スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インサイダー情報? 

 7月5日~6日富山県で、JAF中部・近畿ラリー選手権第1戦/JMRC中部ラリーチャンピオンシリーズ第2戦「ANDテクニカルツアー2008」が開催されますが、某掲示板より重要情報を入手しました。
 
 このラリーに「プレイドライブ」の取材が来ることに決まりました、さらにこのラリーの記事が巻頭のカラーページに掲載されるそうです。

 その他、某関係者ブログ情報では、全日本ラリー以外では全国で初めて三菱コルト「スーパー1500仕様」が出場することになりそうです。ドライバーは、まだ公表されていませんが、CMSC浜松の松ドライバーだそうです。何でも、新城ラリーを目標にこのラリーでデビューさせるそうですが、地区戦のシティやスターレットとの戦いが楽しみです。
 なお、公表された特別規則書での参加車両にRF車両が記述されていませんでしたが、主催者よりJAFに追加申請が出され、JAFスポーツ5月号[公示No.2008.054]の措置により追加が認められたそうです。

 ANDテクニカルツアーのエントリーは6月22日までとなっていますので、忘れている方はお急ぎください。

 ANDテクニカルツアーの案内 特別規則書・インフォメーション他


スポンサーサイト

[2008/06/19 22:06] 日記 | TB(0) | CM(0)

栗駒山アルペンラリー 

 私たちがMSCC東京ラリーのオフィシャルで参加した際、LEG1のステージの準備をしている頃、大きくユサユサと揺れる地震がありました。後で聞いた話では、福島県全域震度4だったそうです。実際、散水車の2トントラックが1分ぐらい目で見ても判る位大きく揺れていました。
 それが、多くの方が犠牲となった「岩手・宮城内陸地震」でした。そして、今回の地震の震源地は岩手県の栗駒山付近だということです。

 「栗駒山」というと、40代から60代のラリーストにとって大変馴染み深い場所なのです。
 というのは、1984年、1985年と2回全日本ラリー選手権「栗駒山アルペンラリー」が開催された場所だからです。今から、23年前のことです。気になったのでインターネットで調べてみると、何とそのとき発行されたラリーアートジャーナルと成績が調べられるのです。便利な時代になったものです。こういう時は、JAFのHPは役に立ちます。
 1984年は、AE86がラリー界を席巻しだした頃でADVAN部隊の山内選手と大庭選手はランサーターボを使用していました。その時の大庭選手のナビは、MSCCの会長小田切順之さんだったのです。また、Bクラス(~1300cc以下)では、先日亡くなられたオベ・アンダーソンの操る悪魔のはしご段で有名になったKP61スターレットの最後の年だったのです。
 1985年は、アドバン部隊がスタリオンターボで大活躍した年でした。また、名機EP71スターレットがデビューした年でもありました。私が、全日本ラリーに初めて参加したのが、翌年の1986年(いわゆる51規制の年です)なので、残念ながら栗駒山アルペンラリーには参加していません。
 さて、皆さん下の成績表で車両型式判りますか?今でも活躍されている方も沢山いらっしゃいますし、懐かしい方もいらっしゃいます。よく見ると、今回オフィシャルで一緒に仕事したMSCCの石垣さんは、今回優勝した石田正史選手のナビをされていたのですね。MSCCラリーに一緒に行った新城ラリーの副競技長は、84年に出場していましたが、残念ながらリタイヤでした。
 それにしても、懐かしいお名前がわんさか・・・って歳のせいかな?30代以下の方はピンとこないでしょうね。実際、奴田原選手も、勝田範彦選手も、新井敏弘選手もまだ全日本デビュー前です。反面、綾部さん、大庭さん、正史さん、雅之さんは、今回のMSCCラリーでも大活躍されています。

 最後に、今回の「岩手・宮城内陸地震」の犠牲になられた方のご冥福をお祈り致しますと共に、被災された皆様にお見舞い申し上げます。

 ラリーアートジャーナルVol.2 3ページ '85全日本ラリー選手権 第9戦栗駒山アルペンラリー
 栗駒山アルペンラリーの記事の下には、偶然にも今回デモ走行された篠塚建次郎さんの記事も書かれています(注目!)

1984 全日本ラリー選手権 第7戦 ’84 栗駒山アルペンラリー
格式: 準国内
開催日 1984年08月18日-1984年08月19日
開催場所: 岩手県
クラス:    B   C
参加台数: 15台 45台
出走台数: 15台 45台
クラス クラス順位 車番 ドライバー 副ドライバー 車両型式 減点
C 1 11 大庭 誠介 小田切 順之 A175A 2214
C 2 24 井上 潔 大溝 敏夫 AE86 2224
C 3 42 岡崎 恵一 福島 泰彦 AE86 2238
C 4 30 舘山 正嗣 永沢 裕之 A175A 2238
C 5 1 山内 伸弥 山口 励 A175A 2243
C 6 20 園田 裕之 草加 浩平 AE86 2273
C 7 26 大西 康弘 葛西 一省 AE86 2275
C 8 45 菊池 克寛 小野寺 修 AE86 2288
C 9 4 神岡 政夫 井波 信幸 AE86 2295
C 10 3 羽豆 宏一 田口 雅生 A175A 2299
C 11 7 藤田 哲也 佐々木 勝一 AE86 2307
C 12 25 金子 繁夫 堤 隆則 SA22C 2309
C 13 29 杉山 正美 越智 清文 AE86 2311
C 14 40 片岡 良宏 江成 裕康 A175A 2335
B 1 53 吉沢 恒雄 小井土 要三 KP61 2339
C 15 2 加勢 裕二 林 哲 AE86 2348
C 16 22 鎌田 豊 佐藤 邦彦 PF60E 2350
C 17 28 山田 典昭 中村 孝 PF60E 2351
C 18 19 綾部 美津雄 菅野 英典 AE86 2352
C 19 14 二戸 吉彦 村上 一平 AW11 2362
B 2 54 西浦 徹夫 鈴木 康典 KP61 2366
C 20 34 高崎 正博 浜田 博章 HN12 2372
C 21 23 日下部 保雄 田口 次郎 AE86 2384
C 22 5 後藤 正和 伊藤 富朗 AE86 2386
C 23 8 加藤 順一郎 海野 雅之 AA5 2392
C 24 38 小川 日出生 小平 耕司 A175A 2404
B 3 51 栗田 律雄 崎山 博行 KP61 2411
B 4 47 大桃 千明 鈴木 典久 KP61 2414
B 5 50 伊藤 益弘 越川 幹弘 KP61 2417
C 25 35 中村 善浩 山口 実 US12 2418
B 6 57 千田 俊二 新保 彰 KP61 2426
B 7 56 横山 清一 奥山 高志 KP61 2426
C 26 18 鈴木 昭江 朝沼 高典 A175A 2428
B 8 49 川原 和幸 勝瀬 知冬 KP61 2433
B 9 60 佐々木 松紀 高橋 泰志 KP61 2468
C 27 33 渡辺 登 脇坂 豊 AE86 2478
C 28 37 相馬 和夫 浪岡 新太郎 AW11 2487
C 29 41 照井 裕一 大坊 惣市 AE86 2490
B 10 58 柳村 均 藤原 喜久男 KP61 2554
C 30 31 柑本 寿一 大沢 英道 SA22C 2577
B 11 48 永井 一真 長田 和浩 KP61 2589
C R 6 清水 和夫 佐久間 健 AA5 -
C R 9 竹平 素信 狩浦 康隆 AE86 -
C R 10 上坂 治樹 上坂 次良 AE86 -
C R 12 堀田 憲幸 稲田 昭二 AE86 -
C R 13 竹下 俊博 清水 明 AE86 -
C R 15 前嶋 光男 片山 敬生 AE86 -
C R 16 桜井 幸彦 岸保 智幸 AE86 -
C R 17 宗正 茂生 長坂 真澄 AE86 -
C R 21 石田 雅之 高杉 哲也 AE86 -
C R 27 亀田 恒夫 佐藤 利男 AE86 -
C R 32 福士 文秀 安田 弘美 AE86 -
C R 36 金子 敏邦 古田島 誠 AE86 -
C R 39 柴田 幹男 金子 新一 AE86 -
C R 43 中村 真 橋本 俊雄 AE86 -
C R 44 手塚 清明 黒川 達哉 AE86 -
B R 46 辺見 忠 辺見 竹男 KP61 -
B R 52 中村 誠司 中村 多恵 KP61 -
B R 55 八柳 靖 桜庭 健次 KP61 -
B R 59 吉武 正博 大橋 惣一郎 B11 -

1985全日本ラリー選手権第9戦’85栗駒山アルペンラリー
格式: 準国内
開催日 1985年08月24日-1985年08月25日
開催場所: 岩手県
クラス:    A   B   C
参加台数: 5台 14台 41台
出走台数: 5台 13台 41台
クラス クラス順位 車番 ドライバー 副ドライバー 車両型式 減点
C 1 31 上坂 治樹 上坂 次良 AE86 3417
C 2 27 山内 伸弥 山口 励 A183A 3431
C 3 14 大庭 誠介 小田切 順之 A183A 3464
C 4 35 館山 正嗣 永沢 裕之 A213G 3465
C 5 26 福士 文秀 安田 弘美 A175A 3500
C 6 33 竹下 俊博 芳之内 英治 AE86 3523
C 7 6 前嶋 光男 小川 善弘 AE86 3529
C 8 3 神岡 政夫 中原 祥雅 HZ31 3535
C 9 8 石田 雅之 高杉 哲也 AE86 3540
C 10 24 亀田 恒夫 中村 孝 A175A 3540
C 11 19 岡崎 恵一 冨田 泰彦 AE86 3543
C 12 12 堀田 憲幸 森 哲也 AE86 3545
C 13 1 松本 誠 中村 博記 AE86 3578
B 1 45 宗正 茂夫 狩浦 康隆 EP71 3580
C 14 7 大西 康弘 村上 一平 A175A 3580
C 15 17 永井 一真 大元 裕之 AE86 3583
B 2 42 大桃 千明 中野 敏夫 EP71 3602
C 16 20 加勢 裕二 林 哲 AW11 3603
C 17 5 石田 正史 石垣 勤 AE86 3606
C 18 4 後藤 正和 伊藤 富郎 AE86 3616
C 19 40 伊藤 益弘 北村 士郎 AE86 3617
C 20 39 藤本 吉郎 市野 諮 PF60E 3628
C 21 13 金子 繁夫 堤 隆則 SA22C 3670
B 3 50 宮川 陵二 小城 健一 EP71 3672
B 4 51 金田 至 山本 洋 EP71 3674
C 22 38 相馬 和夫 浪岡 新太郎 AW11 3675
C 23 36 照井 裕一 大坊 惣市 AE86 3690
C 24 32 田口 盛一郎 江上 裕子 AE86 3697
B 5 49 島田 親吾 箱根 良秋 EP71 3709
B 6 52 柳村 均 藤原 喜久男 EP71 3801
B 7 47 高橋 英三 藤綱 和敏 EP71 3850
C 25 9 綾部 美津雄 菅野 英典 AE86 4064
B 8 43 吉沢 恒雄 小井戸 要三 EP71 4199
A 1 56 根本 純 林 務 KA6 4242
B 9 53 佐々木 松紀 高橋 泰志 EP71 4254
A 2 59 関根 基司 斉藤 清温 K10 4292
A 3 58 安藤 豊正 高橋 宏 K10 4332
C 26 2 羽豆 宏一 田口 雅生 A183A 4364
A 4 60 山岸 雅人 遠山 清信 K10 4523
A 5 57 津田 和美 春木 正一 G11 6285
C R 10 井上 潔 大溝 敏夫 AE86 -
C R 11 藤田 哲也 吉田 東悦 A175A -
C R 15 日下部 保雄 浅沼 高典 A213G -
C R 18 大嶋 治夫 内田 昭佳 AE86 -
C R 21 竹平 素信 吉田 英一 AE86 -
C R 22 杉山 正美 宝田 直樹 AE86 -
C R 23 桜井 幸彦 岸保 智幸 AE86 -
C R 25 園田 裕之 草加 浩平 AE86 -
C R 28 鎌田 豊 佐藤 邦彦 JJ120 -
C R 29 片岡 良宏 江成 裕康 A175A -
C R 30 勅使川原 光 安江 照明 AE86 -
C R 34 中村 真 橋本 俊雄 AE86 -
C R 37 菊池 克寛 小野寺 修 AE86 -
C R 41 山田 貴代 落合 恵理子 E-AT -
B R 44 西浦 徹夫 古田島 誠 EP71 -
B R 46 辺見 忠 鈴木 典久 EP71 -
B R 48 中村 誠司 中村 多恵 EP71 -
B R 54 古沢 聖樹 矢本 雅樹 EP71 -
B R 55 黒沢 孝夫 横堀 猛 EP71 -

[2008/06/17 23:56] 日記 | TB(0) | CM(0)

全日本ラリー選手権第5戦「MSCC東京ラリー2008」 


 全日本ラリー選手権シリーズ第5戦MSCC東京ラリー2008が、6月14日と15日の2日間、福島県東白川郡棚倉町を中心とする約345kmの公道コースで行われ、石田正史/澤田茂組(ランサーエボⅨ)が、1時間9分21秒0で優勝しました。(写真提供:JRCA
石田正史選手は今季2勝目で、ランキングも2位に浮上しました。
 その他の選手の成績は、下記をご覧ください。

 今回、KYOTO南丹ラリーに続いて、当クラブから私の他、新城ラリーの副競技長、計時委員長および新人クラブ員の4名で、オフィシャル勉強の為手伝いに行って来ました。
 計時委員長は、計時ルーム。副競技長と新人クラブ員は、SSストップのコースマーシャル。私は、ギャラリーステージの運営をお手伝いしました。
 ギャラリーステージでは、SS観戦の他篠塚建次郎選手が、ギャラン、ランサー、インプレッサでデモ走行や同乗走行が実施され大変人気を呼びました。このラリーの観客で特に目立ったのが家族連れが多かったことで、篠塚選手は、特にお子さんを大切されていました。これは、将来この子供たちの中から選手を目指す人が出てくる事を願ってのことです。これは、非常に素晴らしいことだと思います。

 その他、当クラブから3組のメンバーがエントリーし、勝田範彦は、新型インプレッサのグラベルデビューを辛抱の展開で見事総合2位をゲットし、ポイントランキング首位を守りました。
 香川秀樹/保井隆宏組は、SS9で20分以上遅れる苦しい展開となりましたが何とかタイムアウトを免れ見事完走し、JN-3クラス3位を獲得しました。
 大橋智樹/船木一祥組は、ニュージランドラリーの練習でイノヴェーションクラスにエントリーし、クラス2位で完走しました。

 なお、このラリーは、海外のラリーサイトでも紹介されているようです。特に海外では、GRB新型インプレッサとランサーエボⅩ(エボⅩは海外では未だ出場車なし)の対決に注目が集まっているものと思われます。
 http://www.ewrc.cz/ewrc/show.php?id=8762

全エントラントの成績
総合ソウゴウジュンクラスジュンドライバーコドライバークルマ メイTOTAL TIME1からのゼン順位ジュンイからの
1JN41石田正史澤田茂DL テイン マルシェ ランサー1:09:21.0--
2JN42勝田範彦晝田満彦スバルラリーチームジャパン・インプレッサ1:09:57.10:36.1 0:36.1
3JN43岩下英一犬貝忠岩下 ADVAN ランサー1:10:20.50:59.5 0:23.4
4JN44横尾芳則木村裕介POTENZA KYB CT9A1:10:49.61:28.6 0:29.1
5JN45星野博石田裕一クスコ・ポテンザ・CMSC・OZ・ランサー1:10:52.31:31.3 0:02.7
6JN46田口幸宏佐藤忠宜アドバン・PIAA・KYB・ランサー1:11:35.22:14.2 0:42.9
7JN47桑田幸典井川宏美DL IDI KYB ランサー1:11:42.92:21.9 0:07.7
8JN48石田雅之清田恵次C-ONE POTENZA LANCER1:11:45.22:24.2 0:02.3
9JN49奴田原文雄市野諮ADVAN-PIAAランサー1:12:16.92:55.9 0:31.7
10JN410石黒雄士竹薮英樹ADVAN 1A タケシランサー1:13:07.03:46.0 0:50.1
11JN11綾部美津雄森田茂利アヤベ・ダイハツ・ストーリア1:13:13.63:52.6 0:56.7
12JN21村田康介地神潤BOOBOW・DL・ブーンX41:13:25.34:04.3 0:11.7
13JN22田中伸幸遠山裕美子クスコBS・CMSC・CJ4A1:13:27.34:06.3 0:02.0
14JN411島田雅道横川紀仁SIX常磐歯科DLテイクグッド1:13:53.34:32.3 0:26.0
15JN23関根正人原聡子DLゼロスオクヤマPガレブーン1:13:59.64:38.6 0:06.3
16JN24高橋悟志箕作裕子ミツバWMDラックレビン1:16:31.47:10.4 2:31.8
17JN31森博喜藤綱和敏ミツバ・ラック・セリカ1:18:03.88:42.8 1:32.4
18JN25吉村昌敏沼田晴代チノネスポーツワコーズシビック1:18:19.18:58.1 0:15.3
19JN1.51大庭誠介高橋巧REPSOL-ADVAN コルト1:20:01.910:40.9 1:42.8
20JN32岡田 孝一関根美智代DL・KYB アルテックセリカ1:20:33.711:12.7 0:31.8
21JN412佐藤兵馬入夏高志TEAM-ASE LANCER1:22:15.212:54.2 1:41.5
22JN1.52大井こずゑ原田未樹CMSC*ROSEコルト1:22:25.013:04.0 0:09.8
23JN1.53難波巧難波功ADVAN IRS コルト1:23:27.114:06.1 1:02.1
24JN1.54鷲尾俊一田代啓之ワコー・ベストワーク・スイフト1:25:33.716:12.7 2:06.6
25JN12明治慎太郎足立さやかOKUアドバンP.MU EP821:26:08.416:47.4 0:34.7
26JN1.55平田朋也山田真記子ADVAN・CMSC・コルト1:27:14.917:53.9 1:06.5
27JN26福永修奥村久継BOOBOW・DL・ブーンX41:29:31.420:10.4 2:16.5
28JN413長谷川智秀原信義マジカルカーボンハセプロランサー1:31:18.821:57.8 1:47.4
29JN33香川秀樹保井隆宏elラックSHOWAインテグラ1:40:24.231:03.2 9:05.4
RJN4R大嶋治夫井手上達也加勢eレーシング ランサーSS8 リヤイヤ メカニカル
RJN4R杉村哲郎松井和子CMSC el DL和光sレイルWinランサーSS2 リタイヤ コースアウト
RJN4R吉井崇博鍋倉正彦OKUストリートライフADVANランサーSS2 リタイヤ ラジエター
RJN4R今井聡神作千鶴子安斉自工ランサーSS2 リタイヤ コースアウト
RJN4R吉澤哲也松井博和加勢eレーシング ランサーSS5 リタイヤ コースアウト
RJN4R番場彬林哲ADVAN 1A バンバランサーSS2
 リタイヤ コースアウト
RJN3R永由元人安江照明ADVAN テンダー DC2SS5 リタイヤ コースアウト
RJN3R加納武彦川崎俊輔ALEX・AQU・KYBインテグラSS9 リタイヤ コースアウト
RJN3R須藤浩志矢柳静一郎SMaSHコマツシビックRTC7B リタイヤ 体調不良
RJN2R平塚忠博鈴木裕ダイハツブーンX4SS9 リタイヤ メカニカル
RJN2R小野寺清之及川陽也ダイハツブーンX4SS2 リタイヤ ミッション
RJN2R山口清司島津雅彦エナペタル久興BSレビンSS2 リタイヤ コースアウト
RJN2R小倉雅俊平山真理DLコーセイDPブーンSS2 リタイヤ コースアウト
RJN2R若槻幸治郎馬場裕之NRSパルサーSS10 リタイヤ コースアウト
RJN2R上原利宏郷右近孝雄チェックメイト・シビックSS5 リタイヤ コースアウト
RJN2R坂本岳福田智治多賀製作所カタリナ BSレビンSS2 リタイヤ コースアウト
RJN1R飯原幸治石下谷美津雄安斉自工市光MいいはらVITZTC1
  不出走
RJN1R藤澤久美子山岸典将RBAC青EPTC7A リタイヤ パワートレイン
RJN1R海老原幸一秋谷進SMaSHストーリアX4TC7C リタイヤ 体調不良
RJN1R小泉茂小泉由起安斉自工 アドバンTG旭EPNATC1
 リタイヤ 足回り
RJN1.5R青島巧長谷川倫子BRIG・フィット・TARGETTC1 リタイヤ 駆動系

ドライバー別SS毎のクラス順位
JN-4SS1SS2SS3SS4SS5SS6SS7SS8SS9SS10SS11SS12
石田正史3211115456913
勝田範彦9796268344610
岩下英一1368612386858
横尾芳則6133749673336
星野博10469569118972
田口幸宏8553114756245
桑田幸典139121071010697810
石田雅之1144121122513
奴田原文雄7812134411121
石黒雄士1111911811111011101012
島田雅道151011121011212911114
佐藤兵馬1815141491313141413136
長谷川智秀191415151414141515141414
大嶋治夫4665362R    
吉澤哲也17121313R       
今井聡16R     131312129
吉井崇博14R     912R  
杉村哲郎5R          
番場彬12R          
JN-3SS1SS2SS3SS4SS5SS6SS7SS8SS9SS10SS11SS12
森博喜113131121323
岡田 孝一552642442231
香川秀樹631225333112
加納武彦42641321R   
須藤浩志3645545R    
永由元人2453R       
JN-2SS1SS2SS3SS4SS5SS6SS7SS8SS9SS10SS11SS12
村田康介452331431111
田中伸幸525424342223
関根正人933543513332
高橋悟志1367668665445
吉村昌敏1186986777554
福永修199155256666
若槻幸治郎1078777884R  
平塚忠博21121212R   
上原利宏6448R       
小野寺清之3R          
小倉雅俊7R          
山口清司8R          
坂本岳12R          
JN-1.5SS1SS2SS3SS4SS5SS6SS7SS8SS9SS10SS11SS12
大庭誠介114113111114
大井こずゑ322322322221
難波巧235234253345
鷲尾俊一441441535552
平田朋也553555444433
JN-1SS1SS2SS3SS4SS5SS6SS7SS8SS9SS10SS11SS12
綾部美津雄111111111111
明治慎太郎322222322222
海老原幸一2343332R    
藤澤久美子4434434R    
※今井聡選手・吉井崇博選手はLEG2にスーパーラリーで再出走しました。
スーパーラリーの成績は、公式記録には残りません。

[2008/06/16 23:18] 全日本ラリー | TB(0) | CM(0)

JAF中部・近畿ラリー選手権第1戦 ANDテクニカルツアー2008 

 JAF中部・近畿ラリー選手権の開幕戦である「ANDテクニカルツアー2008」が7月5日~6日富山県高岡市周辺で開催され、参加申込が6月8日から始まります。

 今年から、クラス分けが3クラスとなり、昨年のDE-Aクラスが1500ccまでに拡大され、さらに昨年のDE-BクラスとDE-Cクラスが統合されDE-Bクラスになりました。そして、昨年のDE-DクラスはDE-Cクラスとなりました。

 また、この「ANDテクニカルツアー2008」はJMRC中部ラリーチャンピオンシリーズとのダブルタイトルとなっていて、先日終了した第1戦「新城ジュニアラリー」で完走された方は、全員チャンピオンシップポイントがありますので、ポイントの上積みを目指して、是非エントリーをお願いします。

 ANDテクニカルツアー2008についての詳細は、次のサイトをご覧ください。

 http://www32.atwiki.jp/rally/pages/45.html

 また、このラリーに先駆け、SSラリーの実践セミナーも6月22日に開催されますので、実践から遠ざかっている方は、勘を取り戻すためにも参加されてはいかがでしょうか?
 こちらは、1台2000円で参加できますので、非常にリーズナブルです。
 この第3回JMRC中部ラリーセミナーの詳細は、次のサイトをご覧ください。

 http://www32.atwiki.jp/rally/pages/35.html


[2008/06/05 22:41] JAF/JMRC | TB(0) | CM(0)

新城ジュニアラリー2008ありがとうございました 

オフィシャルのみなさん
BBQ

 6月1日(日)新城サイクリングターミナルにおいて、JMRC中部ラリーチャンピオンシリーズ第1戦・新城ジュニアラリー2008が開催されました。
 このラリーは、モンテカルロオートスポーツクラブとJMRC中部ラリー部会およびHPで応募していただいた多くの方にオフィシャルを務めていただきました。

 詳しいレポートは、ラリー参加者ポータルサイトin中部「スペシャルステージ」をご覧ください。

 ラリーの内容は、コンパクトでありながらテンポのいいラリーであったと参加者の評判もまずまずでした。次戦は7月5日のJAF中部・近畿地方選手権ダブルタイトルのANDテクニカルツアーです。
 今回、成績の良かった人も思い通りに走れなかった人も是非次回頑張ってください。

 今回のラリーの入賞者のみなさんです。おめでとうございます。

Cクラス優勝 田邉亘/黒木崇史
Cクラス優勝 田邉亘/黒木崇史
Cクラス優勝車 DL國盛ランサー
Cクラス優勝車    DL國盛ランサー
Bクラス2位 内藤徳之/森田秀之 Bクラス優勝 鈴木尚/今井淳志
Bクラス2位 内藤徳之/森田秀之 Bクラス優勝 鈴木尚/今井淳志
Bクラス優勝車 レインボー☆AZULインテグラ
Bクラス優勝車 レインボー☆AZULインテグラ
Bクラス2位 三河しんしろ茶ミラージュ
Bクラス2位 三河しんしろ茶ミラージュ
Aクラス優勝 西村修/伊藤亮
Aクラス優勝 西村修/伊藤亮
Aクラス優勝車	ルマン・畠山印刷・ON!シティ
Aクラス優勝車    ルマン・畠山印刷・ON!シティ
フレッシュマンクラス優勝 稲垣穣/大原康司
フレッシュマンクラス優勝 稲垣穣/大原康司
フレッシュマンクラス優勝車 スタッフオン!再挑戦ギャラン
フレッシュマンクラス優勝車 スタッフオン!再挑戦ギャラン
フレッシュマンクラス2位 渡邊心/渡邊恵菜 ヤーホーラムランサー
フレッシュマンクラス2位 渡邊心/渡邊恵菜 ヤーホーラムランサー
[2008/06/04 22:44] JAF/JMRC | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。