スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新聞発表&イベント案内ポスター完成 

新城ラリー2007まで、あと2週間と迫ってきて、とうとう新聞発表もされました。
今度は、地元で最有力の「中日新聞」です。でも、タイトルの日付が間違っています。(汗)

来月10、11日に「新城ラリー」 一流選手集い60台が熱戦(中日新聞)
2007.10.24 
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20071024/CK2007102402058678.html

さらに、毎度おなじみの地元新聞社・東海日日新聞では、4日早く写真入りで発表です。

9日から3日間、新城ラリー(東海日日新聞) 2007.10.20
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=20930&categoryid=1

この東海日日新聞は、第1回の2004年から毎年の記事がアーカイブされています。
(過去の新聞記事アーカイブ)
ド迫力の新城ラリー(東海日日新聞) 2006.11.20
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=16451&categoryid=1

新城ラリー、テクニックとスピードに観衆ら大興奮(東海日日新聞) 2005.10.17
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=10023&categoryid=1

公道で初・新城ラリー熱狂(東海日日新聞) 2004.10.04 
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=6849&categoryid=1


それから、新城市周辺の公共施設やコンビニなどに、イベント案内用ポスターが貼られています。
これは、7月に掲載した事前告知用ポスター(A2サイズ)より2回り大きな特大サイズ(A1サイズ)で、会場/駐車場の地図やイベントのスケジュールも書かれています。

イベント案内用ポスター

スポンサーサイト

[2007/10/24 09:07] 新城ラリー | TB(0) | CM(0)

オフィシャル講習会 

21日新城ラリーオフィシャルの講習会を開催しました。
遠くは神戸から来た方もいらっしゃいました。
seminar.jpg

本来、こちらで、報告しようと考えていましたが、出席者が代わりに?報告していただいていますので、紹介だけにさせて頂きます。
日曜の貴重な時間を割いて遠路はるばるお越しいただきオフィシャル参加いただいた皆様、ラリー準備で忙しい中、講師をしてくれたMASCメンバーの皆様お疲れ様でした。
本番は、もっと大変かとは思いますが宜しくお願いします。そして、くれぐれも体調管理宜しくお願いします。

新城ラリー オフィシャル講習会

新城ラリー オフィシャル講習会

いやはや、疲れたでありますv

くるまつながりなしゅうまつ


[2007/10/22 00:31] 新城ラリー | TB(0) | CM(4)

暫定エントリーリスト発表・今年も60台 

新城ラリー2007の暫定エントリーリストが発表されました。今年も60台です。

今年はラリージャパンの2週間後でシーズン終盤の為、車両のトラブルや予算の都合でエントリーを見送られた方もいらっしゃったのですが、JN-3やJN-2の熾烈なチャンピオン争いに加えて、JN-4、JN-1でも2位争いが繰り広げられており、沢山の有力選手のエントリーを頂き新城ラリーがスタートして以来4年連続で60台のエントリーとなりました。
特に、この新城ラリーはリピーターの参加選手が多く、4回連続の出場で3回目のクラス優勝を目指す廣瀬選手や、今年もロータスエキシージでエントリーしていただいた松本選手、全日本復活組みの菅野選手、また来年のJN1.5クラスを見込んでヴィッツ1500でエントリーしていただいた天野選手など最初から最後まで見所いっぱいです。

また、エントリーされなかった有力選手として、ADVAN・PIAA・KYBチームの田口幸宏選手が、ラリーショーのメインMCを務められることになりました。

さらに、ラリージャパンを映画SSの企画で走った、FORD FIESTA ST グループNを大井こずゑ/松井和子女性ペアーでゼロカーを務めることになりました。
当日、映画SSのプロモーションも会場で行なわれる予定です。

そして、会場の地図も更新しましたので、よく下調べをして是非ご観戦ください。

暫定エントリーリスト(10/18)

イベント概要/ゲストの紹介 

新城市内およびラリーショー周辺MAP
[2007/10/18 19:51] 新城ラリー | TB(0) | CM(3)

Vitz Challenge オフィシャル参加 

 9月30日愛知県幡豆郡幡豆町(はずちょう)で開催された、TRDヴィッツチャレンジにオフィシャルで参加してきました。 この中部でのヴィッツチャレンジは、毎年8月に開催されていましたが、今年は何故か、9月最終週のF1日本グランプリと同日に開催されました。同じ、トヨタが協力しているモータースポーツイベントが2箇所あり、当日主催者のゲストで見えたTRDの方も本来は富士スピードウェイに行かなければならないところですが、皆さんの走りが見たくて愛知に来ましたとリップサービスをされていました。

 私は、今回MASCのクラブ員約10名で1つの採石場のグラベルのSSを担当しました。ヴィッツチャレンジは、全日本ラリーと同じTC方式で行なわれているので、ルールが新城ラリーと全く同じなので、クラブ員の練習にはうってつけです。しかし、今回10名と少数精鋭で、しかも雨の中のSSということでとてもつらいものになりました。何故か、MASCのイベントはいつも雨です。しかし、皆自分が雨男だと認識しているためなのか、皆この話題には触れなかったなぁ・・・

 さて、この人数で1つのSSを担当しようと思えば、TCはたった1人でやらなければ、とチーフ自ら担当するハメに(^_^;) ・・・・ そしたら、顔見知りのエントラントが「米谷さん、ウインドtoウインドでやってくれない?」とわがまま言われましたが、雨の中でタイムカードを濡らさず記入しようと思えば、テントの中心に居座るしかないのです。ですから、1人TCでは、コドラに降りてきて頂かないと不可能です・・・
TCin.jpg
 そして、こんな苦しい状況の中、当クラブ員は1つのミスもすることなく、完璧にオフィシャル業務を完了しおまけに、SSでのトラブルも全く発生せず、チーフとして一安心しました。

 実は、今回ヴィッツラリーをお手伝いしたのは、他に2つの目的がありました。1つは、新城ラリーで設定したオープンクラスの1500ccクラスへの参加者を募ることです。
 もうひとつは、来年から始まる全日本スーパー1500へヴィッツチャレンジからステップアップをする人がいないか調査をすることが目的でした。

 その結果、その何れも、少し手ごたえを感じました。そして、なんとすばらしいことに来年のスーパー1500に元全日本2WDのチャンピオン天野智之選手がヴィッツ1500で参加をするらしいということを聞きました。それに先立って天野選手は、新城ラリーにオープンクラスの1500に新型ヴィッツ1500RSで出場することになったのです。 詳しくは こちら これは、新城ラリー1500クラスも注目ですね。


[2007/10/05 00:33] ローカルラリー | TB(0) | CM(0)

JMRC全国オールスターラリー2007参加者募集 

 昨年から始まりました、JMRC全国オールスターラリーが今年も開催されることになりましたので、参加者を募集します。
  昨年は、中部・近畿地区選手権「新城ラリー2006」の翌々週で、ターマック仕様からの変更できる選手がおらず、残念ながらJMRC中部からのエントリーは、1台もいませんでしたが、今年は、是非とも2台以上のエントリーをしていただくために、今年の地区戦に参加していない方でも、過去に実績のある方であれば、JMRC中部からの推薦を検討したいと考えていますので、遠慮なくお申し出ください。

インフォメーション

特別規則書

エントリーフォーム

サービス申込書

ラリーの概要(特別規則書からの抜粋)

第1条 競技会の名称
JAF九州ラリー選手権第8戦・JMRC九州ラリーChシリーズ第8戦・JMRC全国オールスターラリー2007
「JMRCオールスターEAST 九州 2007」

第2条 競技種目
四輪自動車によるスペシャルステージを含むリライアビリティーランラリー(第2種アベレージラリー)

第3条 競技の格式
JAF公認:準国内競技 JAF公認番号:2007-5061

第4条 開催日程
2007年11月17日(土)~18日(日)

第5条 競技会開催場所及びコース・距離・路面
コ ー ス :臼杵市を起点とする約250Km(SS10本 34kmを含む)
路 面 :SS内は未舗装路

第6条 オーガナイザー
主 催 :ラリークラブ大分

第9条 参加申込方法
・オールスタークラスへのエントリー
各JMRCの取りまとめ者に必要書類及び参加料を添えて申し込むこと。
JMRC中部の場合は、JMRC中部ラリー専門部会 米谷展生宛
(送り先は、特別規則書の最後に記載されています)

3) 参加受付期間
2007年10月10日(月)より2006年11月2日(金)まで(当日必着)

第10条 参加費
オールスター参加料 :1台 65,000円(1泊、懇親会費、朝食付)
サービス車両登録料 :1台 5,000円(サービス員登録料1名分含む、懇親会参加の場合別途5,000円)
サービス員登録料 :1名 2,000円(懇親会参加の場合別途1 名5,000円)

第11条 タイムスケジュール
公式受付 11月17日  6:30~ 8:00
公式車両検査      6:30~ 8:30
開会式・ブリーフィング 8:40~
第1ステージスタート  9:31~(先頭車予定)
ゴール予定       19:00頃(予定)
懇親会・表彰式     21:00~(予定)
閉会式  11月18日  9:00~

第12条 参加車両
2) オールスタークラス
1.2007年JAF国内車両規則第2編に従ったRN,RJ車両、及び2002年JAF国内車両規則第3編に従ったRB車両とする。ただし、リストリクターは、DⅠクラス以外のターボ車両は装着しなくても良いとする。
2.排気系に関して、消音器はノーマルとする。
3.全クラス ロールバー必着とする。
3)オールスターエキシビションクラス
1.2007年JAF国内車両規則 第2編に従った RN,RJ車両とする。

第13条 参加クラス区分及び参加台数
【オールスタークラス】
・Aクラス:排気量1400ccを含み1400ccまでの車両
・Bクラス:排気量1401ccより1600ccまでの車両
・Cクラス:排気量1601ccより3000ccまでの車両
・DⅠクラス:排気量3001cc以上の車両(リストリクター装着車両)
・DⅡクラス:排気量3001cc以上のRB車両(リストリクター非装着車両)

【オールスターエキシビションクラス】
・全日本選手権2輪駆動クラス:排気量区分なし
・全日本選手権4輪駆動クラス:排気量区分なし

第14条 参加者及び参加資格
 JMRC中部では、参加希望者を特に限定せず募集し、実績により推薦させて頂きますので、グラベルのSSラリーに出てみたい方や他地区の選手と腕試しをしたい方は、遠慮せず、JMRC中部ラリー部会の米谷まで連絡ください。
 このブログに、コメントを入れていただいても結構です。非公開のコメントも可能です。もしくは、ここをクリックして、メール送信お願いします。

jmrcallstar.jpg


[2007/10/01 19:25] JAF/JMRC | TB(0) | CM(1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。