スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MSCC東京ラリーに篠塚健次郎が 


 6月2日~3日に、福島県の棚倉町周辺で開催されるJAF全日本選手権第4戦「MSCC東京ラリー」に、パリダカで有名なシノケンこと篠塚健次郎氏が、ゲストとして招かれ2日間とも、メイン会場の「ルネッサンス棚倉」の敷地内にある「棚倉ステージ」と言われているギャラリーステージで、海外仕様インプレッサでデモ走行をするそうです。


(主催者HP)
http://www.mazdasportscarclub.jp/rtop.html


 有料観戦券を購入された方は、抽選で同乗走行のチャンスもあるそうです。


 篠塚健次郎氏と言えばパリダカのイメージですが、学生の頃は国内ラリーにも出場していて全日本チャンピオンにもなったことのあるラリードライバーなんです。
 現在は、八ヶ岳でペンションを経営されていて、奥様は、山口百恵さんの夫の三浦友和さんの実姉で、時々三浦さん一家も泊まりに来るということです。


 また、福島県で開催されるのになぜ「東京ラリー」という名称がついているの?という疑問を持たれる方もおられると思いますが、実は、主催者のMSCCというクラブは、母体が東京マツダという販売店のクラブなので、「東京」という名称が付けられているそうです。


 もし、今週末お時間のある方は、2007年で初めてのグラベル路面の全日本ラリーを見に行きませんか?


  なお、MSCC東京ラリーの暫定エントリーリストは次のとおり、東日本選手権との併催ということもあり、今シーズン最高68台エントリーとなっています。(No17,No43は欠番)
 また、これは、カーナンバー順のリストで、出走順は前日発表されるが、現在の全日本選手権のポイント順位も考慮された順番となる模様です。


No.クラス ドライバー  コドライバー  車 名
 1 JN-4 奴田原 文雄 北海道 林 哲  東京 ADVAN-PIAAランサー
 2 JN-4 勝田 範彦 愛知 北田 稔  石川 スバルラリーチームジャパン・インプレッサ
 3 JN-4 炭山 裕矢 群馬 松井 博和 群馬 クスコアドバンスバルインプレッサ
 4 JN-4 石田 正史 群馬 宮城 孝仁 東京 DL・テイン・マルシェ・ランサー
 5 JN-4 田口 幸宏 埼玉 佐藤 忠宜 福島 アドバン・PIAA・KYB・ランサー
 6 JN-4 大庭 誠介 静岡 高橋 巧  東京 REPSOL-ADVAN・ランサー
 7 JN-4 大嶋 治夫 群馬 井手上 達也 福岡 加勢eレーシング・ランサー
 8 JN-4 星野 博 群馬 松井 和子 東京 クスコ・ポテンザ・CMSC・OZ・ランサー
 9 JN-4 飯泉 忠男 茨城 東 英仁  茨城 シャフトMOTUL・DL・WP
10 JN-4 小舘 優貴 群馬 館山 昌靖 青森 スバルラリーチームジャパン・インプレッサ
11 JN-4 堀田 信 静岡 浦野 昭美 神奈川 DL BRIG オサムランサー
12 JN-4 岩下 英一 千葉 草加 浩平 東京 GUM・ADVAN・ランサー
13 JN-4 鎌田 恭輔 北海道 鎌田 千詠子 北海道 DLテインIRSCMSC・CT
14 JN-4 平野 隆 茨城 石田 裕一 神奈川 ワコーズチノネスポーツランサー
15 JN-4 秋葉 貴之 北海道 伊勢谷 巧 北海道 CMSCカマタスポーツランサー
16 JN-4 今井 聡 神奈川 神作 千鶴子 神奈川 安斉自工市光ランサー
18 JN-4 桑田 幸典 愛知 井川 宏美 愛知 DL・IDI・KYB・ランサー
19 JN-4 河野 浩司 山口 秋田 憲吾 東京 パワーオブラブ知二号
20 JN-4 大桃 大意 埼玉 森 公聖  東京 シャフトMOTUL・DL・WP
21 JN-4 川上 弘三 兵庫 藤岡 哲也 浜松 CMSCランサー
22 JN-4 久保田 政行 福島 渋谷 信人 福島 Hot・Staff・ランサー
23 JN-4 松井 悠 東京 田巻 明宏 栃木 ALEXエボマガランサー
24 JN-4 野苅家 宏一 東京 丸山 高康 千葉 em☆Lab・RSCC・ランサー
25 JN-3 曽根 祟仁 山口 桝谷 知彦 福岡 BPF☆KYB☆BSインギングセリカ
26 JN-3 森 博喜 愛知 藤綱 和敏 愛知 ミツバ・ラック・セリカ
27 JN-3 永由 元人 千葉 安江 照明 千葉 テンダー・インテグラ
28 JN-3 須藤 浩志 千葉 山岸 典将 千葉 SMaSH・コマツ・CS・シビック・R
29 JN-3 加納 武彦 東京 萠抜 浩史 茨城 ALEX・AQU・インテグラ
30 JN-2 高橋 悟志 愛知 船木 一祥 愛知 ミツバWMDラックレビン
31 JN-2 村瀬 太 三重 宮部 弘陽 愛知 RSTアジップDLエナペ羽山EK9
32 JN-2 田中 伸幸 北海道 遠山 裕美子 東京 クスコBS・CMSC・CJ4A
33 JN-2 村田 康介 大阪 地神 潤 兵庫 BOOBOW・DL・ブーンX4
34 JN-2 小野寺 清之 岩手 及川 陽也 宮城 ダイハツブーンX4
35 JN-2 綾部 美津雄 宮城 中原 祥雅 東京 ダイハツブーンX4
36 JN-2 上原 利宏 埼玉 郷右近 孝雄 群馬 チェックメイト・シビック
37 JN-2 平山 理沙 千葉 矢柳 靜一郎 東京 BRIGスマッシュシビック
38 JN-2 天野 智之 三重 井上 裕紀子 愛知 DLエナペタルMOTUL・トレノ
39 INV-2 青木 雅且 東京 櫻井 充  東京 殿様ランサー
40 INV-2 長谷川 淳一 静岡 山本 泰  愛知 DLパワーオブラブ3号インプ
41 INV-2 佐藤 兵馬 茨城 管野 総一郎 茨城 ASEランサー
42 INV-1 飯原 幸治 神奈川 箕作 裕子 神奈川 安斉自工市光TG旭MI・Vitz
44 BC-C 田島 正広 群馬 ベンチャン 群馬 田島保険サービス・タジ・ベン
45 BC-C 土屋 広晃 東京 黒崎 直樹 群馬 パックアールランサー
46 BC-C 丸山 保幸 群馬 山田 一成 群馬 エクサスタマキマルヨシランサー
47 BC-C 石黒 雄士 神奈川 竹薮 英樹 神奈川 安斉自工ADVAN市光ランサー
48 BC-C 藤生 敏夫 群馬 馬場 裕之 東京 B.T.M.ランサー
49 BC-C 日比 淳史 東京 盛合 とうこ 神奈川 atcave・ランサー
50 BC-C 富沢 浩明 群馬 船津 和行 群馬 CATZ.PACKR.GDB
51 BC-C 飯田 洋司 埼玉 横手 聡志 長野 カモメ・ランサーEVO?
52 BC-C 八木橋 厚太 神奈川 関根 美智代 神奈川 AZULデビルランサー
53 BC-C 田近 研一郎 神奈川 山中 和行 神奈川 AZULドリーマー田近医院号
54 BC-C 青木 光広 東京 吉武 康博 東京 安斉自工市光ランサーNo.2
55 BC-C 細田 浩 茨城 馬場 雄一 茨城 TEINイチヤ・スポーツランサー
56 BC-C 宮野 伸章 千葉 石井 淳  千葉 テンダー・ランサー
57 BC-C 中島 正裕 群馬 剣持 明彦 群馬 わたらせいんぷれっさ
58 BC-C 唐沢 徹夫 群馬 古橋 裕文 群馬 チギラ自動車インプレッサ
59 BC-B 松浦 肇 埼玉 小藤 桂一 東京 フィリーG4インテグラ
60 BC-B 中村 修 群馬 千早 尚子 群馬 ミツバミニカーハウスifセリカ
61 BC-B 小川 泰正 神奈川 渡部 貴史 神奈川 AZUL☆P.um☆インテグラ
62 BC-B 青柳 勉 神奈川 山田 昇  神奈川 安斉自工市光エンゼルインテグラ
63 BC-B 土生 陽一郎 千葉 張田 禎敬 千葉 MS-WANTSインテグラR.T.O.C
64 BC-A 大部 一俊 神奈川 石丸 智之 神奈川 BRIG・OHLINS・シビック
65 BC-A 金成 昌幸 東京 藤波 誠一 東京 MOVEL・シビック
66 BC-A 新井 タダシ 東京 石原 淳  神奈川 MOVEL・タイプR
67 BC-A 山本 勝之 神奈川 蜂谷 淳一 東京 TR-8☆MOVELミラージュ
68 BC-A 吉村 昌敏 栃木 櫨山 篤志 東京 CSTシビックタイプR
69 BC-A 川名 賢 埼玉 永橋 達紀 埼玉 C-rash-Eazy-6
70 BC-A 権藤 晃 神奈川 森田 茂利 千葉 A/m/Sグラデュアーレミラジュ


 




スポンサーサイト

[2007/05/29 12:38] 全日本ラリー | TB(0) | CM(0)

’07ラリーin京丹後のエントリー状況 

本日 JAF中部・近畿ラリー選手権『’07ラリーin京丹後』の主催者より、エントリー台数について連絡がありました。


主催者の告知の遅れもあったようですが、5月25日0:00時点のエントリー台数が下記のとおり32台ということです。


DE-A 3台
DE-B 8台
DE-C 3台
DE-D 7台
チャレンジB 2台
Jr A 6台
Jr B 2台
Jr C 1台


エントリー締め切りは、5月25日となっていますが、参加を検討されている方は、至急主催者に連絡をお願いします。
特に、DE-Aクラス、DE-Cクラスのエントラントは、今のところ未だクラス成立していませんので、ご協力よろしくお願い致します。


なお、CMSC大阪ホームページ でインターネット上からの申込もできるそうですので、ご利用ください。
http://www4.plala.or.jp/cmscosaka 


特別規則書・インフォメーション・参加申込書は、JMRC近畿ラリー専門部会公式ホームページからダウンロードしてください。
http://www.h6.dion.ne.jp/~s11/


近畿ラリー広場でも、その他の情報が集めれれるはずですので、一度覗いてみてください。
http://www.geocities.jp/kinki_rally_division/


[2007/05/26 10:50] 新城ラリー | TB(0) | CM(0)

後席シートベルト締めていますか? 

 5月24日のTV朝日「報道ステーション」の特集で、『交通事故の盲点~危険な後席シートベルト"非着用"』というテーマが放送されていました。人気番組だけにご覧になった方も多く反響も大きかったと思いますが、今国会で成立予定の「道路交通法改正案」に後席シートベルトの装着の義務化が盛り込まれているのです。


 実は、この報道ステーションの放映に先駆け、5月18日NHK名古屋放送局の「さらさらサラダ」で、モンテカルロオートスポーツクラブ会長(NPO法人自動車文化創造会議理事長でもあります)勝田照夫が、この後席シートベルトの重要性についての特集を組んで放送する予定だったのですが、残念ながら国会中継のため延期になり、その間に「報道ステーション」に先を越された形になってしまいましたが、報道ステーションでは、新城ラリー2004、2005でデモンストレーションされたシートベルトコンビンサーというシミュレーションマシンを使っての説明でしたが、「さらさらサラダ」では実車を使っての衝撃的な映像が盛り込まれていますので、よりリアルです。


 そして、延期されていた「さらさらサラダ」の放送日が、5月29日(火)AM11:30に決まりましたので、是非ともお見逃しなく! 本当にこれを見たら、後席シートベルトをしなければ怖くて乗れなくなりますよ。改正道路交通法の施行は、あと1年ぐらい先になりそうですが、皆さんもこんなことは今日からでも実践できますので、是非実行してください。


 昨年愛知県では、330名の方が交通事故でなくなられていますが、そのうち乗車中に亡くなられた方が150名で、さらに75名の方が後席の方だということです。また、後席で亡くなられた方の99%は、シートベルトを締めていなかったということなのです。
 ということは、今回の映像を見ていただいても解ると思いますが、おそらく75名の大半はシートベルトをしていれば助かったでしょう。
 さらに、もっと恐ろしいのはシートベルトをしていない後席乗員は、前席乗員の凶器となるのです。つまり、前席でシートベルトをしていてなくなられたケースでも、後席の乗員が後頭部に衝突して亡くなられているケースもかなりあるそうです。
 それらの話を総合して考えると、愛知県で年間約100名(全国レベルでは数1000名)近い方が後席シートベルトをしていなかった為に亡くなられたことになります。
 おそらく、これは飲酒運転による死亡者数に匹敵するか、それを上回っているのではないでしょうか?


 後席シートベルトが義務化されていない先進国は日本ぐらいなんです。自分の身を守るのは自分です。是非とも今日からでも前席、後席に限らず車に乗ったらまずシートベルトを実践しましょう。


TV朝日「報道ステーション」2007年5月24日特集『交通事故の盲点~危険な後席シートベルト"非着用"』
http://www.tv-asahi.co.jp/dap/program/hst/sp_backnumber.php?n_id=1475&p=1


長野智子blog
http://yaplog.jp/nagano/archive/265


NHK名古屋放送局「情報フレッシュ便 さらさらサラダ」
salasala.gif←番組HPにリンクしています。
前回の「さらさらサラダ」収録風景
http://kometani.blog85.fc2.com/blog-entry-65.html


2007年道路交通法改正案で後部シートベルトの着用義務化
施行は改正法の公布から1年内
http://response.jp/issue/2007/0514/article94628_1.html


自動車アセスメント
後席シートベルトの着用効果を見るための前面衝突実験
http://www.nasva.go.jp/mamoru/car/about/topics060216.html


後席シートベルト非着用後席からの車載カメラ(自動車アセスメント画像)
高速度映像を見る


後席シートベルト着用後席からの車載カメラ(自動車アセスメント画像)
高速度映像を見る
動画が見れない方は、こちらの
無償版RealPlayer をダウンロードしてインストールする必要があります。


JAFユーザーテスト
後席シートベルトの効果、着用・非着用の映像比較
http://www.jafmate.co.jp/mate-a/kouseki/page5.html


また、今年も新城ラリー2007の関連イベントとして、新城市主催のセーフティドライブ体験会の開催が下記の通り決定しましたので、お知らせします。


日時:6月10日(日) 午前の部 午前10時~正午/午後の部 午後2時~4時


場所:ふれあいパークほうらい


費用:500円


新城市民に配布されるチラシ


申し込み・お問い合わせ
新城市役所スポーツ課または企画課
(0536)23-7653 または 23-7621


[2007/05/25 20:11] ニュース | TB(0) | CM(0)

WRC第7戦 ラリー・イタリア・サルディニア 

先週、私が全日本ラリーのオフィシャルをしている頃、WRCもいよいよ本格的なヨーロッパラウンドが始まった。
まずは、その緒戦ラリー・イタリアが地中海の観光地サルディニア島で開催された。


注目は、今年デビューし、早くもターマックでもグラベルでも全く隙の無いシトロエンC4のローブに誰がストップを掛けるかだ。その対抗馬はやはり、個人的にお気に入りのフォードのグロンホルムしかいないのであるが、2007年モデルが投入されて速さが戻ってきた、スバルのペター・ソルベルグも見逃せない。


ラリーの展開はというと、そのローブまさかのリタイヤで自滅しあっけない幕切れとなり、そうなれば当然の結果とも言えるフォードの1-2フィニッシュとなったが、今後のWRCのタイトル争いの上では、少し面白くなってきた。
ペター・ソルベルグは、残念ながら今回も結果を出せず、今後の奮起に期待しよう。


ところで、何故サルディニア島でWRCが開催されるかということであるが、実はこの時期バカンスの前で、ヨーロッパの観光地はシーズン・オフの時期であるということである。
観光地ということで、宿泊のキャパシティは十分であるため、商業的にもメリットが出るのでおそらく地元自治体・観光産業が期待を寄せているのでしょう。


このことは、日本の国内ラリーにも当てはまると思う。つまり、観光地のシーズン・オフというのは狙い目だと思います。
是非とも、日本でも有名な観光地で、観光地活性化のためのイベントとしてラリーを開催して頂きたいものです。


最後に、「マーカス、おめでとう!」


2007 Rally Italia Sardegna Result

1        M. GRÖNHOLM (FIN)   T. RAUTIAINEN (FIN)   FORD Focus RS WRC          48:42.0

2        M. HIRVONEN (FIN)   J. LEHTINEN (FIN)   FORD Focus RS WRC          49:11.2

3        D. SORDO (E)          M. MARTI (E)          CITROEN C4 WRC             50:03.8

4        H. SOLBERG (N)          C. MENKERUD (N)      FORD Focus RS WRC          50:18.6

5        P. SOLBERG (N)          P. MILLS (GB)          SUBARU Impreza WRC             51:16.2

6        T. GARDEMEISTER (FIN) J. HONKANEN (FIN)   MITSUBISHI Lancer WRC                       53:44.1

7        M. STOHL (A)          I. MINOR (A)          CITROEN Xsara WRC             54:10.6

8        J. HANNINEN (FIN)   M. MARKKULA (FIN)          MITSUBISHI Lancer WRC             58:13.7

9        J. LATVALA (FIN)          M. ANTTILA (FIN)          FORD Focus RS WRC          00:09.7

10      C. ATKINSON (AUS) S. PREVOT (B)          SUBARU Impreza WRC             05:01.4

11      F. Villagra (RA)          J. PEREZ COMPANC (RA)    FORD Focus RS WRC          05:47.1

12      M. WILSON (GB)          M. ORR (GB)    FORD Focus RS WRC          12:07.1

13      U. AAVA (EE)          K. SIKK (EE)          SUZUKI Swift Super 1600          15:03.9

14      P. ANDERSSON (S)      J. ANDERSSON (S)          SUZUKI Swift Super 1600          16:13.3

15      G. MANFRINATO (I)       C. PISANO (I)          SUBARU Impreza                           20:23.1

16      M. PROKOP (CZ)          J. TOMANEK (CZ)          CITRÖEN C2 Super 1600          21:26.7

17      S. CAMPEDELLI (I)       D. FAPPANI (I)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          21:27.5

18      A. Nicolai BURKART (D)          M. KOELBACH (D)          CITRÖEN C2 Super 1600          24:13.8

19      J. MOLDER (EE)          K. BECKER (D)          SUZUKI Swift Super 1600          24:44.2

20      B. BENTIVOGLI (I)       A. CECCHI (I)          SUBARU Impreza                           25:42.4

21      P. ZANCHI (I)          D. D'ESPOSITO (I)          SUBARU Impreza                           26:10.7

22      L. RICCI (I)          A. BARUFFA (I)          SUBARU Impreza                           27:00.6

23      M. CENEDESE (I)          M. ROSSETTO (I)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          27:42.8

24      F. FANARI (I)          M. BOSI (I)          SUBARU Impreza                           28:19.5

25      J. BERES (SK)          P. STARY (CZ)          RENAULT Clio Super 1600          30:15.0

26      G. DETTORI (I)          M. CORDA (I)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          34:39.7

27      H. WEIJS (NL)          H. VAN GOOR (NL)          MITSUBISHI Lancer EVO IX           34:44.2

28      W. EUGENI (I)          M. BUSINARO (I)          SUBARU Impreza                           34:59.8

29      B. BOUFFIER (F)          M. BAUMEL (F)          CITRÖEN C2                35:02.8

30      U. LUNARDI (I)          A. RANNO (I)          SUBARU Impreza                           36:19.8

31      P. SANDELL (SWE) E. AXELSSON (SWE)          RENAULT Clio Super  1600          37:43.1

32      B. CLARK (GB)          A. Scott MARTIN (GB)    FORD Fiesta ST                38:34.3

33      G. LINARI (I)          C. SORIANI (I)          SUBARU Impreza                           38:41.3

34      V. ROZUKAS (LT)          A. SHOSHAS (LT)          SUZUKI Swift Super 1600          39:09.3

35      S. GALLAGHER (IRL)   C. JENKINS (GB)          CITRÖEN C2                39:42.9

36      F. MARRONE (I)          M. PIGA (I)          MITSUBISHI Lancer EVO VI          41:39.7

37      E. VERTUNOV (RUS) G. TROSHKIN (RUS)          FORD Fiesta ST          43:04.1

38      R. SCANDOLA (I)          C. BIONDI (I)          SUBARU Impreza                           43:56.9

39      P. BIOLGHINI (I)          S. GIRELLI (I)          SUBARU Impreza                           44:41.3

40      M. KAHLFUSS (D)          R. BAUER (D)          MITSUBISHI Lancer EVO VIII          44:54.8

41      G. BACCO (I)          S. CUNEO (I)          SUBARU Impreza                           47:15.1

42      T. PILERI (I)          M. PILI (I)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          48:43.2

43      G. SCHAMMEL (LUX) R. JAMOUL (B)          CITRÖEN C2        48:44.0

44      M. KOSCIUSZKO (PL)    M. SZCZEPANIAK (PL)          RENAULT Clio Super  1600          51:17.7

45      M. KOMLJENOVIC (SER)          A. JEREMIC (SER)          RENAULT Clio R3                54:00.2

46      G. MOGAVERO (I)          M. ARCIDIACONO (I)          SUBARU Impreza                           56:32.2

47      A. CORTINOVIS (I)       F. ZANELLA (I)          RENAULT Clio Super 1600          56:39.5

48      F. TREVISIN (I)          F. COZZULA (I)          SUBARU Impreza                           56:58.1

49      E. AKSAKOV (RUS) A. AKSAKOV (RUS)          SUBARU Impreza                           57:26.6

50      E. DIONISIO (I)          D. MICHI (I)          SUBARU Impreza                           57:34.3

51      F. CASTEGNARO (I)       R. FRASCHIA (I)          SUBARU Impreza                           59:58.1

52      S. HUGHES (GB)          C. MOLE (GB)          FORD Fiesta ST                01:10.8

53      R. AUQUIER (B)          C. PIROTTE (B)          CITRÖEN C2 Super 1600          03:41.6

54      E. PITALIS (I)          M. CRABUZZA (I)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          VI          04:34.4

55      G. BARBATI (ITA)          F. CADORE (ITA)          FORD Fiesta ST                05:04.4

56      L. PETROCCO (I)          A. SAVINI (I)          SUBARU Impreza                           09:10.4

57      S. BENONI (I)          E. CANTONI (I)          CITRÖEN C2 Super 1600          12:00.9

58      M. KOLMAN (NL)          J. VON DEN HENWEL (NL)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          12:19.6

59      F. MONTANARI (I)       C. CORSO (I)          SUBARU Impreza                           12:31.6

60      E. WEISS (D)          M. MORRISSEY (IRL)          RENAULT Clio                         16:26.0

61      ". DEDO " (I)          M. DADDOVERI (I)          SUBARU Impreza                           18:35.2

62      G. VALENTE (I)          A. PALANO (I)          SUBARU Impreza                           19:07.0

63      F. PISTIS (I)          S. MURTAS (I)          SUBARU Impreza                           23:01.6

64      V. BARANAUSKAS (LT) G. CELIESIUS (LT)    FORD  Fiesta  ST                24:37.2

65      R. ERRANI (I)          S. CASADIO (I)          MITSUBISHI Lancer EVO IX          41:10.3

66      G. PRANZONI (I)          P. PRANZONI (I)          OPEL  Astra  OPC             47:25.0

67      G. MELA (I)          G. MELA (I)          CITROEN  Saxo                       08:15.7

 

[2007/05/23 00:13] WRC | TB(0) | CM(0)

【JRCAメディアリリース】 結果速報 全日本ラリー選手権第3戦 KYOTO南丹ラリー2007inひよし 

全日本ラリー選手権第3戦
KYOTO南丹ラリー2007inひよし
5月18~20日/京都府南丹市日吉町周辺
天候 曇り時々雨
路面 ターマック
ラリー総距離=約380km
スペシャルステージ=17本約70km


nantan2007.jpg

石田正史/宮城孝仁ランサーが2004年以来の全日本優勝


5月18~20日に京都府南丹市日吉町周辺において、全日本ラリー選手権第3戦・KYOTO南丹ラリー2007inひよしが開催された。
同ラリーは日吉ダム周辺のターマックステージが好評を博しており、府民の森に設置されるギャラリーステージには大勢の観客が訪れている。
今年は天候に恵まれず観客の出足が鈍かったものの、2日間のべ1400人のラリーファンが、全日本選手の走りを楽しんだ。


今回は、これまで開幕2連勝を果たしているターマック・キング勝田範彦(インプレッサ)の連勝記録が伸びるのか? 
はたまた誰が阻止するのかが注目された。
ラリー当日は雨で、5月とは思えないほどの寒さ。
このためラリーコースは非常に滑りやすい状態になっており、ワンミスが明暗を分けることが予想された。
ラリーが始まって最初のステージで勝田がスピンして15秒のタイムロス、13番手と大きく出遅れてしまった。
さらに打倒・勝田の最右翼、06年チャンピオンの奴田原文雄/小田切順之(ランサー)も序盤は好走を見せるもSS7でクラッシュから順位を落としてしまう。
この二人の脱落でラリーリーダーとなったのが石田正史/宮城孝仁(ランサー)。
これを2戦連続2位の北村和浩/山口顕子(インプレッサ)が追う展開となった。
だが、今度は北村のマシンにトラブルが出始め、必死に挽回を図ってきた勝田が北村を捕らえて2位に浮上。
石田が一歩リードする形で初日を終えた。


2日目に入ると、勝田と北村の好バトルが見られたものの、石田との差は一向に縮まらない。
結局石田が逃げ切って、2004年以来の全日本優勝、そして自身初となるターマックでの優勝を果たした。


次戦のMSCC東京ラリーは今シーズン初のグラベルイベント。
後がない奴田原がどんな走りを見せるのか、復調した石田が好調を維持するのか?
安定感を増した勝田がグラベルでどんな戦いぶりを見せるのかが楽しみだ。
第4戦は6月2~3日に、福島県棚倉町周辺で開催される。


総合 クラス ドライバー/コドライバー マシン タイム
順位 順位
 1    JN4-1  石田 正史/宮城 孝仁  DL テイン マルシェ ランサー 49:15.1
 2    JN4-2  勝田 範彦/北田  稔  スバルラリーチームジャパン・インプレッサ 49:20.9
 3    JN4-3  北村 和浩/山口 顕子  アーレスティDL・KYBインプレッサ 49:26.3
 4    JN4-4  福永  修/奥村 久継  オサムCLダンロップCMSCランサー 49:51.2
 5    JN4-5  松岡 孝典/木村 裕介  ニシオガレージDLインプレッサ 50:17.0
 6    JN4-6  松井 孝夫/佐藤 忠宜  アドバンPIAAKYBランサー 50:21.3
 7    JN4-7  堀田  信/浦野 昭美  DLBRIGオサムランサー 50:42.3
 8    JN4-8  奴田原文雄/小田切順之  ADVAN-PIAAランサー 50:51.1
 9    JN4-9  大庭 誠介/晝田 満彦  REPSOL・ADVANランサー 51:01.7
10    JN4-10 高山  仁/河野 洋志  YKRNランサー☆プロDオサム 51:36.5


注)クラス区分の説明:JN4クラスは2000ccを超える車両、JN3は1600ccを超え2000cc
以下の車両、JN2は1400ccを超え1600cc以下の車両、JN1クラスは1400cc以下の車両。


写真および文は、JRCAより提供


【日記】
この、KYOTO南丹ラリーにMASCクラブ員9名および他のクラブとの共同でギャラリーステージのTC~STOPの計時役員を担当しました。
私は、そのステージのステージコマンダーの大役を仰せつかりました。
今回、ギャラリーステージは、SS3,6,8,12,15と2日間で5回 それに TC0、サービスOUT、セレモニアルフィニッシュまで受け持ちました。


当MASCクラブ員は、新城ラリーで大勢のギャラリーの前での作業は慣れたもので、皆さんテキパキと任務を遂行できました。
特に、タイヤが冷えた上に雨で路面がウエットかつ泥付タイヤであったため、1コーナーでブレーキングミスから、コースアウトしたりスピンした競技車が続出しましたが、競技車は1分も止めることなく進行でき、ひとまず一安心です。5月というのに気温10℃、競技中に限って小雨がパラついた中でのオフィシャル活動でした、皆様本当にお疲れ様でした。


[2007/05/22 01:13] 全日本ラリー | TB(0) | CM(0)

門前モータースポーツ公園 6月に再開 

以前、このブログでも書きましたが、能登半島地震の影響で中部地区屈指のダートトライアル場「門前モータースポーツ公園」のイベントが、6月に再開されるというニュースが入って来ました。


それに伴い、6月10日のTOMBO、7月22日MRT-金沢 主催のダートトライアルが、当初の予定通りに開催されそうで、ひとまず安心しました。


なお、JMRC中部で募集しておりました「能登半島地震」災害義援金は、5月7日に締め切られ5月10日に、JMRC中部より集まりました1,880,145円が輪島市に寄付されました。


贈呈の模様は、JMRC中部のHPで報告されています。
http://www.jmrc-chubu.gr.jp/jmrc_data/2007/noto-zoutei20070515.html


また、義援金を寄付していただいた個人・団体名も併せて公表されています。
http://www.jmrc-chubu.gr.jp/jmrc_data/2007/NOTO-GIEN0419.html


[2007/05/16 21:10] モータースポーツ | TB(0) | CM(0)

‘07ラリー in 京丹後 特別規則書 

JMRC近畿より、
2007年JAF中部・近畿ラリー選手権 第2戦
2007年JMRC近畿ラリーチャンピオンシリーズ 第2戦
2007年JMRC近畿ラリージュニアシリーズ 第1戦


‘07ラリー in 京丹後 の特別規則書 および インフォメーションの連絡がありましたのでお知らせします。なお、インターネットによる申し込みの方法もあるようです。お急ぎの方は、利用されては如何でしょうか?


‘07ラリー in 京丹後 特別規則書
http://www.h6.dion.ne.jp/~s11/kisokusyo2007white.pdf


‘07ラリー in 京丹後 インフォメーション
http://www.h6.dion.ne.jp/~s11/info2007white.pdf


JMRC近畿2007年ラリー共通規則書(PDF形式)
http://www.h6.dion.ne.jp/~s11/2007kisokusyo.pdf


2007年JMRC近畿ラリーシリーズ規定
http://www.h6.dion.ne.jp/~s11/2007kitei.pdf


JMRC中部2007年ラリー共通規則書(PDF形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/jmrc2007rallykyotsu.pdf


2007年ラリー車両規定
http://kometani.blog85.fc2.com/blog-entry-49.html


※JMRC近畿2007年ラリー参加申込書(PDF形式)
http://www.h6.dion.ne.jp/~s11/entryform_rally_2007omote.pdf


※JMRC近畿2007年ラリー参加申込書(MS-EXCEL形式)
http://www.h6.dion.ne.jp/~s11/entryform_rally_2007omote.xls


※JMRC近畿2007年改造申告書(PDF形式)
http://www.h6.dion.ne.jp/~s11/entryform_rally_2007ura.pdf


※JMRC近畿2007年改造申告書(MS-EXCEL形式)
http://www.h6.dion.ne.jp/~s11/entryform_rally_2007ura.xls

※参加申込書の裏面が車両申告書となっておりますので、プリントアウトする際、両面に印刷してご使用下さい。なお、申し合わせによりJMRC中部様式の申込書の使用も可能です。


2007年JAF中部近畿ラリー選手権 第2戦
2007年JMRC近畿ラリーチャンピオンシリーズ 第2戦
2007年JMRC近畿ラリージュニアシリーズ 第1戦


‘07ラリー in 京丹後
《 特 別 規 則 書 》
JAF公認準国内競技


公示


本競技会は、国際自動車連盟(FIA)の国際モータースポーツ競技規則、ならびにそれに準じた日本自動車連盟(JAF)の国内競技規則、附則、2007年JMRC近畿ラリー共通規則及び本競技会特別規則書に従ってJAF公認競技として開催される。本競技会は交通法規の遵守と安全運転を基本理念とし、スポーツマンシップに基づいて、交通道徳の向上、運転技術の習得を目的にホワイトオートクラブ及びCMSC大阪主催により開催される。


第1条 競技会の名称
2007年JAF中部・近畿ラリー選手権 第2戦
2007年JMRC近畿ラリーチャンピオンシリーズ 第2戦
2007年JMRC近畿ラリージュニアシリーズ 第1戦
‘07ラリー in 京丹後


第2条 競技種目
ラリー(四輪自動車によるリライアビリティーラン)


第3条 競技会の格式
JAF公認準国内競技 公認番号2007-3305号


第4条 開催日程
2007年6月2日(土)~3日(日)


第5条 開催場所及び競技距離
京丹後市あじわいの郷をスタートしスイス村をゴールとする
*JAF中部・近畿ラリー選手権 及び
JMRC近畿ラリーチャンピオンシリーズ 約230km
*JMRC近畿ラリージュニアシリーズ 約170km


第6条 競技内容
第2種アベレージラリー
指示速度区間:有り
遅着を想定した設定:有
タイムトライアル区間:有り
JAF中部近畿ラリー選手権及び
JMRC近畿ラリーチャンピオンシリーズ(オールターマック約34km)
JMRC近畿ラリージュニアシリーズ (オールターマック約20km)
レッキ:有り 第1ステージとして競技に含む


第7条 オーガナイザー
JAF加盟クラブ ホワイトオートクラブ(WHITE)              代表者 田岡 一浩
JAF加盟クラブ コルトモータースポーツクラブ大阪(CMSC大阪)  代表者 岩下 利勝


第8条 大会役員
大会顧問    中山 泰(京丹後市長)
大会会長    田端 年規 大会副会長 田岡 一浩
組織委員長  梅津 祐実
組織委員    小牧 靖昌
組織委員    川村 康和


第9条 競技役員
審査委員長   鈴木 規生 (JMRC近畿派遣)
審査委員    鳥居 昭夫 (JMRC中部派遣)
審査委員    狭間 繁信 (MFC-C)
競技長      岩下 利勝    副競技長      川村 康和
コース委員長  樋口 宏      副コース委員長  笹岡 聰憲
計時委員長   上坂 徹      副計時委員長   宮沢 早苗
技術委員長   福島 末佳     副技術委員長   北田 充宏
事務局長    中川 貴央     事務局次長     宮沢 早苗
救急委員長   矢本 裕之    サービス管理者   中川 貴央


第10条 参加申込場所および参加費用
下記事項を確認のうえ、第14条,第39条に従って申し込むこと。
1. 参加申込先及び問い合わせ先
①参加申込先(大会事務局)
〒534-0002大阪市都島区大東町2-11-20
岩下 早苗 TEL&FAX06-6928-6566
(21時以降のTEL はご遠慮下さい)
②申込方法
*現金書留 …上記申込先へ
*インターネット…参加申込は、http://www4.plala.or.jp/cmscosaka の「イベント」をご確認のうえお申し込みください。
③問い合わせ先
岩下 利勝 e-mail【bottomup@imail.plala.or.jp
携帯TEL 090-2110-5908
2. 参加申込受付期間
2007年5月11日(金)~5月25日(金)
3. 提出書類
①JAF公認ラリー参加申込書(JMRC 中部、又はJMRC 近畿統一様式)
車両申告書
②任意保険に関する書類(第11 条参照)
③サービス登録用紙(第39 条3 項参照)
4. 参加料
1クルー :中部・近畿ラリー選手権及び
JMRC近畿チャンピオンシリーズ    40,000円
チャレンジ部門               35,000円
JMRC近畿ジュニアシリーズ      30,000円
サービス登録費用は必要ありません。
但しサービス員が宿泊する場合につき1名あたり5,000円(風呂、朝食を含む)が必要です。


第11条 競技会有効任意保険料
1.競技参加者は、本競技会に有効な 対人5,000万円以上・対物200万円以上(免責10万円以下)・搭乗者500万円 以上の任意保険に加入しなければならない。
2.任意保険未加入の者は参加申込時に別紙保険申込書、保険料と参加車両の車検証 写しを必ず同封す
る事。(別紙インフォメーション参照)
3.本競技会に有効な任意保険に加入済みの競技参加者は、保険証書または保険の加入を証明できる書類の写しを必ず同封すること。


第12条 競技スケジュール
受付 6月2日(土)     13:00~14:30
公式車輌検査 〃      13:30~16:00
ビギナーズブリーフィング 16:10~16:30
ドライバーズブリーフィング 〃  16:30~17:00
スタート(1号車) 〃     18:01
ゴール( 1 号車)  6月3日(日) 5:00頃
表彰式 〃           8:00(予定)


第13条 賞典 (参加台数により賞典の制限を行なう場合がある。)
①選手権部門・チャンピオン部門
DE-A・DE-B・DE-C・DE-D →各クラス共通 :1位~3位 JAFメダル 盾 副賞
4位~6位 盾 副賞
②チャレンジ部門
チャレンジA・チャレンジB・チャレンジC →各クラス共通 :1位 盾 副賞
③ジュニア部門
JA・JB・JC →各クラス共通 :1位~3位 JAFメダル 盾 副賞


第16条 参加車輌
8.ジュニア部門への参加車両についても安全上の観点から、6点上のスチール製ロールケージを装着していること。


第17条 参加台数
総参加台数60台までとする。


第30条 減 点
3.JAF中部近畿ラリー選手権及びJMRC近畿ラリーチャンピオンシリーズ参加のクルーは、第1ステージのみ各CP1分につき1点の減点とする。


第31条 採 点
2.コントロールシートの提出時間は、各ステージ最終CP通過後30分以内とする。この場合、CPカードの記載時間を基準とし、分計時(秒切捨て)で受付提出時間を計測する。


第40条 燃料、給油
4. 競技中の指定給油所では、理由のいかんを問わず全車満タン給油とする。
第44条 遵守事項
11.住民トラブル及び林道の破損を防止するため、京丹後市での練習走行及び一般車による下見等を一切禁止する。役員及び住民により発見、通報があった場合、その登録クラブ全員の参加拒否又は出走拒否処分とする。


以 上


[2007/05/16 16:35] JAF/JMRC | TB(0) | CM(0)

ANDテクニカルツアー2007 特別規則書  

2007年JAF中部・近畿ラリー選手権 第3戦 & 2007年JMRC中部ラリーチャンピオンシリーズ 第1戦 ANDテクニカルツアー2007 の特別規則書が、主催者より送られて来ましたので、公開いたします。
なお、本文は草案につき、変更される場合もありますので、詳しくは主催者に直接お問い合わせください。


特別規則書


公示


本競技会は、FIAの国際モータースポーツ競技規則ならびにそれに準拠した日本自動車連盟(JAF)の国内競技規則、JMRC中部、近畿統一共通規則、および本競技会特別規則書に従って開催される。


第1条 競技会の名称
2007年JAF中部・近畿ラリー選手権第3戦
2007年JMRC中部ラリーチャンピオンシリーズ第1戦
ANDテクニカルツアー2007 


第2条 競技会の種目
4輪自動車によるタイムラリー


第3条 競技格式
準国内  公認No.2007-2302号


第4条 開催日程
2007年6月23日~24日


第5条 開催地および競技距離
富山県内約200km (タイムトライアル約42km ) 


第6条 競技内容
(1)第2種アべレージラリー
(2)指示速度走行区間   無し
(3)スペシャルステージ  有り(ターマック)
(4)競技距離 総走行距離 約200km  SS 約42Km
(5)レッキ  有り 6月23日(土)pm1:00~5:00(任意参加2,000円)


第7条 オーガナイザー名及び住所
エースナビゲーターアンドドライバーズ(AND) 富山県砺波市矢木71 


第8条 大会役員
審査委員長  長坂 眞澄
審査委員   田 浩一
組織委員長  今井 克彦
組織委員   根尾 貞克


第9条   競技役員  
競技長     野村 公成   副  山田 義之
コース委員長 野村 長    副  成瀬 克巳
計時委員長  吉田 昌史   副  村岡 剛至
技術委員長  萩沢 克己   副  山崎 清孝
事務局長   根尾 貞克   副  三橋 準


第10条 参加車両
RN,RJ,RB車両


第11条 参加資格
( 1 ) 2007年JAF発給の国内競技運転者許可証B級以上を所持していること。
( 2 ) JMRC中部・近畿加盟のクラブ員であり、かつ各クラブ代表者が責任を持てる者であること。但し、参加台数に余裕がある場合は他地域からの参加を妨げない。
( 3 ) 所属する地域クラブの共済会に加入していること。
( 4 ) 1チーム2名限定とする。
( 5 ) 正副ドライバーは、当該車両を運転するに有効な運転免許証を取得しており、参加申込み締切時点で満20歳以上の者。


第12条 クラス区分  次のクラスを設定する。
Aクラス:気筒容積1400cc 以下の車両
Bクラス:気筒容積1400cc を超え1600cc 以下の車両
Cクラス:気筒容積1600cc を超え3000cc 以下の車両
Dクラス:気筒容積3000cc を超える車両


第13条 参加台数  各クラス合計で60台に制限する。


第14条 参加料   1台 45,000円(会場施設利用及び朝食を含む)
             サービス員1名 2,000円(当日会場にて受付。施設利用、朝食付き)
             *施設利用、朝食なしは無料
             サービスカー 無料


第15条 保険の加入  ラリー競技に有効な対人賠償保険に加入していること


第16条 受付期間   2007年6月1日~6月13日必着


第17条 参加申し込み先及び問い合わせ先
〒939-1317 富山県砺波市矢木71
AND事務局  担当:根尾 Tel 090-3295-5413  fax 0763-32-3897
e-mail   and@ninus.ocn.ne.jp


第18条 タイムスケジュール
受付       6月23日 pm5:00 ~ 6:00 
車検              pm5:30 ~ 7:00 
ブリーフィング        pm7:10 ~ 7:40 
1号車スタート        pm8:01 
1号車ゴール予定 24日 am3:30 
表彰式予定     24日 am8:00 ~


第19条 賞典
各クラス 1位~3位 JAFメダル
各クラス 1位~6位 トロフィー、副賞
但し、各クラス参加台数の50%を超えない程度にする。


第20条 付則
( 1 ) 本特別規則書に記載されない競技に関する細則は、国内競技規則、国際モータースポーツ競技規則ならびにJMRC 中部及び近畿統一規則に従って開催される。
( 2 ) 規則及び競技に関する諸規則の解釈に疑義が生じた場合は競技会審査委員会の決定を最終とする。
( 3 ) 採点シート提出が指定時間を超えた時はペナルティーを科す。
( 4 ) 各自採点に誤りがあった場合、正しい減点に訂正したあとペナルティーを科す。
( 5 ) サービスの際には競技車の下にシートを敷く事を義務つける。違反をした場合はペナルティーを科す。
( 6 ) ペナルティーは 1件につき100点とする。  
( 7 ) すべての乗員および競技参加者は 必ずブリーフイングに出席し、出席表に署名すること。


大会組織委員会


関連会場案内
【受付(23日17時~)/車検/ドライバーズブリーフィング/スタート(20時~)会場】
高岡問屋センター 
富山県高岡市問屋町65番地
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E137.1.41.3N36.43.35.4&ZM=12


【レッキ受付場所(23日12時~)/サービス会場】
氷見市ふれあいスポーツセンター駐車場 http://www7b.biglobe.ne.jp/~fureaisc/
富山県氷見市鞍川43番地1
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E136.58.39.8N36.50.52.9&ZM=11


【ゴール/表彰式会場(24日午前)】
とやま・ふくおか家族旅行村
富山県高岡市福岡町五位57-2
TEL:0766-65-1177 FAX:0766-65-1178
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E136.52.52.5N36.45.31.0&ZM=10


その他の資料
特別規則書ダウンロード用 (07.6.10更新)


インフォメーション (07.6.10更新)


レッキ申込書 (07.6.10更新)


サービス申込書 (07.6.11追加)


JMRC中部2007年ラリー共通規則書(PDF形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/jmrc2007rallykyotsu.pdf


JMRC近畿2007年ラリー共通規則書(PDF形式)
http://www.h6.dion.ne.jp/~s11/2007kisokusyo.pdf


JMRC中部2007年ラリーシリーズ戦規定(PDF形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/jmrc2007rallyseries.pdf


2007年ラリー車両規定
http://kometani.blog85.fc2.com/blog-entry-49.html


JMRC中部ラリーカレンダー
http://www.jmrc-chubu.gr.jp/Rally/calender/rallycalend.html


JMRC中部2007年ラリー参加申込書(PDF形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/2007rallymoushikomi.pdf


JMRC中部2007年ラリー参加申込書(MS-EXCEL形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/2007rallymoushikomi.xls


JMRC中部2007年改造申告書(PDF形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/2007rallykaizo.pdf


JMRC中部2007年改造申告書(MS-EXCEL形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/2007rallykaizo.xls


 


[2007/05/15 00:13] JAF/JMRC | TB(0) | CM(0)

APRC 第2戦 ラリー・オブ・ワンガレイ (NZ) 

5月13日、ニュージーランドで開催されたFIAアジアパシフィックラリー選手権 第2戦 ラリー・オブ・ワンガレイ が閉幕した。


このラリーには、APRC登録チームの中でも、MRFチームの田口勝彦選手が参加を見送った為、APRC登録の日本人は、CUSCOレーシングチームの柳澤宏至選手と今回より参加のパリダカで有名な池町佳生選手がエントリーして来た。


ニュージーランドは気候が日本とよく似ており、英語も通じる上に日本と同じ左側通行であることから、日本からスポットで参加する選手は多く、その他にも5組の日本人エントラントが参加した。


私も以前NZラリーを観戦したこともあるが、今回のラリー・オブ・ワンガレイは、その時のレグ1のコースと同じニュージーランド最大の都市オークランドから約100km北側のエリアが舞台となっている。
NZのラリーの特徴といえば、日本の林道のようなコースとは違い、普段一般車が普通に通行する町と町を結ぶ一般道(日本で言うと町道のような道)をSSに使うことが多く、グラベル路面とはいえアベレージが非常に高いうえ、水はけを良くするため、かまぼこ状に中央部が高く路側が低くなっているうえ、浮き砂利が多いので、油断をすると高速でコースアウトしてしまうことが多い。


柳澤選手は、NZでの経験は多く、慎重に走りきり4位を獲得した。池町選手も、14位で完走した。


実は、今回個人的にもうひとつ気になっていることがあった。先日、スバルワールドラリーチームでクリス・アトキンソンとのコンビを解消した、日本でもおなじみのオーストラリア人コ・ドライバーのグレン・マクニール選手が、NZの美人ドライバー エマ・ギルモア選手とラリーに復帰したことだ。公式発表では、ビジネス上の都合という理由であったが、今後グレンはNZに根を下ろすことになるのか、今後の動向が注目される。


APRC Rd.2 Hella International Rally of Whangarei 2007.5.12-13
Pos.  Driver  Co-Driver  Vehicle   Cls.  Total time /Diff from top
1 . Hayden PADDON ( NZ ) / John KENNARD ( NZ ) < Mitsubishi Lancer EVO 8 / N4 > 52:09.0 / ****
2 . Cody CROCKER ( AUS ) / Ben ATKINSON ( AUS ) < Subaru Impreza WRX / N4 > 52:33.4 / +0:24.4
3 . Sam MURRAY ( NZ ) / Rob RYAN ( NZ ) < Subaru Impreza WRX / N4 > 53:03.9 / +0:54.9
4 . Hiroshi YANAGISAWA ( JP ) / Tadashi MISAIZU ( JP ) < Subaru Impreza WRX / N4 > 55:16.4 / +3:07.4
5 . Stewart TAYLOR ( NZ ) / Warwick SEARLE ( NZ ) < Mitsubishi Lancer EVO 9 / N4 > 55:22.3 / +3:13.3
6 . Nathan THOMAS ( NZ ) / Richard KELLY ( NZ ) < Mitsubishi Lancer EVO 7 / N4 > 55:39.3 / +3:30.3
7 . Callum McINNES ( NZ ) / Linda LOUGHLIN ( NZ ) < Subaru Impreza WRX / N4 > 56:38.1 / +4:29.1
8 . Rifat SUNGKAR ( RI ) / Herkusuma MOHAMAD ( RI ) < Subaru Impreza WRX / N4 > 02:09.0 / +10:00.0
9 . Jean-Louis LEYRAUD ( F ) / Bill HAYES ( AUS ) < Subaru Impreza WRX / N4 > 02:25.6 / +10:16.6
10 . Brian GREEN ( NZ ) / Fleur PEDERSEN ( NZ ) < Mitsubishi Lancer EVO 9 / N4 > 04:32.1 / +12:23.1
11 . Andrew PHILLIPS ( WR ) / Joe PARSONS ( WR ) < Subaru Impreza WRX / CE > 04:47.1 / +12:38.1
12 . Anton MEIER ( CB ) / Dave DEVONPORT ( HN ) < Subaru Impreza WRX / CD > 04:51.1 / +12:42.1
13 . Lindsay MEREDITH ( OHA ) / Philip MOORE ( HN ) < Mitsubishi Lancer EVO 1 / CE > 05:08.4 / +12:59.4
14 . Yoshio IKEMACHI ( JP ) / Vivek SAMY ( AUS ) < Subaru Impreza WRX / N4 > 05:33.1 / +13:24.1
15 . Patrick YANAI ( F ) / Dominique YANAI ( F ) < Mitsubishi Lancer EVO 8 / N4 > 06:39.4 / +14:30.4
16 . Brendon OAKDEN ( WR ) / Bryan PIPE ( WKU ) < Subaru Impreza WRX / CE > 06:45.4 / +14:36.4
17 . Kayne BARRIE ( NZ ) / Jayson STRINGER ( NZ ) < Ford Fiesta ST / N3 > 07:47.2 / +15:38.2
18 . Atsushi KITANO ( PUK ) / Greg MORGAN ( NA ) < Mitsubishi Lancer EVO 5 / CD > 08:00.7 / +15:51.7
19 . Masahiro NAKAJIMA ( JP ) / Takayuki NUMAO ( JP ) < Subaru Impreza WRX / N4 > 08:09.9 / +16:00.9
20 . Dave STRONG ( AK ) / Bruce McKENZIE ( PAE ) < Honda Civic Type R / K2 > 09:17.0 / +17:08.0
21 . Robert SEARLE ( WR ) / Natasha OAKDEN ( WR ) < Subaru Impreza WRX / CD > 09:44.0 / +17:35.0
22 . Scott OGLE ( WR ) / Todd OGLE ( WR ) < Nissan Sunny GTi / CC > 10:31.2 / +18:22.2
23 . Andrew KEIGHLEY ( AK ) / Jonathan KANE ( AK ) < Honda CRX / K2 > 10:55.8 / +18:46.8
24 . Simon BELL ( AK ) / Warwick MARTIN ( AK ) < Subaru Legacy / CE > 11:40.7 / +19:31.7
25 . Dougal TAYLOR ( AK ) / Gareth TAYLOR ( WFD ) < Subaru Impreza WRX / CE > 12:03.3 / +19:54.3
26 . Piran PIGNEGUY ( WN ) / Steve WALKER ( WN ) < Mitsubishi Lancer EVO 6.5 / CD > 16:10.4 / +24:01.4
27 . Naren KUMAR ( IND ) / Dorairaj RAMKUMAR ( IND ) < Mitsubishi Lancer EVO 9 / N4 > 16:14.5 / +24:05.5
28 . Sloan COX ( RO ) / Tarryn COX ( RO ) < Mitsubishi Lancer EVO 8 / CD > 16:15.6 / +24:06.6
29 . Dermott MALLEY ( NZ ) / Linzi MALLEY ( NZ ) < Ford Fiesta ST / N3 > 21:04.0 / +28:55.0
30 . Toyoaki YAMAUCHI ( JP ) / Paul HINTON ( PUK ) < Honda Integra / CC > 26:44.5 / +34:35.5
31 . Yoshihiro MASUDA ( JP ) / Yasuyuki SASAKI ( JP ) < Honda Civic EK4 / A6 > 36:27.9 / +44:18.9
32 . Cheyne BOOTH ( PKU ) / Graeme PAGE ( HUN ) < Suzuki Ignis / K2 > 38:29.3 / +46:20.3
33 . Kingsley THOMPSON ( KC ) / Chris RAMSAY ( HN ) < Mitsubishi Lancer EVO 4 / CD > 00:14.0 / +1:08:05.0


[2007/05/13 18:54] ローカルラリー | TB(0) | CM(1)

JMRC中部ラリーターマックシリーズ 第1戦 2007マイルドラリー 

お待たせしておりましたが、JMRC中部ラリー ターマックシリーズ第1戦 2007マイルドラリーの特別規則書(草案)が主催者より送られて参りましたので、お知らせします。


なお、一部の方はご存知かと思いますが、今年のマイルドラリーは事情により、主催者がラリーチームニシ(RTN)となりました。


開催場所(エリア)は、昨年のマイルドラリーとほぼ同じです。


競技の内容は、オール舗装の全区間オンタイム可能のアベレージラリーです。
今年から、クローズド格式となりインターライセンス資格者も出場可能です。


参加車両は、F車両(ナンバー付きなら何でもOK)でも出場可能で、ロールバー、4点式シートベルトがなくてもOKです。


また、ラリー講習会も実施予定で、B級ライセンスを持っておられない方も出場でき、ラリーで完走するとB級ライセンスが取得できます。(ドラ・ナビ共)


もし、B級ライセンス取得を検討されている方は、この機会にラリーを楽しみながらB級ライセンスを取得されてみては如何でしょうか?
さらに、B級ライセンス取得と同時に、B3級公認審判員ライセンスも取得できます。


【特別規則書抜粋】
第1条 競技会の名称
JMRC中部ラリーターマックシリーズ 第1戦 2007マイルドラリー


第2条 競技種目
四輪自動車による、タイムラリー(第1種アベレージラリー)


第3条 競技格式
JAF公認 クローズド競技


第4条 開催日程
6月9日(土)~10日(日)


第5条 開催地及び距離
岐阜県内、約140KM


第6条 競技内容
*オール舗装路の初級ラリー
*交通規則を遵守した計算ラリー


第7条 オーガナイザー
ラリーチームニシ(RTN)


第10条 参加車両
参加車両は、JAF国内競技規則第2編ラリー車両規定に従ったRN車両、RJ車両またはF車両(ロールバーの装着は任意とする)
1. JAF中部地域クラブ協議会発行の中部ラリー共通規則を満足している事。
2. 非常用停止表示板(三角)2枚、非常用信号灯、赤色灯、牽引用ロープ、救急薬品、ラリー車両規定に定められている2.0kg 以上の消火器を搭載、装置する事。ヘルメットは不要。


第12条 クラス区分
クラス区分は設けない。


第14条 参加料
24,000円 (JMRC中部所属クラブに所属している方)
29,000円 (JMRC中部所属クラブに所属していない方)


第16条 受付開始と締め切り日
2007年5月15日~5月29日(必着)


第17条 参加申込先及び問い合わせ先
〒462-0012  名古屋市北区楠1―110 ウィニングラン内 増井 伸裕
TEL・FAX 052-902-4600 携帯 090-3425-8647(AM10:30~PM6:40)


第18条 タイムスケジュール
受付  18:30~19:30
車検  18:40~19:40
ドライバーズミーティング   20:40~
1号車スタート      22:01~


2007.5.12 特別規則書一部改訂しました
JMRC中部ラリーターマックシリーズ 第1戦 2007マイルドラリー特別規則書草案[改訂1]

(PDF形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/mild2007tokki-ver1.pdf


インフォメーション(PDF形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/mild-info.pdf


JMRC中部2007年ラリー共通規則書(PDF形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/jmrc2007rallykyotsu.pdf


JMRC中部2007年ラリーシリーズ戦規定(PDF形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/jmrc2007rallyseries.pdf


2007年ラリー車両規定
http://kometani.blog85.fc2.com/blog-entry-49.html


JMRC中部ラリーカレンダー
http://www.jmrc-chubu.gr.jp/Rally/calender/rallycalend.html


JMRC中部2007年ラリー参加申込書(PDF形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/2007rallymoushikomi.pdf


JMRC中部2007年ラリー参加申込書(MS-EXCEL形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/2007rallymoushikomi.xls


JMRC中部2007年改造申告書(PDF形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/2007rallykaizo.pdf


JMRC中部2007年改造申告書(MS-EXCEL形式)
http://www.geocities.jp/office_okidoki/rally/2007rallykaizo.xls



[2007/05/11 00:33] JAF/JMRC | TB(0) | CM(0)

ラリーアルゼンチン結果 

 ラリーアルゼンチンが5月6日閉幕した。


 4月30日、愛媛県で開催された全日本ラリー第2戦久万高原ラリーで総合優勝を飾った勝田範彦君がラリーの表彰式もそこそこに、アルゼンチン北部の中心都市コルドバに向かった。


 彼が、アルゼンチンに向かったのはWRCに出場する訳ではなく、彼の会社の重要な提携先がアルゼンチンにあり、その会社での技術研修が目的で、社長であり父であり、またモンテカルロオートスポーツクラブの会長の勝田照夫氏と共に、たまたまWRCが開催されているコルドバに出張したのです。


 ところが、範彦君が30日に日本を立つ際、もう一つ重要な役目を背負っていました。
実は、PWRCに出場する新井選手が、一足早くアルゼンチン入りしたのですが、なんと到着空港でバゲッジが出てこなかったのです。そこには、重要なレーシングスーツが入っていたとのこと。
しかし、レーシングスーツは直ぐに調達できないので、新井選手のチームメイトで、たまたまアルゼンチンに出張する範彦君に連絡が入り、急遽範彦君が届けることになりました。彼はこの大事なレーシングスーツを30時間ひざに抱えて(トランクに入れると無くなるかもしれないので)地球の裏側の新井選手のもとへ無事届けたとのことです。メデタシ・メデタシ。


 しかし、今度はレーシングスーツを受け取った新井選手自身が乗った飛行機がSS1のおこなわれたアルゼンチンの首都ブエノスアイレスから、SS2のあるコルドバに向かう(何とこのラリーSS1からSS2に向かうのに、選手は飛行機で、車はトラックで運ばれるそうです。)飛行機が、濃霧の為ブエノスアイレスに引き返し、長時間足止めを喰い、金曜日のSSが、夜のスーパーSS以外全てキャンセルされるという、前代未聞の事件に巻き込まれたのです。


 競技は、土曜日、日曜日の2日間に短縮されましたが、1位 ローブ、2位 グロンホルムで、スバルのペター・ソルベルグは、前半調子良かったけどリタイヤというお決まりのパターンに落ち着きました。


 PWRCは、範彦君が届けたレーシングスーツを身に着けた新井選手が総合10位、PWRC・2位に入る健闘をみせ、とうとう2007年のシリーズリーダーに躍り出た。
 一方、久万高原ラリーをパスしてPWRCに全力を傾けた奴田原選手は、2レグ(土曜日)で転倒し、3レグにスーパーラリーで再出走するも、燃料系のトラブルで結局リタイヤしてしまった。


 今回、初めてアルゼンチンラリーを見学した範彦君は、きっと選手として何かを掴んだに違いありません。今後の彼の走りが楽しみです。


2007年WRC第6戦、アルゼンチン・ラリーで、シトロエン、セバスチャン・ローブが優勝!(シトロエン・ジャポン)
http://www.citroen.co.jp/motorsports/2007/06.html


FORD WRC 2007 RESULTS(フォード公式サイト)
http://www.ford.co.jp/servlet/ContentServer?cid=1163397727518&pagename=Page&c=DFYPage


ラリー・アルゼンチン レグ3:クリス・アトキンソン、ポイント圏内の総合7位でフィニッシュ!(スバル・モータースポーツ)
http://www.subaru-msm.com/wrc2007/06/3.asp


波乱に富んだアルゼンチン、新井敏弘がP-WRC2位獲得でシリーズリーダーに(スバル・モータースポーツ)
http://www.subaru-msm.com/pwrc2007/03/3.html


三菱ランサーエボリューションのF・ヴィラグラがPWRC、グループN優勝(三菱自動車・モータースポーツ)
http://www.mitsubishi-motors.com/motorsports/j/07wrc/r06/index.html


波乱のアルゼンチン、新井敏弘選手は2位 ポイントランクで首位に浮上(新井敏弘オフィシャルサイト)
http://www.toshiarai.com/rally_report/2007/07_3_argentina/report_l3.html 
新井選手ブログ
http://ameblo.jp/toshiarai/


奴田原が行く(奴田原選手ブログ)
http://nutahara.cocolog-nifty.com/blog/


Rally Argentina 2007 Final Result 


Pos. Dr/Co-Dr CAR CLS Total time
1 LOEB / ELENA Citroën C4 A 8 2:52:03.8

2 GRÖNHOLM / RAUTIAINEN Ford Focus RS WRC 06 A 8 2:52:40.5

3 HIRVONEN / LEHTINEN Ford Focus RS WRC 06 A 8 2:54:19.0

4 LATVALA / ANTTILA Ford Focus RS WRC 06 A 8 2:55:46.8

5 SOLBERG / MENKERUD Ford Focus RS WRC 06 A 8 2:56:13.9

6 SORDO / MARTI Citroën C4 A 8 2:56:27.4

7 ATKINSON / PREVOT Subaru Impreza WRC 2007 A 8 2:56:47.2

8 STOHL / MINOR Citroën Xsara WRC A 8 2:57:24.0

9 VILLAGRA / CURLETTO Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:08:53.7

10 ARAI / SIRCOMBE Subaru Impresa N 4 3:09:03.0

11 HÄNNINEN / MAKKULA Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:09:21.9

12 RAIES / PEREZ COMPANC Ford Focus RS WRC 06 A 8 3:10:04.4

13 POZZO / STILLO Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:12:15.7

14 LIGATO / GARCÍA Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:13:32.9

15 BELTRÁN / ROJAS Mitsubishi Evo IX N 4 3:14:07.8

16 MCSHEA / NOBLE Subaru Impreza N 4 3:14:23.6

17 AIGNER / WICHA Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:15:02.6

18 MADERO / PIAZZANO Mitsubishi Evo IX N 4 3:16:05.5

19 RAUAM / KRAAG Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:16:59.5

20 MARTÍNEZ / MUSSANO Subaru Impreza STI N 4 3:18:50.9

21 JONES / PARRY Mitsubishi Lancer Evo IX N4 3:19:48.2

22 PASTRANA / EDSTROM Subaru Impreza WRX STI N 4 3:23:30.0

23 BERNARDI / CRETU Mitsubishi Evo IX N 4 3:25:08.7

24 DOROSINSKIY / EREMEEV Subaru Impreza WRX STI N 4 3:25:17.9

25 VOJTECH / ERNST Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:32:03.8

26 HAWKESWOOD / JUDD Mitsubishi Lancer Evo VII  A 8 3:35:36.9

27 ALONSO / ALLENDE Subaru Impreza WRX N 4 3:36:18.4

28 PEREZ COMPANC / VOLTA Ford Focus RS WRC 06 A 8 3:39:01.7

29 FLODIN / ANDERSSON Subaru Impreza N 4 3:39:38.3

30 WILSON / ORR Ford Focus RS WRC 06 A 8 3:40:41.8

31 DASSO / DELL OSO Subaru Impreza N 4 3:46:21.2

32 DAVID / BELDIE Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:51:02.6

33 PEREDO / BUSTOS Mitsubishi Lancer Evo IX N 4 3:53:11.9

34 DE LEÓN / DE LEÓN Subaru Impreza Spec C N 4 3:53:58.8

35 YAÑEZ / TULIAN Mitsubishi Evo VI  N 4 3:54:49.5

36 SHAW / ALLEN Mitsubishi Lancer Evo VII A 8 4:05:53.0

37 MACHINEA / MARONGIU Peugeot 206 RC N 3 4:06:22.9

38 BOTTAZZINI / DE LUCA Honda Civic VTI N 2 4:18:36.6

39 JÁUREGUI / FILIPPI Peugeot 206 A 6 4:28:18.0

40 PRACHT / CARRETTO Renault Clio Sport 2.0 16 V N 3 4:57:39.1

41 MORALES / QUEVEDO Fialt Palio N 2 5:09:33.6

[2007/05/08 00:55] WRC | TB(0) | CM(0)

皆様お疲れ様でした 

5月6日、JAF中部ダートトライアル選手権が、私の所属するMASCと静岡県のEATHさんの共催で愛知県豊田市(といっても長野県との県境)の池の平ワンダーランドで行われました。


詳細は、成績表も含めてMASCのホームページに掲載されていますので、そちらをごらんください。
http://homepage3.nifty.com/masc/  正式結果(PDF)


実はこのEATH/MASCダートトライアル、3年連続雨の中の開催となりました。
選手のみなさんも大変ですが、もっと大変なのが現場で働くクラブ員の皆さんです。


mascdirt1.jpg


今回特に、フィニッシュラインを担当したPOST5のメンバーは、頭から滝のような泥水をかぶりながら延べ170台の競技車の判定を担当しました。


私も、POST1を担当し、一日中雨の中立っており体が芯まで冷えてしまい、非常に寒かったです。思わず帰り道、稲武の「どんぐりの湯」で暖まって参りました。え~湯やった。


MASCのみなさん、本当にご苦労様。体に気をつけゆっくり疲れをとってください。


なお、この競技会でJMRC中部で呼びかけている能登半島地震災害義援金を募りましたが、多くの皆様からご協力を頂きましたことを、お礼申し上げます。
なお、募金された方でゼッケンを申告していただいた方は、JMRC中部のHPにお名前が掲載される予定です。


mascdirt2.jpg
能登半島地震災害義援金・・・ご協力ありがとうございました。


新城ラリー支援委員会の三崎純市氏から、写真投稿のお知らせがありましたのでお知らせします。


070051.gif


三崎さんの写真は、下記URL「私の PHOTO GALLERY」に掲載されています。
http://www.ajsport.net/gallery_pic/myphoto/2007/0510misaki/0510.html


[2007/05/07 06:28] モータースポーツ | TB(0) | CM(0)

今週は、WRC第6戦ラリー・アルゼンチン です 

日本でも、ようやくラリーシーズンが始まり、全日本ラリーなど各地で盛り上がってきましたが、海外でも1ヶ月のインターバルを挟み、舞台を南米大陸にある情熱の国アルゼンチンに移し、今週熱い戦いが繰り広げられます。


日本からもP-WRCに新井選手と奴田原選手が出場しますので、みんなで応援しましょう。


競技は、まだ始まっていませんが、事前広告ビデオがリリースされていましたのでご紹介します。


公式HP(英語バージョン)
http://www.rallyargentina.com/english/


Rally Argentina Preview Movie




エントリーリストは次のとおりで、P-WRC併催イベントにつに、三菱ランサー&スバルインプレッサも大量に出場しています。


WRC Rd.6 Rally Argentina Entry List

No     Dr.                                         Nat       Co-Dr                              Nat     Team         Car                                 Cls
1         S. LOEB                               F          D. ELENA                              MC      CITROEN TOTAL WRT           Citroën C4                             A8
2         D. SORDO                           E          M. MARTI                             E          CITROEN TOTAL WRT           Citroën C4                             A8
3         M. GRÖNHOLM                 FIN      T. RAUTIAINEN                   FIN     BP FORD WORLD RALLY TEAM           Ford Focus RS WRC 06        A8
4         M. HIRVONEN                   FIN      J. LEHTINEN                        FIN     BP FORD WORLD RALLY TEAM           Ford Focus RS WRC 06        A8
5         M. STOHL                           A          I. MINOR                              A         OMV KRONOS CITROEN WRT           Citroën Xsara WRC               A8
7         P. SOLBERG                        N         P. MILLS                               GB       SUBARU WORLD RALLY TEAM           Subaru Impreza WRC            A8
8         C. ATKINSON                    AUS     S. PREVOT                            B         SUBARU WORLD RALLY TEAM           Subaru Impreza WRC            A8
9         J. LATVALA                        FIN      M. ANTTILA                         FIN     STOBART M-SPORT FORD RALLY TEAM                                 Ford Focus RS WRC 06                      A8
10       H. SOLBERG                       N         C. MENKERUD                    N         STOBART M-SPORT FORD RALLY TEAM                                 Ford Focus RS WRC 06                      A8
11       L. PEREZ COMPANC         RA       J. MARÍA VOLTA                 RA       MUNCHI?S FORD WORLD RALLY TEAM                                 Ford Focus RS WRC 06                      A8
12       J. PABLO RAIES                 RA       J. PEREZ COMPANC           RA       MUNCHI?S FORD WORLD RALLY TEAM                                 Ford Focus RS WRC 06                      A8
16       M. WILSON                        GB       M. ORR                                 GB       STOBART M-SPORT FORD RALLY TEAM                                 Ford Focus RS WRC 06                      A8
31       T. ARAI                                J           T. SIRCOMBE                       NZ       SUBARU TEAM ARAI           Subaru Impreza                      N4
32       S. M. JONES                        GB       C. PARRY                             GB       Stuart M. Jones           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
33       L. BALDACCI                     RSM    S. STEFANELLI                    I           LORIS BALDACCI           Subaru Impreza                      N4
35       F. NUTAHARA                    J           D. BARRITT                          GB       Advan Piaa           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
36       J. HÄNNINEN                     FIN      M. MAKKULA                     FIN     RRE Sports            Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
37       S. PAVLIDES                       CY       D. GIRAUDET                       F          SYMS RALLY TEAM           Subaru Impreza WRX STI      N4
38       K. SOHLBERG                    FIN      R. PIETILÄINEN                   FIN     SYMS RALLY TEAM           Subaru Impreza WRX STI      N4
39       N. AL-ATTIYAH                 QAT    C. PATTERSON                    GB       QMMF           Subaru Impreza                      N4
40       S. MARRINI                        I           N. GARCÍA                           RA       ERRANI TEAM GROUP           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
41       L. KUZAJ                             PL        J. BARAN                              PL       Subaru Poland Rally Team           Subaru Impreza                      N4
42       A. DOROSINSKIY              R          D. EREMEEV                        R         Subaru Rally Team Russia Subaru Impreza WRX                                   Subaru Impreza WRX STI                   N4
44       F. FRISIERO                        I           S. SCATTOLIN                     I           Motoring Club           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
45       M. BALDACCI                    RSM    G. AGNESE                           I           Motoring Club           Subaru Impreza                      N4
47       A. AIGNER                          A          K. WICHA                             D         RED BULL RALLYE TEAM           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
48       A. FARRAH                         JO        S. LANCASTER                    GB       TEAM JORDAN           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
49       S. VOJTECH                        CZ       M. ERNST                             CZ       OMV BIXXOL RALLY TEAM           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
50       P. FLODIN                           SWE    M. ANDERSSON                  SWE    Rallyteam Olsberg           Subaru Impreza                      N4
51       M. RAUAM                          EE        K. KRAAG                            EE       Martin Rauam           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
52       T. PASTRANA                     USA     B. EDSTROM                        USA    Subaru Rally Team International           Subaru Impreza WRX STI      N4
53       N. MCSHEA                        GB       G. NOBLE                             GB       TaCK           Subaru Impreza                      N4
54       G. POZZO                            RA       M. STILLO                            RA       Tango Rally Team           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
59       M. LIGATO                          RA       R. GARCÍA                            RA       Tango Rally Team           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
60       F. VILLAGRA                      RA       D. CURLETTO                      RA       VRS Rally Team           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
61       S. BELTRÁN                        RA       R. ROJAS                              RCH    Sebastián Beltran           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
62       N. MADERO                        RA       G. PIAZZANO                       RA       VRS Rally Team           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
63       L. BERNARDI                      RA       F. CRETU                              RA       VRS Rally Team           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
64       A. CANCIO                         RA       S. GARCIA                            RA       Tango Rally Team           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
65       A. HAWKESWOOD           NZ       J. JUDD                                  NZ       Force Motorsport           Mitsubishi Lancer Evo VII     A8
66       R. MARTÍNEZ                     RA       F. MUSSANO                       RA       Barattero           Subaru Impreza STI                N4
68       L.IGNACIO ROSSELOT      RCH    J. ROJAS                               RCH    TEAM ROSSELOT           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
69       S. TAYLOR                          NZ       W. SEARLE                           NZ       Taylor Motorsport           Mitsubishi Lancer Evo8           N4
71       J. ROSSELOT                      RCH    L. COVARRUBIAS               RCH    TEAM ROSSELOT           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
72       C. DAVID                            R          M. BELDIE                            R         OMV BIXXOL RALLY TEAM           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
73       K. SHAW                             IRL      J. ALLEN                               AUS    Neil Allport Motorsport           Mitsubishi Lancer Evo VII     A8
74       B. GUERRA                         MEX    M. BRIZIO                             RA       Benito Guerra            Mitsubishi Lancer Evo VIII     N4
75       J. CARLOS ALONSO         RA       L. ALLENDE                         RA       EZD Competición           Subaru Impreza WRX            N4
77       A. LEVY                               RA       D. LEVY                                RA       Levy Rally Team           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
78       E. CAMPOS                         RA       C. WINKLER                        RA       Tango Rally Team           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
79       E. PEREDO                          BOL     C. BUSTOS                           RA       Quattrocchio Rally Team           Mitsubishi Lancer Evo IX        N4
80       R. DASSO                            PE        R. DELL'OSO                        RA       Pilsen-Claro-Frenosa            Subaru Impreza                      N4
82       A. DE LEÓN                        RA       M. DE LEÓN                         RA       DS RACING           Subaru Impreza Spec C         N4
83       M. GALLUSER                    RA       J. CARLOS UBERTI             RA       Los Quirquinchos Rally           Mitsubishi Lancer Evo VIII     N4
84       J. FONT GUIXARÒ             E          R. RANERO GONZALEZ      E          Joan Font Guixarò           Mitsubishi Lancer Evo VII     N4
85       A. ABELLA NAZAR            RA       A. KONING                          RA       ARTURO ABELLA NAZAR           Mitsubishi Lancer Evo VI        N4
86       G. ALENAZ                         RA       L. GRIGERO                          RA       Konica Minolta Racing           Subaru Impreza STI                N4
87       C. CASTRO                         RA       P. NUÑEZ                             RA       Carlos Horacio Castro           Mitsubishi Lancer Evo VIII     N4
88       C. YAÑEZ                            RA       J. TULIAN                             RA       Schroeder           Mitsubishi Lancer Evo VI        N4
90       C. NEGRINI                         RA       R. GARCÍA                            RA       Fabicar           Mitsubishi Lancer Evo VI        N4
91       A. PRACHT                         RA       H. CARRETTO                      RA       Hurlingham Rally Racing           Renault Clio Sport 2.0 16 V    N3
92       M. MACHINEA                   RA       E. MARONGIU                     RA       Millam Trabajos Especiales           Peugeot 206 RC                     N3
93       G. BOTTAZZINI                  RA       D. DE LUCA                          RA       GUILLERMO BOTTAZZINI           Honda Civic VTI                    N2
94       C. CHAYA DEL PINO        RA       A. SUAREZ                           CR       Zunino Rally           Renaul Clio                             A6
95       R. JÁUREGUI                      RA       M. FILIPPI                             RA       Tito Jáuregui Rally Group           Peugeot 206                           A6
97       B. ALVAREZ                       RA       L. OYOLA                             RA       Basabilbaso Rally           Fiat Palio                                A6
98       R. LÓPEZ                             RA       E. QUERALT                         RA       Zunino Rally           Citroen Xsara                         N3
99       J. Alberto NICOLÁS            RA       S. Dante PERUGINI               RA       José Alberto Nicolás           Renaul Clio 1.6                       N2
100     J. DIAZ                                 RA       E. NOVELLI                          RA       Aries Automotores           Fialt Palio                               A6
101     U. MORALES                      RA       E. QUEVEDO                        RA       Morales Ulises           Fiat Palio                                N2










 


[2007/05/03 17:36] WRC | TB(0) | CM(0)

【JRCAメディアリリース】結果速報 全日本ラリー選手権第2戦 

昨年に引き続き開幕2連勝の勝田範彦


全日本ラリー選手権第2戦  久万高原ラリー

4月28~30日/愛媛県上浮穴郡久万高原町
天候 晴れ
路面 ターマック
ラリー総距離=約220km
スペシャルステージ=9本約85km

勝田範彦が開幕2連勝

 4月28~30日に、愛媛県上浮穴郡久万高原町周辺において、全日本ラリー選手権第2戦・久万高原ラリーが開催された。
 同ラリーは長く地元密着型として親しまれてきた舗装路(ターマック)のラリーだ。
 今回も地元の協力でギャラリーステージが設定され、多くのラリーファンを喜ばせていた。


 今回は06年チャンピオン奴田原文雄が世界プロダクションカーラリー選手権アルゼンチンラリー参戦のため不参加。ターマックキングの異名を取る勝田範彦/北田稔が優勝候補筆頭。
 勝田に対して北村和浩/山口顕子、石田正史/宮城孝仁などのライバルがどう食らい付いていくかが注目された。


 ラリーが始まると勝田が順調にステージベストをたたき出してラリーをリード。これに横尾芳則/石丸智之、飯泉忠男/露木明浩らの若手成長株が僅差で迫る。北村、石田はその後方に甘んじている。


 だが中盤に差し掛かる前に横尾、飯泉が相次いでリタイア。石田、北村がそれぞれ2番手、3番手に浮上する。以降勝田は序盤に築いたリードを見ながらラリーをコントロール。これに対して石田、北村は必死の追い上げを見せる。


 だが、終盤は抑える余裕も見せて勝田が開幕2連勝。また最終ステージでトラブルを抱えた石田を北村が逆転。結果、北村が2位、石田が3位と、開幕戦同様の順位でラリーを終えることとなった。

 次戦の(シンフォニーラリー改め)KYOTO南丹ラリーinひよしもターマックラリー。奴田原が勝田の3連勝を阻むのか?昨年の同ラリーで苦渋をなめた勝田がリベンジを果たすのか?楽しみであると同時にシリーズを占う上でも大切な一戦だ。同ラリーは5月18~20日、京都府南丹市にあるひよしダム周辺で開催される。

総合 クラス
順位              Driver/Co-driver TIME
1位      JN4-1   勝田/北田   1:05:20.1
2位      JN4-2   北村/山口   1:05:39.8
3位      JN4-3   石田/宮城   1:06:32.3
4位      JN4-4   大庭/高橋   1:06:51.2
5位      JN4-5   松岡/木村   1:07:19.4
6位      JN3-1   榊/井出上   1:08:06.7
7位      JN3-2   曽根/桝谷   1:08:35.1
8位      JN3-3   長岩/箕作   1:08:52.1
9位      JN3-4   森  /藤綱  1:08:55.5
10位     JN2-1   山口/船木   1:09:18.4

19位     JN1-1   西山/多比羅  1:11:57.9


注)クラス区分の説明:JN4クラスは2000ccを超える車両、JN3は1600ccを超え2000cc
以下の車両、JN2は1400ccを超え1600cc以下の車両、JN1クラスは1400cc以下の車両。


情報提供 JRCA


【主催者発表正式結果】


 ■正式結果 PDFファイル 165KB

 ■SSタイム PDFファイル 494KB

 ■区間タイム PDFファイル 881KB


なお、全日本ラリー選手権第2戦「久万高原ラリー」は地元南海放送でTV放映されるそうです。
視聴可能な方は、是非ご覧ください。

番組名:南海放送「今コレ!」  http://www.rnb.co.jp/
放送日時:5月13日(日)17:00-17:15


私は、見ることは出来ませんが、誰かビデオ送ってくださ~い m(_ _)m


[2007/05/01 19:41] 全日本ラリー | TB(0) | CM(0)

久万高原ラリー関連ブログ 

今回も、関係者のブログを集めてみました。
ギャラリーステージの写真や動画もあります。
今回は、観客の方のブログはまだちょっと少なく残念ですが、雰囲気は読み取れます。


ちなみに、私は 技術&タイムコントロールの役員をさせていただきました。


【参加選手】


勝田範彦選手(総合優勝)
Tarmac King☆勝田範彦 オフィシャルブログ
http://norihiko.exblog.jp/5505274


曽根崇仁選手(JN-3クラス2位)
INGING 下関
http://blogs.yahoo.co.jp/inging_simonoseki/18507178.html


山口清司選手(JN-2クラス優勝)
ここを抜けたら全開!
http://rallyborg.blog50.fc2.com/blog-entry-236.html


三苫和義選手(JN-2クラス7位)
ラリタ日和
http://sky.ap.teacup.com/nkm645soo110/342.html


鈴木一也選手(JN-4クラス コ・ドライバー 6位)
K'sRallyExpress
http://plaza.rakuten.co.jp/ksrally/diary/200704280000


【チーム関係者】


SRTJ LIVE BLOG
http://srtj.subaru-sti.co.jp/blog/


[ws] webshaft.org
http://ws.webshaft.org/?eid=360626


コ・ドラNO1の車遊び
http://blog.q-ring.jp/js1360/631


Muddiness diary
http://blogs.yahoo.co.jp/equinox_bun_bun/10371494.html


ADVAN MOTRORSPORTS
http://www.advan.com/japanese/motor_sports/07/jrc/02/index.html


TEIN MOTOR SPORTS
http://www.tein.co.jp/motorsport/2007/rally02.html


【メディア関係者】


The Super-Taikyu Race Editor's Room
http://supertaikyu.blog14.fc2.com/blog-entry-769.html


CMSC CMSC浜松・杉村哲郎選手が総合5位(JN4クラス5位)フィニッシュもペナ加算でJN4クラス7位に
http://www.ralliart.co.jp/cmsc/07rally/r_02.html


【オフィシャル参加者】


学校管理人の出張日記ブログ
http://cdcde1.spaces.live.com/Blog/cns/


くーにゃんの天上日記
http://blog.livedoor.jp/kunyan2/archives/cat_485326.html
 
ゆら~り西風☆まった~り東風♪ 
http://blog.goo.ne.jp/mizusumashi_2005


【観客】


plus1の語Log
http://plus1.i-yoblog.com/


私をラリーに連れてって
http://cimam.blog65.fc2.com/blog-entry-80.html


オープンカーとモータースポーツ
http://blogs.yahoo.co.jp/harumi_agr/10581889.html


昴魂 VIVIO小 VIVIO大 ~先代ヴィヴィに捧げる鎮魂歌~
http://minkara.carview.co.jp/userid/158048/blog/4746654/


sinさんレポート
http://www.e-judy.jp/rally27.html


【その他】 


おやじの戯言。
http://555imp.blog69.fc2.com/blog-entry-77.html


まーこ'す日記
http://blogs.yahoo.co.jp/maponpon2989/31911891.html


naniwa_no_bochanさんのフォトアルバム 0702_JRCrd2久万高原


■NISHIO GARAGE■  ダンロップ  ラリーアート  STI  DAIHATSU@WEB


【動画】


youtubelogo.gif←ここをクリックしてください。


↓ベスト動画 もちろんカメラは無人カメラです。



[2007/05/01 13:26] 全日本ラリー | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。