.90kmキャンセル)
ラリー総距離=2レグ約1034km
SS路面:グラベル
SS路面状況:ドライ


 アジパシと同時開催となったRALLY HOKKAIDOは今年も北海道十勝地方で開催された。
 JN-4ではシリーズリーダーの勝田範彦にパワステトラブルが発生。炭山裕矢や大庭誠介はバーストで出遅れ、レグ1終了時は奴田原文雄がトップで折り返す。しかしこの奴田原もSS12でマシンを破損しリタイヤしてしまう。代わってリーダーに立った石田雅之だが最終となるSS16で橋の欄干にヒットしリタイヤ。このSSはキャンセルとなり2番手に付けていた石田正史が今期2勝目を挙げ、2001年「インターナショナルラリーイン北海道」以来、この地での優勝となった。
 JN-2は小野寺清之が今期初優勝を飾った。
 また同時開催のアジア・パシフィックラリー選手権第4戦ではコディー・クロッカーが3連勝を飾った。


【全日本ラリー選手権 第6戦結果】
総合 クラス ドライバー/コドライバー マシン タイム
1 JN4-1石田正史/宮城孝仁 三菱ランサーエポリューションⅨ  2:25:10.4
2 JN4-2北村和浩/竹下紀子 スバルインプレッサWRX STi 2:25:52.1
3 JN4-3炭山裕矢/松井博和 スバルインプレッサWRX STi 2:27:04.3
4 JN4-4岩下英一/高橋昭彦 三菱ランサーエポリューションⅧ  2:27:10.0
5 JN4-5勝田範彦/北田稔  スバルインプレッサWRX STi 2:27:13.5
6 JN4-6飯泉忠男/森公聖  スバルインプレッサWRX STi 2:27:36.6


12 JN2-1小野寺清之/黒田正彦 ダイハツブーンX4 2:39:14.7


注)クラス区分の説明:JN4クラスは2000ccを超える車両、
JN3は1600ccを超え2000cc以下の車両、
JN2は1400ccを超え1600cc以下の車両、
JN1クラスは1400cc以下の車両。


【アジア・パシフィックラリー選手権 第4戦 総合結果】
総合 ドライバー/コドライバー マシン タイム
1 Cody CROCKER/Ben ATOKINSON スバルインプレッサWRX STi 2:32:13.0


より詳細な結果は、後日JRCAホームページにも掲載される予定です。
リザルトはラリー北海道HP http://www.rally-hokkaido.com/でも確認できます。


[ 写真・記事提供:JRCA http://www.jrca.gr.jp/ ]

スポンサーサイト

[2007/07/11 07:40] 全日本ラリー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kometani.blog85.fc2.com/tb.php/110-895d0e51




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。