スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新城ジュニアラリーの特典 

新城ラリー2007-1
(写真は、新城ラリー2007のシーンで、本文とは関連ありません)

 先日こちらの日記で紹介しました今年から始まった「新城ジュニアラリー」のエントリー申込が始まって1週間になりますが、今のところ問い合わせは数件あるものの実際に申し込まれた方はまだいらっしゃいません。
(エントリーに関する情報は、http://www32.atwiki.jp/rally/pages/42.html をごらんください)

 但し、各方面から良い反響は聞こえて来ていますので、2008年のJMRCラリーセミナー同様新たにラリーを始める方も結構いるのではないかと期待しています。
 そこで、今回の新城ジュニアラリー(新城フレッシュマンラリーを含む)で他のラリーにはない特典をご紹介します。

 それは、このラリーに出場すると漏れなくエントリーされた方の写真が、インターネットで公開されることです。もちろん、無料でダウンロードできますし、自分のホームページやブログに使っていただいても結構です。
 この取組みは、新城ラリー2006から実施しましたが、出場した選手の皆様にかなり喜ばれています。特に、地方戦以下を戦う選手の皆様は、明るいところで全開で走ることは少なく写真もあまりないのではないでしょうか?

 これは、新城市で最も有名?なタウン誌「のんほいタウン」のフジモト編集長が、自らオフシャルメディアを買って出てくださいました。写真の腕前は私が保証します。そして、いい写真は、のんほいタウンの誌面やホームページで紹介されます。もしかしたら、みなさんも有名人になれるかも・・・・

 以上のようなサービスが付いています。

 実は、先週の土曜日に私たちモンテカルロオートスポーツクラブと新城市役所、それに三菱自動車工業株式会社が共同で、今年11月に開催する「新城ラリー2008」の告知を新城市商工会主催の「門前フェスタ」で実施したのですが、そのときもフジモト編集長が取材し写真を公開されています。
 また、去る4月13日にモンテカルロオートスポーツクラブが主催したダートトライアルでは、なんと3000枚も写真を公開されています。太っ腹ですね~\(^o^)/

(以下の写真は、門前フェスタでのシーンです)
三菱ラリーカーズ門前フェスタ
三菱ラリーカー勢揃い    スタッフ一同

市長市長2
新城市長が、スタッフを激励にいらっしゃいました

ラックインプレッサランチアストラトス
ラリー車に乗ってハイ・チ~ズ 人気者ランチアストラトスも友情出演

ブラスバンドフリーマーケット
ラリー車の近くでは、新城高校吹奏学部の行進やフリーマーケットも開催

過去のレポート・写真集はこちら
「栄町線」完成イベント「門前フェスタ」
http://nonhoi.hamazo.tv/e1157602.html
http://picasaweb.google.co.jp/nonhoi/20080426

MASC DIRT TRIAL 2008
http://nonhoi.hamazo.tv/e1135653.html

新城ラリー2007
http://rally.hamazo.tv/e889561.html
http://picasaweb.google.co.jp/nonhoi/20072
http://rally.hamazo.tv/e907177.html

新城ラリー2006
http://shinshirorally.com/photo/pipipiga.php
http://www.imagegateway.net/ph/AEG/RequestViewAlbum.do?i=p9LnfZHnTo
スポンサーサイト

[2008/04/29 18:48] ローカルラリー | TB(0) | CM(4)

4月27日の中日新聞に 

全日本ラリー選手権第2戦が終了したばかりで、奴田原選手が大接戦を制しターマックキング勝田範彦選手の連勝を阻みましたが、同日の中日新聞愛知版では「長久手の15歳・勝田君がカート全日本V 祖父、父の輝く戦績に挑む」という記事で2週間前の勝田親子の全日本ダブル優勝の記事が写真入りで掲載されました。

オリジナル記事はインターネット版にも掲載されています。
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20080427/CK2008042702006904.html

なお、貴元君のブログにもちょっと書いていますね。
http://katsuta.way-nifty.com/takamoto/2008/04/post_6605.html


[2008/04/28 23:17] 日記 | TB(0) | CM(0)

【JRCA速報】全日本ラリー選手権第2戦 久万高原ラリー 

2008久万高原ラリー優勝 奴田原/小田切

奴田原文雄、新型ランサーで今季初優勝!

2008全日本ラリー選手権第2戦 久万高原ラリー

4月26~27日/愛媛県久万高原町周辺
スペシャルステージ本数:7本
スペシャルステージ総距離:93.84km
ラリー総距離=1レグ約243km
SS路面:ターマック
SS路面状況:ドライ

 2008年全日本ラリー選手権の第2戦は愛媛県山間部の久万高原町が舞台。1レグ全7SSで開催された。

 開催当日のステージは朝から晴天で冷え込んではいるもののドライコンディション。

 SS1を制したのは新型ランサーの奴田原文雄。奴田原はこの後もSS3まで3連続トップタイムをマークし2番手の勝田範彦に7秒7の差を付け、セクション1を終了した。

 気温が上昇した、午後から始まるセクション2最初の25kmのロングステージSS4では勝田がトップタイムをマークし5秒5差にまで詰め寄るのだが、最終SS7スタート前には8秒4にまで開いてしまった。最終のセクション3では今回のラリー最長ステージ28.56kmのSS7で勝田が奴田原を7秒1上回るステージベストをマークするのだが1秒3届かず、奴田原が新型ランサーエボリューションXへ初勝利を献上した。

JN-3では岡田孝一、JN-2では平塚忠博、JN-1.5では榊雅広、JN-1では廣瀬康宏がそれぞれクラス優勝した。

【全日本ラリー選手権 第2戦結果】
総合順 クラス順 ドライバー/コ・ドライバー 車名 最終タイム
1 JN-4 1 奴田原文雄/小田切順之 ランサー(エボX) 1:12:13.4
2 JN-4 2 勝田範彦/晝田満彦 インプレッサ(GRB) 1:12:14.7
3 JN-4 3 田口幸宏/佐藤忠宜 ランサー 1:13:18.1
4 JN-4 4 飯泉忠男/露木明浩 インプレッサ 1:13:37.9
5 JN-4 5 杉村哲郎/松井和子 ランサー 1:14:00.9
6 JN-4 6 島田雅道/横川紀仁 ランサー 1:14:22.1
7 JN-3 1 岡田孝一/石田裕一 セリカ 1:15:55.4
8 JN-3 2 森博喜/藤綱和敏 MRS 1:15:55.5
9 JN-4 7 石黒雄士/竹薮英樹 ランサー 1:16:43.7
10 JN-2 1 平塚忠博/山岸典将 ブーンX4 1:17:27.1
11 JN-2 2 村田康介/地神潤 ブーンX4 1:17:56.9
12 JN-1 1 廣瀬康宏/中村信博 シティ 1:18:11.8
13 JN-3 3 仲鉄雄/藤戸栄司 インテグラ 1:18:17.5
14 JN-2 3 小野寺清之/及川陽也 ブーンX4 1:18:26.1
15 JN-1 2 西山敏/大谷美紀夫 シティ 1:18:27.6
16 JN-4 8 番場彬/林哲 ランサー 1:18:50.0
17 JN-1 3 明治慎太郎/足立さやか スターレット 1:18:57.6
18 JN-1.5 1 榊雅広/井手上達也 コルト 1:20:02.3
19 JN-4 9 北村和浩/竹下紀子 インプレッサ(GRB) 1:20:16.2
20 JN-3 4 村瀬太/宮部弘陽 シビック(FD2) 1:21:31.8
21 JN-1.5 2 天野智之/井上裕紀子 ヴィッツ 1:22:25.1
22 JN-1.5 3 青島巧/辻正男 フィット 1:23:07.7
23 JN-1.5 4 難波巧/難波功 コルト 1:23:16.7
24 JN-1.5 5 大井こずゑ/遠山裕美子 コルト 1:23:47.2
25 JN-2 4 松岡竜也/縄田幸裕 ミラージュ 1:25:07.6
26 JN-2 5 福永修/奥村久継 ブーンX4 1:27:49.2
R JN-4 R 石田正史/澤田茂 ランサー SS2リタイヤ
R JN-4 R 徳尾慶太郎/宮城孝仁 ランサー SS2リタイヤ
R JN-3 R 曽根崇仁/桝谷知彦 セリカ SS5リタイヤ
R JN-3 R 大西史朗/馬瀬耕平 インテグラ SS2リタイヤ
R JN-2 R 高橋悟志/嶋田創 レビン SS4リタイヤ
R JN-2 R 山口清司/船木一祥 レビン SS7リタイヤ
R JN-2 R 眞貝知志/澤田耕一 シビック SS1リタイヤ
R JN-2 R 関根正人/原聡子 ブーンX4 SS6リタイヤ
R JN-1.5 R 大庭誠介/高橋巧 コルト SS5リタイヤ
R JN-1.5 R 鷲尾俊一/鈴木隆司 スイフト SS2リタイヤ
R JN-1 R 清水順司/岡田哲弥 ヴィヴィオ SS1リタイヤ
R JN-1 R 渡部祥貴/山徳隆志 ヴィヴィオ SS1リタイヤ

注)クラス区分の説明:
JN4クラスは2000ccを超える車両
JN3は1600ccを超え2000cc以下の車両
JN2は1400ccを超え1600cc以下の車両
JN1.5クラスは1400ccを超え1500cc以下の2輪駆動車両
JN1クラスは1400cc以下の車両

続きを読む
[2008/04/28 00:16] 全日本ラリー | TB(0) | CM(0)

久万高原ラリーSS速報 

2008年JAF全日本ラリー選手権第2戦・久万高原ラリーの非公式SS速報が、下記のサイトからご覧いただけます。

http://gako.jp/mac/ ←最初にこちらをご確認ください

SS1 赤蔵ヶ池Ⅰ(4.97km)

SS2 美川Ⅰ(25.05km)

SS3 日野浦Ⅰ(2.74km)

SS4 美川Ⅱ(25.05km)

SS5 赤蔵ヶ池Ⅱ(4.97km)

SS6 日野浦Ⅱ(2.74km)

SS7 美川・日野浦(28.32km)

総合順位
※公式結果ではありません。



[2008/04/27 09:20] 全日本ラリー | TB(0) | CM(0)

いよいよ、新城ジュニアラリー2008参加申込始まりました 

スタート
(写真は、新城ラリー2006のスタート風景でこのラリーとは関連ありません)

 2007年より新城ラリーが全日本選手権に昇格しましたので、JMRC中部ラリー部会の協力を得て、本年よりラリーの選手層の裾野を広げるため新たに「新城ジュニアラリー(初中級向)」を開催する事になりました。

 このラリーの特長は、集合から解散まで1日にコンパクトにまとめた1DAYラリーです。
 また、ラリーに初めて出場する人ばかりでなく、ラリーのルールを知らない人やJAFのライセンスを持っていない方を対象とした初心者講習会を含む「新城フレッシュマンラリー(入門者向)」を併催しており、このラリーは、本格的なラリー仕様車でなくても参加できます。

 「新城ジュニアラリー」は、距離は短いですがSS(タイムトライアル区間)のある本格ラリーでJMRC中部ラリーチャンピオンシリーズ第1戦となります。
 このラリーシリーズを勝ち抜けば、全日本新城ラリーや全国オールスターラリーに出場することが出来ます。

 そして、この「新城ジュニアラリー」と「新城フレッシュマンラリー」の参加受付が本日から始まりました。申込み期間は、本日より5月20日(火)までです。

 まずは特別規則書とインフォメーションをご確認ください。

JAF公認地方格式 新城ジュニアラリー2008(初中級向)特別規則書

JAF公認クローズド格式 新城フレッシュマンラリー2008(入門者向)特別規則書

新城ジュニアラリー&新城フレッシュマンラリーインフォメーション

 その他ラリーの詳細および申込関係の書類は、こちらのサイトをご覧ください。

 参考までに、JMRC中部ラリーチャンピオンシリーズは次のとおりです。
 開催日名称開催場所
第1戦6/1新城ジュニアラリー愛知県
第2戦7/5~6ANDテクニカルツアー  富山県
第3戦10/11~12シロキヤラリー愛知県

 それから、これらのラリーに興味のある方は、4月26日に新城市で開催される「門前フェスタ」のラリー車両展示会場でも説明いたしますので、是非足をお運びください。
 「門前フェスタ」の案内はこちら








[2008/04/22 15:49] 新城ラリー | TB(0) | CM(0)

第2回JMRC中部ラリーセミナー 

シロキヤセミナー

 すでに、講師のあまのさんやいのうえさんのブログで報告していただいていますが、JMRC中部の第2回ラリーセミナーがチーム・シロキヤさんの主催で行なわれ大好評で終了いたしました。

主催者のレポート

 前回に引き続き、テーマは「ペースノート」です。
 今回は、前回の内容をさらに進めて、天野/井上組の2005年ラリー北海道でのレッキ1回目、2回目、本番のインカービデオを見ながらのレクチャーです。これは、初めての人にとってとても役に立ったと思います。
 その後、実践さながらのタイムスケジュールでレッキの体験です。現場では、全日本選手が実地指導に着きました。

 時間に余裕があったので、若干早めにレッキ体験は無事終了し、予定より早く最後の反省会に入りましたが、こちらの方は議論が白熱して、終わってみれば予定通り(?)深夜まで・・・

 特に、おまけで(これは実際は重要な事ですが)正しいリタイヤの方法や酔わない方法などは、際限なく盛り上がってしまいました。(苦笑)

 次回は、いよいよ実戦形式のSSラリー体験ができるセミナーになりますので、よろしくお願いします。

 おっと、その前に初心者にもやさしい、SS方式(第2種)のラリー「新城ジュニアラリー」が6月1日に開催されますので、ご参加お待ちしています。
 シロキヤの会長さんもおっしゃっていましたが、何と言っても本番に出る事が一番上達する秘訣だということですが、その通りだと思います。迷われている皆さん、思い切ってラリーを始めましょう。このラリー超初心者にもやさしい、クローズドラリーも併催していますので、ちょっと自信の無い方はこちらにどうぞ!

 今回のセミナーの様子は、復刊された後のPDに掲載されるかもしれませんので、お楽しみに!

 その他、セミナー皆勤賞ちきんさんのブログにも詳しく書かれています。
[2008/04/20 12:29] JAF/JMRC | TB(0) | CM(0)

JAF全日本ラリー選手権第4戦「ひむかラリー'08 in 美郷」&第5戦「MSCC東京ラリー2008」 

先週、全日本ラリー選手権が開幕したばかりですが、本日もう第4戦の「ひむかラリー'08 in 美郷」と第5戦「MSCC東京ラリー2008」の特別規則書が公示されました。
 今年の全日本選手権は、ターマックの3戦の後グラベルが4戦続きます。いよいよ、グラベルを得意とする選手の巻き返しが始まるかもしれません。

 全日本ラリーを観戦をしてみたい方は、是非ジュディさんの「全日本ラリー観戦のススメ!」を最初にご覧ください。

ひむかラリー'08 in 美郷公式HP

ひむかラリー'08 in 美郷特別規則書

ひむかラリー'07 in 美郷の結果 (JRCA)
07ひむかラリー
ひむかラリー'07 in 美郷優勝の勝田/北田組

MSCC東京ラリー2008公式HP

MSCC東京ラリー2008特別規則書

MSCC東京ラリー2007の結果 (JRCA)
MSCC TOKYO ラリー 2008
MSCC TOKYOラリー 2007 優勝の勝田/北田組
[2008/04/16 22:18] 全日本ラリー | TB(0) | CM(0)

JAF中部ダートトライアル選手権 第2戦 MASC DIRT TRIAL 2008 

MASC DIRT TRIAL 2008
 九州で開催された全日本ラリー選手権開幕戦で、勝田範彦選手がGRBインプレッサのデビューウィンを飾った同日、勝田選手の所属クラブのモンテカルロオートスポーツクラブ(MASC)では、愛知県と長野県との県境に位置する池の平ワンダーランド(愛知県豊田市)で
2008年JAF中部ダートトライアル選手権 第2戦
2008年JMRC中部ダートトライアル選手権 第2戦
2008年JMRCオールスター選抜 第2戦 
MASC DIRT TRIAL 2008
を主催していました。

 今回、このダートトライアルにオフィシャルメディアとして、新城ラリーではずっとお世話になっていた有限会社のんほいのフジモトさんが取材に来られました。

 そして、このとき撮影された写真なんと3000枚が無料で「のんほいタウン」ホームページにアップロードされることになりました。
 参加者は、ほぼ全員納められているそうです。オフィシャルも多分全員写っているかもしれません。
 また、この写真は6月に復刊される「PD」誌にも使われるはずです。

http://nonhoi.hamazo.tv/e1135653.html

 有限会社のんほいでは、先月新城初のフリーペーパーのタウン誌「のんほいタウン」を創刊したのですが、その創刊号も会場で配布されました。フジモトさん、本当に太っ腹です。ありがとうございました。

 さて、皆さんは写っているかな?

 もし知り合いで参加選手の方がいらっしゃいましたら、是非教えてあげてください。

 話は変わりますが、「池の平」という地名が豊田市になって(以前は稲武町)「池ヶ平」に変ったのでしょうか? 道路標識も牧場の名前も「池ヶ平」になっていました。 どなたかご存知の方いらっしゃいますか?
 ワンダーランドの管理者ブログも「池ヶ平」になっていました。 http://ikewon.exblog.jp/

入賞者の皆さん
N1クラス
順位 No. 名前 所属クラブ 車名 TIME
1 9 押尾 明 BMSC AC加藤DLワコーズストーリア 1.49.41
2 6 横井 浩平 TTAS アクティブBPヴィヴィオ 1.51.06

N2クラス
順位 No. 名前 所属クラブ 車名 TIME
1 20 安藤 亨 START ミラージュ 1.44.84
2 17 クラッシャー伊藤 PORT.T ガレージYペンズシビックR 1.46.23
3 19 瀬古 佳史 T.S.Y HIRルブロス ミラージュ 1.47.24

N3クラス
順位 No. 名前 所属クラブ 車名 TIME
1 26 小倉 正也 VENTO'S カムガレージペンズインテグラ 1.45.09
2 32 前田 蔵人 FASC F和弘クスコペンズインテグラμ 1.45.62

N4クラス
順位 No. 名前 所属クラブ 車名 TIME
1 35 平澤 政夫 URARA BSヤッコSP山田ランサー 1.40.12
2 50 巨勢 公保 PORT.T インプレッサYH 1.40.43
3 48 伏見 浩二 SHIROKIYA シロキヤランサー9MR 1.40.44
4 34 大野 純治 FASC ワコーウェルFペンズランサー 1.40.52
5 43 服部 真一郎 YACHIYO サンガレージProμランサー 1.41.48

S1クラス
順位 No. 名前 所属クラブ 車名 TIME
1 54 平原 祐一郎 PK el★ルブロス★DL★スイフト 1.49.22

S2クラス
順位 No. 名前 所属クラブ 車名 TIME
1 76 中島 孝恭 MSCA SPヤマダ★ルブロスなぞFTO 1.44.48
2 69 櫻井 貴章 PORT.T ルブロスTガレLDLインテグラ 1.44.54
3 72 山本 渉 RMA EVOLEX☆BRIG☆レビン 1.45.22
4 74 大西 雅也 MSCA アクセントBプロテクミラージュ 1.45.81

S3クラス
順位 No. 名前 所属クラブ 車名 TIME
1 79 村瀬 秋男 CCST DLワコーズアオイオートアルト 1.46.98

S4クラス
順位 No. 名前 所属クラブ 車名 TIME
1 93 櫛田 正文 CMSC岐阜 テインDLヤッコCMSCランサ 1.39.32
2 87 西村 浩一 VENTO'S カムガレージ ランサー2008 1.39.36
3 89 和田 淳二 ATTACK SP山田BSマコト太田ランサー 1.39.77

Dクラス
順位 No. 名前 所属クラブ 車名 TIME
1 99 西尾 実 CMSC岐阜 CMSCBSμSP山田ランサー 1.43.39

[2008/04/15 23:43] モータースポーツ | TB(0) | CM(2)

全日本選手権・中部出身選手が大健闘+勝田選手は、親子で優勝 

4月13日全日本ラリー選手権 第1戦 ツール・ド・九州 in 唐津 が無事終了しました。
勝田/晝田組
(写真提供:JRCA) 
ラリーの結果詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。
公式サイト
クスコ全日本ラリー速報

そして、今回のラリーでは中部出身選手の健闘が目立ちます。
中部7県出身のドライバー&コ・ドライバーは、全員完走&クラス上位入賞しました。
これは、この地区のラリーが以前からターマック中心であったことが要因なのかもしれませんが、次も2週間後に愛媛県でのターマックラリーです。
次回も皆さん、頑張ってください。

【中部出身選手の全成績】
勝田範彦(愛知)/晝田満彦(滋賀)=総合:1/JN-4:1
北村和浩(岐阜)/竹下紀子(北海道)=総合:2/JN-4:2
杉村哲郎(静岡)/松井和子(東京)=総合:6/JN-4:6
高橋悟志(愛知)/箕作裕子(神奈川)=総合:9/JN-2:1
山口清司(愛知)/船木一祥(愛知)=総合:10/JN-2:2
森 博喜(愛知)/藤綱和敏(愛知)=総合:11/JN-3:1
眞貝知志(愛知)/澤田耕一(愛知)=総合:12/JN-2:3
明治慎太郎(神奈川)/足立さやか(愛知)=総合:24/JN-1:2
天野智之(三重)/井上裕紀子(愛知)=総合:33/JN-1.5:2
大庭誠介(静岡)/高橋巧(東京)=総合:34/JN-1.5:3

最後に、この日ツール・ド・九州で総合優勝した勝田範彦選手の長男勝田貴元選手が、同じ日に栃木県のもてぎサーキットで開催された全日本カート選手権の最上位に位置するKF1クラスに最年少の15歳で初出場し、午前中のKF1デビューの第1戦ではリタイヤしたものの、引き続き午後に行われた第2戦で見事優勝を果たしました。 つまり、親子同日に全日本選手権で優勝したのです。今後も注目ですね。

勝田貴元選手の今年の参加予定のレースは次のとおりです。
4/13 全日本選手権 第1・2戦  もてぎ
5/25 CIK-FIA WORLD CUP  鈴鹿
7/27 全日本選手権 第3・4戦  茂原
9/7 全日本選手権 第5・6戦  瑞浪
10/5 SL全国大会  琵琶湖
10/26 全日本選手権 第7戦  鈴鹿
12/7 Macau International Kart Grand Prix マカオ
[2008/04/14 22:49] 全日本ラリー | TB(0) | CM(1)

新城市道完成イベント「門前フェスタ」 

昨年の新城ラリーで工事中にもかかわらず新城市のご配慮でセレモニアルフィニィシュに使用させていただきました市道「栄町線」がこの度完成し、幅員25mの道路として3月30日から供用が開始されました。

 そして、この道路を有効利用し街の活性化につなげるための第1弾のイベントとして昨年新城ラリーと同じく開催されていた「あののんまつり」の主催者であった新城市商工会による「門前フェスタ」が開催されることになりました。

 そこで、新城ラリーの主催者である新城市教育委員会スポーツ課とJAF加盟クラブモンテカルロオートスポーツクラブでは、新城市に隣接する岡崎市にある三菱自動車工業様のご協力をいただき、「門前フェスタ」でラリーの広報活動をさせていただくことになりました。

 当日は、ラリー車両の展示の他JRCAイヤーブック等ラリー関連冊子の無料配布を予定しておりますので、近隣にお住まいの方は、是非新城市へお越しくださいませ。

【イベント概要】
イベントの名称 : 市道「栄町線」完成イベント「門前フェスタ」
開催日時 : 平成20年4月26日(土) 雨天順延27日(日) AM10:00~PM 2:00
主催 : 新城市商工会
協力 : 新城市教育委員会スポーツ課・新城ラリー支援委員会・JAF加盟クラブモンテカルロオートスポーツクラブ・三菱自動車工業株式会社
展示車両(無料) : 三菱ランサーWRC05、 デリカD:5パリダカ仕様(レプリカ)、三菱トライトンラリー仕様(身障者運転補助装置付き)、LUCKインプレッサ(全日本ラリー仕様)、ランチァストラトスアリタリアカラー(レプリカ)
広報活動内容(無料) : 新城ラリー2007DVD放映、JRCAイヤーブック配布、三菱自動車ラリー広報冊子配布他。
問い合わせ先 : 0536-23-7653  
メール : sport@city.shinshiro.lg.jp
セレモニアルフィニッシュ
新城ラリー2007セレモニアルフィニッシュで使用した市道「栄町線」     

ランサーWRC
展示予定の三菱ランサーWRC05

パリダカデリカD:5
展示予定の三菱デリカD:5パリダカ仕様

三菱トライトンラリー仕様
展示予定の三菱トライトンラリー仕様

LUCKインプレッサ(全日本仕様)
展示予定のLUCKインプレッサ全日本ラリー仕様(ひむかラリー、久留米-吉野ヶ里ラリー優勝車)

ランチアストラトス
展示予定のランチアストラトス(レプリカ)
[2008/04/10 22:57] 新城ラリー | TB(0) | CM(0)

私は、チーム・マイナス6%です 

みなさん、ご存知ですか?「チーム・マイナス6%」って、

最近巷でよくCO削減のことが話題になっていますよね。
先日もテレビで、アフリカのキリマンジャロの山頂の氷河が殆ど無くなってしまった番組を見ましたが、その地球規模の気候変化に大変衝撃を受けました。日本人は、富士山の絵を描くとき必ず、山頂付近に雪を書きますが、もしかしたら、何十年後の子供は、本物が見れなくなってしまうのではないかとふと考えました。

キリマンジャロの氷河消失は、地球温暖化によりインド洋の海水温が上がってしまったことによるもので、その地球温暖化の主要因は温室効果ガスつまりCOの増加だと言われているのです。
そして、地球温暖化により将来人類の生きていく環境が極端に悪くならないように今のうちに出来ることをやりましょうという会議が、1997年12月に京都で行なわれたのです。
その時、発展途上国を除く各国でCOの排出量の削減目標を決めたのです。(京都議定書)

議長国の日本はというと、1990年のCO排出量を100%として、-6%の94%にするという約束をしてしまったのです。
まあ、それが可能な数値かどうかはさておいて、未来の人類のために今の人間が何をできるかを、歴史上初めて世界レベルで決められた約束であることは事実で、異論のある人も多くいますが、COを削減しないよりはした方がいいのではないかと思います。

そして、その-6%を算定する期間が2008年4月から2012年の間ということで、ちょうど今月始まったのです。
でも、この約束は、日本政府が勝手にしたもので俺は知らないよ!って全員が、そっぽを向いてしまったら絶対に達成できないことは確実です。
それでは、ダメだ。国民一人ひとりが、エネルギーの無駄遣いを止めて協力しようという運動が「チーム・マイナス6%」なのです。

ところが、私自身モータースポーツが大好きで、この中にどっぷりと浸かっていて、CO削減と反対の立場じゃないか!とお叱りを受けるかもしれませんが、それだからこそ、普段の生活で出来ることをコツコツとしてモータースポーツが社会の敵だ!あんなもの止めちまえ!と言われないよう、「チーム・マイナス6%」の宣言をしました。

この宣言をすることは、簡単です。 http://www.team-6.jp/ にアクセスして、チーム員宣言をするだけです。
現在、200万人以上の人が、チーム員宣言しています。個人も宣言ができますが、法人も宣言ができます。私の仕事でお付き合いある会社も宣言している会社が沢山あります。
宣言すると名刺にもロゴが使えますので、名刺に印刷していると、明らかに好印象を持っていただけるような気がします。

そして、宣言以来心掛けていることは次のとおりです。
1. 無駄なアイドリングは、しない。(5秒以上のアイドリングは、エンジンストップした方が燃費が良くなるそうです)
2. 急加速は控え、スムーズに加速し、その後一定速度で走行し、減速時は出来るだけエンジンブレーキを使う(これで、今まで8~9km/Lだった燃費が、10~11km/Lぐらいになりました)
3. 電車で行けるところは電車を使う。(名古屋市内なんかは駐車場代もかからないし、健康にもいいですよね)
3. 使わない電気は切る。
4. 水の無駄使いをしない。

こんなところですが、モータースポーツに関わっている人は、運転がうまいので特に省燃費に関しては、一般の人より高い技術を持っていると思いますので、是非とも「チーム員宣言」をしていただきたいです。

特に、ラリーを愛する人は自然を愛する人も多いはず!ですから、ご協力宜しくお願いします。
私はチーム・マイナス6%です

[2008/04/04 19:40] 日記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。