スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダンロップジムカーナレッスン 

DUNLOP GYMKHANA LESSON



3月31日(株)LUCKの主催する「DUNLOP GYMKHANA LESSON in 幸田サーキット」のオフィシャルをしました。


今回のオフィシャルは、モンテカルロオートスポーツクラブのクラブ員15名の他、新城ラリーボランティアのA君や、勝田範彦選手の長男貴元君とそのカート友達の加藤君も加わり、競技会さながらの陣容で臨みました。
その準備段階の打ち合わせでは、講師で全日本ジムカーナチャンピオンの茅野成樹選手も加わって事前に綿密に計画していました。


今回の会場は、全日本ジムカーナの会場にもなっている幸田サーキットYRP桐山で、参加者は60名です。
講師は、全日本ジムカーナ選手権参戦中の茅野選手(N4クラス)の他、ダンロップサポートドライバーの津川選手(SA3クラス)と田原選手(SA2クラス)の3名の超豪華講師陣です。
参加者も、4月1日同じ幸田サーキットでJAF選手権が開催されることもあり、同シリーズに参加する上級者も大勢いました。


今回のオフィシャルの課題と言えば、参加者の皆さんに1本でも多く走って頂くことです。
そこで、今回はサーキットということもありトランスポンダーを装着し同時に3台走らせることにしました。
コースは下記のとおりで、1トライ1分弱となり、3台同時に走らせようとすると約20秒間隔でスタートさせることになります。


私の仕事はと言うと、そのスタートタイミングの合図をスターターに知らせる役目です。
これは、予想以上に難しい仕事で、常に走行中の3台の位置と状況(スピンやコースオフしていないか等)を把握していなければいけません。
さらに、スタートの方法がフライング方式となっているので、スターターがスタートの合図をしてから実際にスタートをするまでタイムラグがあり、それが選手によってまちまちであったり、車によっては20秒程度速さが違うので、その車のドライバーの癖などもある程度把握し、それを考慮してスタートの合図を出さなければいけません。


よく考えてみると、これはラリーの管制にも似ていることに気付きました。
管制とは、ラリーの競技長の最も重要な仕事で、このようなジムカーナレッスンでもラリーの役に立つ事がわかり、今回事故もなく非常にスムーズに運営できたことはある意味自信に繋がり良い経験が出来ました。


kota.gif


kota1.jpg
私の、ポジションから見た光景


このダンロップジムカーナレッスン、ダンロップユーザーでなくても割安で(ダンロップユーザー6000円、非ユーザー8000円)たっぷり練習できる非常にお得な練習会です。
次回開催は5月12日(土)キョウセイドライバーランド(岡崎市)で開催しますので、ご興味のある方は、上記チラシのアイコンをクリックしてください。

スポンサーサイト

[2007/03/31 23:51] モータースポーツ | TB(0) | CM(1)

2007年全日本ラリー選手権 第1戦~第4戦情報  

あと2週間で、待ちに待った全日本ラリーの2007年シーズンが始まります。
シーズン・インに先駆け mixi.gifの全日本ラリーコミュニティに随時最新情報をUPしておりますので、是非ご活用ください。
コミュニティのURLは下記のとおりです。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1956629
Mixiが分からない方は、本サイト管理人まで直接お問い合わせください。


なお、すでに公表されています第1戦~第4戦の観戦情報を簡単にお知らせしますので、ご興味のある方は、Mixiコミまたは、主催者HPでご確認ください。


2007年全日本ラリー選手権
第1戦 4月14~15日 ツール・ド・九州2007 in 唐津
  佐賀県
http://ww21.tiki.ne.jp/~gravel-msc/
[観戦情報]
集合場所:からつ競艇 駐車場特設コース
受付日時: 2007/04/14 AM 07:00より開始
      2007/04/15 AM 07:00より開始
料  金: 入場料(大会公式プログラム1部含む)
      通常料金  1,500円(消費税+保険料込)
      JAF会員  1,000円(会員証提示で4人まで)(消費税+保険料込)
      高校生以下 無料
そ の 他:観戦者は事前登録が必要です
     http://ww21.tiki.ne.jp/~gravel-msc/spectatorentry.pdf 


競技のスケジュール(こちらは主催者のデータを元に編集したもので変更されることもありますので観戦される方は必ず主催者HPでご確認ください)
記載の時間は1号車の通過予定時間(競技車はその後1分間隔で走行)
《レグ1》
【セクション1】4月14日(土)午前
スタート(からつ競艇場)   8:00 ~(  200m)~ 競艇場TC  8:05
SS1  からつ競艇場1   8:08 ~(  700m)※ギャラリーステージ
リエゾン からつ競艇場    8:10 ~(19.7km)~ 伊岐佐TC  8:50
SS2  三方    1   8:53 ~(10.9km) 
リエゾン SS2ゴール    9:04 ~(20.9km)~ 林ノ上TC  9:44
SS3  林ノ上   1   9:47 ~( 4.1km)
リエゾン SS3ゴール    9:52 ~( 9.4km)~ 伊岐佐TC 11:12
SS4  三方    2  11:15 ~(10.9km) 
リエゾン SS4ゴール   11:26 ~(16.9km)~ 競艇場TC 11:56
SS5  からつ競艇場2  11:59 ~(  700m)※ギャラリーステージ
サービス & リグループ  12:04 ~ 12:59

【セクション2】4月14日(土)午後
スタート からつ競艇場   12:59 ~(16.3km)~ 保坂TC  13:29
SS6  三方逆走  1  13:32 ~( 9.6km)
リエゾン SS6ゴール   13:43 ~(41.6km)~ 林ノ上TC 14:43
SS7  林ノ上   2  14:46 ~( 4.1km)
リエゾン SS7ゴール    9:04 ~( 9.4km)~ 保坂TC  15:41
SS8  三方逆走  2  15:44 ~( 9.6km)
リエゾン SS8ゴール   15:55 ~(20.0km)~ 競艇場TC 16:25
SS9  からつ競艇場3  16:28 ~(  700m)※ギャラリーステージ
サービス & パルクフェルメ
《レグ2》
【セクション3】4月15日(日)午前
スタート からつ競艇場    8:30 ~(  200m)~ 競艇場TC  8:35
SS10 からつ競艇場4   8:38 ~(  700m)※ギャラリーステージ
リエゾン SS10ゴール   8:40 ~(19.7km)~ 伊岐佐TC  9:20
SS11 三方ショート    9:23 ~( 4.8km)
リエゾン SS11ゴール   9:29 ~( 1.0km)~ 伊岐佐TC 10:59
SS12 三方    3  11:02 ~(10.9km)
リエゾン SS12ゴール  11:13 ~(16.9km)~ 競艇場TC 11:43
SS13 からつ競艇場5  11:46 ~(  700m)※ギャラリーステージ
セレモニアルフィニッシュ & パルクフェルメ


第2戦 4月29日 2007久万高原ラリー  愛媛県
http://www2.odn.ne.jp/mac/
[観戦情報]
受付場所: 愛媛県上浮穴郡久万高原町 美川スキー場駐車場
受付日時: 2007年4月29日(日) 7:00~15:30
料  金: ひとり 2,000円(パンフレット・ステッカー・保険代含む)
観戦場所:
■スペシャルステージ:1ヵ所3SS(最高3回観戦可能) 途中入退場可能
         1回目  2回目  3回目
インフォカー通過 8:51  11:56  14:46
1号車通過    9:51  12:56  15:46


■サービスパーク:
 朝のスタートと各セクション前のサービス風景の観戦
 暫定表彰式(シャンパンファイトあり)
■スタート風景
スタート時刻 7:30(1号車) 以降、1分間隔で順次スタート。
■サービスパーク
1回目 10:00~  2回目 13:05~
■暫定表彰式
17:30頃~ HQ前付近にて
その他:
当日午前8時以降は、必ず迂回路にてお越しください。
午前8時までに御三戸交差点を通過できる場合は、中黒岩側から入れます。
8時を過ぎますと、コース閉鎖しますので、美川スキー場まで行けませんので迂回路よりお越しください。
【迂回路の地図 http://www2.odn.ne.jp/mac/spectator/img/access.pdf 】


競技のスケジュール(こちらは主催者のデータを元に編集したもので変更されることもありますので観戦される方は必ず主催者HPでご確認ください)
記載の時間は1号車の通過予定時間(競技車はその後1分間隔で走行)
【セクション1】4月29日(日)
リエゾン 美川スキー場    7:30 ~(19.4km)~ 名荷下TC  8:10
SS1  柳谷    1   8:13 ~( 6.0km)
リエゾン SS1ゴール    8:19 ~(11.8km)~ 松木TC  8:44
SS2  美川    1   8:47 ~(18.7km) 
リエゾン SS2ゴール    9:03 ~(17.6km)~ 大谷TC  9:48
SS3  日野浦   1   9:47 ~( 2.9km)
リエゾン SS3ゴール    9:55 ~( 0.5km)~ 美川SP 10:00
サービス & リグループ  10:00 ~ 10:35
【セクション2】4月29日(日)
リエゾン 美川スキー場   10:35 ~(19.4km)~ 名荷下TC 11:15
SS4  柳谷    2  11:18 ~( 6.0km)
リエゾン SS4ゴール   11:24 ~(11.8km)~ 松木TC 11:49
SS5  美川    2  11:52 ~(18.7km) 
リエゾン SS5ゴール   12:08 ~(17.6km)~ 大谷TC 12:53
SS6  日野浦   2  12:56 ~( 2.9km)
リエゾン SS6ゴール   13:00 ~( 0.5km)~ 美川SP 13:05
サービス & リグループ  13:05 ~ 14:05
【セクション3】4月29日(日)
リエゾン 美川スキー場   14:05 ~(19.4km)~ 名荷下TC 14:45
SS7  柳谷    3  14:48 ~( 6.0km)
リエゾン SS7ゴール   14:54 ~(11.8km)~ 松木TC 15:19
SS8  美川    3  15:22 ~(18.7km) 
リエゾン SS8ゴール   15:38 ~(17.6km)~ 大谷TC 15:43
SS9  日野浦   3  15:46 ~( 2.9km)
リエゾン SS9ゴール   15:50 ~( 0.5km)~ 美川PF 15:55
セレモニアルフィニッシュ & パルクフェルメ


第3戦 5月19~20日 KYOTO南丹ラリー2007 in ひよし  京都府
http://kyotonantanrally.com/
随時HPで発表
【観戦情報】
KYOTO南丹ラリーinひよしの観戦チケットが「電子チケットぴあ」、「ローソンチケット」で買えます。
<チケットについて>
2500円(自由席) 一般発売 2007年4月14日(土)
● 電子チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:808-930)
● ローソンチケット 0570-084-005(Lコード:55062)
● CNプレイガイド 0570-08-9999
イープラス 
※0570で始まる電話番号は一部の携帯・PHSからはご利用になれません。
備考:入場はチケットの管理番号順のではありません。中学生以下無料。荒天の場合は中止もあります。
<掲載メディアについて>
現在掲載されているメディア等をご報告します。(一部予定を含む)
関西版ぴあ 4.12号
Lマガジン 4.25発売
サウンドクリエーター/清水音泉フライヤー 3~5万枚(イベント会場で配布)
清水音泉ホームページ 
eプラス
ローソンチケット 
CNプレイガイド 


競技のスケジュール(こちらは主催者のデータを元に編集したもので変更されることもありますので観戦される方は必ず主催者HPでご確認ください)
記載の時間は1号車の通過予定時間(競技車はその後1分間隔で走行)
《レグ1》
【セクション1】5月19日(土)午前
スタート 府民の森ひよし   8:00 ~(15.7km)~ 佐々江TC  8:30
SS1  Tatsunori Pass1  8:33 ~( 6.2km)
リエゾン SS1ゴール    8:40 ~(22.8km)~ 下宇津TC  9:20
SS2  Touch Vally1    9:23 ~( 9.4km) 
リエゾン SS2ゴール    9:31 ~( 4.4km)~ 府民の森ひよし9:41
サービス(20分)      9:41 ~          TC IN 10:01
SS3  Deer's Stool逆1 10:04 ~( 0.6km) ※ギャラリーステージ
リエゾン SS3ゴール   10:06 ~(15.7km)~ 佐々江TC 10:36
SS4  Tatsunori Pass2 10:39 ~( 6.2km)
リエゾン SS4ゴール   10:46 ~(22.8km)~ 下宇津TC 11:26
SS5  Touch Vally2   11:29 ~( 9.4km) 
リエゾン SS5ゴール   11:37 ~( 4.4km)~ リグループIN12:12

【セクション2】5月19日(土)午後
リグループOUT・TCIN 12:27
SS6  Deer's Stool逆2 12:30 ~( 0.6km) ※ギャラリーステージ
リエゾン SS6ゴール   12:32 ~(15.7km)~ 佐々江TC 13:02
SS7  Tatsunori Pass3 13:05 ~( 6.2km)
リエゾン SS7ゴール   13:12 ~(15.7km)~ サービスIN13:42
サービス(45分)OUT  14:27
SS8  Deer's Stool逆3 14:30 ~( 0.6km) ※ギャラリーステージ
リエゾン SS8ゴール   14:32 ~( 4.5km)~ お花見広場TC14:42
SS9  Amakawa West 1 14:45 ~( 5.7km)
リエゾン SS9ゴール   14:50 ~(23.6km)~ 佐々江TC 15:35
SS10 Tatsunori Pass4 15:38 ~( 6.2km)
リエゾン SS10ゴール  15:45 ~(24.1km)~ お花見広場TC16:35
SS11 Amakawa West 2 16:38 ~( 5.7km)
リエゾン SS11ゴール  16:43 ~(13.1km)~ サービスIN17:03
サービス(60分) & パルクフェルメ

《レグ2》
【セクション3】5月20日(日)午前
府民の森ひよしTCIN    8:40
SS12 Deer's Stool逆4  8:43 ~( 0.6km) ※ギャラリーステージ
リエゾン SS12ゴール   8:45 ~( 1.5km)~ 夢のかけ橋TC 8:55
SS13 Dream Bridge1   8:58 ~( 3.4km)
リエゾン SS13ゴール   9:02 ~(23.5km)~ 宇津峡公園TC 9:47
SS14 Landslide1     9:50 ~( 3.0km) 
リエゾン SS14ゴール   9:54 ~(11.5km)~ リグループIN10:34

【セクション4】5月20日(日)午前
リグループOUT・TCIN 10:49
SS15 Deer's Stool逆5 10:52 ~( 0.6km) ※ギャラリーステージ
リエゾン SS15ゴール  10:54 ~( 1.5km)~ 夢のかけ橋TC11:04
SS16 Dream Bridge2  11:07 ~( 3.4km)
リエゾン SS16ゴール  11:11 ~(23.5km)~ 宇津峡公園TC11:56
SS17 Landslide2    11:59 ~( 3.0km) 
セレモニアルフィニッシュ  12:03
パルクフェルメIN     12:23


第4戦 6月2~3日  MSCC東京ラリー2007  福島県
http://www.mazdasportscarclub.jp/
随時HPで発表


 本年のラリーは福島県南部を中心に、全日本ラリー選手権(第4戦)と東日本ラリー選手権(第2戦)を併設しての開催です。今まで以上に充実した内容を目指し、チャレンジ精神を注ぎ込んでダイナミックな競技会となるよう、現在スタッフ一同全力で開催準備を進めています。
 基本的なラリー構成は昨年の良いところを残し、課題となった部分を徹底的に潰して参加者は勿論、観戦される方々にも楽しんでいただける設定となるよう取り組んでいますのでどうぞご期待下さい。

 本年はスタート・ゴールとなる棚倉町を中心として、塙町、白河市、鮫川村、古殿町を結ぶエリア内に15のSSをコンパクトに設定することが可能となりました。レグ1では昨年使用したSSを一部延長、レグ2では10kmにおよぶ新コースを投入することによって、総走行距離270kmの中に110kmのSSを設ける予定です(東日本ラリーシリーズは総走行距離190km、SS75km)。
 ギャラリーステージとしては、昨年大好評となりました「ルネサンス棚倉」をレグ1・2で、「三株牧野」をレグ2で設定する予定。


競技のスケジュール(こちらは主催者のデータを元に編集したもので変更されることもありますので観戦される方は必ず主催者HPでご確認ください)
記載の時間は1号車の通過予定時間(競技車はその後1分間隔で走行)
《レグ1》
【セクション1】6月2日(土)午前
スタート ルネサンス棚倉   9:20 ~(28.9km)~ 茗荷TC  10:15
SS1  MyogaMinekoshi1 10:18 ~(14.1km)
リエゾン                 ( 8.7km)~ 大森TC  10:48
SS2  Ohmori 1     10:51 ~( 5.2km) 
リエゾン                 ( 1.8km)~ 戸中TC  11:03
SS3  KanayamaSakuradai110:04 ~(14.5km)
リエゾン                 (14.2km)~ 関口TC  11:55
SS4  Renaissance1   11:49 ~( 0.5km)
サービス(20分)     11:55 ~
リグループ

【セクション2】6月2日(土)午後
リグループOUT・セレモニアルスタート 12:55
スタート ルネサンス棚倉  12:55 ~(28.9km)~ 茗荷TC  13:55
SS5  MyogaMinekoshi2 13:58 ~(14.1km)
リエゾン                 ( 8.7km)~ 大森TC  14:28
SS6  Ohmori 2     14:31 ~( 5.2km) 
リエゾン                 ( 1.8km)~ 戸中TC  14:43
SS7  KanayamaSakuradai214:46 ~(14.5km)
リエゾン                 (14.2km)~ 関口TC  15:26
SS8  Renaissance2   15:29 ~( 0.5km)
サービス(60分)     15:35 ~
パルクフェルメ

《レグ2》
【セクション3】6月3日(日)午前
スタート ルネサンス棚倉   6:50 ~(34.5km)~ 川平TC   7:50
SS9  MuroOodairagusa1  7:53 ~( 5.0km)
リエゾン                 (15.8km)~ 集TC    8:23
SS10 Onazawa 1     8:26 ~( 9.0km) 
リエゾン                 ( 1.8km)~ 三株高原TC 8:51
SS11 Mikabubokuya1    8:54 ~( 2.7km)
リエゾン                 (21.2km)~ 川平TC   9:39
SS12 MuroOodairagusa2  9:42 ~( 5.0km)
リエゾン                 (15.8km)~ 集TC   10:12
SS13 Onazawa 2    10:15 ~( 9.0km) 
リグループ(三株高原)

【セクション3】6月3日(日)午前
リグループOUT/TCIN                        10:55
SS14 Mikabubokuya2   10:58 ~( 2.7km)
リエゾン                 (30.1km)~ 関口TC  11:48
SS15 Renaissance3   11:51 ~( 0.5km)
パルクフェルメ       11:57 ~


◆関連サイト:
社団法人日本自動車連盟(JAF)
http://www.jaf.or.jp/msports/index.htm


JRCアソシエイション(JRCA)
http://www.jrca.gr.jp/


[2007/03/30 13:26] 全日本ラリー | TB(0) | CM(0)

プレイドライブ休刊!(T_T) 

今日は、非常に悲しい知らせが入って来ました。


先日のブログ http://kometani.blog85.fc2.com/blog-entry-28.html でも紹介しました、ラリー界最大の応援団であった 株式会社芸文社 のプレイドライブ(通称:PD)が 7月1日発売の8月号をもって休刊(事実上、廃刊?)になるそうです。


プレイドライブ5月号


私と、この雑誌との出会いは28年前になります。
当時、PDラリーという企画が毎月あり数ヶ月に一度近畿地方にやって来ると必ず参加していました。
それで、徹夜でドライブし、どこを走っていようが日の出の時間になると日の出を見ながらラジオ体操をしていたことを思い出します。


その後、実際に公認ラリーに参加するようになり、初めてPDの記事に取り上げられたのは「米谷/○○組は早くも1CPでリタイヤ」という記事でしたが、小さく白黒写真が載り複雑な気持ちでしたがちょっと嬉しかったのを覚えています。


その後、地方選手権で入賞し写真が出たとき、地方選手権で初めて優勝したとき、全日本選手権に初めて出場したときも、その都度PDを喰い入るように眺めていました。


また、全日本選手権でナビとして初めて優勝したときは、ドライバーのMさんは超有名選手でしたが京都中の書店で買い漁り100冊近く車のトランクに詰め込み、人に会う毎にプレゼントしていました。それ程、嬉しかったのだと思いますが、PDに載るということが、ラリーを続けるモチベーションになっていたことは間違いありません。


こんな、我々に夢を与えてくれた雑誌がなくなるのは、本当に悲しいです。


そして、今年の全日本ラリーとしての新城ラリーがPDに残らないのが非常に残念でなりません。


 


 


[2007/03/28 21:23] モータースポーツ | TB(0) | CM(10)

ラリージャパンオフィシャル勉強会 

rjstudy.jpg rjtext.jpg


24日、名古屋でラリージャパン2007のオフィシャル勉強会が開催されました。


ラリーの基礎、オフィシャルの心構え、2007年の概要説明のあと、緊急連絡およびトラッキングのトレーニングも実施しました。


MASCからは、会長以下6名のメンバーが参加しました。その他、新城ラリー実行PTの新城市役所の方や昨年の新城ラリーでボランティアオフィシャルを経験された新城市や岡崎市在住の方等、多くの新城ラリー関係者が出席し、世界で通用するラリーのシステムなどの勉強ができ、全員大変貴重な経験ができたと思います。


残念ながら、参加者は若干少なめでしたが、その分内容の濃い話が聞けたと共に講義終了後、懇親会的なフリートーキングの時間も取れ、ラリージャパン開催の苦労話や将来の展望なども聞くことができ、今回の目的の一つであった北海道と中部のラリー関係者の交流が図ることが出来ました。


[2007/03/25 09:36] WRC | TB(0) | CM(1)

支援委員会キックオフ 

SN360003.jpg


22日支援委員会もキックオフしました。


午前中は、市役所の方および組織委員長と新城警察署交通課の課長&係長の5名で、2007年の候補コースを試走してまいりました。
そこで、いろいろと新城警察署の強い要望をお聞きしましたので、それを受けて改めて関係各位と調整することになりました。


もしかしたら、コースレイアウトや取り回しを当初の計画から大幅に変更しないといけないかもしれません。


その後、市役所職員の実行プロジェクトチーム会合に続いて支援委員会となりました。
両会議とも、新城の教育行政のトップである和田教育長(写真のお話をされている方)が最初から最後まで出席され、積極的に意見を述べられていました。
これだけでも、新城市の意気込みが感じられました。


支援委員会の委員の皆さんも、今年は全日本選手権ということで、熱い想いが感じられ、すでにかなり盛り上がっていますので、本当に楽しみです。


朝の7時に出発して、自宅に着いたのは22時を回っていました。


まだ、具体的に決まったことは少ないですが、とりあえず開会式、HQ、表彰式の会場が決まりました。場所は、新城市の街並みの中心付近になります。
HQは、JR新城駅にも近く何と言っても新城一IT武装の進んだ場所です。


[2007/03/22 23:46] 新城ラリー | TB(0) | CM(0)

レース競技に参加するドライバーの装備品に関する付則 


レース競技に参加するドライバーの装備品に関する付則


装備品は、乗員の保護が最大の目的であり、モータースポーツの安全性をより高めるため各種の装備が必要となる。
競技運転者は、自らを保護するという認識のもと、モータースポーツに適した装備品を装着する必要がある。JAF/FIAは、競技用ヘルメット、耐火炎レーシングスーツなど主な装備品について公認しているので、参加する競技に適した装備品を選定すること。きつ過ぎる着衣は保護能力を引き下げてしまうので、着用者はきつ過ぎない着衣を身に着けること。
選手権統一規則、競技会特別規則、各サーキットが独自に定めている規則等が本付則より厳しい装備品(種類、仕様等)を指定している場合は、それに従うこと。


1.装備品の種類
1)競技用ヘルメット
2)レーシングスーツ(耐火炎レーシングスーツ)
3)アンダーウェア(耐火炎アンダーウェア)
4)バラクラバス(目出し帽)(耐火炎バラクラバス)
5)ソックス(耐火炎ソックス)
6)レーシングシューズ(耐火炎シューズ)
7)レーシンググローブ(耐火炎グローブ)


2.適用


hyou1.gif


3.競技用ヘルメット
1)レース競技では次のいずれかの競技用ヘルメットを競技中常に装着すること。
JAF公認競技用ヘルメット、または、国際モータースポーツ競技規則付則J項のテクニカルリスト№25に記載された基準に適台したヘルメットの装着を強く推奨する。


(1)JAF公認競技用ヘルメット
a.JAF公認競技用ヘルメットは、以下リストの通り。


hyou2.gif
b.JAF公認競技用ヘルメットには、下記の公認シールが貼付されている。JAF公認品の証明であるので、取り外さないこと。


jafkounin.gif
c.国際競技には使用できない。


(2)国際モータースポーツ競技規則付則J項のテクニカルリスト№25に記載された以下の何れかの基準に合致したヘルメット
a.2006年7月31日現在で付則J項のテクニカルリスト№25に記載されている基準は以下の通り。
・FIA 8860-2004
・Snell SA2005
・Snell SA2000
・SFI 31.1A
・SFI 31.2A
・BS6658-85 Type A/FR
b.上記基準に合致したヘルメットには、下記のラベルが貼付されている。基準合致の証明であるので取り外さないこと。


(3)日本工業規格(JIS)乗車用安全帽の基準に合致したヘルメット(旧規格(JIST8133:1997)のC種適合品を含む)
a.帽体の形状がハーフ形、スリークォーターズ形のもの、および2輪用特殊ヘルメットは使用できない。
【2輪用特殊ヘルメット】
・トライアル用
・オフロード用
・モトクロス用
b.国際格式のレース競技には使用できない。


2)車両形式、競技形式などによるヘルメット種別の適用
(1)オープンシーター(フォーミュラカー、スポーツカー等)
フルフエイス型ヘルメットを着用すること。(但し、競技会特別規則で特別の定めがある場合を除く。)
(2)クローズドカー(ツーリングカー、スポーツカー等)フルフエイス型ヘルメットの着用を推奨する。(但し、競技会特別規則で特別の定めがある場合を除く。)
(3)競技中に燃料補給を伴う競技
フルフエイス型ヘルメットを着用すること。(但し、競技会特別規則で特別の定めがある場合を除く。)


3)改造、加工の禁止
(1)ヘルメット製造者が認めた方法および当該ヘルメット型番に認証を与えた国際モータースポーツ競技規則付則J項のテクニカルリスト№25に記載された基準機構が認めた方法を除き、ヘルメットに対し一切の改造、加工をしてはならない。
(2)JAFあるいはFIAによって認められない限り、頭部や頚部の保護を意図してヘルメットに装着するいかなる装置の着用も禁止される。FIA基準8858-2002に従い公認されたHANS装置は、国際モータースポーツ競技規則付則J項のテクニカルリスト№29に列記されている当該装置に適合するヘルメットと共に着用しなければならない。
(3)JAFあるいはFIAによって認められた装置をヘルメットに装着する場合には、ヘルメット製造者および頭部/頚部保護装置製造者が指定したエ場、代理店などに委ねること。


4)保護能力
(1)塗料はヘルメットの帽体の素材と反応し、その保護能力に影響を与える可能性がある。ヘルメット製造者が定めたヘルメットの装飾、塗装に関する制限事項、あるいは指導要綱に従うこと。
(2)ヘルメットに強い衝撃を受けた場合、外観に異常がなくても保護能力が劣化している場合もある。ヘルメット製造者、あるいはヘルメット製造者が指定した工場、代理店などに専門的判断を委ねること。


5)使用限度
製造後「10年」を経過したものを使用してはならない。


4.耐火炎レーシングスーツ
1)レース競技では耐火炎レーシングスーツを競技中常に着用すること。


2)JAF/FIA公認の耐火炎レーシングスーツの着用が義務付けられる。
(1)JAF公認耐火炎レーシングスーツ
a.JAF公認耐火炎レーシングスーツは、以下リストの通り。


hyou3.gif


b.JAF公認耐火炎レーシングスーツには、下記のラペルがスーツの見やすい部分に貼付されている。JAF公認品の証明であるので、取り外さないこと。


jafkounin2.gif
(2)FIA公認耐火炎レーシングスーツ
a.次の基準に合致した耐火炎レーシングスーツ
-FIA基準8856-2000
b.FIA公認耐火炎レーシングスーツには、下記のラペルがスーツの見やすい部分に貼付されている。FIA公認品の証明であるので、取り外さないこと。


fialabel.gif


3)耐火炎レーシングスーツに施される刺繍または縫い付けられるバッジ
レーシングスーツに直接縫い付ける刺繍は、断熱効果を上げるために、最も外側の層にのみ縫い付けること。
バッジおよびサインをレーシングスーツに取り付ける場合、熱融着タイブの使用はせず、また被服類が切断されないこと。バッジの基部となる生地およびバッジをレーシングスーツに縫付ける糸は耐火性でなければならない。


5.耐火炎レーシングシューズ
1)レース競技では耐火炎レーシングシューズを競技中常に着用すること。


2)JAF公認/FIA認定の耐火炎レーシングシューズの着用が義務付けられる。
(1)JAF公認耐火炎レーシングシューズ
JAF公認耐火炎レーシングシューズは、以下リストの通り。
(2)F-A認定耐火炎レーシングシューズ
次の基準に合致した耐火炎レーシングシューズ
-FIA基準8856-2000


6.耐火炎レーシンググローブ
1)レース競技では耐火炎レーシンググローブを競技中常に着用すること。


2)JAF公認/FIA認定の耐火炎レーシンググローブの着用が義務付けられる。
(1)JAF公認耐火炎レーシンググローブ
2006年7月31日現在JAF公認耐火炎レーシンググローブは、ありません。
(2)FIA認定耐火炎レーシンググローブ
次の基準に合致した耐火炎レーシンググローブ
-FIA基準8856-2000


7.耐火炎バラクラバス(目出し帽)
1)レース競技では耐火炎バラクラバスを競技中常に着用すること。


2)JAF公認/FIA認定の耐火炎バラクラバスの着用が義務付けられる。
(1)JAF公認耐火炎バラクラバス
JAF公認耐火炎バラクラバスは、以下リストの通り。
(2)FIA認定耐火炎バラクラバス次の基準に合致した耐火炎バラクラバス
-FIA基準8856-2000


8.耐火炎アンダーウェア、耐火炎ソックス
1)国際競技においては、FIA基準8856-2000に合致したFIA認定の耐火炎アンダーウェア、耐火炎ソックスの着用が義務付けられる。


2)国内格式以下のレース競技では、JAF公認/FIA認定の耐火炎アンダーウェア、耐火炎ソックスを競技中常に着用することを推奨する。特に、燃料補給を伴う競技には着用を強く推奨する。


3)JAF公認火炎アンダーウェア、耐火炎ソックス
JAF公認耐火炎アンダーウェア、耐火炎ソックスは、以下リストの通り。


hyou4.gif


9.FIAが認定した耐火炎アンダーウェア、耐火炎バラクラバス、耐火炎ソックス、耐火炎レーシングシューズ、耐火炎レーシンググローブに貼付されるラベルFIA基準8856-2000に従ってFIAが認定した耐火炎アンダーウェア、耐火炎バラクラバス、耐火炎ソックス、耐火炎レーシングシューズ、耐火炎レーシンググローブには、下記のラベルが貼付されている。FIA認定品の証明であるので、取り外さないこと。


fialabel2.gif
globe.gif


[2007/03/21 16:39] 競技規則・車両規則 | TB(0) | CM(0)

スピード行事競技用へルメットに関する指導要綱 

スピード行事競技用へルメットに関する指導要綱


スピード行事競技では、JAF公認競技用へルメット、国際モーターポーツ競技規則付則J項のテクニカルリストに記載された基準、または、下記2.の規格に適合する競技用へルメットを競技中常に装着すると。


JAF公認競技用へルメット
 a.JAF公認競技用へルメットのリストは、「レース競技に参加するドラィバーの装備品に関する付則」を参照のこと。
 b.JAF公認競技用へルメットには、下記の公認シールが貼付されている。JAF公認品の証明であるので、取り外さないこと。


jafkounin.gif


2 各規格
1) 日本工業規格(JIS)乗車用安全帽の基準に合致したヘルメット(旧規格(JIST8133:1997)のC種適合品を含む)帽体の形状がハーフ形、スリークォーターズ形のもの、および2輪用特殊へルメットは使用できない。


2輪用特殊ヘルメット
 ・トライアル用
 ・オフロード用
 ・モトクロス用


2) SNELL規格 


3) British Standards Institution BS6658-85 types A and A/FN including all amendments (Great Britain) 


4) SFI Foundation Inc., SFI spec 31.1 and SFI spec 31.2 (USA) 


5) SIS 88.24.11(2) (Sweden) 


6) DS 2124.1 (Denmark) 


7) SFS 3653 (Finland) 


8) ONS/OMK (Germany) (black on white, black on blue, blue on white or red on white labels only)


9) NF S 72 305 (France)


10) E22 (Commission of the European Economic Communities) with the 02, 03 or 04 series
上記基準に合致したへルメットには、下記のラべルが貼付されてている。
基準合致の証明であるので取り外さないこと。


3.車両形式、競技形式などによるへルメット種別の適用
1) オープンカー
フルフエイス型へルメットを着用すること。(但し、競技会特別規則で特別の定めがある場合を除く。)
2) クローズドカー
フルフェイス型へルメットの着用を推奨する。(但し、競技会特別規則で特別の定めがある場合を除く。)


4.改造、加工の禁止
1) へルメット製造者が認めた方法および当該へルメット型番に認証を与えた基準機構が認めた方法を除き、へルメットに対し一切の改造、加工をしてはならない。
2) JAFあるいはFIAによって認められない限り、頭部や頚部の保護を意図してへルメットに装着するいかなる装置の着用も禁も止される。FIA基準8858-2002に従い公認されたHANS装置は、国際モータースポーツ競技規則付則J項のテクニカルリス№29に列記されている当該装置に適合するヘルメットと共に着用しなければならない。
3) JAFあるいはFIAによって認められた装置をへルメットに装着する場合には、へルメット製造者および頭部/預部保護装置製造者が指定した工場、代理店などに委ねること。


5.保護能力
1) 塗料はへルメットの帽体の素村と反応し、その保護能力に影響を与える可能性がある。へルメット製造者が定めたへルメットの装飾、塗装に関する制限事項、あるいは指導要綱に従うこと。
2) へルメットに強い衝撃を受けた場合、外観に異常がなくても保護能力が劣化している場合もある。へルメット製造者、あるいはへルメット製造者が指定した工場、代理店などに専門的判断を委ねること。


6.使用限度
製造後「10年」を経過したものを使用してはならない。


[2007/03/21 12:50] 競技規則・車両規則 | TB(0) | CM(0)

ラリー競技に参加するクルーの装備品に関する付則 

よく、SSラリー(当然全日本ラリーはこのカテゴリーに属します)に出場するのに、FIA公認のレーシングスーツが必要なのでは? と質問を受けますが、JAFでは2007年国内車両規則付則に次のとおり解釈するとの見解を示していますので、噂で勝手に解釈せず、規則を理解した上で対応してください。


ラリー競技に参加するクルーの装備品に関する付則


装備品は、乗員の保護が最大の目的であり、モータースポーツの安全性をより高めるため各種の装備が必要となる。
競技運転者は、自らを保護するという認識のもと、モータースポーツに適した装備品を装着する必要がある。
JAF/FIAは、競技用へルメット、耐火炎レーシングスーツなど主な装備品について公認しているので、参加する競技に適した装備品を選定すること。きつ過ぎる着衣は保護能力を引き下げてしまうので、着用者はきつ過ぎない着衣を身に着けること。
競技会特別規則等が本付則より厳しい装備品(種類、仕様等)を指定している場合はそれに従うこと。


1.へルメット
下記のいずれかに該当するもの。※1)国内格式競技においては2)を推奨する。国際格式競技においては国際競技規則に従うこと。


1)本編付則「スピード行事競技用へルメットに関する指導要項」に従ったもの。


2)本編付則「レース競技に参加するドライバーの装備品に関する付則」に従ったもの。


2.レーシングスーツ
下記のいずれかに該当するもの。※1)国内格式競技においては 2)を推奨する。国際格式競技においては国際競技規則に従うこと。


1)以下の条件を満たすもの。
①全体が一体式となった(いわゆるレーシングスーツ)形状であること。
②表地が防炎性素材生地であること。
③1枚(1層)以上の防炎性素材生地の裏地を有していることが望ましい。
④救出の際に利用できる肩位置の引き手(肩章)を有することが望まししい。


2)本編付則「レース競技に参加するドライバーの装備品に関する付則」に従ったもの。


※1) 国内格式とは、事実上全日本選手権のみなので、全日本ラリーに適用するということですが、あくまでも推奨なので、義務付けではありません。また、準国内格式以下(地方選手権等)は、1)の基準を満たせば良いと解釈できます。


[2007/03/21 12:16] 競技規則・車両規則 | TB(0) | CM(1)

付則:スペシャルステージラリー開催規定 

付則:スペシャルステージラリー開催規定


ラリー競技会開催規定第2条に従い、スペシャルステージラリーに適用する規定を以下の通り定める


第1章 総則


第1条 定義


1)レグ:競技の区切りの単位で、1つ以上のセクションで構成される。
(1)1つのレグにおける各クルーの運転時間は合計18時間を超えないこと。
(2)1つのレグの終了から次のレグの開始までの間は、6時間以上のレストタイム(停車時間)が設定されなければならない。また、競技中の走行距離最長120kmごとに20分以上のレストタイムを設けなければならない。
(3)上記(2)に定める120kmごとのレストタイムは、サーピスを兼ねることができる。


2)セクション:競技の区切りの単位で、下記のすべてをいう。
(1)スタートから最初のリグルーピングまで。
(2)連続する2つのリグルーピングの間。
(3)最後のリグルーピングからレグまたはそのラリーの終了まで。


3)ロードセクション(リエゾン):2つの連続するタイムコントロールの間の行程をいう。移動のための目標所要時間(ターゲットタイム)が与えられる区間の最小単位であり、スペシャルステージを伴う場合もある。この目標所要時間はオーガナイザーの任意で設定できるが、常に道路交通法を遵守していなければならない。目標所要時間はロードプックおよびタイムカードに明記すること。


4)コントロール:競技車両の通過または通過時刻の確認を行う場所で、下記の種類がある。
(1)タイムコントロール:競技車両の到着時刻を記録する地点。
(2)スペシャルステージのスタートコントロール:スペシャルステージのスタート時刻を記入する地点。
(3)スペシャルステージのフィニッシュコントロール:スペシャルステージのフィニッシュ時刻を記録する地点。ただし、タイムカードへの実際の記入は同じコントロールエリア内にあるストップポイントで行う。
(4)パッセージコントロール:競技車両の通過確認を行う地点。


5)リグルーピング:競技を遅滞なく進行させるため、競技車両の隊列を整えることを目的として設定される停車をいう。リグルーピングを行う場所は、出入り口にタイムコントロールを設けてパルクフェルメの状態を保たなければならない。その停車時間はクルーによって異なってもよい。


6)ニュートラリゼーション:何らかの事由によりオーガナイザーが車両を停車させること。この停車時間は競技時間に算入されない。


7)パルクフェルメ:整備、修理等の作業が禁止されているエリアをいう。


8)クルー:競技車両の乗員(搭乗者)をいい、ドライバーおよびコ・ドライバーの2名で構成される。両者はいずれも競技中に運転を行ってよいが、公道上で当該競技車両を運行するに有効な自動車運転免許証および当該競技会に有効な競技運転者許可証を所持していなければならない。


9)レストホールト:本条1.1)(2)に定める120kmごとのレストタイムを取ることを目的として設定される、サービスを兼ねない停車をいう。レストホールトを設ける場所は、出入り口にタイムコントロールを設けること。


第2条 統一書式
オーガナイザーは、別添の推奨様式に従ったラリー行程表、ロードブック、サービスブックおよびタイムカードを作成しなければならない。


1.ラリー行程表およびロードブック:オーガナイザーは、レッキ開始前までにすべてのクルーに競技行程の詳細を明記したラリー行程表およびロードブックを配布すること。推奨様式については別添3を参照のこと。迂回ルートがある場合、オーガナイザーは、これを予めロードブックに記載しておくか、現場で各クルーに配布できるよう用意しておくこと。


2.サービスブック:推奨様式については別添4を参照のこと


3.タイムカード:オーガナィザーは、行程上に設けられた各コントロール(第21条、参照)で計時記録の記入および押印または署名を行うためのカードを各ロードセクションにつき1ページ、およびスペシャルステージごとに1ページ用意しなければならない。少なくとも各レグごとに別々のタイムカードのセットを発行することとするが、各セクションについても同様にすることが望ましい。また必要に応じてパッセージコントロールで押印または署名を行ってもよい。
推奨様式については別添5を参照のこと。


第3条 特別規則書
特別規則書には、国内競技規則4-8のほか、少なくとも次の事項を明示すること。


1.ラリー概要:下記の事項を明記すること
1)開催日程および開催場所
2)競技会本部の所在地、レイアウト図、電話番号、開設および閉鎖日時


2.競技内容:下記の事項を明記すること。
1)本規定に従ったスペシャルステージラリーであること
2)スペシャルステージの路面の種別(舗装路面、非舗装路面等)。
なお、第3章で述べられている事項については、特別規則書に改めて記載する必要はないが、記載する場合は文言および内容を変変更しないこと。


3.競技距離:スペシャルステージの合計距離および総走行距離


4.乗員および車両の変更に関する下記の事項
1)正式参加受理後のクルーの変更は認められない。ただしコ・ドライバーについては、参加者から理由を付した文書が提出され、競技会審査委員会が認めた場合はこの限りではない。
2)車両については、参加者から理由を付した文書が提出され、競技会審杏委員会が認めた場合は変更が認められるが参加クラスの変更を伴う車両変更は認められない。


5.整備作業の範囲
1)タイヤの交換
2)ランプ類のバルブの交換
3)点火プラグの交換
4)Vベルトの交換
5)各部点検増締め
6)上記1)~5)以外にオーガナイザーが定める整備作業の範囲


6.ラリースケジュール:下記の事項を含むこと。
1)参加申込の開始日時
2)参加申込の締切日時
3)レッキの受付日時および実施日時
4)参加確認の日時
5)公式車検の日時
6)第一回審査委員会の日時
5)ドライバーズブリーフィングの日時
6)各レグのスタートリスト発表の日時
7)暫定結果の発表日時
8)表彰式の開催日時


7.暫定のラリー行程表


8.その他当該競技会で適用される追加規則


第4条 公式通知
特別規則書の内容への追加または訂正は公式通知によって行うことができる。公式通知は特別規則書を補完するものであり、特別規則書の一部と見なされる公式通知を発行する場合は、発行日時、通し番号、発行者および宛先を明記し、定められた場所に掲示すること(その場所は予め確実に参加者またはクルーに伝達すること)。状況によっては参加者またはクルーに直接伝達あるいは配布しても良いが、この場合は必ず参加者またはクルーから確認の署名を得ること。公式通知は掲示する場合も含めてすべて黄色い用紙を使用すること。


第5条 参加車両


1.本競技に参加できる車両は次の通りとする
1)国際競技:FIA国際モータースポーツ競技規則付則J項のグループNまたはグループA規定に従った車両
2)国内競技:
(1)JAF国内競技車両規則第2編ラリー車両規定に従ったRN車両またはRJ車両
(2)FIA公認車両またはJAF登録車両で、2002年12月31日以前に運輸支局等に初度登録され、かつ2002年JAF国内競技車両規則第3編ラリー車に従った車両(RB車両)


2.FIAまたはJAFの認定する選手権競技を除き、オーガナイザーは特別規則書に規定することにより、各車両規定で認められている改造範囲をさらに制限することができる。


3.オーガナイザーは特別規則書に規定することにより、競技会で使用できるタイヤの本数および仕様を規制することができる。


4.外国登録自動車を一時輸入してラリー競技に使用する場合は、道路交通に関する条約(1949年、ジュネーヴ)等で規定されている要件を満たしていること。


第2章 競技運営


第6条 競技会本部(へッドクオーター)


1.競技会期間中は競技会本部(へッドクオーター)を設置すること。


2.競技中は競技会本部を中心とした十分な連絡体制を敷くこと。とくに事故処理、救急に関するものについては万全の措置を講じること。


3.必要な決定を遅滞なく行うため、競技会審査委員と競技長は、適切な通信手段等を用いて常に連絡が取れる状態でなければならず、また競技会審査委員のうち少なくとも1名は競技会本部付近に待機していなければならない。


第7条 競技の設定


1.ロードセクションの目標所要時間の設定は、一般交通の用に供されている道路について、その道路の速度制限に従い、かつ瞬間的にもその道路の最高速度を超えないように設定すること。
山間部および曲折の多い道路では、競技者の安全に留意し、ミスコースを誘発するようなコース設定ならびに競技運営を行わないこと。また、要所には中間連絡車または監視役員を配置すること。


2.サービスパーク、レストホールト、リグルーピングエリアおよびパルクフェルメは道路以外で十分な駐車スペースを有する場所に設けること。


3.競技の開催前に必ず試走を行うこと。


4.コースの距離測定に際して基準距離と著しく異ならない測定車両を使用すること。


5.特別規則書に記載された競技方法は、いかなる場合も競技会審査委員会の承認なしに変更してはならない。


第8条 スペシャルステージの開催運営基準


1.スペシャルステージの各コースは、原則として舗装路面(アスファルト、ターマック等)、未舗装路面(グラべル等)、または積雪路面(氷結路面を含む)のいずれかで設定されなければならない。やむを得ず異なる路面のスペシャルステージを組み合わせる場合は、参加者がそれぞれの路面に適したタイヤを装着できるよう配慮すること。


2.スペシャルステージの開催については、下記の事項を満足しなければならない。また、国際競技については国際モータースポーツ競技規則付則H項にも従わなければならない。
1)スペシャルステージのコースは競技関係者以外には確実に渡断されていること。
2)スペシャルステージのコースは、安全性を考慮し適切な場所に設定すること。
3)緊急事熊に備えた「セーフティプラン(緊急時マニュアル)」を作成し、関与する競技役員に緊急時の対応を周知徹底すること。
4)スペシャルステージにはスタートからフィニッシュの間に連絡用無線を設置したラジオポイントを設けること。このラジオポイントは少なくとも5kmごとに設置しなければならないが、スペシャルステージの規模やコース状況、立地条件等により、それ以下の距離にも設置すること。
5)ラジオポイントには通過確認(トラッキング)要員と緊急時要目を配置しておくこと。また、黄旗を準備しておくこと。
6)スタート地点またはフィニッシュ地点には緊急時に対応し以下のものを配置すること。
-緊急用車両
-医師または救急救命措置の行える者(全日本選手権では医師が望ましい)
-消火器(4kg×2本相当以上)
-大会本部との連絡機器
コースが15kmを越える場合には中間地点にも同様の緊急用車両を待機させること。
7)緊急用車両は、車両から救出するのに必要な機材を搭載した車両と、負傷したクルーを搬送できる車両の2台体制であることが望ましい。
8)スペシャルステージの開催場所の近辺には救急病院(外科、脳神経外科、整形外科、救命救急センター等)があり、競技会当日の受け入れ体制が確立されていること。
9)スペシャルステージの開催場所に観衆(観客)を入れる場合は、その安全確保に十分留意しなければならない。とくに、JAF公認レーシングコースおよびJAF公認スピード行事競技コース(3級以上)以外の場所に観衆を入れる場合には、公認コースに準じた十分な防護対策を講じること。
10)上記1)~8)に加え、必要に応じて国際モータースポーツ競技規則付則H項に準拠した準備や対策を追加すること。


第9条 競技役員


1.各コントロール(タイムトライアルのスタート/フィニッシュコントロールを含む)には2名以上の人員を配置すること。なお、クローズド競技を除き、タイムカードの記入者は公認審判員資格B3級以上の所持者でなければならない。


2.計時を担当する競技役員は、事前に計測器具などの点検を行い、正確かつ公正な計測および判定を行わなければならない。


3.路上に設置した物品はすみやかに撤去すること。


第10条 参加確認および車両検査


1.参加者に対し、少なくとも下記の書類の提示を義務づけ、その記載内容を確認すること。
1)すべてのクルーの自動車運転免許証
2)すべてのクルーの競技運転者許可証
3)競技参加者許可証
4)自動車検査証
5)自動車損害賠償責任保険証
6)ラリー競技に有効な自動車保険証券


2.オーガナイザーは、車両申告書、車両検査チェックリスト等を適宜作成し、出走前に第5条に記載された車両規定への適合性を検査すること。また、へルメット等の安全装備品の確認を行うこと.


3.オーガナィザーは、タイヤの本数および仕様を規制するため、あるいは競技車両またはその構成部品の同一性を確認するため、これらにマーキングや封印等を施すことができる。マーキングや封印の実施については、特別規則書に明記しなければならない。参加者はこれらのマーキングや封印等を当初通り保持する青任を負う。


4.すべての競技車両は、定められた時刻に車両検査を受けなければならない。


5.参加者は車両検査において自己の車両が車両規定に合致していることを証明できる書類を持参しなければならない。これらを持参していない場合、オーガナイザーの判定に対して異議を唱えることはできない。


6.競技会審査委員会は、規則に不適合な箇所が発見された車両に対し、規則に合致させるための限られた修復時間を与えることができる。


7.オーガナイザーは競技会期間中、任意に車両の追加検査または追加確認を行うことができる。参加者は競技会期間中、常に各自の車両の適合性について責任を持つものとする。


8.各クルーは、競技の最終コントロール通過後ただちに競技車両をパルクフェルメに進入させ、下記の確認を受けること。
①出走前に車検を受けた車両と同一であること。
②罰則の対象となる要因の有無
③マーキング、封印等を実施した場合はそれらが保持されているかどうか。


9.出走前の車両検査において競技の公正性または公平性に関わる箇所の確認を実施しなかった場合、オーガナイザーは競技終了後任意の上位入賞車両についてこれらの箇所に関する検査を行わなければならない。


10.競枝終了後、競技会審査委員会または競技会技術委員長が必要と判断した場合、もしくは抗議の内容により必要とされる場合、オーガナイザーは分解を伴う再車検を行うことができる。


11.競技中著しく車体、保安部品または排気系統を破損したものに対しては、競技を続行させてはならない。


第11条 レッキ


1.レッキとはスペシャルステージの下見のことをいい、スペシャルステージラリーでは必ず実施されるものとする。具体的な実施方法は特別規則書に明記されなければならない。その方法は、各クルーが公平にコース情報を記録することができるよう配慮したものとし、車両を用いる場合はスペシャルステージ1カ所につき、予定されている進行方向で少なくとも2回の走行が可能な設定とすることが望ましい。車両によるレッキが実施できない場合は慣熟歩行等でこれに代えてもよい。レッキ中の車両が相互に対向するようなスケジュール設定をしてはならない。また、オーガナイザーは競枝に使用されるロードブックおよびレッキに必要な情報が記載された地図等をクルーに配布するとともに、スペシャルステージのスタート/フィニッシュ、ラジオポイントおよびストップポイントの位置をコース上に示すこと。レッキ実施中はコースに適切に係員を配置しなければならない。


2.オーガナイザーは特別規則書に明記することにより、レッキに使用する車両およびタイヤの仕様を定めることができる。


第12条 ブリーフイング
オーガナイザーは出走前に参加者、クルー、競技会審査委員会、競技長および主要競技役員が出席するブリーフイングを開催し、競技ならびに救急体制に関する補足説明および質疑応答を行うこと。すべての参加者およびクルーはブリーフイングに出席しなければならない。


第13条 先行車および追上車
オーガナイザーは1台あるいは2台の先行車(ロードクロージングカー)を用意しなければならない。これらの車両は00番および0番のゼッケンを付け、当該ラリーのすべてのスペシャルステージを走行しなければならない。00カーはコースの安全確認、設置物の確認および役員配置等の確認を主たる役務とする。0カーは競技車両の直前に競技車両と同様の速度で走行しコースの最終安全確認を行う。このため、0カーのクルーは競技規則に精通し、競枝車両と同様の速度で走行できる者でなければならない。また、0カーのクルーは、公式時計や計測機器が正常に作動していることを確認するため、各コントロールでタイムカードの記入を受ける。0カーはスペシャルステージ走行時にはサイレンおよび警光灯を作動させ、コースの映像を記録することが推奨される。またオーガナイザーは、追上車(スイーパーカー)を用意し.競技車両通過後に競技車両と同じ行程を走行し、リタイヤ届けを提出しようとしている車両や走行不能になった車両、あるいは援助を求めている車両がないかを確認すること。


第14条 競技結果


1.競技結果はスペシャルステージで記録された所要時間と、ロードセクションその他で課されたペナルティタイムを合計して決定される。
競技結果は時・分・秒で表記するものとする。


2.オーガナイザーは競技の進行に従って随時下記の競技結果を発表しなければならない。また、下記1)以外の競技結果には、スペシャルステージの所要時間とその他のペナルティタイムの両方が記載されていなければならない。
1)スペシャルステージ計時結果:各スペシャルステージ終了後に発表される非公式な参考計時記録。
2)レグ別順位結果:1つのレグの終了時点で発表される非公式な参考順位記録で、当該レグ終了までの累積結果が記載されるものとする。
3)暫定最終結果:当該ラリー終了後発表される暫定結果。
4)正式最終結果:暫定最終結果発表後、抗議の制限時間が経過し、競技会審査委員会による承認を経た当該ラリーの公式結果。


3.複数のクルーの最終成績(すべてのスペシャルステージの所要時問とすべてのペナルティタイムを合計した時間)が同じである場合は、最初のスペシャルステージでより少ない所要時間を記録したクルーが上位となる。これで順位が決定できない場合は2番目以降のスペシャルステージの結果を順次次比較して決定する。この方法は、レグ別順位結果についても適用することができる。


第15条 儀典
フィニッシュ後の表彰ならびに賞の授与は下記に従って実施することができる。


1.セレモニアルフィニッシュ:最終パルクフェルメ入場前に行う形式的なフイニッシュで、暫定結果に基づいたフイニッシュ順としても良い。


2.暫定表彰:
暫定結果に基づく形式的な表彰式を行っても良い。ただし授与されるものは公式なものであってはならない。


3.表彰式:正式最終結果に基づく公式な賞の授与。


第3章 競技細則


本章は、FIAラリー運手権一般規定(General Prescriptions applying to all FIA Rally Championships,Trophies,Challenges or Cups)に準じた国内規定として定めたものである。


第16条 サービス(整備作業)


1.競技中は、競技車両のサービスはオーガナイザーが設定したサービスパークでのみ行うことができる。ただし、外部からの援助を受けることなく、クルー自らが車載の道具類のみを使用して作業を行う場合はこの限りではない(コントロールエリアおよびパルクフェルメは除く)。


2.サービスパークまたはリグルーピングエリアへの入場前のタイムコントロールでクルーと書類や飲食物の受け渡しを行うことは認められる。


3.サービスバークは次の規格に沿って設定されるものとする。


タイプA:最終レグを除く各レグ終了直前に設定されるサービスは、1時間とする。


タイプB:レグ中には、45分のサービスを2回まで、20分のサービスは回数を限定せずに設定することができる。レグスタートからサービスまで、またはサービスとサービスの間、またはサービスからレグ終了までに走行できるスペシャルステージの合計は、最長60kmとする。ただし、最終のスペシャルステージ終了後にサーピスを置く場合は20分とする。


タイプC:各日最初のスペシャルステージの前に、20分のサービスを設定することが望ましい。これは主に、当日の路面条件により適合したタイヤを選択する機会を与えることによって、競技の安全性と公平性を高めることを目的とする。


4.サービスパークはラリーの行程表に明記され、出入り口にはタイムコントロールを設置すること(ただし、別添2に定める各標識間の距離は5メートルでよい)。
5.サービスパーク内においては、いかなる車両も30km/hを超えて走行してはならない。
6.競技車両1台につき2台のサービス車両を使用することができる。
この車両は参加申し込み時に登録され、サービス車両であることを示すプレート等を表示していなければならない。
7.サービス後にタイヤマーキングを行う場合、マーキング作業実施場所はサービスパーク出口のタイムコントロール直後に設置すること。この場合、続くロードセクションの目標所要時間は上記の時間を考慮して設定すること。


第17条 タイヤ交換
タイヤ交換はサービスパーク以外で行ってはならない。ただし、クルー自らが車載の道具類のみを使用して車載のスペアタイヤと交換する場合はこの限りではない(コントロールエリアおよびパルクフェルメは除く)。この場合、外したタイヤは必ず車両に積んで持ち帰ること。また、スペアタイヤの搭載は2本までとする。


第18条 給油
オーガナイザーが指定した給油所以外で給油することは認められない。また給油中はエンジンを停止するとともに、クルーは車外で待機するか、車内で待機する場合は安全ベルトを外し、ドアを開けておくこと。


第19条 スタートおよび再スタート


1)オーガナイザーは、ラリーのスタートにおいてスターティングエリアを設けることができる。スターティングエリアはパルクフェルメとなりクルーは自車のスタート時刻の10分前に当該エリアに立ち入ることができる。


2)各クルーの目標スタート時刻(または目標再スタート時刻)は、車両検査後または各レグスタート前の適切な時間に公式通知によって示される。


3)クルー側の原因でスタートまたは再スタート地点への到着が目標スタート時刻より遅れた場合、その遅れが15分以内であれば、クルーは実際のスタート時刻の記入を受けてスタートする。


4)2つ目以降のレグのスタート順は、その直前までのレグの成績(タイムペナルティーを含む)に基づいて設定すること。ただし、スペシャルステージ内で前走車に追いついたりしないよう、スペシャルステージの距離および予想される速度等を考慮すること。


5)各競技車両のスタートおよび再スタートは、少なくとも1分の間隔を置いて行うこと。
この間隔は、すべての競技車両に対して同一でなければならない。ただし、他の諸規則または特別規則書に異なる記述がある場合はこの限りではない。


第20条 タイムカードへの記入


1.ラリーのスタートにおいて、各ロードセクションごとに定められた目標所要時間が記入されたタイムカードがクルーに支給される。これらのカードは、1つのセクションまたはレグを走行するために必要な枚数分が一冊に綴じこまれた形式で支給されるものとし、各クルーはそれぞれのセクションまたはレグの終了ごとにカードを提出する。タイムカードの提出および記入内容の確認は各クルーの責任において行うこと。時刻の記入は常に00.01-24.00の形式で時・分単位(スペシャルステージのフィニッシュにおける計時記録は秒または1/10秒の単位まで)を明記するものとする。ラリーを通じての公式時刻は特別規則書に明記されること。


2.タイムカードは常に提示できるようにしておき、コントロールではクルー自身が競技役員にカードを提出し、記入を受けること。


3.タイムカードの記入内容の修正はその権限のある競技役員によってのみ行われる。


4.いかなるコントロールにおいても、タイムカードへの時刻の記入、および押印または署名が確実に履行されなければならない。ただし、パッセージコントロールでの時刻の記入は不要とする。


5.タイムカードに記入された時刻および所要時間と当該競技会の公式書類に記録された時刻および所要時間が異なっている場合は、競技会審査委員会がこれを審査し最終判断を行う。


第21条 コントロールの機能


1.すべてのコントロールは以下の方法で示される。
(1)コントロールエリアの開始は黄色地の予告標識によって示される。予告標識から約25m先に設置される実際のコントロールの位置は、予告標識と同一の図柄の赤色地の標識によって示される。さらに約25m先に設置されるコントロールエリアの終了はベージュ地(黄色地でも可)に黒の斜線が3本入った終了標識によって示される。
(2)コントロールエリアはパルクフェルメとみなされ、いかなる修理も行ってはならない。またいかなる援助も受けてはならない。
(3)競技車両は、タイムカードへの記入等に必要な時間を超えてコントロールエリア内に留まってはならない。
(4)タイムコントロールにはクルーが競技車両に搭乗したまま容易に視認できる公式時計を設置することが望ましい。ただしチェックインはクルーの責任で行わなければならない。
(5)タイムコントロールに配置されている競技役員は、クルーに対して正しいチェックイン時刻を示唆したり、それに準じる行動を取ってはならない。
(6)すべてのコントロールは、最初の競技車両の通過予定時刻の15分前から最終競技車両の通過予定時刻の15分後まで開設しなければならない。ただし、競技長が別に定めた場合はこの限りではない。
(7)クルーはコントロールの責任者の指示に従わなければならない。


2.すべてのコントロールは別添1に示す規格に従った標識を使用して示される。
コントロールエリアの標識設定は以下の3種類がある。
(1)タイムコントロール:黄色地の№1の標識はコントロールエリアの開始を示す(予告標識)。そのコントロールの実際の位置は赤色地の№1の標識で示される。コントロールエリアの終了はベージュ色地(黄色地でも可)の№2の標識で示される(終了標識)。
(2)スペシャルステージ:スタート地点は赤色地の№3の標識で示される。フィニッシュ地点の予告は黄色地の№4の標識で示される。計時の行われる実際のフィニッシュ地点は赤色地の№4の標識で示される。さらにその先(100m以上300m以内)に設置された計時記録記入地点(ストップポイント)は、赤地色に"ST0P"と表示された停止標識で示される。さらにエリアの終了はベージュ色地(黄色地でも可)の№2の標識で示される。
(3)パッセージコントロール:黄色地の№5の標識はコントロールエリアの開始を示す(予告標識)。そのコントロールの実際の位置は赤色地の№5の標識で示される。コントロールエリアの終了はベージュ色地(黄色地でも可)の№2の標識で示される(終了標識)。


3.コントロールの競技役員は一見して識別できるようにすること。とくにコントロールの責任者はそれを示すべスト等を着用すること。


4.パッセージコントロールでは、競技役員はタイムカードが提出されたら速やかに押印または署名を行うこと。


5.タイムコントロールでは、競技役員はタイムカードが手渡された時刻を記入し(計時は分までとする)、速やかに押印または署名を行うこと。


第22条 タイムコントロールにおけるチエックインの手順


1.チェックインの手順は、競技車両がコントロールエリアの開始を示す標識を通過した時点から始まる。


2.コントロールエリアの開始を示す標識からコントロールを示す標識までの間はいかなる理由でも停車したり、異常な低速で走行してはならない。


3.実際の計時とタイムカードへの記入は、競技車両とその2名のクルーが当該コントロールエリア内にあり、設置された記入場所に到着した時にのみ行うことができる。何らかの原因によりコントロールエリアが競技車両等で混雑し、目標到着時刻に競技車両がコントロールエリアに進入できない場合は、コ・ドライバーが車両を降りてタイムカードをタイムコントロールに提出することによって、当該競技車両がコントロールエリア内に進入したものとみなす。この場合は車両がコントロールエリア外にあってもバルクフエルメ規制が適用される。


4.コ・ドライバーは、徒歩で自車の目標チェックイン時刻の1分前より早くコントロールエリア内に進入してもよい。さらに、目標時刻通りに自車をチェックインさせるため、ドライバーにコントロールエリアへの進入の合図を送ってもよい。


5.タイムカードの提出を受けた競技役員は手書きまたは印字装置によって時刻を記入する。その際に記入する時刻は、実際にクルーから競技役員にカードが手渡された瞬間の時刻でなければならない。ただし下記10に該当する場合はこの限りではない。


6.目標チェックイン時刻とは、ロードセクションを走行するために指定された目標所要時間を当該区間をスタートした時刻に加えたもので、分単位まで表示される。


7.競技車両が目標チェックイン時刻と同じ分、またはその前の分にコントロールエリアに進入しても早着のタイムペナルティーは受けない。


8.目標チェックイン時刻と同じ分の間にタイムカードを手渡した場合、遅着のタイムペナルティーは受けない。
例:目標チェックイン時刻が18時58分の場合、チェックインが18時58分00秒から18時58分59秒の間に行われれば、目標時刻どおりに到着したものと見なされる。


9.タイムコントロールの責任者は、早着した競技車両が当初予定どおりの時刻にコントロールを離れることができるよう、必要なニュートラリゼーションの時間を設けることができる。


10.オーガナイザーは特別規則書または公式通知に明記することにより、レグの最後のコントロール(その直前にサービスパークが設定される場合はその出口のコントロールも同様とする)については、タイムペナルティーを与えることなく目標時刻より前にチェックインさせることができる。この場合、タイムカードには実際のチェックイン時刻ではなく当初予定されていた目標時刻を記入すること。


11.1台または数台の競技車両が、不可抗力によりタイムコントロールに予定時刻より遅れて到着した場合、競技長は不可抗力の発生した区間およびその影響を受けた競技車両の取り扱いについて、競技会審査委員会の承認を得てそれらの車両が不利益を被らないよう適切な措置を講じることができる。


12.タイムコントロールへの早遅着はいかなる場合も当該コントロール青任者から競技長に書面により報告されなければならない。この書面は競技会審査委員会に提出され、罰則の判断を受けるものとする。


第23条 コントロールのスタート時刻


1.次のロードセクションがスペシャルステージを伴わない場合、タイムカードに記入されたチェックイン時刻がそのまま次のロードセクションのスタート時刻となる。


2.次にスペシャルステージのスタートが続く場合は下記の手順が適用される。
①当該タイムコントロールとスペシャルステージのスタートコントロールは同一のコントロールエリアに含まれるものとし、標識は下記の通り示す。
-黄色地のタイムコントロール予告標識
-約25m先に赤色地のタイムコントロール標識
-50~20m先に赤色地に閉じた旗のスペシャルステージスタート標識
-約25m先にベージュ色地(黄色地でも可)に3本の斜線のコントロールエリア終了標識
②当該タイムコントロールにおいては、チェックイン時刻に加えて、続くスペシャルステージのスタート予定時刻も同時に記入しなければならない。このスタート予定時刻は、クルーのスタート準備に要する時間を考慮してチェックイン時刻の3分後とする。
③その後、競技車両は速やかにスペシャルステージのスタートコントロールへ移動する。スタートコントロールの競技役員は、スペシャルステージの実際のスタート時刻(通常は上記③の予定時刻と同じ)を記入する。その後、第26条に定められたスタート手順に従ってスタートさせる。
④スペシャルステージ直前のタイムコントロールに、2組以上のクルーが同じ分にチェックインした場合は、その前のコントロール(タイムコントロールまたはスペシャルステージフィニッシュコントロールのうちいずれか直前のもの)の通過順に従ってスペシャルステージのスタート予定時刻を与える。もし1つ前のタイムコントロールの通過時刻も同じである場合は、さらにその前の通過時刻に従うものとし、以下同様とする。
⑤スペシャルステージフィニッシュ後、競技車両はストップポイントにてフィニッシュライン通過時刻と、続くロードセクションのスタート時刻の記入を受ける。ロードセクションのスタート時刻は、スペシャルステージのフィニッシュライン通過時刻の次の分とする。


3.特別規則書に明記することにより、ロードセクションにスペシャルステージが含まれる競技形式を採用することができる。この場合、スペシャルステージのスタート時刻が当該ロードセクションのスタート時刻となる。なお、具体的な運用についてはFIAラリー選手権一般規定に従うこと。


第24条 リグルーピングのコントロール


1.競技ルート沿いにリグルービングエリアを設置することができる。その出入り口はタイムコントロールによって規制される。


2.リグルーピングエリアの設置目的は、遅着やリタイヤによって発生した競技車両の時間間隔を詰めるためであり、設定にあたっては、エリア内に留まる時間ではなくエリアからのスタート時刻に最も配慮しなければならない。


3.リグルーピングのコントロールに到着したら、クルーは競技役員にタイムカードを提出し、スタート時刻の指示を受ける。それから速やかに車両をパルクフェルメ内に進入させ、パルクフェルメで指示された場所に停車したらエンジンを停止すること。オーガナィザーはパルクフェルメの入り口か出口で新しいタイムカードを支給してもよい。


4.リグルーピング後のスタート順は、可能な範囲でリグルーピングエリア到着時点の総合順位に従うべきであるが、この方法を採ることが難しい場合は、当該リグルーピングエリアのコントロールに到着した順とする。


5.リグルーピングエリア内では外部バッテリーでエンジン始動が行えるが、その後当該競技車両にそのバッテリーを搭載してはならない。


第25条 レストホールトのコントロール


1.競技ルート沿いにレストホールトエリアを設置することができる。その出入り口はタイムコントロールによって規制される。


2.クルーは車両停止時間にかかわらずエリア内の競技車両内またはエリア内で待機できる。


3.特別規則書による指示がない限り、レストホールトエリアにはパルクフェルメ規制は適用されない。従ってクルー自らが車載の道具類のみを使用して作業を行ってよい。


第26条 スペシャルステージ


1.スペシャルステージ区間の計時は秒単位で行われるが、順位決定のためにより詳細な計時記録が必要な場合は、オーガナイザーが特別規則書に明記することにより、1/10秒まで計時することができる。またスペシャルステージが行われる場所は、競技車両および競技役員車両以外が進入しないよう、監視要員を配置するなどして厳重に閉鎖されなければならない。オーガナイザーはこの閉鎖措置を確実に履行する責任を負う。


2.スペシャルステージ内ではヘルメット及び安全ベルト着用が義務づけられる。


3.クルーがスペシャルステージを逆走することは禁止される。


4.スペシャルステージのスタートは、スタンディングスタートとする。競技車両はエンジンのかかった状態でスタートライン上に停止し、スタートの合図を受ける。合図が出されてから20秒以内にスタートできない場合、当該車両は安全な場所へ速やかに移動される。


5.スペシャルステージのスタート
1)スタートコントロールの競技役員は、クルーから提出されたタイムカードに当該車両のスタート時刻を記入し、これをクルーに戻す。その後クルーに充分聞こえる大きな声で30秒-15秒-10秒-5秒-4秒-3秒-2秒-1秒の順にカウントダウンする。これは電気式のカウントダウン表示装置によって行ってもよいが、その場合はスタート位置のクルーからはっきりと見えることを条件とする。当該装置はフライング検知装置と連動させてもよい。さらに、この装置はスタート灯火信号と同調させてもよいが、表示方法およびそれを含めたスタートの手順に関する事項は特別規則書に明記されていなければならない。
2)カウントダウンが終了した瞬間に、スタートの合図が出される。競技車両はこれに従って速やかにスタートしなければならない。


6.スペシャルステージのスタートは、不可抗力が生じた場合に限り、担当競技役員によってのみ遅らせることができる。


7.クルーまたは競技車両に起因して自己のスタートが遅れた場合は、タイムペナルティが課されたうえで担当競技役員によって新たな時刻が与えられる。


8.各スペシャルステージには、オーガナイザーによりあらかじめ基準所要時間が設定されるものとする。基準所要時間の算出は分単位(1分未満切り上げ)とする。ただし、スペシャルステージがロードセクションに含まれる競技形式の場合は不要。


9.スペシャルステージのフィニッシュはフライングフィニッシュとする。黄色地の予告標識から停止標識"ST0P"までの間は停車が禁止される。計時は印字機能を持つクロノメーターを用いて行うことが望ましい。印字された記録は保管され、競技会審査委員会から求められた場合に提出できなければならない。補助としてストップウオッチを使用することが必要であるが、これには印字機能は義務付けられない。計時を行う競技役員は、フィニッシュライン(赤字にチェッカーフラッグの図柄の標識=別添1 №4参照=で示される計時基準線)の延長線上に配置され、車両の先端がフィニッシュラインを横切った瞬間を計時し、その通過時刻をストップポイントの競技役員に伝達する。


10.フィニッシュライン通過後、競技車両はストップポィントまで進み、タイムカードにフィニッシュライン通過時刻(時間、分、秒、および適用される場合は1/10秒)の記入を受ける。


11.スタック等によりスペシャルステージのコース上に停止し、かつ競技役員が後続車両に危険を及ぼすと判断した場合は、基準所要時間内であってもコースから排除されることがある。この場合、当該車両はリタイヤとみなされる。


12.スペシャルステージにおいては、いかなる援助(自車のクルー2名以外が行うもの)を受けることも禁止される。


13.スペシャルステージのスタート間隔は当該レグのスタート間隔と同一でなければならない。ただし、他の諸規則または特別規則書に異なる記述がある場合はこの限りではない。


14.スペシャルステージの中断および成立・不成立
1)何らかの理由により、全競技車両が走行を完了する前にスペシャルステージが中断された場合、下記の措置が取られるものとする。
-中断の原因となった場所より手前の各ラジオポイントにおいて、ポスト員は黄旗を振動表示する。
-昔旗の提示を受けた競技車両は減速し、いつでも止まれる速度で前進して競技役員の指示に従う。
2)上記1)の場合であっても、オーガナイザーは競技会審査委員会の承認を得て、下記の方法によりできる限り当該スペシャルステージを成立させるよう配慮すること。
-中断によって影響を受けたすべての車両(黄旗の提示を受けた車両を含む)に対し、中断前に当該クラスで記録されたタイムの中で最も適正と思われるタイムを一律に与える。
-中断の原因となった車両に対しては、実際に当該車両がSSフィニッシュに到達するのに要したタイムがそのまま与えられる。
3)何らかの理由により、全競技車両が走行を完了する前にスペシャルステージが中断され、競技会審査委員会の決定により一部または全部のクラスについて当該スペシャルステージが不成立(キャンセル)となった場合は全参加者に対し理由を付した公式通知を以って速やかに通知すること。
4)何らかの理由により、全競技車両が走行を完了したスペシャルステージの計時結果を取り消す場合は、競技会審査委員会の承認を得たうえで、全参加者に対し理由を付した公式通知を持って速やかに通知すること。


15.競技クルーの安全
1)スペシャルステージで競技車両がやむを得ず停車した場合、クルーはその場所から少なくとも50m手前の目立つ場所に反射式の三角表示板を配置し、後続車両に適切な合図を行わなければならない。なお車両がコース上にない場合も三角表示板を配置しなければならない。
2)ロードブックの末尾には、片面に赤字で「SOS」、もう片面には緑字で「OK」と書かれたA4判ページが2つ折りで綴じ込まれており、救急医療措置が不要な場合もしくは消火が必要ない場合は、「OK」ページを少なくとも3台の後続車両に明瞭に提示すること。また他に援助を行おうとしている者(へリコプター等)があれば、それらに対しても同様に提示すること。
3)クルーが車両から離れる場合は、後続車にはっきりと見える場所に「OK」ページを提示しておくこと。
4)救急医療措置が必要な場合もしくは消火が必要な場合は、赤色の「SOS」ぺージを提示すること。これが提示されていた場合、後続車は下記の手順に従う。また「OK」「SOS」のどちらの提示もなく、車両がかなりのタメージを負っていてクルーが車両内にいると思われる場合も同様の手順に従うこと。
①1台目の後続車はただちに停止し、それ以降の後続車の停止を促し、救助を行う。
②後続車が停止したら、いずれかのクルーが次のラジオポイントまたはストップポイントへ行き、状況を知らせる。
③それ以降の後続車は緊急車のための車幅をあけて停止し、援助を行う。
5)上記一連の緊急措置はロードブックにも明記されなければならない。


第27条 パルクフェルメ


1.下記がパルクフェルメ規制の対象となり、いかなる整備、修理、燃料補給も禁止される。またこれらの作業が含まれなくともボンネットを開けることも禁止とする。
1)コントロールエリアに進入した瞬間から退出するまでの間。
2)レグの終了後、車両保管場所に進入した瞬間から退出するまでの間。
3)ラリーの終了地点に到着した瞬間から、競技会審査委員会が車両保管の解除を認めるまでの間。
4)スターティングエリアまたはリグルーピングエリアに進入した瞬間から退出するまでの間。


2.パルクフェルメを監視する競技役員以外はパルクフェルメに立ち入ることは認められない。ただし、やむを得ない理由により競技役員が特に認めた場合はこの限りではないが、常に当該競技役員の監視下に置かれることとする。


3.スターティングエリア、リグルーピングエリアおよびレグ終了後の車両保管場所については、クルーは自車のスタート時刻の10分前にパルクフェルメに立ち入ることができる。また、リグルーピングの停車時間が15分以内の場合は、クルーはリグルーピングエリアに留まることができる。


4.パルクフェルメへの搬入・搬出、およびパルクフェルメ内での移動のために車両を押すことができるのは、担当競技役員および当該クルーのみとする。パルクフェルメ内では外部バッテリーでエンジン始動が行えるが、その後当該競技車両にそのバッテリーを搭載してはならない。


5.競技車両の破損が著しく、競技会技術委員長が道路運送車両の保安基準に適合しないおそれがあると判断した場合、クルーは競技会技術委員長またはその代理指名を受けた競技役員の立ち会いのもと、指示された部分についてのみ修理を行わなければならない。この場合は外部の援助を受けても構わない。ただし、この作業については外部の援助の有無にかかわらずタイムペナルティーが課される。


6.上記5のために予定時刻通りパルクフェルメを退出できない場合はコントロールへの遅着とみなされ、当該クルーにはタイムペナルティーが課されたうえで新たなスタート時刻が与えられる。


7.例外的な措置として、競技会技術委員長またはその代理指名を受けた競技役員の許可および立ち会いのもとで、クルーはスターティングエリアのリグルーピングエリア、またはレグ終了後の車両保管場所に停車している間にフロントウインドウおよびリアウインドウを交換することが認められる。この場合は最大3名までの外部の援助を受けても構わない。


8.上記7のウインドウ交換を行うにあたり車体またはロールバーの修復が必要な場合、その修復作業を行ってもよい。この場合は外部の援助を受けても構わない。ただし、この作業については外部の援助の有無にかかわらずタイムペナルティーが課される。


9.上記7および8の修理は自車のスタート時刻前に完了されていなければならず、これを過ぎた場合は上記6が適用される。


10.クルーは競技車両をパルクフェルメに停車させた後、速やかにエンジンを停止してパルクフェルメから退出しなければならない。クルーおよびチーム関係者がパルクフェルメに再入場することは許されない。


第28条 車両の移動
サービスパーク以外において競技車両を牽引または運搬すること、あるいはクルー以外の第3者が競技車両を押して移動させることは禁止される。ただし、安全上やむを得ない場合はこの限りではない。


第29条 罰則
本競技については、別添6による罰則が適用される。


第4章 参加者およびクルーの遵守事項


第30条 安全装備
スペシャルステージラリーに参加するクルーならびに車両に対しては、下記の安全装備が義務づけられる。またオーガナイザーは、特別規則書に明記することにより、より高規格の装備品を義務づけたり、追加の安全装備品を義務づけることができる。
1.クルーが着用するもの
1)国内競技車両規則第4編付則に従ったヘルメット
2)国内競技車両規則第4編付則に従ったレーシングスーツ
2.競技車両に搭載するもの
1)非常用停止表示板(三角)2枚
2)非常用信号灯
3)赤色灯
4)牽引用ロープ
5)救急薬品
6)各車両規定に定められている仕様の消火器


第31条 一般規定
オーガナイザーは参加者およびクルーに対し、下記の事項の遵守を徹底させること。


1.競技中は道路交通法の遵守を最優先とする。


2.一般車両および歩行者に迷惑を及ぼさないこと。


3.他車に追従する場合または対向車のある場合は、前照灯の照射方向を適切に変換し、眩惑を生じさせないよう留意すること。


4.明らかに追い越そうとしている車両がある場合は安全かつすみやかに進路を譲ること。


5.クルーは指示された行程(サービスパークを含む)を正確に維持しなければならない。特にロードセクションにおいてロードブックに記載されたルートから逸脱して走行してはならない。なお何らかの原因でオーガナイザーが迂回を指示した場合はその迂回ルートに従うこと。


6.競技から離脱した場合は直ちに最寄りの競技役員にリタイヤ届けを提出すること。提出が不可能な場合は電話等の手段で競技会事務局に連絡すること。


7.失格またはリタイヤとなった場合は直ちにゼッケン、ラリー競技会之証およびその他の競技関係添付物を取り除くこと。


8.安全ベルトは必ず装着し、スペシャルステージ走行時やオーガナイザーの指示がある場合は必ずヘルメットおよびレーシングスーツを着用すること。


9.スペシャルステージ走行時やオーガナイザーの指示がある場合は、必ずサイドウィンドウを閉じて走行すること。


10.競技中はオーガナイザーが指定した場所以外で整備作業を行うことはできない。


11.整備作業を行うことができる者は、当該車両の乗員およびオーガナイザーが認めた作業員とする。


12.特別規則書に記載されている項目以外に何らかの整備作業を行う必要がある場台は、競技会技術委員長の許可を得ること。


13.整備作業にあたっては、他の交通および作業員の安全確保に十分留意すること。


14.整備作業実施後は必ず担当競技役員の確認を受けること。


第5章 規則の施行


第32条 本規定の施行
本規定は2006年6月1日から施行する。


別添1:標識類の標準規格


別添2:標識類設置の標準規格


別添3:ロードブック推奨様式(下記参照)


別添4:サービスブック推奨様式(JRCA手引きを参照ください http://www.jrca.gr.jp/06guidance/index.html


別添5:タイムカード推奨様式(JRCA手引きを参照ください http://www.jrca.gr.jp/06guidance/index.html


別添6:スペシャルステージラリーに適用される罰則別紙参照


別添3:ロードブック推奨様式
1.ロードブックの仕上がり寸法はA5サイズとする(綴じ具は含まない)。


2.表紙には「ROAD BOOK」または「ロードブック」と標記し、表紙(1枚目)と最終ページは厚手の用紙を使用すること。


3.360度開くことが可能で十分な強度を持つ綴じ具(リング式金具等)を使用し、左綴じ製本とすること。


4.本文ページは通常片面印刷とするが、ページ数が多い場合は両面に印刷してもよい。いずれの場合も、片側の印刷が透けて見えることがないように、適度な厚さの用紙を使用すること。


5.全ページとも白い用紙を使用すること。スペシャルステージ(SS)についても色の付いた用紙を使用する必要はないが、コマ図に網掛けをして表示すること。


6.複数のロードブックを作成する場合(レグが複数設定される場合等)は、識別しやすいように配慮すること(例:表紙にレグ番号を大きく表示する、表紙の色を変える等)。


7.見出し、項目等は日本語のほか英語を併記しておくことが望ましい。


8.各ロードセクションおよび各SSごとに必ずページを改めること。また、SSフィニッシュ後のストップポイントでもページを改めること。


9.未舗装路面の場合はコマ図欄と備考欄の間の欄を黒く塗りつぶすこと。


10.SSのページを見つけやすくするためにSSの番号を綴じ側と反対側の欄外に表示してもよい。


11.タイムコントロール(TC)に続いてSSが設定されている場合、そのTCからSSスタートまでの距離をTCの備考欄に(  )でくくって表示すること。


12.各ページのコマ図表示は5コマを標準とし(最大でも6コマまでとする)、様式および記入方法等は別掲見本に準じること。


13.わかりにくい場所等での混乱を避けるために、コントロール地点の写真や略図が必要と思われる場合には挿入してもよい。


14.ロードブックには下記が含まれていなければならない。
(1)ラリー行程表(別掲見本参照)
(2)コース全体図:ラリーのスタート/フィニッシュ、SS、リグルーピングの場所、サービスパーク、救急施設およびその他のラリーに関する施設を地図上に表示すること。
(3)各レグまたは各セクションごとの概略地図
(4)各SSごとの周辺地図(略図):各SSの最初のページの前に挿入し、以下の表示を含むものとする。
・縮尺
・方位(北方表示)
・レッキのルート
・キャンセル時の迂回ルート
・SSのスタート/フィニッシュ地点(写真を挿入してもよい)
・ラジオポイントおよび緊急車両待機地点
(5)リタイヤ届け
(6)A4サイズの用紙に片面は赤色の「SOS」サイン片面は緑色の「OK」サイン:非常時に開いて使用できるように、巻末等に折り畳んで綴じ込んでおくこと。


15.ロードブックに使用される記号類は、ロードブックの冒頭のページにその説明を記載すること。


16.ロードブックには、下記の情報を必ず記載すること。
・病院または医療機関の連絡先
・ラリー本部(ヘッドクオーター)と最寄りの警察署、消防署等の電話番号
・公式通知および競技結果類の掲示場所または配布場所
・リタイヤ届け


17.上記の他、ラリー中に必要な情報を記載した書類、または各種申告書・届出用紙等を綴じ込んでもよい。


安全確保および緊急時の措置について
*下記の内容を記したページをロードブックの「行程表」の前に挿入すること。


1.スペシャルステージで競技車両がやむを得ず停車した場合、クルーはその場所から少なくとも50m手前の目立つ場所に反射式の三角表示板を配置し、後続車両に適切な合図を行わなければならない。なお車両がコース上にない場合も三角表示板を配置しなければならない。


2.救急医療措置が不要な場合もしくは消火が必要ない場合は、「OK」ページを少なくとも3台の後続車両に明瞭に提示すること。また他に援助を行おうとしている者(へリコプター等)があればそれらに対しても同様に提示すること。


3.クルーが車両から離れる場合は、後続車にはっきりと見える場所に「OK」ページを提示しておくこと。


4.救急医療措置が必要な場合もしくは消火が必要な場合は赤色の「SOS」ページを提示すること。これが提示されていた場合、後続車は下記の手順に従う。また「OK」「SOS」のどちらの提示もなく、車両がかなりのダメージを負っていてクルーが車両内にいると思われる場合も同様の手順に従うこと。


①1台目の後続車はただちに停止し、それ以降の後続車の停止を促し、救助を行う。


②後続車が停止したら、いずれかのクルーが次のラジオポイントまたはストップポイントへ行き、状況を知らせる。


③それ以降の後続車は緊急車のための車幅をあけて停止し、援助を行う。


[2007/03/18 20:43] 競技規則・車両規則 | TB(0) | CM(0)

2007年ラリー車両規定 

2007年ラリー車両規定



第1章 一般規定


第1条 総則
本規定に定める車両は、道路運送車両の保安基準(昭和26年運輸省令第67号)に適合し、公道を走行するにたりる条件を満たしていなければならない。
車両の部品を変更または交換したり新たな部品を装着し使用する場合には、車両の使用者の責任において上記の保安基準に適合させるとともに、常にその適合状態を維持しなければならない。
なお、本規定は国内規定であり、国際格式ラリーの参加車両についてはFIA規則に従うこと。


第2条 車両の定義
2.1)ラリーRN車両(RN車両)
FIAによりグループNとして公認された車両で、道路運送車両の保安基準(昭和26年運輸省令第67号)に適合し、本編に従った自動車登録番号標(車両番号標)を有する車両。
2.2)ラリーRJ車両(RJ車両)JAF登録車両で、道路運送車両の保安基準(昭和26年運輸省令第67号)に適合し、本編に従った自動車登録番号標(車両番号標)を有する車両。
2.3)ラリーF車両(F車両)
道路運送車両の保安基準(昭和26年運輸省令第67号)に適合し、本章第1条に従った自動車登録番号標(車両番号標)を有する車両。
2.4)RN/RJ車両について、FIAグループN車両とJAF登録車両の両方の資格を有する場合、当該車両はRN車両として取り扱う。ただし、その車両が2002年12月31日以前に運輸支局等に初度登録されている場合は、RN、RJのいずれかを参加者が選択できるものとする。


第3条 車両の公認、登録および型式に関する定義
3.1)公認グループNの公認とは、あるモデルの生産台数が、2007年FIA国際モータースポーツ競技規則付則J項のグループNに分類される量産条件に達したことをFIAが公式に証明することをいう。公認申請は、JAFによってFIAに提出され、公認はFIAの規則に基づいて行われる。
公認は前年の1月1日時点で生産継続中であるモデル、また前年の1月1日以降に生産を開始したモデルにのみ与えられる。
公認はそのモデルの生産が中止された翌年から7年を以って無効となる。
3.2)公認書
FIAによって公認されたすべての車両の詳細は、公認書とよばれる書類に記載される。公認書には、そのモデルの識別を可能とするための諸元が記入される。公認記載項目、記入要領ならびに公認申請要領は「FIA車両公認規則」に示される。
競技車両の型式は打刻によって証明される。オーガナイザーは車両検査時に公認書の提示を要求することができる。
当該車両を車両公認書と照合した結果、何らかの疑義が生じた場合、車両検査員はそのモデルの整備解説書を参照するか、またはラインオフ状態の同一モデルと比較して検査を行うものとする。
参加者は自分の車両が生産された国のASNから、その車両の公認書、および必要な場合は公認付属書(正常進化・変形公認の認書等を含む)の交付を受け、常に携帯することが義務付けられている。
3.3)登録車両
JAF登録車両規定に基づいて登録された車両。JAF登録車両での参加者は、車両の主要諸元を証明するための当該自動車製造者発行のカタログ、パンフレット等(新型車解説書、整備解説書等を含む)を常に携帯することが義務付けられる。
3.4)同一車両型式
自動車検査証または当該自動車製造者発行のカタログの型式欄に記載されている「記号および数字(ただし、E、GF、GH等の排出ガス規制を表す記号を除いたハイフン以降の記号部分をいう。TA-AE123とあれば、AE123を指す。)」が同一の車両を同一車両型式として取扱う。


第4条 車体の定義
4.1)車体
車体とは以下のことを意味する。
4.1.1)外側
ボンネット、フェンダー、ルーフ等、外気にさらされる車体のすべての主要部分。
4.1.2)内側
車室内に位置する範囲のすべての部分。


第5条 気筒容積(総排気量)別クラス区分
気筒容積別クラスについては第1編レース車両規定第3章1.9)に従うこと。また、過給器付きエンジン等の気筒容積の換算係数については同規定同章4.3)に従うこと。


第6条 燃料 
6.1)燃料は、石油会社で生産され、通常のガソリンスタンドのポンプから販売されている(潤滑油以外のいかなる添加物も含まない)自動車用無鉛燃料でなくてはならない。
6.2)燃料への混入物
一切の燃料への添加剤の使用は認められない。


第7条 最低重量
各車両の最低重量は下記の通りとし、競技中いかなる時でもこの値以上の重量を有していなくてはならない。 
7.1)RN車両については公認書に記載された車両重量に安全装備(ロールケージ等)の重量として35kgを加えた値とする。
7.2)RJ車両についてはカタログに記載された車両重量から当該車両の燃料タンク容量に比重0.74を乗じた値(小数点以下切り捨て)を減じ、これに安全装備(ロールケージ等)の重量として35kgを加えた値とする。
同一車両型式に複数の車両重量が設定されている場合は、その最小値を当該車両の車両重量として適用する。
7.3)重量計測の条件は下記の通りである。 
①搭乗者、搭載物、エ具およびジャッキの重量は含まない。 
②潤滑油、冷却水、ブレーキ油等の液体は標準容量を満たす。 
③燃料タンク、ウインドスクリーンウォシャータンク、ヘッドライトウォッシャータンク、水噴射タンクは空にする。
7.4)バラストの搭載は安全上の理由から原則として認められない。
ただし、やむを得ずバラストを積む場合は、第1編レース車両規定第3章3.3)に従うとともに、競技会技術委員長の確認を受けなければならない。


※注意:測定時の条件として、RN車両はスペアタイヤ1本を含め、RJ車両はスペアタイヤを含まないとされる統一見解が出されました。


第2章 安全規定


第1条 配管類 
1.1)配管類の保護
燃料およびオイルとブレーキ配管は、外部から損傷を受けぬよう(飛石、腐触、機械的損傷等)、すべてを考慮して保護策をとらねばならない。また、室内には絶対に火災および償夢を発生および損傷を発生させない配慮を必要とする。
当初の保護物をそのまま維持するのであれは追加の防護は不要であるが、防音材および防振材等を取り除くことにより配管や配線類が露出する場合には適切なる防護策を講じなければならない。
1.2)配管類の取付け 
1.2.1)冷却水または潤滑油を収容する配管:車室外部になくてはならない。
1.2.2)燃料または油圧液を収容する配管:車室を通過して良いが、第1図および第2図に従った前後の隔壁部分とブレーキ回路およびクラッチ液回路を除き、車室内部にいかなるコネクターも有さないこと。
Fig1
Fig2
1.3)配管および取付け具の仕様 
1.3.1)燃料、潤滑油または油圧液を収容する配管が柔なものである場台、これらの配管はネジ山のついたコネクター、はめ込み式のコネク夕ー、または自動的に密閉されるコネクターと、摩擦と炎に耐え得る(燃焼しないもの)外部保護鋼材を有していることを推奨する。 
1.3.2)燃料を収容する配管は、135℃(250°F)の最低作動温度で計測した場合に、70bar(1000psi)の最低破裂圧力を有していることを推奨する。 
1.3.3)潤滑油を収容する配管は、232℃(450°F)の最低作動温度で計測した場合に、70bar(1000psi)の最低破裂圧力を有していることを推奨する。
1.3.4)油圧液を収容する配管は、232℃(450°F)の最低作動温度で計測した場合に、280bar(400psi)の最低破裂圧力を有していることを推奨する。
油圧システムの作動圧カが140bar(2000psi)を超える場合は、作動圧力の少なくとも2倍の破裂圧力がなければならない。


第2条 安全ベルト
メーカーラインオフ時に装備されている安全ベルト(3点式等)に加え、4点式以上の安全ベルト(FIA公認安全ベルトの使用を強く推奨する。)を装備すること。この場合、下記条件に従わなければならない。
①追加装備する安全ベルトはワンタッチ式フルハーネスタイプとし、第4編付則「ラリー競技およびスピード行事競技における安全ベルトに関する指導要綱」または第4編付則「レース競技における安全ベルトに関付則」または国際モータースポーツ競技規則J項第253条安全装置第6項「安全ベルト」のいずれかに従うこと。FIA国際モータースポーツ競技規則付則J項第253条に定められた取り付け方法も可(第3図~第5図参照)。なお、Y字レイアウトのフルハーネスタイプは4点式とみなす。
Fig3
Fig5
②追加装備する安全ベルトは、既設の安全ベルト(3点式等)の取り付け装置にフック等を用いて用意に着脱できる構造でなければならない。
③追加装備する安全ベルトは競技走行中のみ装着することが許される。
したがって、それ以外の通常走行時は既設の安全ベルト(3点式等)を装着すること。
④競技中に4点式以上の安全ベルトを装着する場合には、乗車定員は2名とすること。 
⑤4点式以上の安全ベルトを追加装備することにより後部乗員の乗降性が確保できなくなる場台には、各運輸支局等において乗車定員変更のための構造等変更検査の手続きを行うこと。 


第3条 消火器
手動消火装置または自動消火装置を装備することが義務付けられる。
これらの消火装置はFIAの認定を受けたものであることが望ましい。 
3.1)手動消火装置
手動消火装置とは消火装置単体をドライバー等が取り外して消火を行うための消火装置をいう。 
3.1.1)取り付け
各々の消火容器の取り付けは、クラッシュ時の減速度がいかなる方向に加えられても耐えられるように取り付けなければならず、取り付け方向は車体軸線に対し直角に近い状態であること。(リベット止めは禁止される)
金属性ストラップの付いたラビッドリリースメタル(ワンタッチ金具)の装着のみ認められる。 
3.1.2)取り付け場所
消火装置はドライバー等が容易に取り外せる位置に取り付けなければならない。
3.1.3)検査
下記情報を各消火器に明記しなければならない。
-消火装置の型式
-消火剤の種類
-消火剤の容量(重量) 
-消火装置の製造日(年もしくは年月日)
-消火器の充填日もしくは検査日
消火装置の有効期間は、充填した日もしくは前回検査日から2年とする。
外部が損傷している容器は交換しなければならない。
3.1.4)仕様
1つあるいは2つの同一消火剤容器とする。粉末2.0kg以上、または、FIA国際モータースポーツ競技規則付則J項第253条に記された消火剤および内容量を装備すること。
3.2)自動消火装置
自動消火装置とは、車両に固定された消火装置が、車室内とエンジンルームに対し起動装置によって同時に作動するものをいう。
3.2.1)取り付け
各々の消火装置の容器は、いかなる方向にクラッシュ時の減速度が加わってもそれに耐えられるように取り付けられなければならない。
3.2.2)操作・起動
2つの系統は同時に起動しなければならない。いかなる起動装置も認められる。しかしながら、起動系統が機械式だけでない場合、主要エネルギー源からでないエネルギー源を備えなければならない。
運転席に正常に着座し、安全ベルトを着用したドライバーが起助装置を操作できなければならない。
車両の外部のいかなる者も同時に操作できること。外部からの起動装置はサーキットブレーカーに隣接して、あるいは、それと組み合わせて位置しなければならない。また、赤色で縁取られた直径が最小10cmの白色の円形内に赤色でEの文字を描いたマークによって表示されなければならない。
ヒートセンサーによる自動起動装置が推奨される。
装置はいかなる車両姿勢にあっても、たとえ車両が転倒した場合でも作動しなければならない。
3.2.3)検査
下記情報を各消火器に明記しなければならない。
-消火装置の型式
-消火剤の種類
-消火剤の容量(重量) 
-消火装置の製造日(年もしくは年月日)
-消火器の充填日もしくは検査日
消火装置の有効期間は、充填した日もしくは前回検査日から2年とする。
外部が損傷している容器は交換しなければならない。
3.2.4)仕様 
FIA国際モータースポーツ競技規則付則J項第253条に記された消火剤および内容量を装備すること。
消火装置は耐火性でなければならず、また、衝撃に対して防護されていなければならない。消火剤の噴出ノズルは、乗員に直接消火剤がかかることのないように取り付けなければならない。
(凍傷の危険) 
3.2.5)放射時間車室内:最短 30秒/最長 80秒
エンジン:最短 10秒/最長 40秒
両方の消火器が同時に作動しなければならない。


第4条 ロールケージ 
FIA国際モータースポーツ競技規則付則J項第253条第8項に従ったロールケージを装着しなければならない。ただし、FIA公認のロールケージパッドの使用は任意とする。
FIA/JAF公認ロールケージの使用は許されるが、アルミニウム製ロールケージの使用は許されない。公認ロールケージに対する改造はいかなるものでも認められない。
ロールケージの材質はスチールとし、下記の規定に従うこと。
①ロールケージを取り付けた状態における乗車装置は、座席面上で座席前端より200mmの点から背もたれに平行な天井(ロールバーが頭部付近にある場合はロールバー)までの距離が800mm以上であること。
②乗員の頭部等を保護するため、頭部等に接触する恐れのあるロールゲージの部位は、緩衝材で覆われていること。
③乗員が接触する恐れのあるロールバーは、半径3.2mm未満の角部を有さないものであること。 
④ロールケージを取り付けることにより、前方視界およびバックミラーによる視界を妨げるものでないこと。 
⑤ロールケージを取り付けることにより乗員の乗降を妨げるものでないこと。なお、ロールゲージ取り付けにより後部乗員のための室内高の確保および乗降口等の確保ができない場合には、各運輸支局等において乗車定員変更のための構造等変更検査の手続を行うこと。
⑥ロールケージ取り付けのための最小限の改造(ダッシュボードの貫通、内張りの切削等)は許される。


第5条 サーキットブレーカー
下記規定に従ったサーキットプレーカーの装着を強く推奨する。
イグニッションスイッチおよび燃料ポンプスイッチは、その位置が確認できるよう黄色で明示しなければならない。イグニッションスイッチおよび燃料ポンプスイッチを変更する場合、ONの位置が上、OFFの位置が下になければならない。
また、運転席および車外から操作できるすべての回路を遮断する各々今独立した放電防止型のサーキットプレーカー(主電源回路開閉装置)を装備しなければならない。これらはすべての電気回路を遮断できるものであり、エンジンを停止することができるものであること。その場所は外部から容易に確認できる位置とし、赤色のスパークを底辺が最小12cmの青色の三角形で囲んだ記号で表示すること。引くことにより機能する車外操作部を持つサーキットブレー力一を運転席の反対側のフロントウインドシールド支持枠の下方付近に設置すること。ただし、車両の構造上フロントウインドシールド支持枠の下方付近に設置することが不可能な場合、運転席の反対側のセンターピラーあるいはクォーターピラーの外部から操作可能な位置に装着することが許される。


第6条 けん引用穴あきブラケット
車両の前後にけん引用穴あきブラケットを取り付けることを強く推奨する。このけん引用穴あきプラケットは、車両をけん引して移動するのに取り付け部分も含め十分な強度を有していなければならない。
車両が砂地に停車したときでも使用が可能な位置に取り付けられていなければならない。
けん引用穴あきブラケットは下記の要件を満たすこと。 
①材質は、スチール製でなければならない。 
②最小内径: 50mm 
③内径の角部はRを付けて滑らかにすること。 
④板製の場合、最小断面積(取り付け部分も含む): 1c㎡ 
⑤丸棒の場合、φ10以上。
⑥黄色、オレンジ色、あるいは赤色に塗装されていること。


第7条 飛散防止フィルム
側面および後部のウィンドウに無色透明の飛散防フィルムを貼付することが強く推奨される。


第3章 改造規定


第1条 許可される変更
本規定で許可されていないすべての改造は、明確に禁止される。
改造の範囲や許可される取り付けは下記に規定され、これを除いては、車両に対して行うことのできる作業は、通常の整備に必要な作業、または使用や事故により摩耗・損傷した部品の交換に必要な作業のみとする。当該部品の交換は、市販されている全く同一の部品(当該自勲車製造者が補修用として設定している部品を含む)とのみ行うことができる。
なお、当該車両について分解整備(原動機、動カ伝達装置、走行装操縦装置、制動装置、緩衝装置または連結装置を取り外して行う車両の整備または改造であって道路運送車両法施行規則(昭和26年運輸省令第74号)第3条で定めるものをいう。)をしたときは、遅滞なく点検整備記録簿に整備の概要等を記載しなければならない。ただし業者が当該分解整備を実施したときは、この限りではない。


第2条 部品等
2.1)RN車両については、道路運送車両の保安基準に適合し、本規定で許可されている改造であれば、FIAグループNに有効なオプション変型(VO)、プロダクション変型(VP)または供給変型(VF)として公認されている部品の使用が認められる。
加えて、下記の項目に限り、FIAグループAのオプション変型(VO)として公認されている部品の使用も認められる。
①当初のものと同一直径・同一重量のエンジンフライホイール(当初のエンジンフライホイールが2分割構造の場合に限る)
②オートマチックトランスミッションのフライホイール
③オートマチックトランスミッション
④安全ロールケージ
⑤座席取り付け具および支持具
⑥セーフティハーネス(安全べルト)の取り付け点
⑦2/4ドア変型
2.2)RJ車両については、JAF登録車両と同一車両型式に設定されている純正部品およびメーカーオプションで、改造および加工の必要なく取り付けられるものであれば使用が認められる。ただし、本改造規定が優先される。


第3条 エンジン
3.1)エンジシルーム内の機械部品を覆うことを目的としたプラスチック製エンジンシールドで、美観を保つこと以外に機能を有さないものであれば、取り外しても良い。また、エンジンルーム内の防音材の取り外しは認められる。 
3.2)アクセルケーブルの交換または二重化は認められる。また、フライバイワイヤー方式(電気信号により操作するもの)を機械式に変更することも許される。 
3.3)ボルトおよびねじは同じ材質であれば変更することが許される。
3.4)点火装置
スパークプラグ、レブ・リミッター、ハイテンションコードの銘柄および型式はその機能が維持されていれば変更することが許される。
3.5)電子制御装置変更は許されるが、変更されたユニットは当初のものと完全に互換性がなければならない。すなわち、いかなる場合であっても当該ユニットを量産ユニットと交換してエンジンが正常に稼動しなければならず、入力側のセンサーおよびアクチュエーターはその機能を含みメーカーラインオフ状態の仕様と同一であること。 
3.6)データロギング(エンジン制御データおよび実走行データ記録装置)
データロギングシステムの使用は認められるが、入力側のせンサーはその機能を含みメーカーラインオフ状態の仕様であること。ただし、水温、油温、油圧、エンジン回転についてはセンサーの追加も認められる。
ケーブルリンクおよびチップカード以外の方法による車両のデータ変更は認められない。

3.7)冷却装置
サーモスタット、および冷却ファンの作動開始時の温度は制御方式(ファンクラッチ)を含み自由。ラジエターキャップおよびホース類の変更は自由。
3.8)キャブレター
当初の装置が保持され、かつ燃焼室への燃料の流入量を調整する構成部分が空気量に影響を一切与えないということを条件に改造することが認められる。 
3.9)インジェクション
当初の方式を変更することは許されない。エアフローメーターの下流に取り付けられている燃料を調整するインジェクションの構成部品は、いかなる条件においても吸気量に影響を与えないことを条件に改造することができるが、他のものとの交換は認められない。また、電子制御装置への入力側(センサー、アクチュエーター等)は機能を含み当初のままでなくてはならないが、電子制御装置の内部については自由である。
インジェクターは、作動原理および取り付け方法を保持していれば流量を変更するための変更は認められる。 
3.10)エアクリーナーエレメントの変更は、当初の方式を保っていれば自由。 
3.11)潤滑油系統
オイルパンへのバッフル(仕切り板)の追加が認められる。当初の方式を維持していればオイルフィルターカートリッジの変更も認められる。
オイルクーラーの変更および取付けも認められる。ただし、新たに取付ける場合は、配管については第2章第1条に従った配管とすること。
ターボチャージャー付きエンジンについては、ターボチャージャーの潤滑配管を、第2章第1条に従った配管に置き換えることができる。これらの配管にはスナップ・コネクターを取り付けることができる。 
3.12)エンジンおよびトランスミッションマウントのブッシュは、取り付け点の数を維持し同一材質および形状であれば硬度の変更は認められる。 
3.13)排気系(エキゾーストマニホールドは含まれない)
変更は許されるが、下記の規定を満たしていなければならない。
なお、オーガナイザーは当該競技会特別規則に規定することによって、音量を規制することができる(マフラーおよび排気管の変更について制限することも含む)。
①排気管は左または右向きに開ロしてはならない。
②触媒コンバーター、排気ガス再循環装置、O?センサー、二次空気導入装置等が当初の通り取り付けられていること。 
③遮熱板等の熱害対策装置は同一の構造を有し、かつ同じ位置に備えられ損傷・脱落がないこと。 
④いかなる場合も当該車両の排気ガス規制値に適合していること。
3.14)シリンダーヘッドガスケット
当初の厚さを維持していれば材質の変更は許される。 
3.15)オートクルーズ
装置の接続は外すことが許される。
3.16)総排気量
自動車製造者が当該型式原動機の補修用として設定しているオーバーサィズピストンを含み変更は認められない。
3.17)過給器付きエンジンについては下記の規定が適用される。 
①過給器はメーカーラインオフ状態の仕様と同一でなければならない。
②すべての過給器のコンプレッサーハウジングの吸気側にいかなる温度条件下においても最大内径32mm(外径:38mm未満)のリストリクターを装着しなければならない。ただし、並列する2基のコンプレッサーを有するエンジンの場合、各コンプレッサーの吸気内径は最大22.6mmに制限される。 
③リストリクターの取り付けは、プレードの最上部から50mm以内とし最低でも下流方向に3mmの幅が維持されていること。
④リストリクターは単一の素材で作られていなければならず、シリンダーに供給される空気はすべてこのリストリクターを通過しなければならない。 
⑤ディーゼルエンジンのリストリクターは、最大内径35mm、外径41mmとする。
⑥スーパーチャージャー付き車両についてはりストリクターの装着は不要とする。ただし、リストリクター装着車両との性能の均衡が保たれない場合には、本取り扱いを見直す可能性がある 
⑦過給器のコンプレッサーハウジングの内径が市販状態で32mm以下である場合はリストリクターの装着は不要とする。ただし,リストリクター装着車両との性能の均衡が保たれない場合には、本取り扱いを見直す可能性がある。 
⑧リストリクターの取り付けについてはFIA国際モータースポーツ競技規則付則J項第254条第6項に準拠するものとし、その取り付けに必要なコンプレッサーハウジングへの最小限の加工は認められる。


第4条 駆動系統
4.1)駆動方式の変更は認められない。(4WD⇔2WD等)
4.2)フライホイール
フライホイールは自由。ただし、数の変更ならびにカーボン製の使用は許されない。 
4.3)クラッチクラッチディスクおよびクラッチカバーは重量を含み自由。ただし、数および直径の変更、ならびにカーボン製の使用は許されない。 
4.4)ギアボックス
ギアボックス内部の改造は自由。 
4.5)ディフアレンシャル
量産ハウジングを改造(内部を除く)することなく装着できる機械式リリミッテドスリップディファレンシャル(機械式LSD)の装着は認められる。同様に、量産ハウジングを改造することなく装着できるものであれば、ビスカスクラッチ式LSDを機械式LSDに変更することも許される。また、油圧または電気式制御でなければ機械式LSDの方式を変更することも許される。オリジナル車両が油圧または電気式制御を装備している場合はそのまま使用してよい。この場合、電子制御装置の変更は許されるが、変更されたユニットは当初のものと完全に互換性がなければならない。すなわち、いかなる場合であっても当該ユニットを量産ユニットと交換したときにデフが正常に稼動しなければならず、入カ側の七ンサーおよびアクチュエーターはその機能および電気配線の数を含みメーカーラインオフ時の仕様と同一であること。また、LSDの装着に伴うファイナルギアの変更およびアウトプットシャフトの最小限の変更(スプライン数の変更等)は認められる。


第5条 サスペンション
プラケットを含むサスペンション部品の補強は同一材質で且つ当初形状に沿っていることを条件に許される。
5.1)コイルスプリング
長さ、コイルの巻き数、線径、外径を含み自由。スプリングの数は、同一軸上に直列に取り付けることを条件として、自由である。また、車高調整式への変更も許される。ただし、当該自動車製造者発行のカタログ等の主要諸元の高さから±4cmの範囲を超えないこと。またその範囲内であっても最低地上高がアンダーガードを含み9cm以下とならないこと。(RN車両については公認書記載の最低高さの範囲内であっても±4cmの範囲を超えないこととし、かつ最低地上高がアンダーガードを含み9cm以下とならないこと)。
5.2)リーフスプリング
長さ、幅、厚さ、キャンバーは自由。 
5.3)ショックアブソーバー
数、形式、作動原理、取り付け位置を保持していれば変更は自由。サスペンションに組み合わされるショックアブソーバーのアッパーマウントをピロボール式に変更することは、取り付け部を含む車体側に一切の変更を施さないことを条件に認められる(キャンバー角度等の調整機能を有していても良い)。またりザーバータンクは独立式でもよい。車室内からショックアブソーバーの減衰力を調整する装置を取り付けることは認められない。 
5.4)スプリングシート
形状および材質は自由。 
5.5)サスペンションブッシュ
当初の方式および材質を維持していれば、その剛性の変更をすることができる。 
5.6)スタビライザー
ブッシュを含み変更することはできるが、取り外すことは出来ない。また、車室内からの調整式は認められない。


第6条 ホイールおよびタイヤ 
6.1)ホイール
下記条件を満たしたホイールの使用が許される。 
①RN車両に装着するホイールは、公認書に記載された最大直径および最大幅を超えていないこと。 
②RJ車両に装着するホイールは、車両の総排気量に従って定められる下記の最大直径および最大幅を超えていないこと。ただし、同一車両型式のカタログに記載されているホイールの直径および幅が下記の数値を超えている場合は、カタログに記載されている数値を最大値とすることができる。
-総排気量が1400cc以下の車両: 最大直径 14インチ、最大幅 6インチ
-総排気量が1400ccを超え2000cc以下の車両: 最大直径 16インチ、最大幅 7インチ
-総排気量が2000ccを超える車両: 最大直径 17インチ、最大幅 7.5インチ 
③部分的であっても複合素材から成るホイールの使用は禁止する。 
④ホイールの材質はスチール製またはJWLマークのある軽合金製(アルミ合金製、マグネシウム合金製など)とする。
⑤ホイールナットの材質および形状の変更は許されるが、ホイールスペーサーの使用は認められない。
ホイールに間隔保持のための部材を溶接することはホイールスペーサーの使用とみなされる。
⑥ホイールの寸法を小さくすることは許される。 
⑦いかなる場合にも、車両のトレッドを拡大することは認められない。ただし、ホイールの変更に伴う最小限のトレッドの変化は許される。 
⑧ホイールに追加される排風装置の装着は認められない。
6.2)タイヤ
前項規定に合致したホイールを適用リムとし、これに装着できるタイヤとして JATMA YEAR B00K に記載されているもの、またはこれと同等なものであり、かつ下記の条件をみたしていなければならない。 
①公道走行が認められている一般市販タイヤに限られ、競技専用タイヤの使用はいかなる場合でも認められない。 
②タイヤおよびホイールは、いかなる場合も他の部分と接触しないこと(ステアリングを左右に最大に操作した場合等に、タイヤおよびホイールが他の部分と接触しないこと)。 
③タイヤおよびホイールは、フェンダーからはみ出さないこと。 
④タイヤの溝は常に1.6mm以上あること。 
⑤いかなる場合であっても、タイヤに対する加工は許されない。 
⑥タイヤのウォームアップ、溶剤塗布などは認められない。 
⑦スパイクタイヤの使用は認められない。 
⑧タイヤ内部に空気以外のものを充填することは禁止される。 
6.3)スペアホイール
車両には1本または複数のスペアホイールを搭載しなければならない(ただし、当初の車両に搭載されていない場合はこの限りではない)。スペアホイールは必ずしっかりと固定されていなければならない。


第7条 制動装置 
7.1)主プレーキ 
7.1.1)プレーキライニング(パッド)については、パッドとべースプレートの接触面積が増加していないことを条件に変更することが許される。またその取り付け方式(リべット・接着等)を変更することも許される。
7.1.2)プレーキホースの変更は自由。 
7.1.3)バックプレート(保護用プレート)の取り外しまたは改造は自由。
7.1.4)リアブレーキへのプロポーショ二ングバルブの装着は、車両公認書のオプション変型(VO)として公認されたもの、および同一車両型式に設定されたものに限り認められる。 
7.1.5)ブレーキキャリバー内のピストンの背後にノックバック防止を目的としたスプリングを追加することは許される。 
7.1.6)ホイール内に付着した泥を排除することを目的としたスクレッパーの取り付けは許される。 
7.1.7)ブレーキキャリパー、ブレーキディスクの変更は自由、サイズの変更も認められる。ただし、カーボン型ブレーキディスクの使用は禁止される。 
7.2)ハンドブレーキレバーの改造は許されるが、当初の取り付け位置および機能を維持していなければならない。


第8条 操舵装置 
8.1)パワーステアリングとラックを繋いでいる配管を、第2章第1条に従った配管に変更することができる。
8.2)ステアリングホイールは、外径350mm以上のもので、舵取装置の衝撃吸収装置に影響を与えないものであれば、ステアリングホイールハブを含み変更することができる。


第9条 車体
9.1)外観 
9.1.1)ホイールキャップは取り外さなければならない。 
9.1.2)ヘッドライト保護用のカバーの取り付けは許されるが、いかなる場合でも空力特性並びに冷却特性に影響を及ぼすものであってはならない。
9.1.3)車体下部を保護することを目的とした空力効果を生じない保護体アンダーガード等)の装着は認められる。 
9.1.4)前後ワイパーブレードの変更は許される。 
9.1.5)空カ装置については純正装着のものを取り外すことは許される。また交換、追加することも許されるが、その場合は公認書およびカタログに記載されているものを強く推奨される。また、第4編付則「アクセサリー等の自動車部品」の1に該当する部品については、取り付けが堅牢であることを含み、同付則「エア・スポイラの構造基準」に合致しているものであれば装着が認められる。 
9.1.6)マッドフラップは、以下の条件で装着することができる。 
①柔軟な材質でかつ排気管等と干渉してはならず、車体外側表面部位は外側に向けて尖っていたり、鋭い部分がないこと。 
②それらは少なくともホイールの全幅を覆い、かつマッドフラップに覆われていない部分が車両の幅の1/3以上であること。
③リアホイールより前方に装着されるマッドフラップ(センターフラップ)の左右の間には、少なくとも20cmの間隔がなくてはならない。
④これらのマッドフラップの底部は、車両停止時に乗員なしで地表から10cm以上に位置してはならない。 
⑤垂直投影面にあって、これらのマッドフラップは車体から突出していてはならない。
9.2)内装 
9.2.1)前座席は後方に移動してもよいが、当初の後部座席の前縁を通る垂直面を超えてはならない。 
9.2.2)後部座席および後部
9.2.2)後部座席および後部座席安全ベルトは取り外しても良い。 
9.2.3)ダッシュボードとコンソールは当初のものを保持していなければならない(ロールケージ取り付けのための最小限の切除は除く)。メーカーラインオフ時から構成品が分割されていて、切り離しなとの改造が不要でかつ小物入れやオーディオなどのアクセサリー品を保持するためのものは取り外してもよい。 
9.2.4)ドア内張りはドアの形状に変化が生じないことを条件としてドアから防音材を取り外すことが認められる。
内張りパネルは最低0.5mm厚の金属が、あるいは最低1mm厚のカーボンファイバー、もしくは最低2mm厚のその砂の堅固な不燃性の素材で製作することができる。
サイドプロテクションバーの取り外しは許されない。
2ドア車の場合、後部側面ウィンドウより下に位置する内張りについても上記規則を適用する。
電動ウィンドウを手動ウィンドウに交換することが認められる。
手動ウィンドウを電動ウィンドウに交換することが認められる。

9.2.5)ルーフ、荷物室および乗員が着座しない空間の内張りとフロアーカーペットの取り外しは自由。
9.2.6)暖房装置は当初のものを保持していなければならない。ただし、エアコンの取り外しは配管およびコンプレッサー等を含み許される。 
9.2.7)2ボックス車の着脱式リアシェルフの取り外しは許される。 
9.3)追加アクセサリー 
9.3.1)車両の美観または居住性向上などを目的としたアクセサリーは、車両の性能および特性に影響を与えない場合に限り取り付け、取り外しおよび変更が認められる。
9.3.2)操作性向上を目的としたペダルおよびシフトレバーの変更は、当初の原理および機構が保持されていれば認められる。フットレスト等の追加、変更は認められる。 
9.3.3)各種メーター(モニター機能のみを目的とするものに限る)の追加、変更は認められる。 
9.3.4)障害者用操作装置の装着は認められる。ただし、健常者は使用しないこと。 
9.4)座席
変更する場合は下記の規定を満たすこと。
変更の有無に拘らず乗車定員分の座席を有すること。 
①座席の幅×奥行は400mm×400mm以上確保すること。 
②座席面上で座席前端より200mmの点から背もたれに平行な天井までの距離は800mm 以上確保すること。 
③座席および当該座席の取り付け装置は衝突時等に乗員から受ける衝撃力、慣性力等の荷重に耐えるものでなければならない。
④座席の後面部分(へッドレストを含む)は、衝突等で当該座席の後席乗員の頭部等が当たった場合に衝撃を吸収することができる構造でなければならない。 
⑤追突等の衝撃を受けた場合に乗員の頭部が過度に後傾するのを抑止することができる装置(へッドレスト)を備えるかまたは座席自体が同等の効果を有する構造でなければならない。 
⑥2名乗車車両のシートの車体フレームへの直付け(スライド機構無)は許される。
なお、変更する座席および座席取り付け装置は、上記のほかにFIA国際モータースポーツ競技規則付則J項第253条第16項を満たしたものであることが強く推奨される。 
9.5)補強 
9.5.1)車体のサスペンション取り付け部を繋ぐ取り外し可能な(ボルトによる取り付け)補強バーの取り付けは許される。ただし、その取り付け点はサスペンションの取り付け点から100mm以内であること。また、メーカーラインオフ時に標準装着されているタワーバーについては、取り付け点を変更しなければ他のものに変更できる。 
9.5.2)サブフレーム等の補強は、当初の形状に沿っていることを条件に許される。 
9.5.3)スペアタイヤのサイズを変更したことによって、当初の格納カバーが装着できない場合はそれを取り除くことができる。 
9.5.4)マフラーの補強は脱落防止を目的としたものであれば許される。 


第10条 電気系統 
10.1)電装
10.1.1)バッテリーは当初の搭載位置並びに電圧を保持していれば形状、容量、バッテリーケーブルは自由。バッテリーケーブルを室内配線に変更することは許される。
10.1.2)ダイナモをオルタネーターに変更すること(またその逆)は許されないが、発電容量の大きいものへの変更は認められる。 
10.1.3)電気系統のヒューズの追加は認められる。 
10.2)灯火
10.2.1)前照灯走行用前照灯(ハイビーム)は公道走行要件を満たすことを条件に追加、変更が認められる。 
10.2.2)前部霧灯(フオグランプ)
追加、変更は認められるが、取り付けのためやむを得ずバンパー等を切除する場合は、必要最小限の範囲にとどめること。また前部霧灯の取り付け、取り外しに伴う全長の変化は、自動車検査証の長さ欄に記載されている数値から±3cm の範囲でなければならない。また、いかなる場台も下記の基準を満たしていなければならない。 
①同時に3個以上点灯する構造のものでないこと。 
②照射光線は他の交通を妨げないものであること。 
③照明部の上縁の高さが地上0.8m以下であって、すれ違い用前照灯の照明部の上縁を含む水平面以下、下縁の高さが地上0.25m以上となるように取り付けられていること。 
④照明部の最外縁は、自動車の最外側から400mm以内となるように取り付けられていること。 
⑤灯火の色は白色または淡黄色であり、そのすべてが同一であること。 
⑥前部霧灯は左右同数であり(前部霧灯を1個備える場合を除く)かつ前面が左右対称である自動車に備えるものにあっては、車両中心面に対して対称の位置に取り付けられたものであること 
⑦取り付け部は、照射光線の方向が振動、衝撃等により容易にくるわない構造であること。 
10.2.3)後退灯
後退灯は、ギアレバーの後退と必ず連動していること。


第11条 燃料回路
燃料タンクは燃料ポンプ、燃料配管を含みメーカーラインオフ状態を維持すること。


第12条 ジャッキ
ジャッキアップポイントの補強、移動、追加は認められるがあくまでもその改造はジャッキアップを目的としたものに限定される。


上記において赤字に示す部分は、2006年ラリー車両規定からの変更点


[2007/03/18 10:29] 競技規則・車両規則 | TB(0) | CM(0)

2007年日本ラリー選手権規定 

2007年日本ラリー選手権規定


第1章 総則


第1条 目的
社団法人日本自動車連盟(以下「JAF」という。)は、2007年(以下「当該年」という。)のラリー競技会において優秀な成績を収めたドライバーおよびナビゲーター(ラリー競技開催規定に定めるスペシャルステージラリーにおいてはコ・ドライバー。以下総称して「ナビゲーター」という。)の栄誉をたたえるため、これを認定する日本ラリー選手権規定を制定する。


第2条 日本ラリー選手権の区分
本選手権は次の通り区分し、それぞれにドライバー部門およびナビゲーター部門を設ける。
・全日本ラリー選手権(以下「全日本選手権」という。なお、英語表記はJapanese Rally Championshipとする。)
・地方ラリー選手権(以下「地方選手権」という。)


第3条 タイトル
JAFは、国内競技規則とその付則、ラリー競技開催規定および本規定に基づいて組織し、開催されるラリー競技会のうちから、第2条に基づき次の2タイトルを付す。
ただし、競技会終了後、選手権競技としての要件を満たさなかったと判断した場合、JAFは当該競技会のタイトルを取り消す場合がある。
1.全日本選手権として申請された国内格式以上の競技会のうちから、3戦以上10戦以内を「全日本ラリー選手権競技会」として認定する。
2.各地域から地方選手権として申請された準国内格式以上の競技会のうちから3戦以上10戦以内を当該地域の「地方ラリー選手権競技会」として認定する。


第4条 選手権競技および選手権シリーズの成立
1.全クラスが選手権として成立しなかった場合、または参加出走台数が全クラス合計で10台に満たなかった場合、その競技会は選手権としては成立しない。
2.1クラスあたりの参加出走台数が5台に満たなかった場合、そのクラスは選手権としては成立しない。ただし参加出走は認められ、第9条または第16条に従った得点が与えられる。
3.選手権として成立した競技会が3戦に満たなかった場合、選手権シリーズは成立しない。


第2章 全日本選手権


第5条 競技形式および走行距離
1.競技形式はラリー競技開催規定に定めるスペシャルステージラリーとする。ただし、JAFが特に認めた場合はこの限りではない。
2.スペシャルステージの総走行距離は50km以上設定されていること
3.やむを得ない理由により競技が短縮された場合において、それまでに終了したスペシャルステージの総距離が30kmを超えており、かつ競技会審査委員会が適当と認めた場合、当該競技会は選手権として成立したものとする。


第6条 参加車両
1.参加できる車両は、当該年のJAF国内競技車両規則第2編ラリー車両規定に定めるRN車両またはRJ車両とする。
2.参加車両には4点式以上のFIA公認安全ベルトを装備しなければならない。


第7条 クラス区分
1.参加車両は気筒容積に基づき下記の通りクラス区分される。
クラス1(JN-1):気筒容積が1400cc以下の車両
クラス2(JN-2):気筒容積が1400ccを超え1600cc以下の車両
クラス3(JN-3):気筒容積が1600ccを超え2000cc以下の車両
クラス4(JN-4):気筒容積が2000ccを超える車両
2.選手権タイトルのかかった競技会は、上記1.のすべてのクラスを設定しなければならない。


第8条 参加資格
全日本選手権競技に出場するものは、参加申し込み締め切り時点において、参加車両を運転するのに有効なる運転免許を取得後1年以上経過していなければならない。
前年の全日本選手権シリーズにおいて、総合選手権順位6位までに入ったドライバーは、全日本選手権競技と地方選手権競技に重複して参加することは出来ない。


第9条 得点基準および選手権順位の決定
1.得点基準
1)総合得点
選手権として成立した各競技で完走したドライバーおよびナビゲーターに対し、競技結果成績の総合順位に従って下記の表による得点を与える。 point.gif


2)クラス別得点
選手権として成立した各競技で完走したドライバーおよびナビゲーターに対し、競技結果成績に基づき、第7条に定めるクラス別の順位に従って下記の表による得点を与える。
ただし、不成立となったクラスの車両が参加出走した場合において、隣接する上位クラスが成立しているときは、そのクラスは当該車両を含んだ順位に基づいて得点が与えられるものとする。 point.gif


3)得点係数
総合得点、クラス別得点とも、実際に行われたスペシャルステージの総距離に従って以下の係数を乗じる。
50km未満:0.8
50km以上150km未満:1
150km以上:1.2
2.選手権順位の決定
1)選手権として成立した競技会数が8戦以上の場合は高得点順に7戦を、7戦以下の場合は全戦を得点合計の対象とする。
2)記1)に従って各競技者の総合得点を合計し、その合計得点が多い順に総合選手権順位を決定する。JAFは、この総合選手権順位において第1位となったものを、総合選手権者として認定する。
3)上記1)に従って各競技者のクラス別得点を合計し、その合計得点が多い順にクラス別選手権順位を決定する。JAFは、このクラス別選手権順位において第1位となったものを、クラス選手権者として認定する。
4)上記2)または3)において、総合得点またはクラス別得点の合計が複数の競技者について同一となった場合は、上位得点の獲得回数が多い順に順位を決定する。
5)上記4)によっても順位が決まらない場合は、当該競技者が得たすべての得点のうち、上位得点の獲得回数が多い順に順位を決定する。
6)上記5)によっても順位が決まらない場合は、下記の通りとする。
(1)1位が複数存在する場合は、上位得点を獲得した競技会の総出走台数または各クラスにおける出走台数の多い順、次に当該年に全日本選手権競技に出場した回数の多い順に順位を決定する。
(2)上記(1)以外の場合は、同順位として認定する。ただし、下位の者の順位は繰り上げない。


第10条 カーナンバー(競技番号)および出走順
1.各競技会において使用するカーナンバー(競技番号)は、ドライバーの技量に従って下記の通り割り当てられる。
1)カーナンバー「1」から「6」まで
(1)選手権シリーズのうち初めの3戦(選手権競技会数が5戦以下の場合は初めの2戦)については、前年の総合選手権順位の上位者から順に割り当てられる。
(2)選手権シリーズのうち4戦目以降(選手権競技会数が5戦以下の場合は3戦目以降)については、当該年におけるその時点での総合選手権順位の上位者から順に割り当てられる。
(3)前年の総合選手権順位認定者の参加が6人に満たない場合、空き番号はカーナンバー「7」以降の取り扱いに準じて割り当てられる。
2)カーナンバー「7」以降は、クラスにかかわらず、オーガナイザーが過去の実績を勘案し、上位成績を収めるであろうと思われる順に番号を割り当てるものとする。
2.競技車両の出走順は次の通りとする。
1)競技開始時点ではカーナンバー「1」から順に出走する。ただし、オーガナイザーが必要と判断し競技会審査委員会が承認した場合は、一部車両のスタート順を入れ替えてスタートリストを発行することができる。
2)レグ等の再スタートでは、その時点までの総合順位の上位者から順に出走する。ただし、オーガナイザーが必要と判断し競技会審査委員会が承認した場合は、上記の順によらない出走順を与えることができる。
3)観客対応等の観点から、競技の一部区間について、特別な出走順とすることが必要であるとオーガナイザーが判断した場合は、特別規則書に明記することによりこれを採用することができる。
3.カーナンバーを「1」から順に与えることができない場合(国際競技と併催する場合等)においても、全日本選手権対象車両のカーナンバーおよび出走順は上記1.および2.の方法を準用して割り当てられるものとする。


第11条 競技会事務局の設置
全日本選手権競技会を開催するオーガナイザーは、競技会特別規則書に記載された参加受け付け日から競技会終了までの間事務局を設置し、かつ担当の事務局員1名以上を常駐させなければならない。


第3章 地方選手権


第12条 走行距離
1.総走行距離は150km以上とする。ただし、ラリー競技開催規定に定めるスペシャルステージラリーにおいてスペシャルステージの総走行距離が30km以上の場合はこの限りではない。
2.やむを得ない理由により競技が短縮された場合において、競技会審査委員会が適当と認めたときは、当該競技会は選手権として成立したものとする。


第13条 参加車両
参加できる車両は、当該年のJAF国内競技車両規則第2編ラリー車両規定に定めるRN車両またはRJ車両とする。
ただし、2002年JAF国内競技車両規則第3編ラリー車両規定に従って製作された車両(RB車両)で、下記のすべての条件を満たしたものについては、地方選手権への参加を認める。
1.2002年12月31日以前に運輸支局等に初度登録された車両であること。
2.FIA公認車両またはJAF登録車両であること。FIA公認車両とJAF登録車両の両方の資格を有する場合は、JAF登録車両として取り扱う。
3.最低重量、リストリクター、ホイールおよびタイヤについては、当該年のJAF国内競技車両規則第2編ラリー車両規定第3章改造規定に従っていること。


第14条 クラス区分
参加車両は気筒容積に基づき下記1.または2.のいずれかの方法によりクラス区分される。
1.全日本選手権と同クラス区分
2.開催地域別に任意に設定されるクラス区分:
次の1)~3)の要件すべてを満たすことにより、クラス区分を任意に設定することができる。ただし、1)~3)の要件のいずれかでも満たすことができない場合は、上記1.の全日本選手権と同一クラス区分とする。
1)クラス区分は、別表(気筒容積別15クラス)に基づき、最大4区分以内とすること。
2)当該地域の地方選手権を構成するオーガナイザーすべての同意を得ること。
3)上記1)および2)について、当該年の前年の11月15日までにJAFに申請すること。15class.gif


第15条 参加資格
1.地方選手権に出場するものは、参加申し込み締め切り時点において、参加車両を運転するのに有効なる運転免許を取得後1年以上経過していなければならない。
2.地方選手権の地域区分は、下記の5地区に分割する。
JAF北海道ラリー選手権:北海道
JAF東日本ラリー選手権:青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、新潟、長野、山梨、群馬、栃木、茨城、埼玉、東京、神奈川、千葉
JAF中部・近畿ラリー選手権:静岡、富山、石川、福井、岐阜、愛知、三重、大阪、兵庫、滋賀、京都、奈良、和歌山
JAF中四国ラリー選手権:岡山、鳥取、島根、広島、山口、香川、徳島、高知、愛媛
JAF九州ラリー選手権:福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
3.各地方選手権は原則として、上記に区分された当該地区内にすべての行程が設定されなければならない。


第16条 得点基準および選手権順位の決定
1.得点基準
選手権として成立した各競技会で完走したドライバーおよびナビゲーターに対し、競技結果成績により、第14条に従って設定されたクラスごとに、下記の表による得点を与える。
ただし、不成立となったクラスの車両が参加出走した場合において、隣接する上位クラスが成立しているときは、そのクラスは当該車両を含んだ順位に基づいて得点が与えられるものとする。point.gif


2.選手権順位の決定
1)選手権として成立した競技会が7戦以上の場合は高得点順に6戦を、6戦以下の場合は全戦を得点合計の対象とする。
2)上記1)に従って各競技者の得点を合計し、その合計得点が多い順にクラス別の選手権順位を決定する。JAFは、この選手権順位において第1位となったものを、当該地区における各クラスの選手権者として認定する。
3)上記2)において、得点の合計が複数の競技者について同一となった場合は、上位得点の獲得回数が多い順に順位を決定する。
4)上記3)によっても順位が決まらない場合は、当該競技者が得たすべての得点のうち、上位得点の獲得回数が多い順に順位を決定する。
5)上記4)によっても順位が決まらない場合は、下記の通りとする。
(1)1位が複数存在する場合は、上位得点を獲得した競技会の各クラスにおける出走台数の多い順、次に当該年に当該クラスの地方選手権競技会に出場した回数の多い順に順位を決定する。
(2)上記(1)以外の場合は、同順位として認定する。ただし、下位の者の順位は繰り上げない。


第4章 一般規定


第17条 ブリーフィング
すべての乗員および競技参加者は、必ずブリーフィングに出席し、かつ出席表に署名しなければならない。


第18条 保険
1.オーガナイザーは保険に関し、ラリー競技開催規定第6条に定める措置を講じること。
2.オーガナイザーは上記1.の保険に加え、当該競技会の参加者に対してラリー競技に有効な傷害保険を付保すること。ただし、参加者自身がラリー競技に有効な傷害保険(または共済)に加入しており、かつその事実が書面等の確実な手段によって証明される場合はこの限りではない。


第19条 参加申し込み者に対する参加拒否
オーガナイザーは国内競技規則により、参加者に対して理由を示すことなく参加を拒否することが出来るが、この場合3日以内に当該理由を付してJAFに報告しなければならない。


第20条 選手権競技の延期、中止、非開催
1.オーガナイザーは、選手権競技会の延期、または開催不能の場合、その開催予定日の2ヵ月前までに、JAFにその理由を付して届け出を行い承認を受けたうえ、必要な公示を行わなければならない。
2.正当な理由なく、認定された選手権競技会を延期もしくは中止した場合、または当該競技会を開催しなかった場合、そのオーガナイザーに対しては、翌年の選手権競技の開催を認めない。
またJAFは、組織許可申請以前の開催中止であっても、規則違反とみなし、罰則を適用することがある。


第21条 競技規則違反


1.道路運送車両の保安基準(昭和26年運輸省令第67号)または国内競技車両規則に起因する失格を決定された競技者は、当該年の全得点が無効となる場合がある。
2.オーガナイザーに規則違反または著しい競技運営の不備があったとJAFが判断した場合、そのオーガナイザーに対しては、翌年の選手権競技の開催を認めない。


第22条 オブザーバーの派遣
1.JAFは、選手権競技会の運営状況を確認するため、必要に応じてオブザーバーを派遣し、その報告に基づき必要な措置を講じることができる。
2.翌年に新たな全日本選手権競技会(申請時点で当該年の全日本選手権カレンダーに登録されていない競技会)の開催を計画しているオーガナイザーは、カレンダー申請前に候補競技会(原則として地方選手権競技会であること)の運営状況についてオブザーバーによる確認を受けていなければならない。


第5章 規則の施行


23条 本規定の特例
やむを得ない事情により、本選手権規定を適用できない場合は、JAFにおいて、その処置を決定する。


24条 本規定の施行
本規定は、2007年1月1日から施行する。


上記において赤字に示す部分は、2006年ラリー選手権規定からの変更点


[2007/03/17 23:57] 競技規則・車両規則 | TB(0) | CM(0)

マッドドッグ三好 と サファリラリー 

先日(株)テイン社長の市野さんから、三好選手と組んでアフリカのラリーに挑戦していることを聞きました。ちょうど、タンザニアラリーで優勝して帰国した直後でした。


そして、第2戦のサファリラリーが先週行われていたことを思い出し、結果をチェックしましたところ、総合4位だったようです。
但し、アフリカラリー選手権の首位はキープしたようです。
その上、IRC(インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ)のランキングも2位になったようです。


実は、三好選手は約20年前全日本ラリーのAクラスでEP71スターレットで出場していた頃、よく近くのゼッケンの選手と出場していたのでその頃からの知り合いです。確か当時のナビはJRCAの多比羅さんでした。


是非とも、このチャレンジうまく行って欲しいものです。
そういえば、三好選手のランサーのカラーリングで気付いた方もおられると思いますが、あのカラーリングは、三菱が初代ランサーでサファリラリーに挑戦していたころのカラーリングと同じなのです。(下の写真)
lancergsr.jpg

miyoshilancer.jpg


昨年のラリージャパンで、三好選手に「懐かしい車で出ているね?」と言ったら「木全(巌・CMSC会長)さんが、涙を流して喜んでくれた」といっていたので、ジョークで今回のカラーリングをしたんだと思っていましたが、実はあの時からサファリラリー挑戦を企んでいたんですね。
やられました~!


きっと、三好選手も私と同じ世代なので、三菱ランサーのアンドリュー・コーワン、ジョギンダ・シン、そして篠塚健次郎のサザンクロスラリー~サファリラリー挑戦&栄光に感動してラリーを始めたんでしょうね。
何せ、あの小さなランサーが、メルセデスベンツ450SLC,ポルシェ911,ランチアストラトス等のスーパーカーを打ち負かすんですから、痛快でした。
それが、今ではそのランサーがある意味スーパーカーになっちゃったんですから、歴史って面白いと思うのは、私だけだろうか?


FIAアフリカラリー選手権(ARC)第2戦
Intercontinental Rally Challenge(IRC)第1戦
サファリラリー2007
三好秀昌が総合4位に入賞、アフリカラリー選手権リーダーの座を堅守
http://www.ralliart.co.jp/07news/07africa_r02.html


Safari Rally 2007 Photo Gallery - Friday
Safari Rally 2007 Photo Gallery - Saturday
Safari Rally 2007 Photo Gallery - Sunday


FIAアフリカラリー選手権(ARC)第1戦
ラリー・オブ・タンザニア
三菱ランサーエボリューションの三好秀昌選手が総合優勝を飾る
http://www.ralliart.co.jp/07news/07africa_r01.html


Rally of Tanzania 2007 Photo Gallery


ところで、今のサファリラリーってダートラみたいなギャラリーステージがあったり、SSが300km弱しかなかったりして、かつてのカーブレーカーラリー「石原裕次郎の 栄光の5000km」のサファリラリーとは、似ても似つかない別物なんですね?


ちなみに、アイテナリーはこんな感じです。


[2007/03/16 21:42] ローカルラリー | TB(0) | CM(0)

今日は、新城市の方と 

今日は、新城市役所の新城ラリー実行プロジェクトの中核メンバー2名の方と当クラブ会長の4人で、毎年お世話になっている協力会社の役員の方と面会してきました。


そして、今年も協力を約束していただき一安心。


こちらの会社の方も、新城市の方も、毎年新城ラリーの観客が、DOS地域再生プラン計画時の予想以上に幅広い(子供から~高齢者)方が観戦に見えていることを驚いておられて、確かに非常に新城市の活性化に貢献していることで認識が一致しました。


この流れが続けば、今後もラリーは、この地域の注目イベントとして益々発展していくことでしょう。


[2007/03/15 20:06] 新城ラリー | TB(0) | CM(0)

ラリージャパンのTVコマーシャル 

昨年、北海道地区限定で放映されていたラリージャパンのTVCMをyoutubeで見つけました。
新城ラリーもCM欲しいなぁ・・・・


30秒バージョン


15秒バージョン


[2007/03/14 18:25] WRC | TB(0) | CM(0)

ラリーメキシコは・・・ 

先週行われた、ラリーメキシコが終り、やっぱり、というかセバスチャン・ローブが本領を発揮し、いつもの順位となりました。


期待されていた2007年型インプレッサWRCは、当初素晴らしいパフォーマンスを見せただけに、スバル勢にとっては残念な結果に終りました。


そして、PWRCでは新井選手が我慢の2位に食い込みシリーズでも2位に上昇してきました。今後が楽しみです。
一方、奴田原選手もレグ1は、好調な滑り出しでしたが、駆動系のトラブルによりレグ2最終サービスでリタイヤし、何とかスーパーラリーで再出走し、苦しみながらも7位で2ポイントを稼ぎ出しました。PWRCは、たった6戦しかないので、この2点は最後に効いてくるかもしれません。


WRC RALLY MEXICO 2007 FRIDAY ソルベルグ(兄)の転倒シーンもあります


WRC RALLY MEXICO 2007 FRIDAY 2


WRC RALLY MEXICO 2007 SATURDAY


WRC RALLY MEXICO 2007 SATURDAY 2


WRC RALLY MEXICO 2007 SUNDAY


(2007WRC総合ポイント)
http://www.wrc.com/page/DriverStandings/


(2007WRCマニファクチャラーポイント)
http://www.wrc.com/page/ManufacturerStandings/


(2007PWRCポイント)
http://www.wrc.com/page/PWRCStandings


2007 Rally Mexico 成績                                                         

順位 ドライバー                     クラス      トータルタイム

1       S. LOEB                       A8          3:48:13

2       M. GRÖNHOLM              A8          3:49:09

3       M. HIRVONEN               A8          3:49:41

4       D. SORDO                    A8          3:49:57

5       C. ATKINSON                A8          3:50:37

6       M. STOHL                    A8          3:51:59

7       J. LATVALA                  A8          3:52:24

8       M. WILSON                   A8          4:00:36

9       H. SOLBERG                 A8          4:02:29

10     M. HIGGINS                  N4          4:08:45          PWRC-1

11     T. ARAI                        N4          4:10:05            PWRC-2

12     J. PABLO RAIES            A8          4:11:11

13     K. SOHLBERG               N4          4:11:15            PWRC-3

14     M. BALDACCI                N4          4:12:52            PWRC-4

15     T. PASTRANA               N4          4:16:53            PWRC-5

16     S. VOJTECH                 N4          4:25:43            PWRC-16

17     A. MACHALE                 A8          4:25:51

18     F. NUTAHARA               N4          4:26:03            PWRC-7

19     L. PEREZ COMPANC       A8          4:30:55

20     S. PAVLIDES                 N4          4:34:24            PWRC-8

21     L. BALDACCI                N4          4:36:44            PWRC-9

22     I. DE IZAURIETA            N4          4:39:51

23     A. DOROSINSKIY           N4          4:41:17            PWRC-10

24     A. AIGNER                    N4          4:42:26            PWRC-11

25     B. BENIK                      N4          4:46:24            PWRC-12

26     S. M. JONES                 N4          4:46:39            PWRC-13

27     W. GUBELMANN            N4          4:56:25

28     K. BLOCK                    N4          5:08:15

29     F. GUELFI                     A6          5:15:17

30     R. SALGADO                 N4          5:19:22            PWRC-14

31     M. SERRANO                 A6          5:21:02

32     F. NAME SR.                 A6          5:27:50

33     C. STUDNICKY              N4          5:37:48

34     J. MARTINEZ GALLARDO              A6       5:41:46

35     J. CORTÉS                   N4          5:45:52

36     L. Mauricio OROZCO       A6          5:55:13

[2007/03/12 21:12] WRC | TB(0) | CM(0)

WRC第4戦 ラリーメキシコ 

気が付くともうWRCは4戦目が今週開催されるのですね。
場所は、北米大陸唯一のWRC メキシコでの開催です。
メキシコは、ラリージャパンと同じく2004年からWRCに昇格した比較的新しいラリーですが、唯一屋内のサービスパークを採用したり、グラベルでも路面が良い事でも有名です。
主催者が頑張っているのですが、エントリー49台とWRCにしては盛り上がっていないのが気掛かりです。


そうは言うものの、メキシコは2007年で初めてのグラベルイベントということで、2007年のチャンピオンシップを占う注目のラリーとなることには間違いありません。


スバルが満を持して07年モデルを投入するわけで、スバルとBFグッドリッチのグラベルタイヤの組み合わせも初めてとなり、ここのところ兄のヘニングに話題を奪われているペターの復活なるかも見所です。
これまで、スバルはピレリタイヤに悩まされていたといわれていますが、その真価が問われることにもなります。
また、いまのところポイントで1歩リードしている、マーカスに対しセブが昨年のように手の付けようのない速さが再現するのかも注目です。


さらに、PWRCも2戦目となり日本からも奴田原、新井の両選手が出場します。
今回は、ポイントの関係で奴田原選手が新井選手の前を走る形となるようですが、いずれも日本を代表して頑張ってもらいたいものです。


その他、唯一の北米開催ということでRally America選手権の上位ランキングの選手も出場するようです。http://www.rally-america.com/index.php


ラリーに限らず、F1やサッカー等のヨーロッパスポーツがいまいち盛り上がらないUSAですが、関係者も頑張っているようですので、ラリーメキシコをきっかけに少しでもメジャーになって欲しいものです。


 


No.  CarNo. Driver                                             Co-Driver                              Nat          Car

1 3 Marcus GRÖNHOLM        FIN    Timo RAUTIAINEN       FIN          Ford Focus RS WRC 06

2 4 Mikko HIRVONEN            FIN    Jarmo LEHTINEN           FIN          Ford Focus RS WRC 06

3 1 Sébastien LOEB             F       Daniel ELENA                MC          Citroën C4 WRC

4 10 Henning SOLBERG        N      Cato MENKERUD         N            Ford Focus RS WRC 06

5 2 Dani SORDO                   E       Marc MARTI                 E            Citroën C4 WRC

6 7 Petter SOLBERG             N      Philip MILLS                 GB          Subaru Impreza WRC 2007

7 8 Chris ATKINSON            AUS   Glenn MACNEALL        AUS         Subaru Impreza WRC 2007

8 9 Jari-Matti LATVALA         FIN    Miikka ANTTILA           FIN          Ford Focus RS WRC 06

9 5 Manfred STOHL              A       Ilka MINOR                  A             Citroen Xsara WRC

10 17 Gareth MACHALE       IRL    Paul NAGLE             IRL          Ford Focus RS WRC 06

11 16 Matthew WILSON         GB    Michael ORR            GB          Ford Focus RS WRC 06

12 11 Luis PÉREZ COMPANC   RA     José María VOLTA       RA           Ford Focus RS WRC 06

13 12 Juan Pablo RAIES      RA     Jorge PÉREZ COMPANC    RA           Ford Focus RS WRC 06

14 18 Austin MACHALE          IRL    Brian MURPHY              IRL          Ford Focus WRC 03

15 38 Kristian SOHLBERG       FIN    Risto PIETILÄINEN      FIN          Subaru Impreza

16 35 Fumio NUTAHARA       J       Daniel BARRITT         GB          Mitsubishi Lancer Evo IX

17 31 Toshihiro ARAI             J       Tony SIRCOMBE         NZ           Subaru Impreza

18 39 Nasser AL-ATTIYAH    QA    Chris PATTERSON       GB          Subaru Impreza

19 44 Mauro RONGONI         I        Simone SCATTOLIN     I             Mitsubishi Lancer Evo

20 45 Mirco BALDACCI         RSM   Giovanni AGNESE      I             Subaru Impreza

21 41 Leszek KUZAJ            POL   Jarek BARAN      POL         Subaru Impreza

22 42 Alexander DOROSINSKIY    RUS   Dmitry EREMEEV      RUS         Subaru Impreza

23 49 Štěpán VOJTĚCH       CZ     Michal ERNST       CZ          Mitsubishi Lancer Evo IX

24 33 Loris BALDACCI          RSM   Silvio STEFANELLI       RSM         Subaru Impreza

25 37 Spyros PAVLIDES         CY     Denis GIRAUDET       F            Subaru Impreza

26 32 Stuart M. JONES         GB    Craig PARRY         GB          Mitsubishi Lancer Evo IX

27 34 Mark HIGGINS             GB    Scott MARTIN         GB          Mitsubishi Lancer Evo IX

28 43 Balazs BENIK               H      Laszlo BUNKOCZI    H            Mitsubishi Lancer Evo IX

29 47 Andreas AIGNER          A       Klaus WICHA          D            Mitsubishi Lancer Evo IX

30 51 Martin RAUAM              EE     Kristo KRAAG          EE           Mitsubishi Lancer Evo IX

31 52 Travis PASTRANA        USA   Bjorn EDSTROM       USA         Subaru Impreza

32 59 Francisco NAME       MEX   Armando ZAPATA       MEX         Mitsubishi Lancer Evo VII

33 60 Rodrigo SALGADO        MEX   Diódoro SALGADO      MEX         Mitsubishi Lancer Evo IX

34 61 Ken BLOCK          USA   Alessandro GELSOMINO    USA         Subaru Impreza

35 62 Benito GUERRA        MEX   Marcelo BRIZIO        RA          Mitsubishi Lancer Evo VIII

36 63 Karl SCHEIBLE           USA   Angélica FUENTES      MEX         Subaru Impreza

37 64 Carlos TEJADA          MEX   Alejandro OROZCO     MEX         Mitsubishi Lancer Evo VIII

38 65 Brian STREET         USA   Robert AMATO      USA         Mitsubishi Lancer Evo VI

39 66 Craig STUDNICKY       USA   Jeff HAGAN       CDN        Mitsubishi Lancer Evo VI

40 67 Wyeth GUBELMANN        USA   Nathalie RICHARD       CDN        Subaru Impreza

41 68 Iñaki DE IZAURIETA        MEX   Mauricio PIMENTEL     MEX         Mitsubishi Lancer Evo IX

42 69 José CORTÉS             MEX   Alfredo LORANCA      MEX         Mitsubishi Lancer Evo IX

43 70 Felipe GUELFI            ROU Jaime LOZANO            MEX         Peugeot 206 XS

44 71 Mauricio SERRANO          MEX   Juan JOSE ALESSIO   MEX         Peugeot 206 XS

45 72 Javier MARTINEZ GALLARDO      MEX   Roberto MENDOZA       MEX         Peugeot 206 XS

46 73 David JASSAN        MEX   Jorge MONDRAGÓN      MEX         Peugeot 206 XS

47 74 Francisco NAME SR.     MEX   Felipe ARGUELLES    MEX         Peugeot 206 XS

48 75 Oscar URIBE SR.           MEX   Alexis URIBE      MEX         Peugeot 206 XS

49 76 Luis Mauricio OROZCO    MEX   Francisco Xavier ESCALANTE     MEX         Peugeot 206 XS

 

[2007/03/08 12:24] WRC | TB(0) | CM(0)

第1回JMRC中部ラリーセミナー終了 

本日、初心者を対象にしたラリーセミナーを実施しました。


ラリコンなしでデジタルトリップのみのチームから、ヴィッツラリーは常連だがアベレージ(計算)ラリー未経験の方まで、そして北は福井、東は静岡から遠路はるばるやって来た7チームが参加しました。


午前中は、3時間みっちり教室で、コマ図の見方からラリコンの使い方までを全日本ラリーに出場するベテランの先生から講義があり、午後はいよいよ実際の道を使っての実践練習です。


kougi.jpg←ラリーが全く初めての参加者も、皆さん真剣です!


林道とは言え、一般車も通行するコースだったので各自にペースは任せられて、CPは申告方式で設定されていました。


student.jpg←参加者の車です
0car.jpg←先行車です。何故か車の向きが・・・・


そして、最後はもう一度教室に帰っての反省会です。
kougi2.jpg←反省会の様子
hyosho.jpg←予定外の表彰式(なんとトータル減点1点!)


最優秀チームは、なんと4ヶ所のCPで合計1秒の減点。(これは、スゴイ!)
最下位のチームは、4桁減点でしたが、セミナーでは失敗した方が勉強になると思いますので、次回がんばりましょう。


最後に実施した参加者からのアンケートでは、概ねラリーの基礎~実戦の裏技まで丁寧に教えてもらったことが好評でした。
一方、TCラリーの練習会を望む声が多くありましたので、今後の課題としたいと思います。


[2007/03/04 23:35] JAF/JMRC | TB(0) | CM(0)

ラリージャパン中部地区オフィシャル勉強会出席者募集 

2005年よりラリー北海道&ラリージャパンのオフィシャルをしていた縁で、ラリージャパン中部地区オフィシャル勉強会の手伝いをすることになりました。


勉強会の日程は、3月24日に名古屋市内で開催されるのですが、まだ人数に余裕がありますので、ラリーに興味のある方でしたら、実際にオフィシャルに行かない方でも遠慮なくご応募ください。


なお、会場は20台程度ですが無料駐車場もあります。
希望者は、管理人まで、DMください。 (プロフィールのショートカットをクリックしてください)


勉強会の内容(予定)は次のとおりです。


● オフィシャル活動の基本的な考え方
● ラリー競技についての全般説明(ルール・用語等)
● ラリージャパン、ラリー北海道の規則、コースに関して昨年からの変更点。
● SOSトラッキングについての説明及びシミュレーショントレーニング。
● メディカル、緊急措置についての説明


日時:3月24日(土) 13:00~19:00


会場:あいちNPO交流プラザ
   名古屋市中区三の丸三丁目2番1号 愛知県東大手庁舎1階 A会議室
   【TEL】052-961-8100


公共交通機関:
■地下鉄名城線 「市役所駅」下車2番出口より徒歩3分
■名鉄瀬戸線 「東大手駅」下車 徒歩3分


地図:
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=35/10/43.457&el=136/54/40.225&scl=25000&bid=Mlink
http://aichi.npo.gr.jp/pla_gai/plazagaiyou.htm


あいちNPO交流プラザ案内:
http://aichi.npo.gr.jp/pla_gai/image/kotu_annaizu.jpg
http://aichi.npo.gr.jp/pla_gai/plazasisetuannai060821.JPG


[2007/03/02 23:30] WRC | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。