スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新聞記者から見た今回の事故 

 ラリー後、ある新聞社のスポーツ記者でラリーの取材経験のある知り合いから、ご意見を伺えましたので、ご本人の了承の下、掲載させていただきます。
 この方は、普段は一般のスポーツ面の取材を担当し、かつ報道関係の経験もある方で、ラリーに関してもラリー北海道やラリージャパンでは、海外のモータースポーツジャーナリストに混じって多くの現場を取材されています。また、記者としてラリーを理解するため実際にB級ライセンスを取り、自らラリーにドライバーで出場した経験を持ち、今回の事件に関して両方の立場を理解されている貴重な方です。


「モータースポーツ取材に思うこと」


 もう、各報道で目にしている方も多いと思いますが、8月25日に開催された全日本ラリー選手権第7戦「吉野ヶ里マウンテンラリー07」で残念なことに報道関係者3人が負傷する事故が起きました。


 そこで、報道という立場から自分なりの考えを述べさせて頂きます。
 基本的に事件・事故については新聞、テレビを含めた報道各社では通称「サツ回り」と呼ばれる司法担当記者が取材を行っています。
 今回の事故に関しても報道各社は消防無線や定期的に警察や消防に電話している通称「警戒電話」で認知したか、もしくは警察発表の報道メモについて認知したと思われます。もしくはラリーを取材していた地元メディアから連絡が回ったとも考えられます。
 いずれにしろ、各社とも交通事故については重体以上の事故(命に別状のない重傷以下の事故でも、被害者数が多い場合は報道することがある)は報道することになっているため、今回の報道が行われました。


 サツ回りからこの仕事を初めた私にとっては、今回の報道の流れは、通常の交通事故と変わりないと思います。


 ただ、今回いくつかの問題があったと思います。


 一つは、報道の仕方で、正確な情報が伝えられなかったことです。
 例を挙げれば、某ラジオで「死亡した」という不謹慎極まりない報道があったこと。また、一部報道で競技車両が報道関係者をはねたと発表されたこと。これは完全な誤報であり、当時の状況がはっきりしなかったこと、病院に搬送された被害者から状況を聴取できないこと(個人情報保護の問題があり、警察であっても意識のある被害者から状況を聞き出せないため、発表の遅れや誤報の一つの原因となっている)を含めても、「詳しい状況を調査している」という一報で良かったのではなかったかと思います。


 次に、モータースポーツを含む、スポーツ取材側からの観点。
 これは、競技者やファンから見た事実関係と競技の性格や内容を知らないまま報道する側(※管理人注:これは、情報を提供する側の窓口担当者にも言えると思います)の相違がある。やっている側からすれば「こんな報道の仕方ないだろ!」と憤慨するような時でも知らない人からみれば「事故」で済まされてしまいます。今回の一連の報道では、大方が事故の状況とともに「全日本~が行われ、封鎖された道路(公道か私道かも重要)で行われていた」と多少の説明がなされていたので、ラリー自体の認知度は一昔前よりかは上がったのではと感じる部分もあった。(※管理人注:主催者による記者会見が行われた以降の報道は、理解不足の記事もあるものの正確な表現も増えてきたと思います)
 だた、一つ非常に残念なのは、元ラリージャパンの主催者であり、「ラリーとは」という特集も組んだことのある新聞社です。まず見出しと区分で「【ラリー】レース中の事故で3人が重軽傷」と大きな間違いを起こしています。ラリーとレースは違うということを、社内でチェックできる人物が1人も居なかったのかと残念に思ってしまいます。


 モータースポーツの現場では、常に「危険を伴います」という文言がついて回ります。これは確かに事実です。しかし、実際に事故が起こってしまえば生死の危険に関わる上、大会自体の開催が危ぶまれる事態に陥るため、主催者は出来る限りの安全性の配慮をしているのが普通だと思います。さらにエントラント(参加者)、メディアに対しても「予想できないアクシデントが発生する場合もあり、そのリスクに対しては各々の責任で」と必ずサインを求められる。
 このため、今回の事故に対しては競技者、報道関係者ともに了承済みの範疇なのでどちらが悪い、事故の責任があるとは言えないと思います。


 しかし、事故を防ぐために報道関係者ができたことはあったと思います。ラリーの場合は、背景が重要となってきます。どのような状況でどんな場所を走っているかです。
 私自身は、全日本のターマックの取材経験はないが、地区戦のターマック取材の経験はあります。ラリーは基本的にはつねに1台ずつ走行するため、砂利やほこりが舞うグラベルではある程度低速でもスピード感のある写真を撮ることができます。しかし、ターマックではある程度流し撮りの技術や、背景を使わないとスピード感が出ないのが難しいところだと思います。
 今回の事故現場の状況についてはわかりませんが、テレビ撮影者にとっては「ここだ」というポイントだったのでしょう。ただ、実際に危険性を意識していたかどうかが疑問です。私の場合は、ラリー取材の数日前に主催者から発表されたルートマップを手に、メディアレッキを行っています。これは、まずコース通りに進み、カーブや路面状況を確認します。次に、逆走しながら写真映えのする場所を探す作業をします。実際に、これをやらないとベテランカメラマンに同行していく場合を除けば、当日乗り込んで初めての場所で良い写真を撮影するのは非常に難しいし、もし競技車が突っ込んできた時の回避スペースがあるかどうかが確認できません。
 今回の事故では、現場を見ていないから言えることだが、コーナーのアウト側、しかも谷側という退避場所がなかったことも原因だったのではと思います。


 海外のカメラマンやWRCを全戦回っているようなカメラマンは、一体どこから撮影したのだろうと驚かせられるような写真を撮影してきます。しかし、これは長年の経験でここは大丈夫だという自負があるからこそ出来る業だと思います。経験が浅ければ、ベテランカメラマンに教えてもらうことも必要だと思いますし、私はそうするでしょう。


 そして、最後に知ってもらいたことが、もう一つあります。
 スポーツ取材は、モータースポーツに限らず常に予想外の危険性を考えて動かなければならないことです。アイスホッケーのパックが飛んでくることもあります。バスケットボールだって桜木花道のようにボールを追って飛び込んでくる選手もいます。野球だって弾丸ライナーのようなファールが当たることもあります。特に、カメラを構えている時は、全容がわからないので、ファインダーからいきないボールやパックが消えたと思ったら自分に向かって飛んでくることもしばしばあります。


 約2ヶ月後には、ラリージャパンが十勝で開催されます。今回の被害者の早い回復をお祈りしますともに各大会の成功を期待しています。

スポンサーサイト

[2007/08/30 20:14] 新城ラリー | TB(0) | CM(0)

【JRCA結果速報】全日本ラリー選手権第7戦 

norikitada.jpg2007JRC_Round07_Katsuta.jpg

ターマックキング勝田範彦、今期5勝目!


シリーズチャンピオンを確かなものに!!


全日本ラリー選手権第7戦
久留米-吉野ヶ里マウンテンラリー’07


8月24~26日/福岡県久留米市、佐賀県吉野ヶ里町周辺
スペシャルステージ本数:10本
スペシャルステージ総距離:68.74km(SS5以降キャンセル)
ラリー総距離=1レグ約230km
SS路面:ターマック
SS路面状況:ドライからウェット


 全日本ラリー第7戦は初開催となる久留米-吉野ヶ里マウンテンラリー。福岡県久留米市にサービスパークを置き、佐賀県東部の吉野ヶ里町、みやき町、神埼市を中心に1レグ2セクションで開催された。SS1で石田正史がステージベスト、SS2で勝田範彦が首位に浮上。SS3は北村和浩が2位浮上とめまぐるしい。SS4では突然の雨で路面はウェット。ここで奴田原文雄がトップタイムをマークするのだが、勝田が首位のまま。このステージで石田正史は、コースオフによりリタイヤしてしまう。


 このあと、後続のマシンでアクシデントが発生、SS4終了後をもって競技成立となった。優勝は勝田、北村が2位、奴田原が3位となった。SS消化距離が短いため、ポイントは通常ポイントの80%が与えられた。勝田はこれで今季5勝目、ポイントを120.6に伸ばし、07年全日本ラリーチャンピオンを確かなものにした。


 JN-3では榊雅広、JN-2では田中伸幸、JN-1では広瀬康宏がそれぞれクラス優勝した。


【全日本ラリー選手権 第7戦結果】


総合 クラス順 ドライバー/コドライバー マシン タイム
1 JN4-1 勝田範彦/北田稔    スバルインプレッサWRX STi 0:23:38.1


2 JN4-2 北村和浩/竹下紀子   スバルインプレッサWRX STi 0:23:52.6


3 JN4-3 奴田原文雄/小田切順之 三菱ランサーエボリュションⅨ  0:23:57.9


4 JN4-4 炭山裕矢/松井博和   スバルインプレッサWRX STi 0:24:18.2


5 JN4-5 大庭誠介/高橋巧    三菱ランサーエボリュションⅧ  0:24:23.2


6 JN4-6 吉谷久俊/高田新二   三菱ランサーエボリュションⅧ  0:24:32.6


以下各クラス優勝 


8 JN3-1 榊雅広/井手上達也   ホンダインテグラ        0:24:45.4


13 JN2-1 田中伸幸/萱原敏幸   三菱ミラージュ         0:25:02.9


22 JN1-1 廣瀬康宏/谷内壽隆   ホンダシティ          0:25:21.9


注)クラス区分の説明:
JN4クラスは2000ccを超える車両、
JN3クラスは1600ccを超え2000cc以下の車両、
JN2クラスは1400ccを超え1600cc以下の車両、
JN1クラスは1400cc以下の車両。


より詳細な結果は、後日JRCAホームページにも掲載される予定です。

第7戦終了時点のドライバー順位(赤字は、確定順位)
【総合】
1 勝田範彦  120.6
2 石田正史  78
3 北村和浩  72
4 炭山裕矢  45.4
5 大庭誠介  39.4
6 奴田原文雄 30.6
7 岩下英一  22
8 松岡孝典  18
9 大嶋治夫  15
10 飯泉忠男  13.2
【JN-3】
1 曽根崇仁  63
2 榊雅広   56
3 長岩信二  36.6
4 島田雅道  31.8
5 森博喜   30
6 平山十四朗 24.4
7 岡田孝一  24.2
8 松尾薫   23
9 永由元人  20
10 仲鉄雄   19
【JN-2】
1 高橋悟志  68
2 村瀬太   56.6
3 小野寺清之 52.4
4 田中伸幸  52
5 村田康介  49
6 山口清司  41.2
7 平塚忠博  38
8 眞貝知志  23.6
9 綾部美津雄 20
10 松原久   18
【JN-1】
1 西山敏   64
2 明治慎太郎 39.6
3 廣瀬康宏  36
4 河野健司  28
5 小西健太郎 10


[2007/08/28 01:17] 新城ラリー | TB(0) | CM(0)

WRC第10戦 Rally Deutschland 

 超ハイスピードグラベルのフィンランドラリーから2週間、今度はWRC最速アベレージのターマックラリーとなるラリー・ドイチェランド。


 このラリーは、実はラリージャパンと同じくWRCの中では、比較的新参者なのです。ドイツは、ずっと以前からWRC開催を狙っていたのですが、実はあまりドイツではラリーはメジャーではなかったのです。しかし、関係者の努力が実り、2002年WRC開催が実現したのです。


 そして、この年から昨年まで、ポディウムの中央になったドライバーはたった1人しかいません。そのドライバーは、フランス人のセバスチャン・ローブです。彼は、今では完全なオールラウンダーですが、かつてはターマックドライバーと見られていたのです。


 今年のラリー・ドイチェランドの見所は、ずばりセバスチャン・ローブの連勝が続くのか止まるのかです。しかし、ローブ本人にしてみれば、ライバルのグロンホルムに水をあけられてしまい、逆転チャンピオンを目指すには絶対に落とせないラリーです。


 しかし、ラリーの展開は誰もが予想しなかった形で進行しました。なんと初日、ラリー・リーダーになったのは、かつてローブの僚友でシトロエンのワークスドライバーであった、フランソワ・デュバル! でした。しかも車は、かつてデュバルがワークス時代ドライブした、シトロエン・クサラWRC。きっと、デュバル本人は、自分を浪人の身分に追いやったチーム関係者に強烈にアピールしたかったに違いありませんが、その活躍は十分賞賛に値するものと言えるでしょう。


 この展開に、当然WRCのトップ2が黙っているはずがありません。2日目からは、強烈なプッシュを開始し、あっという間にいつものローブ-グロンホルムの争いになってきました。それに、デュバルが必死に食らい付くという展開に、観客も大喜びだったに違いありません。


 そして、ドラマは最終SSに待ち構えていました。なんと、強烈にプッシュしていたグロンホルムがオフィシャルの言動と、コース脇にいた牛の群れに気をとられコースオフし、このSS14番手のタイムにまで落ちてしまったのです。その結果、トップの座はローブが守りきり、2002年から守り続けたポディウムを再び確保しました。また、グロンホルムのミスにより2位の座を勝ち取ったのは、殊勲賞のデュバル、グロンホルムは僚友ヒルボネンにまで逆転を許し、4位でフィニッシュしました。


 そして、WRCシリーズでもローブが、望みを繋げることができ、この先の展開が益々面白くなりました。 


 しかし、完走88台とは、すごいラリーですね。


 ラリー・ドイチェランド最終順位


Pos Driver/CoDriver                      Car             Time

1 LOEB/ELENA                                            CITROËN          3:27:27.5

2 DUVAL/PIVATO                                          CITROËN          +20.3

3 HIRVONEN/LEHTINEN                              FORD               +1:19.1

4 GRÖNHOLM/RAUTIAINEN                         FORD               +1:36.5

5 KOPECKÝ/SCHOVÁNEK                            SKODA              +3:07.1

6 SOLBERG/MILLS                                       SUBARU           +3:14.7

7 GARDEMEISTER/HONKANEN                    CITROËN          +3:37.5

8 LATVALA/ANTTILA                                      FORD               +5:29.3

9 WILSON/ORR                                           FORD               +11:04.2

10 WILKS/PUGH                                            FORD               +19:47.8

11 PROKOP/TOMÁNEK                                   CITROËN          +24:59.4

12 AAVA/SIKK                                                SUZUKI             +25:48.9

13 SOLBERG/MENKERUD                              FORD               +27:02.0

14 RAUTENBACH/SENIOR                             CITROËN          +27:15.3

15 ATKINSON/PREVOT                                   SUBARU           +28:22.9

16 AL QASSIMI/BEECH                                  FORD               +28:39.6

17 FAHRNER/WENZEL                                  OPEL                +28:42.2

18 PONS/AMIGO                                            SUBARU           +29:22.8

19 VAN DEN HEUVEL/KOLMAN                       MITSUBISHI       +29:23.2

20 Nicolai BURKART/KÖLBACH                       CITROËN          +29:23.5

21 BAUMSCHLAGER/WICHA                          MITSUBISHI       +31:07.1

22 WEIJS JR/VAN GOOR                               MITSUBISHI       +32:50.2

23 AUER/PETER                                            MITSUBISHI       +33:21.0

24 MIKKELSEN/FLOENE                                 FORD               +33:38.6

25 BERES/STARY                                          RENAULT          +33:49.0

26 VAN ELDIK/GROENEWOUD                       SUBARU           +33:56.4

27 MÖLDER/BECKER                                     SUZUKI             +34:21.8

28 MOHE/WALKER                                        RENAULT          +36:13.3

29 HACHENBERG/NEIDHÖFER                      MITSUBISHI       +36:43.1

30 BONATO/BOULLOUD                                 CITROËN          +38:05.0

31 STEBANI/HEINDLMEIER                            OPEL                +38:15.7

32 PÄRS/JÄRVEOJA                                      SUZUKI             +38:20.8

33 VOSSEN/FINDHAMMER                             MITSUBISHI       +38:27.5

34 PINOMÄKI/NIKKOLA                                  RENAULT          +38:41.5

35 BRYNILDSEN/GIRAUDET                          MITSUBISHI       +39:20.7

36 HUMAR/CUK                                            CITROËN          +40:39.3

37 OTTO/OTTOVA                                           SUBARU           +41:52.3

38 GALLAGHER/JENKINS                              CITROËN          +42:06.5

39 WALLENWEIN/ZEITLHOFER                      SUBARU           +42:09.1

40 VAN MERKSTEIJN/BERKHOF                     FORD               +42:38.6

41 ABBRING/SCHOLTALBERS                         MITSUBISHI       +42:40.9

42 GRIOTTI/BOSI                                           RENAULT          +42:43.9

43 MYSLIWIETZ/SCHUMACHER                     HONDA             +44:16.8

44 CORAZZA/TONN                                       MITSUBISHI       +44:52.6

45 CLARK/SCOTT                                          FORD               +45:17.6

46 KUIPERS/MOMBAERTS                              SUBARU           +47:25.5

47 GASSNER/THANNHÄUSER                        MITSUBISHI       +47:37.2

48 JOHANSEN/THOMSEN                              SUZUKI             +48:05.2

49 HOLCZER/ILLYÉS                                     RENAULT          +49:02.0

50 RUEDA/ROZADA                                      RENAULT          +50:10.8

51 ANGLADE/CLEMENS                                 OPEL                +50:55.5

52 MOREE/KAMPHUIS                                   MITSUBISHI       +50:58.7

53 SCHRÖDER/JACOB                                  OPEL                +52:30.3

54 TOMEK/ZEMAN                                         SKODA              +54:46.0

55 AUDIRAC/GAGLIO                                    RENAULT          +55:36.4

56 VERKOOIJEN/VLEUGELS                          SUBARU           +56:55.7

57 NIEGEL/KACHEL                                       SUZUKI             +57:47.4

58  WOZENCROFT/ANDERSSON                    SUZUKI             +57:55.5

59 SCHAMMEL/JAMOUL                                 CITROËN          +58:09.1

60 JONES/VANDEVENNE                               PEUGEOT          +58:17.9

61 FUMAGALLI/CRIVELLARO                         RENAULT          +58:31.2

62 HOLZ/GEIPEL                                           VW                   +59:21.2

63 DEPPING/ALEXY                                       MITSUBISHI       +1:01:24.1

64 PREZELJ/CAR                                          FORD               +1:01:27.7

65 LAHURE/SCHREITMÜLLER                        HONDA             +1:02:34.9

66 KESKINEN/HIRVIJÄRVI                             HONDA             +1:04:26.7

67 WALLENWEIN/KOPCZYK                          FORD               +1:04:26.9

68 LIEBEHENSCHEL/PRILLWITZ                     CITROËN          +1:05:00.3

69 DÄMGEN/JUCHMES                                  SUZUKI             +1:07:10.4

70 VAN MERKSTEIJN JUN/CHEVAILLIER         MITSUBISHI       +1:07:10.6

71 BENONI/CANTONI                                    CITROËN          +1:12:41.8

72 ROTTER/SÖBKE                                        OPEL                +1:13:15.6

73 HERBOLD/ZEMANIK                                  SUZUKI             +1:14:22.5

74 SCHMIDT/BAUER                                      SKODA              +1:14:40.2

75 KUCUKSARI/ERKAL                                  FORD               +1:15:20.3

76 NEUSCHÄFER/RUBE                                MITSUBISHI       +1:15:49.9

77 EICHHÖFER/EICHHÖFER                         MITSUBISHI       +1:22:53.1

78 LAUER/MERGEN                                       CITROËN          +1:23:28.7

79 AUQUIER/PIROTTE                                   CITROËN          +1:24:49.9

80 KOMLJENOVIC/JEREMIC                           RENAULT          +1:27:16.6

81 EHLHARDT/WALTER                                 OPEL                +1:27:19.1

82 VAN IERSEL/VAN DEN EINDE                    MITSUBISHI       +1:27:46.4

83 SCHWINN/RÖHM                                      PEUGEOT          +1:33:16.2

84 OTTOSSON/OTTOSSON                             VW                   +1:36:02.3

85 WERNER/KIRBERG                                  OPEL                +1:36:17.1

86 BARANAUSKAS/CELIESIUS                       FORD               +1:45:26.6

87 HOHLHEIMER/KIPPE                                 FIAT                  +1:49:39.0

88 ARELLANO/STOCKMAR                             SUZUKI             +1:50:24.4

[2007/08/23 00:15] WRC | TB(0) | CM(0)

2008年全日本ラリー選手権スーパー1500 

 先日ブログに書きましたが、8月10日公示された2008年全日本ラリー選手権規定
http://www.jaf.or.jp/msports/msinfo/image/ms_news179.pdf
で、来年から新たに規定されたJN1.5クラス(通称:スーパー1500)およびRF車両についての問い合わせが、数多く寄せられておりますので、簡単に解説したいと思います。


1.制定の背景
 2002年に、それまでの国内のラリー車両規則を大幅に見直し、国際ルールから大きくかけ離れていた車両規則を、FIAグループN規定に近づけることによって、来るラリージャパン開催に向けて、国内選手と海外の選手の垣根を下げ、国内ラリーのレベルアップを狙うものであったが、この改正以降の国内選手の活躍を見る限り、当初の見込みどおりの一定の成果があったと見ることができます。
 しかし、一方で車両の製作コストが上昇し、ラリーにかかる経費が高騰し、これまで入門モータースポーツとしてのラリーの参加者が、年々減少し、その結果、主催者の運営コスト及び人的負担が大きくなり、主催クラブの数も減少傾向にあることも事実です。
 その上、2000年以降、各自動車メーカーがモータースポーツに適しているスポーツモデルを極端に減らした為、新しいラリー車のベースは300万円以上する高価な車しかなくなってしまいました。
 かつて、ラリーが盛んな時代は、それに適したリーズナブルな価格のベースモデルが必ず存在していましたが、近年若者の車離れが深刻で殆どの車は運転が楽なAT専用車となってしまい、200万円以下で買えるMT車は、税制面で有利な1500ccしか存在しなくなってきています。しかし、従来のクラス区分では、1500ccは、1600ccと同じクラスとなり、モータースポーツをするために1500cc車を買う人はいませんでした。
 そこで、まずは新しい車で車両製作をする可能性のある全日本ラリーで1500ccのクラスを設けることによって、やがて地方のラリーにも波及させ、買い替えの進まなかった地方の選手にも新たにリーズナブルな価格でラリーができる選択肢を見せ、ラリー全体の活性化につなげることが目的です。
 もちろん、今回の車両規則は、2008年までとされているRB車両に代わるものではありますが、あくまでもロールゲージ等の安全面で、RJ車両より劣るため、様々な観点から検討した結果、全日本選手権では、車両重量が軽く、スピードが低い1500ccの2輪駆動に限定していますので、将来他のクラスでもRF車両が認められることを示唆しているものではありません。
 また、2008年については、既に既定のJN-1~JN-4までのクラス区分は決まっていたので、今回新規参入クラスとしてスーパー1500を追加設定する形となりました。2009年以降については、現時点では未定ですが、スーパー1500については、当然継続されるものと思われます。
 
2.スーパー1500の狙い
 参加選手の減少により、全日本選手権と言えども選考基準が低くなり、その結果、全日本ラリーを頂点とするヒエラルキーが崩れつつあります。また、コスト面や車両規則の問題で地方選手で全日本選手権にスポット挑戦する選手も減っており、全日本と地方がかけ離れた存在になってきています。
 そこで、比較的リーズナブルなコストで参加できるクラスを全日本に設けることにより、全日本に参加する機会を増やし、登竜門的クラスの役割を持たせ、再び失ったヒエラルキーを取り戻す。
 また、現在トップカテゴリー(JN-4)以外、古い車のオンパレードになっている全日本ラリーに、多くの現行生産車を呼び込むことにより、メーカー系や新たなパーツ開発を積極的に行う部品メーカー系の参入を促すことができ、その結果、ラリー全体を活性化させることが狙いです。


3.RF車両とは?
 スーパー1500クラスに参加できる車両は、RN車両、RJ車両、RF車両の排気量1400ccを超え1500cc以下の2輪駆動車とされていますが、まずRN車両はFIA公認車両でなければならないので、実際には存在しません。次にRJ車両は、JAF登録車両をベースにしなければいけません。しかし、このクラスにおけるJAF登録車両でこのクラス区分に該当する車両はトヨタヴィッツ(NCP91)、マツダデミオ(DY5W)、マツダアクセラ(ZY-VE)、三菱コルト(Z23A)、スバルインプレッサワゴン(GG2)、スバルインプレッサ(GD2)、スズキスイフト(HT81S)のみです。
 一方、RF車両は、ベース車は1500ccならばJAF登録車両でなくてもOKです。改造の範囲は、ロールゲージ、消火器および最低重量の要件と、安全の為ドアの材質変更(軽量化部品への変更)が認められないことが規定されているだけで、その他は、道路運送法の保安基準に適合し、陸運局に登録された車両ということで、改造車検を受けた車も含みますので、事実上最も改造範囲が広いとも言えますし、保安基準の範囲でチューニングパーツを使用することも可能だと思います。
 最低重量は、決まっていますので軽量化には限度がありますが、まずます戦闘能力の高い車に改造することも可能で、改造車検さえ受ければATをMTに交換することも可能でしょう。
 そのため、もしかしたら、和製スーパー2000のような車両も出現するかもしれません。


4.地方選手権との関係
 2008年より各地区にて、独自に1500ccクラスを設けたり、RF車両で参加できるように規定できることになっています。
 ちなみに、中部・近畿地区では


Aクラス:~1500cc
Bクラス:1501cc~3000cc
Cクラス:3001cc~


の3つのクラス区分に変更することが検討されています。
 もし、このクラス区分になると、スーパー1500規定で製作した車両は、中部・近畿地区選手権JMRCシリーズ戦および全日本選手権両方に同じ車両で参加することが可能となります。
 (この件をJAFに確認したところ、正式に回答があり、2008年については、RF車両はJAF地方選手権の表彰対象にはならないそうです。しかし、ラリーそのものへの出場は特別規則に記載されていれば可能で、JMRC等でRF車両を表彰対象とすることは問題ないそうです)


5.考えられるベース車両は?
(平成10年アイドル規制適合車 型式=GF- 以降のMT設定車)
候補車両一覧表を示しますが、ブログのプログラムの関係で随分下の方になっています(^_^;)





























































































































/



メーカー



車名



グレード(代表)



型式



重量



最高出力



最大トルク





マツダ



デミオ 



15C 



DBA-DE5FS



980kg



113ps/6000rpm



14.3kg・m/4000rpm





三菱



コルト



1.5C



ABA-Z23A



990kg



105ps/6000rpm



14.4kg・m/4000rpm





ホンダ



フィット



1.5A



 DBA-GD3



990kg 



110ps/5800rpm  



14.6kg・m/4800rpm





トヨタ



 ヴィッツ



1.5RS



DBA-NCP91 



1030kg 



110ps/6000rpm



14.4kg・m/4400rpm





トヨタ



 プロボックス



1.5DX



 CBE-NCP51V



1030kg



109ps/6000rpm



14.4kg・m/4200rpm



 旧



 マツダ



 デミオ



1.5カジュアル



DBA-DY5W 



1070kg 



113ps/6000rpm  



14.3kg・m/4000rpm




トヨタ ヴィッツ 1.5RS  UA-NCP13  940kg  109ps/6000rpm  14.4kg・m/4200rpm

 旧



トヨタ



プラッツ



1.5F



UA-NCP12



920kg 



109ps/6000rpm



14.4kg・m/4200rpm



 旧



スズキ



 スイフト



1.5スポーツ



TA-HT81S 



930kg 



115ps/6400rpm



14.6kg・m/4100rpm



 旧



ホンダ



シビック



 1.5VTi



 GF-EK3



1020kg  



130ps/7000rpmm 



 14.2kg・m/5300rpm



 旧



マツダ



 デミオ



 1.5GL



GF-DW5W 



970kg 



100ps/6000rpm  



13.0kg・m/4500rpm  




グレードをクリックするとカタログにリンクしています。


[2007/08/20 01:09] 全日本ラリー | TB(0) | CM(0)

ひこにゃん 

hikonyan.jpg


 お盆の中日である8月15日、1日限りのお盆休みを取って以前からずっと行きたいところがあったので行って参りました。


 それは、今年築城400年祭を開催している滋賀県の彦根市です。何故、彦根に行きたかったのかというと、「生ひこにゃん」に会いに行くためです。


 「ひこにゃん?」「何?それ?」って思った方、「ひこにゃん」と言えば今や滋賀県で1番の有名人(猫)なんですよ。
 「ひこにゃん」は、日本一ヒットしたゆるキャラの一つといっても間違いないでしょう。ひこにゃんは、彦根のシンボル国宝・彦根城の築城400年祭をアピールするために、一般公募で選ばれたキャラクターなんですが、その体形や仕草がかわいくて大人気になり、マスコミがこぞって特集をした結果、今では、ひこにゃん目当てに彦根を訪れる人が爆発的に増えているのです。


 彦根に行けば、ひこにゃん音頭という、とぼけた歌がよく流れていますが、その歌詞にもあるとおり、まさに「彦根のお宝、ひこにゃん!にゃん!」になっているのです。


国宝・彦根城築城400年祭の公式サイト   ひこにゃん倶楽部


 で、果して初めて生ひこにゃんに会った感想ですが、はっきり言って、かわい過ぎる!想像以上でした。おそるべし、ゆるキャラです。
 去年の新城ラリーには、愛知が誇るゆるキャラ モリゾー&キッコロ に来てもらいましたが、このモリコロをもってしても太刀打ちできないほどのかわいさです。


 そして、最後に感心したのは、どうすればかわいく見れられるか相当研究し、訓練していると思われることです。


 時を同じくして、北海道の銘菓「白い恋人」の不祥事が発覚しましたが、これは、雪印、ミートホープと続き北海道のイメージを貶め、やがて北海道全体の経済に大きな影響を与えることになると思います。
 一方、そのまんま知事の活躍で宮崎ブランドの株は、急上昇でこれまた、宮崎の経済に大きな影響を与えています。


 このひこにゃんも、元はお祭りの実行委員会のアイデアが原点ですが、ひこにゃんの大成功により彦根の経済にも大きな影響を与えていることでしょうし、おそらく今後も彦根を代表するキャラクターとして末永く影響を与えることでしょう。


 実は、何故ラリーと関係ないひこにゃんをラリー日記のブログに書いたかというと、新城ラリーも少なからず新城に経済効果をもたらしていることは、関係者皆が認めるところですが、今後の新城ラリーにとって重要なことは、改めてブランドということであるということを再認識したので、記憶に留めておく為に書きました。


 



[2007/08/16 00:29] 日記 | TB(0) | CM(0)

公示:2008年全日本ラリー選手権カレンダー他 

8月10日付JAFモータースポーツニュースで、2008年の規則変更および全日本ラリー選手権カレンダーが公示されましたので、ラリーに関する項目を抜粋してお知らせします。


詳細は、次のサイトから原文をダウンロードして、ご確認ください。
JAFモータースポーツニュース(公示) 2007.8.10発行(PDFファイル)


【抜粋】
2008年全日本ラリー選手権カレンダー
ROUND  開 催 日  競 技 会 名 称 (オーガナイザー)      開催場所(距離)
第1戦 4/11~13  ツール・ド・九州2008in唐津(GRAVEL) 佐賀(300)
第2戦 4/26~28  久万高原ラリー(MAC/ETOILE/D・C・R)   愛媛(250)
第3戦 5/16~18  KYOTO南丹ラリー2008(SYMPHONY)  京都(350)
第4戦 5/30~6/1 ひむかラリー08IN美郷(R-10-N)     宮崎(300)
第5戦 6/13~15  MSCC東京ラリー2008(MSCC)     福島(400)
第6戦 7/11~13  RALLY HOKKAIDO  APRC併催(AG.MSC)北海道(1000)
第7戦 8/22~24  Rally in Akaigawa(TEAM ARK)    北海道(400)
第8戦 9/12~14  FMSCマウンテンラリー’08(FMSC)   福岡(70)佐賀(150)
第9戦 10/3~5  MCSCラリーハイランドマスターズ2008(MCSC) 長野(100)岐阜(200)
第10戦11/7~9  新城ラリー2008(MASC)         愛知(350)


2008年JAF国内競技車両規則の制定(概要)
Ⅱ.第2編 ラリー車両規定:
第1章 一般規定
1.第1条「総則」に以下の条文を追加する。(安全性の確保)
完全なオープン車体構造の車両は、ハードトップを装着しなければならない。また、コンバーティブル車体構造の車両(開閉または脱着可能な屋根を備えた車両)についても、オープン車体構造の車両に準じた措置をとらなければならない。
2.2.3)「ラリーF車両(F車両)」を「ラリーRF車両(RF車両)」と改める。(呼称の統一)


3.第5条「気筒容積(総排気量)別クラス区分」を以下の通り改める。
(ラリーの現状を反映)
車両はその気筒容積に従い、次の10クラスに分けられる。
1.気筒容積          660cc を含み 660cc まで
2.気筒容積 660cc を超え 1,000cc 〃 1,000cc 〃
3.気筒容積 1,000cc 〃 1,150cc 〃 1,150cc 〃
4.気筒容積 1,150cc 〃 1,400cc 〃 1,400cc 〃
5.気筒容積 1,400cc 〃 1,500cc 〃 1,500cc 〃
6.気筒容積 1,500cc 〃 1,600cc 〃 1,600cc 〃
7.気筒容積 1,600cc 〃 2,000cc 〃 2,000cc 〃
8.気筒容積 2,000cc 〃 2,500cc 〃 2,500cc 〃
9.気筒容積 2,500cc 〃 3,000cc 〃 3,000cc 〃
10.気筒容積 3,000cc を超える車両
競技会特別規則では、第10 クラス(気筒容積3,000cc を超えるクラス)についてさらにクラス分けすることができる。ただし、その他のクラスを細分することはできない。
上記のクラスの分類は、過給されていないエンジンを備えた車両に対するものである。
JAFによって反対措置が課せられない限り、オーガナイザーはすべてのクラスを特別規則書に記載する必要はなく、またさらに、その競技の特殊事情によっては2つ、あるいは幾つかの相次いだクラスを合体させることは自由である。
また、過給装置付エンジンの車両は、その公称気筒容積に、ガソリンエンジンについては係数1.7、ディーゼルエンジンについては係数1.5を乗じ、それによって得られた値に相当するクラスの車両として扱われる。


4.7.3)に以下の条項を追加する。(重量計測条件の明確化)
④スペアホイール:
・RN車両については、最大1本までのスペアホイールを搭載する(スペアホイールを2本搭載している場合は、計測前に1本を取り外す)。
・RJ車両およびRF車両については、スペアホイールの重量は含まない。


第2章 安全規定
1.第3条「消火器」を以下の通り改める。(レース車両規定との整合を図る)
第 3 条 消火装置
手動消火器または自動消火装置を装備することが義務付けられる。これらの消火装置はFIAの認定を受けたものであることが望ましい。
3.1 )手動消火器
手動消火器とは消火器単体をドライバー等が取り外して消火を行うための消火器をいう。
3.1.1 )取り付け
各々の消火器の取り付けは、クラッシュ時の減速度がいかなる方向に加えられても耐えられるように取り付けなければならず、取り付け方向は車両の前後方向中心線に対し直角に近い状態であること。(リベット止めは禁止される)
金属性ストラップの付いたラピッドリリースメタル(ワンタッチ金具)の装着のみ認められる。
3.1.2 )取り付け場所
消火器はドライバー等が容易に取り外せる位置に取り付けられなければならない。
3.1.3 )検査
下記情報を各消火器に明記しなければならない。
- 容器の容量
- 消火剤の種類
- 消火剤の重量もしくは容量
- 消火器の点検日
3.1.4 )消火器の点検日は、消火剤の充填期日もしくは前回点検期日から2年以内とする。(消火剤の充填期日もしくは前回の点検期日から2年を過ぎて使用してはならない。)但し、2年毎の点検を継続したとしても消火器の製造者が定めた有効年数あるいは耐用年数を超えて使用することはできない。
-消火器の製造者が有効年数あるいは耐用年数を定めていない場合、その使用期限は製造期日(または初回充填期日)から7年間を目処とする。
-消火剤の充填日もしくは前回検査日の表示が年(月)表示である場合、有効期間の起算日は当該年(月)の末日とする。外部が損傷している容器は交換しなければならない。
3.1.5 )仕様
1つあるいは2つの消火剤容器とする。粉末2.0kg 以上、または、FIA国際モータースポーツ競技規則付則J項第253 条に記された消火剤および内容量を装備すること。
3.2 )自動消火装置
(略)
3.2.1 )~ 3.2.2 ) (略)
3.2.3 )検査
下記情報を各消火器に明記しなければならない。
- 容器の容量
- 消火剤の種類
- 消火剤の重量もしくは容量
- 消火器の点検日
3.2.4 )消火装置の点検日は、消火剤の充填期日もしくは前回点検期日から2年以内とする。(消火剤の充填期日もしくは前回の点検期日から2年を過ぎて使用してはならない。)但し、2年毎の点検を継続したとしても消火装置の製造者が定めた有効年数あるいは耐用年数を超えて使用することはできない。
-消火装置の製造者が有効年数あるいは耐用年数を定めていない場合、その使用期限は製造期日(または初回充填期日)から7年間を目処とする。
-消火剤の充填日もしくは前回検査日の表示が年(月)表示である場合、有効期間の起算日は当該年(月)の末日とする。外部が損傷している容器は交換しなければならない。


ラリー競技開催規定の一部改正
参加車両(第1種アベレージラリー、第2種アベレージラリー、スペシャルステージラリー共)
1. (略)
1) (略)
2)国内競技:
(1)JAF国内競技車両規則第2編ラリー車両規定に従ったRN車両、RJ車両またはRF車両


2008年日本ラリー選手権規定の一部改正
第6条 参加車両
1.クラス1(JN-1)、クラス2(JN-2)、クラス3(JN-3)およびクラス4(JN-4)に参加する車両:
1)当該年のJAF国内競技車両規則第2編ラリー車両規定に定めるラリーRN車両(RN車両)またはラリーRJ車両(RJ車両)に適合した車両とする。
2)参加車両には4点式以上のFIA公認安全ベルトを装備しなければならない。


2.クラス1.5(JN1.5)に参加する車両:
1)当該年のJAF国内競技車両規則第2編ラリー車両規定に定めるラリーRN車両(RN車両)、ラリーRJ車両(RJ車両)またはラリーRF車両(RF車両)に適合した車両とする。
2)参加車両は、自動車検査証の初度登録年月より10年経過していないこと。ただし、10年経過後であっても国内生産(同一車両型式)されている場合は、生産の終了した当該年末まで参加車両の資格を有する。
3)参加車両には4点式以上のFIA公認安全ベルトを装備しなければならない。
4)ラリーRF車両については、本選手権規定付則の事項を満たしていること。


第7条 クラス区分
1.参加車両は気筒容積に基づき下記の通りクラス区分される。
クラス1 (JN-1) :気筒容積が1400cc 以下の車両
クラス1.5 (JN-1.5):気筒容積が1400cc を超え1500cc 以下の2輪駆動車両
クラス2 (JN-2) :気筒容積が1500cc を超え1600cc 以下の車両
クラス3(JN-3) :気筒容積が1600cc を超え2000cc 以下の車両
クラス4(JN-4) :気筒容積が2000cc を超える車両


2008年日本ラリー選手権規定付則
クラス1.5(JN1.5:スーパー1500)適用規定制定
第6条2.2)に規定するクラス1.5(JN1.5)に参加するラリーRF車両(RF車両)は、以下の事項を満たしていること。
1.当該年のJAF国内競技車両規則第2編第2章第3条の消火装置を装備すること。
2.ロールケージ:
1)6点式+左右のドアバーを基本構造とする(第1-1図~第1-2図参照)。すべての車両は、基本構造を含むロールケージを装着すること。


fig1-1.gif
2)ロールケージを構成するパイプの仕様
①材質は冷間仕上継目無炭素鋼(引抜鋼管)とする。
②円形の断面を有する継目のない1本のパイプを使用すること。
③最小寸法は40mm(直径)×2mm(肉厚)とする。
④最小寸法以下のパイプで構成されるロールケージをすでに装着している車両については、当該ロールケージを継続使用することができる。ただし、メインロールバーとハーフ・サイドロールバーのうち、少なくとも一方が最小寸法未満である場合は、第1-3図に示される通り、それらの連結部を補強しなければならない。上記に関わらず、35mm(直径)×2mm(肉厚)未満のパイプの継続使用は認められない。
fig1-3.gif
3)遵守事項
ロールケージの装着に関して下記の規定に従うこと。
①ロールケージを取り付けた状態における乗車装置は、座席面上で座席前端より200mm の点から背もたれに平行な天井(ロールバーが頭部付近にある場合はロールバー)までの距離が800mm以上であること。
②乗員の頭部等を保護するため、頭部等に接触する恐れのあるロールケージの部位は、緩衝材で覆われていること。
③乗員が接触する恐れのあるロールバーは、半径3.2mm 未満の角部を有さないものであること。
④ロールケージを取り付けることにより、前方視界およびバックミラーによる視界を妨げるものでないこと。
⑤ロールケージを取り付けることにより乗員の乗降を妨げるものでないこと。なお、ロールケージの取り付けにより後部乗員のための室内高の確保および乗降口等の確保ができない場合には、各運輸支局等において乗車定員変更のための構造等変更検査の手続を行うこと。
⑥ロールケージ取り付けのための最小限の改造(ダッシュボードの貫通、内張りの切削等)は許される。
4)車体への取り付け
ロールケージの最少取り付け点数
・メインロールバーの支柱1本につき1ヶ所。
・サイドロールバー(あるいは、フロントロールバー)の支柱1本につき1ヶ所。
・リアストラットの支柱につき1ヶ所。
①各支柱側の最少取り付け点における車体への取り付け板は、面積60c㎡、板厚2.5mm 以上を有すること。この取り付け板は支柱に溶接されていなくてはならない。
②車体側の補強板は、面積120c㎡、厚さ3.0mm 以上を有し、第1-4図~第1-18図(全周を溶接すること)に示すように取り付けること。
但し第1-4図、第1-5図については、補強版を必ずしもボディシェルへ溶接しなくともよい。
③各支柱と車体との結合は、下記のいずれかの方法によること。
i)直径8mm 以上(4T以上)のボルトを3本以上使用し、緩み止め効果のあるナット(ワッシャー/セルフロッキング等)
で、支柱の周辺に分散して取り付ける。(第1-4図~第1-18図を参照)
ii)溶接により取り付ける場合、車体あるいは骨組み(フレーム)
に溶接して取り付ける。ロールバーの脚部取り付け板は、補強板無しで、直接ボディシェルに溶接してはならない。
i)およびii)の取り付け方法は最少限を示すものである。ボルトの数を増加することや取り付け点の数を増やすことは許される。
また、ロールケージを取り付けるためにヒューズボックスを移動することは許される。
fig1-4-18.gif
3.改造の制限:
1)ドアの変更は認められない。
2)ドアの内張りについては、ドアの形状に変化が生じないことを条件としてドアから防音材を取り外すことが認められる。
内張りパネルは最低0.5mm 厚の金属板、あるいは最低1mm 厚のカーボンファイバー、もしくは最低2mm 厚のその他の堅固な不燃性の素材で製作することができる。
サイドプロテクションバーの取り外しは許されない。
2ドア車の場合、後部側面ウィンドウより下に位置する内張りについても上記規則を適用する。
電動ウィンドウを手動ウィンドウに交換することが認められる。
手動ウィンドウを電動ウィンドウに交換することが認められる。
3)窓ガラスの変更は認められない。
4.音量規制等で特に必要がある場合には、当該競技会特別規則に規定することによって、当該競技会参加車両の改造を制限することができる。
5.最低重量:
次の通り取り扱う
1)搭乗者、搭載物、工具およびジャッキの重量は含まない。
2)潤滑油、冷却水、ブレーキ油等の液体は標準容量を満たす。
3)燃料タンク、ウインドスクリーンウォッシャータンク、ヘッドライトウォッシャータンク、水噴射タンクは空にする。
4)スペアホイールの重量は含まない。
5)バラストの搭載は安全上の理由から原則として認められない。ただし、やむを得ずバラストを積む場合は、第1編レース車両規定第3章3.3)に従うとともに、競技会技術委員長の確認を受けなければならない。


以 上


[2007/08/12 17:13] JAF/JMRC | TB(0) | CM(0)

24時間テレビ「愛は地球を救う」 

luckimp.jpg
8月19日(日) 新城市作手清岳(旧作手村)の道の駅 つくで手作り村 におきまして、中京テレビ24時間テレビ「愛は地球を救う」 協賛イベントが開催されますが、その会場において、新城ラリー2007の告知活動をすることになり「ラック名古屋スバルSTIダンロップインプレッサ」が展示されることになりました。こちらでは、TV取材も予定されているそうです。


また、その後 夕刻には、昨年の新城ラリーのメイン会場であった「ふれあいパークほうらい」で同日開催される「Make Some Noise 2007」の会場に場所を移し、告知活動を予定していますので、ご興味のある方は、新城ラリーの告知チラシ等を配布しますので、是非会場をお訪ねください。 
http://www.makesomenoise.jp/index_index.stm


いずれの会場も、小さなお子様からご家族連れの方まで、多くの観客で賑わうことでしょう。


道の駅 つくで手作り村 会場案内図
tezukirimap.jpg


ふれあいパークほうらい Make Some Noise 2007 会場案内図





 


[2007/08/12 00:10] 新城ラリー | TB(0) | CM(0)

新城ラリーサポーター 

 新城ラリーでは、1人でも多くの方にラリーの面白さを知っていただこうということで、新城市役所や新城市の市民団体の皆様のご協力で、無料のラリー観戦をはじめ、1日家族や友人仲間で楽しめる沢山の企画を計画しています。
 しかし、それには沢山の資金が必要で、いろいろな企業などにスポンサーをお願いしてるところですが、残念ながら十分な資金を得ることは難しい状況です。
 そこで、新城ラリー支援委員会で考えた方法とは、新城ラリーを応援していただける個人の方を対象にサポーターを募ることにしました。
 サポーターになる資格は、たった1つ「新城ラリーを盛り上げたい!」という気持ちをこめて、下のデザインのステッカーを1枚1000円で購入していただくだけで結構です。サイズは、20cmX5cmです。
supporter.jpg


 サポーターの募集は、先週末から始めたのですが、早速昨年レプリカで参加された方から連絡があり、わざわざ遠くから来ていただき2枚買っていただきました。(両サイドのドアに、A6サイズのチラシとともに貼っていただけました)
rwindow.jpg


 なお、このステッカーは300枚のみの限定生産でなくなるまでの企画です。もし、ご協力いただける方は、 shinshiro@inter7.jp  まで連絡をお願いいたします。


 また、新城市にお住まいの方は、新城市役所スポーツ課(新城市体育館2F)で直接ご購入いただけますので宜しくお願いいたします。
 連絡先は、次のとおりです。
電 話:0536-23-7653
担当者:鈴木さん又は川合さん


[2007/08/08 22:30] 新城ラリー | TB(0) | CM(0)

WRC第9戦 Rally Finland 2007 

 8月5日、フィンランドでかつては、1000湖ラリーといわれた超高速グラベルで有名なラリー・フィンランドが終了しました。


 2007年前半のシーズンを振り返ると、今年デビューしたとは思えない程の速さと安定感をみせたCitroën C4 WRCを駆る、昨年の王者セバスチャン・ローブを信頼性の高いFord Focus RS WRC 06を老練に操る巧者マーカス・グロンホルムが追う展開となり、一時は今年もチャンピオン街道まっしぐらかのような独走状態が続いたが、第6戦イタリアから少しづつ歯車が狂い始めやがて、ポイントでもマーカスに逆転を許すという形になってきたが、まだまだセバスチャンにもチャンスは残っている。


 WRCは、2ヶ月のインターバルを置いて北欧で最もラリーの盛んな国フィンランドで開催された。実際に、WRCトップドライバーは、フィンランド出身の人が多く、今回もマーカス・グロンホルムを始めミッコ・ヒルボネン、ラトバラ、ハンニネン等が出場している。ちなみに、○○ネンという姓の選手は、殆どフィンランド出身と言ってもいいだろう。日本で言うと○田さんの田のようなものだろうか?


 さて、今回の話題は、何と言ってもフォードのフィンランド人コンビだ。というのは、フォードチームは、この2ヶ月の間テストを繰り返し、満を持してFOCUS RS WRC07 をデビューさせてきたのだ。かつては、デビュー戦で優勝することは、信頼性の問題で非常に困難となっていたが、最近では Citroënなどデビュー戦でいきなり優勝することもめずらしくなくなってきている上に、今年乗りに乗っているFORDのフィンランド人コンビが、母国開催のWRCでどのような活躍をするか、注目された。ちなみに、このフィンランドラリーは、最近まで北欧3国のドライバーしか勝てないとされていたラリーであり地元有利であることは間違いない。


 そして、結果はというと予想通りというか、地元フィンランド人の期待通り見事序盤からトップの座を譲ることなくFORD FOCUS RS WRC07がデビューウィンを飾り、昨年の王者セバスチャン・ローブは3戦連続で優勝を逃した。
 それから、リザルトを見ると、完走が70台もいて非常に完走率の高い(それだけ路面が良いのか?)のが印象に残りました。また、もう1人期待されていたスバルのペター・ソルベルグは、結果をだせず、リタイヤに終わりましたが、その分セカンドドライバーのクリス・アトキンソンが4位に入る健闘を見せました。その他、プライベートの三菱ランサーWRCも7位入賞を果たしました。


 実は、個人的に私は、もう一つ注目していることがありました。私の所属するクラブの会長が、レーシングカートで大活躍している中学生の孫(実は、現在の全日本ラリー選手権ランキングトップ選手の息子であったりもする)と共に、フィンランドラリーを観戦しているのだ。是非、この世界一エキサイティングなスピードラリーを生で見てラリーに目覚めてもらいたいものですが、さてどうなるか帰国後の感想が楽しみです。


Rally Finland 2007 結果
順位 車番 Driver/Co-Driver Car Group Class Total Time
1. 3 M.GRONHOLM(FIN)/T.RAUTIAINEN(FIN) Ford Focus RS WRC 07 A8 2:57:26.1
2. 4 M.HIRVONEN(FIN)/J.LEHTINEN(FIN) Ford Focus RS WRC 07 A8 2:57:50.3
3. 1 S.LOEB(F)/D.ELENA(MC) Citroen C4 WRC A8 2:58:36.0
4. 8 C.ATKINSON(AUS)/S.PREVOT(B) Subaru Impreza WRC 2006 A8 3:00:28.9
5. 10 H.SOLBERG(N)/C.MENKERUD(N) Ford Focus RS WRC 06 A8 3:01:55.5
6. 17 X.PONS(E)/X.AMIGO(E) Subaru Impreza WRC A8 3:04:26.6
7. 20 U.AAVA(EE)/K.SIKK(EE) Mitsubishi Lancer WRC A8 3:05:05.7
8. 19 M.OSTBERG(N)/O.KRISTIAN UNNERUD(N) Subaru Impreza WRC S10 A8 3:06:58.0
9. 21 G.WILKS(GB)/P.PUGH(GB) Ford Focus WRC 05 A8 3:07:05.5
10. 16 M.WILSON(GB)/M.ORR(GB) Ford Focus RS WRC 06 A8 3:08:39.5


 


[2007/08/06 01:33] WRC | TB(0) | CM(0)

感動の番組 

 7月27日に北海道ローカルで、ラリー北海道の番組が放送されました。


 残念ながら、私は北海道に住んでおりませんので生では見れませんでした。


 そう、生では見れなかったのですが、見てしまったのです。 フッフッフ!


 番組の内容は、予想以上に良い出来で感動しました。ラリーって、本当にいつもドラマチックなんです。そのドラマが如何なく番組に表現されていました。もっとも、これが全てでなく、取材されていない全てのチームに感動のドラマがあったと思いますが、とりあえず、代表事例としてはなかなかいいストーリーに仕上がっていたと思います。


 もっと、こんな番組が増えると、ファンも増えるに違いないと思いました。


 この番組のDVDが、ラリー北海道公式HPで発売されていますので、ご興味ある方は是非。


[2007/08/02 23:36] 新城ラリー | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。